Wednesday, 23 November 2022 08:02

G20 サミットの国民経済への貢献は 3,300 万ドルに達した

Written by 
Rate this item
(0 votes)

サンディアガ・ウノ観光・創造経済大臣は、インドネシアのG20議長国サミットの勢いは、バリの創造経済部門を含め、包摂的で回復力のある持続可能な観光の発展にプラスの影響を与えたと述べました。感じられる具体的なの証拠の 1 つは、最大 70% 増加したヌサドゥア地域のホテルの稼働率です。それだけでなく、サンディアガ・ウノ大臣は、1121日月曜日 Sapta Pesona ビルでハイブリッド方式で開催されたサンディ・ウノとのウィークリーブリーフで、G20 サミットの国民経済への貢献は、33,000 人以上の労働者をさらに吸収することを含めて 5 3,300 万ドルに達すると見積もっています。さらに、サンディアガ・ウノ大臣は、インドネシアの G20 議長国サミットの活動のピーク時の国内外観光客の数は、 20,559 人に達し、直接支出は、 9 兆ルピアに達したと述べました。支出は、飲食、交通費、通信費、宿泊費、組織支出などに使用されます。

Read 58 times Last modified on Wednesday, 23 November 2022 08:09