Friday, 11 November 2022 07:44

インドネシアはUPR参加国から感謝を受ける

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシア共和国のヤソンナ・ラオリー法務・人権大臣は、国連ジュネーブ人権理事会での第4回普遍的定期審査(UPR)で人権の促進と保護に関する報告書を提出した際、インドネシアは感謝されたと述べました。水曜日にジュネーブからオンラインで配信された声明で、ヤソンナ・ラオリー大臣は、インドネシアの刑法改正への取り組みに対する人権の達成を前進させ続けるというコミットメントを与えられたことに感謝の意を表しました。

インドネシアは、UPRフォーラム評価に加えて、他の参加国から寄せられた多くの批判も指摘しました。ヤソンナ・ラオリー大臣によると、提出された多くの批判と勧告が死刑の問題、反拷問条約議定書の任意の批准、刑法の改正、宗教と表現の自由の問題、女性、子供、障害者の権利の保護の問題、およびパプア問題だということです。しかし彼によると、インドネシアはこれらの批判と勧告を受け入れ、同国における人権の促進と保護を改善するために修正を行う予定だということです。

さらに、第 4 UPR でインドネシア代表団の代表となったヤソナ大臣は、インドネシアは、支持または記録を決定する前に、受け取ったすべての勧告を参照すると述べました。以前、2017 年の第 3 UPR で、インドネシアは、提出された合計 225 の勧告のうち167 の支持を決定しました。ヤソナ大臣は、インドネシア政府が人権分野の開発を含む国家開発目標を達成するために努力し続けることを約束していることを強調しました。インドネシアとは別に、2022 11 月の UPR 会議では、アルジェリア、南アフリカ、ブラジル、オランダ、バーレーン、エクアドル、フィンランド、フィリピンインド、イギリス、モロッコ、ポーランド、チュニジアなど、UPRを提示した他の13か国があります。

Read 69 times