Tuesday, 09 August 2022 14:00

Joko Widodo大統領は気象庁に気候リスクを徹底的に特定するよう命じた

Written by 
Rate this item
(0 votes)

Joko Widodo大統領は、気象・気候・地球物理学庁に対し、気候変動のリスクとその影響を 全体的に 特定するよう命じました。これは、月曜日にジャカルタでモニターされた オンラインによる 2022年気象・気候・地球物理学庁の全国調整会議でのスピーチで伝えられました。大統領はまた、農家や漁師が異常気象を予期できるように、特に農業や漁業の分野で情報と識字サービスを強化するよう気象庁に要請しました。気象庁はまた、気候フィールドスクールフォーラムと漁師の気象フィールドスクールフォーラムの範囲を拡大して、影響が より大きくなるように依頼されました。Joko Widodo大統領は、気候変動の影響は非常に幅広く、多部門に及ぶと 指摘しました。その影響の 1 つは、自然災害の発生と食料安全保障への脅威の出現です。これは非常に深刻な問題であり、包括的な対応が必要であり、できるだけ早く、よりよく 予測する必要があります。

Read 85 times