パソナインドネシア

パソナインドネシア (707)

03
October

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地GUA TERAWANG(テラワン洞窟)をご紹介します。

テラワン洞窟は、中部ジャワ州のブロラ県、トダナン地区、ケドゥン・ウング村にあります。ブローラ市内中心部の西に 32 キロの距離の洞窟は、密集したチーク材の森の中にあります。場所は隠されていますが、この洞窟は、訪れる人に美しさを提供します。

洞窟の天井にある石灰岩の穴は、太陽の光が入り、とても美しいシルエットの陰影を作ります。この洞窟を訪れるのに適した時期は日中です。なぜなら、天井の小さな穴から日光が洞窟に入り始めると、この洞窟の美しさがより際立つからです。訪問者は、この洞窟の典型的な景色で美しい写真を探すことができます。ラワン洞窟に行くには、ブロラの街から、ガウェン市場の T 字路に向かって進み、道路を右折してジャパ、パダーン、ガプスに向かい、トダナンに到着します。

13ヘクタールをカバーするテラワン洞窟の観地には、他にも5つの美しい洞窟があります。このエリアにお越しの際は、このエリアを訪れたら、これらの 5 つのインスタ映えする洞窟の 1 つを訪れる時間を取ってください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

30
September

パソナインドネシアです。今日は、東ヌサトゥンガラ州のTII LANGGA帽子をご紹介します。

東ヌサトゥンガラ州のロテ島に行くと、ほとんどの男性がティイ・ランガと呼ばれる独特の帽子をかぶっています。このヤシの葉で作られた幅広の帽子は、ロテの人々にとって独自の意味があります。この帽子の特徴は、高さ4060センチにもなるユニコーンのような角の形をしていることです。角は、9 つのレベルを持つ「アンテナ」と呼ばれることがよくあります。語源的には、ティイ・ランガという用語は、「帽子」を意味するロテ語(テルマヌ方言) に由来します。この用語は、ヤシの葉Borassus flabillifer)から編まれた帽子の一種を指すために使用されました。

太古の昔からティイ・ランガには、アカエイとカメの2種類しかありませんでしたが、時間とともに、ロテ島のほぼすべての王国またはヌサックには、さまざまな種類のティイ・ランガがあります。ティイ・ランガには、いくつかの種類が知られており、ティイ・ランガ・ド・セラ(ざらざらした葉っぱの帽子)、ティイ・ランガ・ド・ルトゥ(細かい葉っぱの帽子)、ティイ・ランガ・アングク(長い葉を持つ帽子)、ティイ・ランガ・ベベラク(上部が平らな帽子)、ティイ・ランガ・ブハク(四角形の帽子)、ティイ・ランガ・ブウコアク(後端が羽の形をした帽子)、ティイ・ランガ・ピサック(日常生活で使用されるざらざらした葉を持つ帽子)、ティイ・ランガ・ムス(戦争中にのみ着用された葉が直立した帽子)などがあります。

ティイ・ランガには、ロテ・ンダオの人々の生活哲学があらゆる部分に表現されています。ティイ・ランガの特徴は、高さ 40 60 センチメートルの角のような「プルーム」があることです。「プルーム」は、9段で構成され、各段には2つのくぼみがあります。各くぼみの数は、ロテ島の王国またはヌサックの数を象徴する 18 のくぼみです。「プルーム」の18のくぼみは、バランスを象徴する直線で分割されています。ティイ・ランガの帽子の上部には、背中が平等を象徴するよう結ばれた「プルーム」を強化するのに役立つ直線があります。

ティイ・ランガの各端には、きれいに配置され、3 つの円で結合された多くの葉の先端があります。葉の端は、強力な政府構造に団結しているローテ族を表しています。システムの強さは、ティイ・ランガの端に配置された葉の端を締めるために、各円に 2 本の線を囲むことで示されます。

また、前面には、出会うすべての人へのオマージュとして役立つティイ・ランガ帽子の部分があり、そして、強さと勇気を象徴するために頭の上に置くと、ティイ・ランガを締めるのに役立つ紐があります。各ティイ・ランガは、リーダーの精神を持つローテの特徴を象徴するように作られています。一般に、ティイ・ランガは、ローテ人の強さと名誉を意味します。ティイ・ランガを身に着けている人は誰でも、団結し、尊敬し、秘密を守り、ロテの人々を守ることができるリーダーシップの特徴を示すことができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

29
September

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地ハンジェリ観光村をご紹介します。

観光・創造経済庁長官のサンディアガ・サラフディン・ウノ観光・創造経済大臣は、2022年のインドネシア観光村賞(ADWI)イベントでトップ50に入るために、食料安全保障プログラムの開発に焦点を当てたハンジェリ観光村を高く評価しました。サンディアガ・ウノ大臣は、9 24 日、西ジャワ州スカブミのハンジェリ観光村で 2022年のADWI のトップ 50 を訪問する際、パラブハン・ラトゥのチレトゥジオパークエリアのハンジェリ観光村が/エデュツーリズムの概念を提供していると説明しました。つまり、絶滅寸前の食用植物「ハンジェリ」の栽培方法を学ぶことです。サンディアガ・ウノ大臣によると、この観光村は、地元の食べ物や栄養価の高いハンジェリの回復を優先しているということです。ハンジェリ植物またはジャリ、オオムギ、としても知られているのは、穀物族またはイネ科の熱帯穀物植物の一種です。この植物は、ハンジェリ観光村にたくさん生えています。

地理学的には、ハンジェリ観光村エリアは、中新世 17 2800 万年前のジャンパン高原の景観の一部であり、海底に堆積した後、地表に持ち上げられて陸地になりました。太古の火山からの堆積物により、ジャンパン高原地域の土壌条件は、乾燥しがち(最小限の水)です。ハンジェリは、水不足(養分不足)でもよく育つため、灌漑を一度も受けたことのない土地をヒューマ農法でハンジェリ栽培用地として利用することができます。歴史的に、この村人は、ハンジェリと文化的、感情的に強い結びつきを持っています。これは、伝統的なハンジェリ食品加工のツールであるエテム(アニアニ)、鎌、ハンジェリ粉砕ツールなどの他のツール、およびハンジェリから作られた伝統的な調製品の形で見ることができます。

ハンジェリの観光村を訪れると、あらゆる年齢の住民が参加するさまざまな演劇やダンスで迎えられます。ここでは、ハンジェリの栽培と加工方法を学び、野菜を収穫し、魚の加工品を食べ、世界ジオパークゾーンに含まれる田園風景を楽しみながらリフレッシュできます。ワルランマンディリ村にあるハンジェリ観光村は、チレトゥグローバルジオパークゾーンに含まれています。この観光村では、ハンジェリご飯のパッケージと、ハンジェリを使ったおかゆ、ランクヘッド、タパイなどのさまざまな食品も楽しめます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

28
September

パソナインドネシアです。今日は、東南マルク県の観光地TAYANDU島をご紹介します。

思い出に残る忘れられない休日の雰囲気を感じたいですか? チュアルタヤンドは、正しい選択です。タヤンドは、東南マルク県のケイケチル島の南にある小さな離島です。しかし、この島は、休暇中に行くのに興味深い目的地になる可能性があり、非常に思い出に残る旅行になることが保証されています。タヤンド島は、かつて南東マルク県の一部でした。しかし、テュアル市が自治区になった後、アラフル海とバンダ海の間にあるタヤンドタム群島の小さな島は、後にテュアル市の一部となった他の 5 つの村と共に準地区の 1 つになりました。

タヤンドは小さな離島に分類されますが、イスラムの影響が最初にこの地域に入った17世紀に栄えた古代の村などの神秘的な過去の文明の痕跡を見つけることができます。しかし、その後まもなく、ポルトガル人による初期の植民地時代影響があり、/それに続いてオランダ人もこの地域に入りました。ポルトガル人とオランダ人のこの地域への参入は、香辛料貿易にほかなりませんでした。タヤンド島の史跡となった古代の村を探索するだけでなく、地元の伝統を直接目にする機会もあります。

例えば、そこで結婚式があるとします。結婚式では各ペアが伝統的なブトンの服を着ます。ブトン自体は、南東スラウェシ州の島の 1 つです。必ずしも結婚式は行われませんが、通常、観光客は、さまざまな伝統音楽でおもてなしされます。これらすべてが組み合わさって、観光客でさえきることのないほど美しい文化的名所となっています。目の保養になるビーチの美しい景色は、言うまでもありません。

タヤンド島は、チュアル市から約 25 海里です。この島に行きたい場合に利用できるオプションは多くありません。地元の人々は通常、定期的に週に 1 出航するフェリーを利用します。フェリーを利用すると、目的地までの推定所要時間は、約 3 4 時間です。都会の真ん中での休暇に飽きて、静けさを求めて遠くへ旅行したい人には、タヤンド島が最適です。美しい自然の美しさだけでなく、この小さな離島には、何年も前の古代文明の歴史的証拠があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

23
September

パソナインドネシアです。今日は、北マルク州のSOYA SOYAダンスをご紹介します。

ソヤ・ソヤダンスは、戦争ダンスとも呼ばれます。このダンスの作成の背後には、歴史的な出来事があるため、このダンスは、ユニークで興味深いものです。ソヤ・ソヤダンスは、北マルク州の伝統的なダンスの 1 つであり、通常、高官を歓迎する際に行われます。このダンスは、スルタン・バブラの治世中のテルナテ王国の歴史的出来事に基づいています。当時、スルタン・バブラは、父スルタン・ハイルンの遺体をと取り返すために、テルナテ南部の都市カステラにあるポルトガルの砦を襲撃しました。スルタン・ハイルンは、砦でポルトガルの兵士によって残酷に殺されました。愛国心をテーマにしたこのダンスは、この歴史的な出来事を捉えるためにスルタンの芸術家によって作成されました。

ソヤ・ソヤダンスは、無制限の数のダンサーによって踊られますが、奇数でなければなりません。踊るとき、彼らは、テルナテ語でトゥアラリパまたはリパクラチと呼ばれる黄色いヘッドバンドを着用します。彼らはまた、テルナテ語でタコアと呼ばれる白い胸の開いた服を着ています。さらに、白いズボンと赤、黒、黄、緑のスカートを着用します。ダンサーはまた、左手にサラワクという盾を持ち、右手にガナガナを持っています。ガナガナとは、赤、黄、緑のヤシの葉で飾られた竹の横にガラガラが取り付けられており、振ると音がします。

音楽の伴奏として、ソヤソヤダンスには、、地元ではティファやゴングと呼ばれる太鼓が使われます。ソヤソヤダンスの動きは、非常にダイナミックで熱狂的で、戦争中にテルナテ王国の軍隊の精神でポルトガル人を追放するように伝えます。ソヤソ・ヤダンスのダイナミックで活気に満ちた動きを見るには、是非、北マルク州を訪れてください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

27
September

パソナインドネシアです。今日は、北スマトラ州のMAMIANG BAGAS伝統をご紹介します。

北スマトラ州マンダリン・ナタール(マディナ)県、パンヤブンガン群、エク・バニール村には、住民によって今も守られている独特の伝統があります。それは、「マミアン・バガス」として知られていて、一堂に集まって高床式の家を持ち上げる伝統です。家を移動させたい住民に近隣の住民がボランティアで手伝います。移動する家の重さは、もちろん軽いものではなく、数百キロにもなることがありますし、移動する距離も短くありません。この代々受け継がれている伝統は、相互協力の精神が北スマトラ州のマディナ県で続いていることのしるしとして、今も受け継がれています。

マミアン・バガスは、住宅所有者からマミアン・バガスを実施する日程を決定するための会談への招待から始まり、普通村の若者が集まります。移動する日には、あらかじめ用意されていた竹竿が家の全ての支柱に結ばれ通る道もきれいに整えて通れるようにします。号令の一声で、高床式の家が地面から浮き上がり、移動し始めます。

住民は、この木造住宅を一緒に担ぐ必要があります。家が重すぎるために何度も家をおろしたり持ち上げたりする事も珍しくありません。目的地に着くまでには 特に狭い場所を通る時には、何時間もかかる場合がありますが、最終的には、数十人の住民が団結力を持って、家を予定している場所に移す事ができます。

高床式の家が無事に新しい場所に移された後、その家が災害や災いから守られるようにと、感謝の催しが引き続き行われます。そして、マミアン・バガスの伝統は、住民間の緊密な親族関係の形として 一緒に食事をすることで終わります。一緒に食事をすることは、家の所有者から、家を移動するために時間とエネルギーを惜しみなく費やしてくれたすべての住民への感謝の表れです。

パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

22
September

パソナインドネシアです。今日は、ボンドウォソ県のSINGO ULUNGダンスをご紹介します。

シンゴウルンダンスは、伝統的な音楽に合わせて踊るアトラクションとしてのライオンの人形劇です。一見すると、この伝統的な舞踊は、中国のコミュニティに属する獅子舞の芸術に似ています。違いは、使用する獅子人形とダンスアトラクションの形式にあります。 SINGO ULUNG ダンスは、通常 2 人で行われ、イスラム暦のシャーバンまたはルワの月に合わせて村の清掃イベントで行われます。さらに、この伝統的な芸術は、祝賀会、特に毎年 8 16 日のボンドウォソ記念日の祝賀会でも演奏されることがよくあります。

踊るとき、Singo Ulungのダンサーは、一般的に白いライオンの服を着ます。しかし、時々、これらのダンサーは、黒または黄色のライオンの服を着ることもあります。アトラクションでは、シンゴウルンのダンサーが、スピン、ジャンプ、ローリング、スタッキングなどの動きでダンスの動きを披露します。実際、燃えている円を飛び越えて驚くような魅力を発揮することがよくあります。このアトラクションは、確かに観客にとってスリリングなアトラクションであり、エンターテイメントでもあります。ダンサーが躍る時は、ドラムやトランペットなどの伝統的なガムラン楽器と、マドゥラ語の歌の歌詞を伴います。

この伝統的なボンドウォソダンスは、Singoという男性によって作成されました。彼はブランバンガン出身です。Singoは、自分自身を救うために生まれ故郷を離れ、ボンドウォソ県クラバン地区のブリンビング村に住んでいました。 Singo Ulung と彼の妻、Nyi Moena は、豊かな生活を築くためにブリンビングの村人を支援し、協力してきました。そのため、多くの村人が彼を誇りに思い、最終的に彼をブリンビング村の最初の村長に選びました。ある日、Singo Ulungと名付けた伝統舞踊を作るというアイデアが浮かびました。このダンスは当初、イスラム暦であるシャバン月またはルワー月に必ず開催される伝統的な儀式、すなわち「ブリンビング村の清掃」のイベントで演じられていました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

19
September

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地GUA LAWAをご紹介します。

一般的にインドネシアの洞窟は、石灰岩でできており、丘の中腹に位置するため、鍾乳石石筍(が形成されることが多い。しかし、中部ジャワ州のプルバリンガには、グア・ラワという洞窟が 1 つあります。これは、数千年から数百万年にわたってけて冷却された活発な山の溶岩から形成された火山洞窟です。この溶岩冷却プロセスにより、鍾乳石や石筍を引き起こすことなく、岩が硬く強い黒色になります。岩の厚さは、50メートルにも達するため、衝撃に強いです。ラワ洞窟は、スラメット山のふもと、正確には、プルバリンガ県カラングレジャ地区のシワラク村にあります。この場所は、コウモリがたくさんいることからラワ洞窟と呼ばれています。ラワ洞窟、または地元では通称ゴラガとも呼ばれる洞窟で、長さは約1.5キロ、標高は海抜約900メートルなので空気がひんやりと感じます。

らわ洞窟の自然の美しさを楽しむだけでなく、プルバリンガ県政府は、この観光地をより魅力的にしています。 2018年にレバラン祭日の翌日にオープンして以来、この観光地は、洞窟にあるユニークなコーヒーショップを提供しています。これらの施設の出現により、訪れる観光客の数は、飛躍的に増加しました。この施設は、洞窟を一周した後、リラックスしたい観光客に最適です。暖かいコーヒーを飲みながら、赤、青、緑など色とりどりの光が交互に点灯する洞窟の異国情緒あふれる景色は、忘れられない体験となるでしょう。

洞窟の内部だけでなく、ラワ洞窟の地域の外部も地方政府によって取り組まれ始めています。入口は、マジャパヒト王国時代の扉のように、レンガを並べて構成されています。エリアに入ると、日陰芝生の木が伸びています。このスポットは、観光客の写真を撮る場所を目的としています。すでに政府によって管理されているため、ラワ洞窟へのアクセスは非常に簡単です。プルバリンガの市内中心部から出発する場合、所要時間は 27 キロです。ラワ洞窟は、毎日午前 8 時から午後5 時まで営業しているため、朝から訪れることをお勧めします。入場券の価格は、月曜日から金曜日は I20,000ルピア、週末は 1 人あたり25,000 ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

15
September

パソナインドネシアです。今日は、南スラウェシ州の観光地MAROS PANGKEPジオパークエリアをご紹介します。

南スラウェシ州のマロス・パンケップ・ジオパークエリアは、正式にユネスコ世界ジオパークリストに含まれています。この決定により、バトゥール、リンジャニ、セウ、チレトゥ、トバカルデラ、ビリトゥンジオパークに次いで、世界的に認められているインドネシアのジオパークの数が増えています。この決定は、タイで開催されたユネスコ世界ジオパーク評議会の会議の結果に基づいています。マロス・パンケップ・ジオパーク管理局のゼネラルマネージャーであるデディ・イルファン氏は、ユネスコグローバルパークに登録されたことで、マロス・パンケップ・ジオパークへの注目が高まり、この地域が世界の観光地になると考えられていることを明らかにしました。

マロス・パンケップ・ジオパークは、マロス県とパンカジェン諸島県(パンケップ) 2 つの地域にあります。行政上、土地面積は、 223,629 ヘクタール、スペルモンド諸島は、 88.9 ヘクタールです。この地質公園は2015年に正式に設立され、2017年から国家地質公園となっています。この地質公園は、インドネシアが所有する 15 の国家地質公園の 1 つであり、スラウェシ島で国家地質公園のステータスを持つ唯一のジオパークです。その魅力のひとつは、カルストエリアです。マロス・パンケップ・カルストは、その美しさ、独自性、動植物、科学的および社会文化的価値の高さに疑いの余地のない世界クラスのカルストの 1 つです。このカルストは、中国南部に次いで世界で 2 番目に大きいカルスト地域です。

マロス・パンケプのジオパークのカルストには、かつて古代の人間や先史時代の人間が住んでいた何百もの洞窟があります。この洞窟の壁には、40,000 年前の先史時代の絵画の遺物があります。このカルストは、歴史的価値が高いだけでなく、興味深い観光スポットでもあります。このジオパークには、カルストエリアに加えて、蝶の王国があります。蝶の王国は、バンティムルンブルサラウン国家公園保護区にあります。この地域には、240 種の蝶を含む固有の動植物が生息しています。

ジオパークとして、マロス・パンケップには、ジオサイト、生物学的サイト、文化的サイトなど、さまざまな持続可能な自然ベースの観光地があります。このサイトで見つかったジオサイトには、Rijang Bantimala 複合、Pateteyang-Cempaga 変成複合、および Samura Parenreng石化作用が含まれます。一方、生物学的部位のは、ベンゴ・マカロエワ科学の森、カラエンタ原生林、ケハティ公園、トナサ植物園、プンチャックアルゴ植物園があります。また、ベラエ先史時代の複合施設、スンパンビタ先史公園、狩猟場など、文化施設もあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

12
September

パソナインドネシアです。今日は、東ヌサトゥンガラ州のUMBIRO儀式をご紹介します。

東マンガライの人々の 90% もの人が、畑と稲作の両方で農家として働いています。彼らは、自然と一体となって生きています。さまざまな種類の園芸を植えることに関連するすべてのことは、常に、宇宙と創造主である神をえる伝統的な儀式の前に行われます。したがって、東マンガライの人々が農業に関連するさまざまな伝統的な儀式を行っている理由は驚くべきことではありません。その一つが、り始めた頃に田んぼの端で行われるUMBIRO(ウンビロ)儀式です。

ウンビロの儀式は、宇宙と祖先、創造主である神に豊穣の成果をもたらし、精霊による妨害から米を守るように祈願するために行われます。ウンビロの儀式は、東マンガライ、特にムベンガン村、ラナコロン村、グヌン村、グヌンバル村、その他 22 の村の農民によって常に行われています。これまで地元の人々は、稲の花が咲き始める3月に田んぼの端でウンビロ儀式を行ってきました。

ウンビロ儀式は、長くて豊かな米粒を宇宙に求める儀式です。地元の言語で、「ウンビ」は引っ張る、「ロ」は森に住んで育つロープの名前です。ですから、この儀式は、綱引き大会のようなものです。ユニークなことに、ウンビロを行う人々は、地元の伝統的な服である「ソンケ」、ショール、デスタルというヘッドギアを着用することにより、男性に対する女性です.この儀式が行われる際には、米にまつわる歌も儀式に伴奏します。畑の端でウンビロの儀式が行われる前に、鶏、豚、山羊、他の物などの形で自然、祖先、全能の神に最初の供物が捧げられます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 1 of 51