Print this page
Tuesday, 19 July 2022 08:59

バリ州のNGEREBEGの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、バリ州のNGEREBEGの伝統をご紹介します。

バリ州ギャニャール県の 伝統村テガラランの Ngerebegの伝統は、教育、文化、研究および技術省によってインドネシアの無形文化遺産に指定され、その決定証明書は、2021127日にジャカルタでNadiem Makarim教育、文化、研究および技術大臣によって署名されました。テガラランの村長イ・マデ・クマラジャヤ氏によると、Ngerebegの伝統が無形文化遺産に指定され、伝統村テガラランは この伝統の保存と神聖さを維持し続けることを決意しています。

Ngerebegの伝統は、Buda Kliwon PahangまたはPegat Uwakanの日と一致するように6か月ごとに開催されます。Ngerebeg の伝統は、Pekaraman Tegalalangの村で7つの伝統的な共同体によって定期的に行われています。なぜなら、儀式や伝統が守られなければ、彼らの村で悪いことが起こると 住民は信じているからです。この伝統は、子供や若者によって行われ、体に不気味な装飾がほどこされます。Ngerebeg伝統の参加者の不気味な顔は、 いつも子供たちを困らせる事を好む幽霊ウォン・サマルのシンボルです。ペクラマン・テガララン村の住民によって行われる儀式でもあるこの伝統は、ウォン・サマルに場所を提供することを目的としています。また、人間と共存し、互いに干渉せず、テガラランの村を保護するために供物を与えます。

彼らはまた、サラクの樹皮とジャカまたはアレンの葉の外皮で作った装飾品を持って村を巡る行列についていきます。 Ngerebegの儀式の行列は、悪い影響力を一掃し、地域社会が平穏であることを意味します。また、Ida Sang Hyang Widhi Wasaに感謝します。このNgerebegの後、すべての思いが 澄み、式典の実施が適切に、神聖で誠実に行われることが望まれます。この伝統は古くから存在し、世代から世代へと受け継がれてきました。人々は、Ngerebeg の伝統が行われないと、地元住民に災いが 起きると考えています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 136 times
Endah

Latest from Endah