Friday, 09 December 2022 06:38

マラン、バトゥ市のTAMAN LANGIT GUNUNG BANYAK(グヌンバニャック・スカイパーク)エリアは避難所や観光地として利用されている

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ワルナワルニです。今日は、マラン、バトゥ市のTAMAN LANGIT GUNUNG BANYAK(グヌンバニャック・スカイパーク)エリアは避難所観光地として利用されていることについてお伝えします。

観光・創造経済省の目的地管理局長であるインドラ・ニ・トゥア氏は、12  1 日東ジャワのバトゥ市で、インドネシアは火のまたは火山に囲まれた地域に位置しているため、かなり大きな自然災害の潜在的な可能性があると述べました。しかし一方で、火山の存在は、美しい自然景観を提供し、観光資源にもなっています。インドネシアは、コンゴとブラジルに次いで世界で 3 番目に大きな熱帯雨林を持つ国でもあります。インドラ氏によると、これらの状況により、インドネシアは災害に直面した場合に備える必要があるということです。しかし、準備中には観光活動に利用されます。そして、災害発生時には、観光活動が災害対策のh鉾先となります。そのため、シェルターツーリズムのコンセプトは、インドネシアの観光のために作成されました。

シェルター・ツーリズム自体は、比較的新しい観光概念です。政府は、観光部門で開発できる可能性があると考えています。したがって、地域は、観光地としての経済効果だけでなく、一時避難場所としても機能します。その後、観光・創造経済省は、マラン、バトゥ市のグヌンバニャック・スカイパークエリアを、自然災害が発生した場合のシェルター・ツーリズム/または一時的な避難場所として指定しました。また、グヌンバニャック・スカイパークの設立により、潜在的な投資家を引き付けて、将来のより良いシェルターツーリズムの開発に投資できるようになると予測されています。

一方、観光・創造経済省の危機管理大臣の専門スタッフであるファジャル・フトモ氏は、グヌン・バニャック・スカイパーク地域をシェルター・ツーリズムとして指定することは、目的地における観光危機管理の表れであると述べました。ファジャル氏は、この Pokdarwis という観光客グループは、観光を意識したコミュニティグループだけでなく、災害対応グループにも拡大する必要があると考えています。これはコミュニティベースの危機管理の一形態です。国家災害管理庁、災害リスクマッピングおよび評価担当ディレクターの日常業務執行者Edy Suryawan Purba氏は、この活動は、国家災害管理(BNPB)と観光・創造経済省との間の覚書の調印へのフォローアップとしての具体的な行動であると付け加えました。そしてシェルター・ツーリズムは、観光セクターにおける災害管理の良い一歩です。

これで、ワルナワルニを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

 
 
 
 
 
Read 69 times