Thursday, 08 December 2022 08:13

ベトナム大使は、インドネシアは常にベトナムを支援していると認める

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシアは常にさまざまな方法でベトナムを支援してきました。米国や欧米諸国は1975 年にベトナムに経済禁輸措置を課し、同国がカンボジアとの問題に直面したときでさえ、インドネシアはジャカルタ国際会議JIM 1  JIM 2 を開催することにより、常にベトナムのためにそこにいました。これは126日火曜日ジャカルタのベトナム大使館とメディアの年末会議で、在インドネシアのベトナム大使のタ・ヴァン・トン氏が語ったものです。

ベトナムは米国や西側諸国にブロックされており、カンボジアにも問題がありました。ベトナムにも経済制裁と禁輸措置が課せられました。当時、私たちはいくつかの困難に直面しました。そして再びインドネシアが出席し、JIM 1  JIM 2 国際会議を主催しました。そしてカンボジアの解決策に達し、神に感謝して禁輸措置と制裁が解除され、ベトナムは世界の他の国との関係を拡大することができました。タ・ヴァン・トン大使は1995 年にインドネシアはベトナムが ASEAN 加盟国になることを支持した最初の ASEAN 加盟国でもあると付け加えました。

1995 年、インドネシアはベトナムの ASEAN への参入を支持する最初の ASEAN メンバーにもなりました。当時、すべての ASEAN メンバーが私たちの加盟に支持を表明したわけではありませんでしたが、インドネシアは最初のメンバーであり、ASEAN での私たちの努力の背後に存在していました。 ASEAN への加盟は、経済、政治、その他の分野で国際社会によりよく溶けもうとする私たちの取り組みにおいて、ベトナムに命を吹き込みました。

2023 年、インドネシアとベトナムは戦略的パートナーシップの 10 周年を迎えます。インドネシアとベトナムの友好関係は 1945 年以前から存在し、1955  12  30 日に発足しました。それ以来、両国のさまざまな世代の指導者や人々によって、二国間関係と多面的な協力が促進され、育まれてきました。

Read 54 times