Wednesday, 05 October 2022 08:18

政府と国会(DPR )は、IUAE-CEPA の批准について話し合うことに合意

Written by 
Rate this item
(0 votes)


政府と国会( DPR )の第 6 委員会は、インドネシア政府とアラブ首長国連邦政府との間の包括的経済連携協定( IUAE-CEPA)の批准について話し合うことに合意しました。これは、アフリカ、中東、中央アジア、東欧への輸出実績を強化するためです。これは、火曜日ズルキフリ・ハサン産業大臣との国会6委員会作業会議の結論で述べられました。IUAE-CEPA の公約には、インドネシアのアラブ首長国連邦への輸出の 99.6% に対する関税の撤廃と削減、インドネシアのアラブ首長国連邦へのサービス輸出が 6% 増加、。ハラル認証、中小企業、デジタル経済、共同研究の相互承認を強化するための協力を含む、イスラム経済学の分野を含む経済協力の確立が含まれます。

 

Read 112 times