Friday, 30 September 2022 07:22

レトノ・マルスディ外相は、ワクチンの平等と将来のパンデミックへの備えを引き続き推進

Written by 
Rate this item
(0 votes)


レトノ・マルスディ外相は、ワクチンの平等と将来のパンデミックへの備えを引き続き推進しています。928日水曜日 COVAX アドバンス・マーケット・コミットメント・エンゲージメント・グループ(AMC-EG会議の議長を務める際、レトノ・マルスディ外相は、COVID-19 のパンデミックは終わっていないが、パンデミックの終わりは見えているという WHO 事務局長の声明を引用しました。外務省のプレスリリースによると、パンデミックの終わりに向けて、レトノ・マルスディ外相は、 2 つの解決策を伝えたということです。まず、COVAX AMC -EG は、接種率が低い国での主なワクチン接種キャンペーンを強化することにより、とりわけワクチンの格差に対処し続ける必要があります。第二に、将来のパンデミックに対応するために、マインドセットを「緊急」から「待機」に変更します。レトノ・マルスディ外相はまた、世界的な連帯を引き続き促進し、特に発展途上国に対して医療ソリューションへの平等なアクセスを確保することの重要性を強調しました。そのため、インドネシアのG20議長国は、金融仲介基金FIF)を通じて発展途上国の医療ソリューションの確保を支援しています。

 

Read 57 times