06
March

 

政府は、テロ行為に対抗するテロ対策法に関する200315号の法律の改正を加速します。これは、3月5日月曜日、ジャカルタの国家宮殿で、Wiranto政治法務治安調整大臣が語ったものです。Wiranto大臣は、この法律の改正の加速は、国家安全保障の議論に関するインドネシア国軍司令官、警察長官、国家情報機関長、国防大臣、法務人権大臣、検事総長との会談で達成されたと述べました。Wiranto大臣は、テロ対策法の改正は、国会が政府に戻しているため、まだ保留中だと語りました。Wiranto大臣は、会談では、改正のために、大幅な法の変更はなかったため合意した。したがって、その議論は、すぐに終了するだろうと説明しました。Wiranto大臣は、それが犯罪であるため、テロ行為の防止、対策、復旧は、警察の義務として合意したと主張しました。


06
March

 

国有製薬会社のKimia Farma社は、サウジアラビアに拠点を置くMarei Bin Mahfouz Groupの子会社であるDawaa Medical Limited Companyの株式の60%を取得することにより、中東に事業を拡大しました。株主契約の締結は、Kimia Farmaの最高経営責任者Honesti Basyir 氏とMarei Bin Mahfouz Groupの最高経営責任者Mahfouz Bin Marei Bin Mahfouz 氏によって行われ、Kimia Farma社とDawaa社の合弁会社の設立が実現しました。アンタラ通信によると、Honesti Basyir氏は、3月5日月曜日ジャカルタで、この企業はまた、3月には効率的な方法での運営開始を表明するだろうと語りました。彼は、海外、特にサウジアラビア、中東およびアフリカでのKimia Farma社の事業拡大は、同社の事業および事業開発戦略の一部だと説明しました。


06
March

 

2019年のマクロ経済の枠組みと財政政策を、3月5日月曜日、ジャカルタ大統領宮殿の本会議閣議で、特別に議論しました。閣議で、ジョコウィドド大統領は、ダイナミックに動き続けている世界経済の動向に警戒するようスタッフに指示しました。

インサート :2018年国家予算の実施や2019年国家予算のドラフトに関連して、金利、商品、資本流入と流出、為替レートが、ダイナミックに変化する世界経済の動向について考えたいと思います。それらのすべては、経済や競争力に影響を与える可能性があります。

以前、ジョコウィドド大統領は、いくつかの機会に、経済の中で役割を果たすことができるように民間部門を誘致しています。これは、政府が民間セクターの役割を認識しており、国家予算にも限界があるからです。したがって、大統領は、彼のスタッフに、革新を推し進め、より広く民間ビジネスの世界に関わるよう求めました。


05
March

 

インドネシアの学生たちは、北東アジア数学大会、NEAMCで金賞を1個獲得しました。さらに、彼らは、31日から3日まで、中国の北京で、実行する大会に、1個の銀賞と3個の銅賞を獲得しました。在北京インドネシア大使館から集めたデータに基づき、34日日曜日に、インドネシアの代表は、ジャカルタのBunda Mulia国際高校から12人の学生に構成されました。NEAMCは、毎年開催される世界数学選手権への予選競争です。