パソナインドネシア

パソナインドネシア (911)

12
April

パソナインドネシアです。今日は、インドネシアの料理KETUPAT LEMAKをご紹介します。

Idul Fitri祭日またはレバラン祭日は、ケトゥパトの存在なしでは不完全です。実はこの料理、お米を使った典型的な東南アジア料理なんです。作り方は、まずヤシの若い葉を編んで作った入れ物でお米を包みます。その後、調理されるまで煮るだけです。

インドネシアのさまざまな地域に普及しているケトゥパットには、さまざまな種類があります。例えば、ポンティアナックのケトゥパット・レマクです。ケトゥパトは一般的に主材料として米を使用しますが、ケトゥパト・レマックは、実際にはもち米を使用します。調理法が少し違います。ケトゥパト・レマックを作るプロセスは、もち米を洗い、ココナッツの葉で編んだ入れ物の中に入れることから始まります。投入されるもち米は、満杯でなければなりません。これは、通常半分しか入っていないライスケトゥパットとは確かに異なります。なぜなら、お米は膨張しますが、もち米は膨張しないからです。次に、ケトゥパットを十分な塩を加えたココナッツミルクで煮ます。ココナッツミルクが無くなったらケトゥパットを取り出して、すぐに食べられます。

ケトゥパト・レマックは通常、肉レンダン、チキン・オポル、ポテトサンバル、パイナップルサンバルなど、他の典型的なレバランのおかずと/食べられます。レバランの時に家で家族と一緒に食べられることにくわえて、ケトゥパト・レマックと他の典型的なレバランのおかずは、ポンチアナックの人々によってお届け物として利用されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

05
April

パソナインドネシアです。今日は、アチェ州の料理BULUKAT KUAH TUHEをご紹介します。

インドネシアで断食明けのおいしい料理を探していると、インドネシアの多くの地域でコーラクと呼ばれる料理を見つけることができます。この料理は通常、バナナ、サツマイモをココナッツミルクとパームシュガーで調理して作られます。コラックは、インドネシア人が断食明けに食べるお気に入りの料理です。コラックはインドネシアのほぼすべての地域で見られますが、地域ごとに種類や味が異なります。例えば、アチェには、ブルカット・クア・トゥヘというコラックの変種があり、典型的なアチェのバナナのコンポートでとても美味しいです。ブルカットとは、アチェ人が炊き込みもち米と呼ぶものです。この料理は、ブルカット、バナナ片、ジャックフルーツ片、白砂糖、パンダンの葉をココナッツミルクソースと混ぜて作られています。使用されるバナナは、プランテンの一種であるウエスタンクラットバナナという特別な種類のバナナです。

ブルカット・クア・トゥヘの作り方は、一般的なコラックの作り方とほぼ同じです。ただ、もち米とソースは別に炊きます。ソースを作るには、ココナッツミルクにバナナ片、ジャックフルーツ片、パンダンの葉、砂糖を加えて調理します。ソースの色は、ヤシ糖ではなくグラニュー糖を使用しているため、淡い白色です。提供されるとき、ブルカットにはソースがかかっています。食べると、すぐにパンダンの葉の香りが漂います。味は香ばしく、粘りがあり、甘いです。

ブルカット・クア・トゥヘは、ラマダン月に提供されるだけでなく、預言者ムハンマドの誕生日やアチェのさまざまなお祝いのイベントでも提供されることが判明しました。ブルカットトゥヘスープは決して忘れられません。なぜなら、この食べ物は親族の絆となり得るからです。この料理は、祝福をもたらし、怒りを避けると信じられています。ブルカット・クア・トゥを試してみたい方は、お好みに合わせてこのおいしい料理をお楽しみください。ブルカットやもち米があまり好きではない場合は、トゥヘンヤスープだけを楽しむこともできます。ブルカットの他に、アペムと一緒にトゥヘンヤソースもお楽しみいただけます。アペムは、米粉とココナッツミルクから作られたボウルのような形をした伝統的な食べ物です。

これで、ワルナワルニを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

04
April

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地LAYURモスクをご紹介します。

中部ジャワ州のスマラン市への宗教旅行では、訪れるべき興味深い目的地であるラユール・モスクがあります。この緑のモスクは、スマラン市の宗教文化遺産の 1 つです。ラユールモスクは西暦 1802 年に建てられ、カンポンメラユ地区、まさにダダプサリ村のラユール通りに位置しています。モスクの建物の面積は、約270平方メートルです。ラユールモスクを訪れると、モスク内で静かに礼拝したり、モスクの日陰のある中庭でリラックスしたりできます。

ラユールモスクは、当時スマラン市に住んでいたイエメン出身の数人の商人によって設立されました。このモスクは、そびえ立つ塔があるため、メナラ、カンポン・メラユ塔モスクとしても知られています。以前は、このモスクの塔は、灯台として使用されていました。その機能は、スマラン港がまだ「クライネブーム」にあるときに、スレコ・ベロク橋の周囲でスマラン川を通過する船舶や大型ボートの交通を監視することです。時間とともに、ラユールモスクの灯台の建物は、地元住民によって塔とモスクに改装されました。

ラユールモスクは、アラビア、マレー、伝統的なジャワ文化を組み合わせた建築を持つ古代のモスクです。塔の形状やドーム型の門などにアラブ・マレー文化の特徴が見て取れます。一方、チーク材の柱で支えられたモスクの三重の屋根からは、伝統的なジャワの様式が見られます。興味深いことに、ラユールモスクには、地元住民に今も受け継がれている独特の信念があります。このモスクには、男性の礼拝者のみが入場でき、女性の礼拝者は立ち入りできません。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

29
March

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地SAKA TUNGGAL BAITUSSALAMモスクをご紹介します。

中部ジャワ州バニュマスへの宗教旅行の際には、ぜひ訪れていただきたいサカ・トゥンガル・バイトゥサラーム・モスクがあります。サカ・トゥンガル・バイトゥサラーム・モスクは、中部ジャワで最も古いモスクの 1 つです。設立の歴史の一説によると、このモスクは西暦 1288 年に設立されたとされています。これは、このモスクが西暦 1293 年にマジャパヒト王国が出現する前に建てられたことを意味します。地理的には、サカ・トゥンガル・モスクは、バニュマス県のワンゴン地区、チカカク村の丘に囲まれた谷にあります。

サカ・トゥンガル・モスクの大きさは、約 12 × 18 メートルで、木材が多く使用されています。アタムはヤシの繊維から作られています。このモスクは、柱が一本あることからサカ・トゥンガルと名付けられました。この支柱は、モスクの建物の中央に位置し、中央に 4 つの翼があります。こうすることでトーテムのように見えます。一方、支柱の下部は、モスクの創建年を記した部分を保護するためにガラスで覆われています。サカまたは柱に取り付けられた 4 つの翼は、「Papat Kiblat Lima Pancer」という火、風、水、地を表す 4 つの基本点を象徴しています。サカ・トゥンガルはまた、生きている人々はアリフのように、まっすぐで、曲がってはいけない、いたずらをしてはいけない、嘘をついてはいけないということを象徴しています。それだけではなく、4つの風は人間の生活のバランスを保たなければならないことを意味します。

サカ・トゥンガル・モスクにも、独自の魅力があります。モスクのイマームは、通常ペシ、コピヤを使用するインドネシアで一般的に使用される頭を覆うものを着用せず、ウデンというヘッドバンドを使用します。このモスクの独自性は、そこで礼拝する人々の宗教的伝統主義にも感じられ、すべての会衆の祈りの前には、常に賛美歌やウロウロ(ハミング)が歌われ、ジャワの賛美歌のように歌われます。ユニークなのは、一連の金曜日の祈りがすべて会衆の中で行われることです。サカ・トゥンガル・バイトゥサラーム・モスクでは、拡声器を使用しないという伝統が今でも残っています。 4 人のイスラム教徒が同時に歌う祈りの呼びかけの音は、今でもこのモスクから非常に大きくメロディアスに聞こえます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

28
March

パソナインドネシアです。今日は、バリ島のKEPAONイスラム村をご紹介します。

インドネシアには、ラマダン月中に訪れるべきさまざまな興味深い観光地があります。その一つがバリ島のケパオン村です。バリ島はヒンズー教徒が大多数を占める場所として知られていますが、実はケパオンイスラム村というイスラムの村があることが分かりました。この村は、南デンパサール地区のペモガン村、ケパオンの伝統的な村にあります。   イスラム教徒は、ヒンズー教徒が大多数を占めるバリ社会の中で平和に共存しているようです。

ケパオンイスラム村には、バドゥン王国のペメクタン城に歴史的なルーツを持つバリ人が住んでいます。   ケパオンイスラム村は、ペメクタン王国時代のヒジュリヤ 1326 年頃にイスラム教がバリ島に伝わって以来、バリ島で最も古いイスラム教徒のコミュニティの 1 つです。これまで、ケパオンの人々は、ペメクタン城と良好な関係を維持しています。例えば、ケパオン村の住民は、プリ・パメクタンからの式典への招待によく出席します。

ケパオン村のアル・ムハジリン・モスクは、住民の礼拝の中心地です。このモスクには、メギブン、つまり1日の断食が明けた後一緒に会食をするという独特の伝統があります。メギブンは、ラマダン期間の毎月 10 日、20 日、30 日に開催されます。この伝統は、コーランを 30 ジュズ暗誦した後、10 日ごとに感謝の気持ちを表すために行われます。興味深いことに、この伝統が行われるときは、ケドンテン料理が提供されます。この料理は、結婚式やメギブンイベントなどの特定のお祝いのときにのみ提供されます。このケドンテンは、セルンデンを添えたルンダンのスパイスが効いた料理です。この伝統は、感謝の気持ちを表現するだけでなく、同じイスラム教徒とヒンズー教徒の両方である住民間の兄弟愛の感情を強める機会でもあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

22
March

パソナインドネシアです。今日は、バンテン州のQUNUTANの伝統をご紹介します。

インドネシア人は、通常、Idul Fitriの祝日が近づくとケトゥパット作りに忙しくなり始めます。ケトゥパットとは、お米をココナッツの葉で編んで包んだ料理です。しかし、プラムカ島、セリブ諸島、バンテン島の人々にとって、ケトゥパットを作るのは、ラマダンの15日目から一般的に行われてきました。ラマダン中期にケトゥパットを作る伝統は、クヌタンまたはクパタンの伝統として知られています。彼らは、コミュニティ間の絆を強化するクヌタンの伝統を持ち、また、ラマダンとともに彼らを結び付けてくれたアッラー「神」の愛に対する感謝の気持ちを表していました。クヌタンの伝統では、母親は通常、それぞれの家でケトゥパットを作ります。あるいは、寄付をし合い一緒にケトゥパットを作る住民グループもあります。通常、調理されたケトゥパットは、断食明けの日没前にモスクに運ばれます。モスクには住民から送られた大量のケトゥパットがあるため、タラーウィの祈りをしている会衆に再びケトゥパットが配布されます。タラウィの祈りの後、彼らは集まり、一緒にケトゥパットを食べます。この伝統では、ケトゥパットはタンギル(メリンジョ)の皮の野菜やカボチャの野菜と一緒に食べられます。一方、おかずはチキンオポル、卵バラド、またはビーフシチューです。クヌタンの伝統は、タラウィの祈りの終わりにクヌトの祈りを朗読することによっても特徴づけられます。シャーフィー派によると、ラマダン月の 16 日から、ウィトルの祈りの最後でクナッツの祈りを読むのがスンナとなります。クナッツの祈りを読むことは、世代から世代へと受け継がれてきた習慣です。従わなくても大丈夫ですし、罪にはなりません。クナッツの祈りの朗読は、ラマダンの終わりまで続きます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

21
March

パソナインドネシアです。今日は、ジョクジャカルタ特別州の観光地TAMBI観光村をご紹介します。

都会の喧騒から離れた静けさを好む人には、ジョグジャカルタのタンビ観光村が最適の観光地かもしれません。 2007 年に設立されたこの観光村は、美しい村の雰囲気と涼しい空気、そして地元の文化の知恵をうまく組み合わせています。テンビ観光村は、市内中心部に非常に近く、マリオボロからわずか約 8.5 キロ、15 20 分でアクセスできます。

タンビ観光村では、さまざまな観光アクティビティを行うことができます。そこでは、この観光村エリアを散策することができます。田んぼを歩く感覚も味わってみてください。田んぼの涼しい空気を感じながら、農家の方々の営みを観察してください。または、ドカールに乗って村を巡ることもできます。テンビ観光村には、美しい田舎の自然の景色が見られるだけでなく、テンビ文化住宅博物館と呼ばれる博物館もあります。この博物館では、台所用品、農機具、美術品からケリスという伝統的な武器に至るまで、そのコレクションを通じてジャワの歴史と文化について学ぶこともできます。この文化の家では、インドネシア各地の民族舞踊やガムラン公演、バントゥル地方の人形遣いによるワヤン公演、美術展など、さまざまな芸術活動を紹介する文化祭も毎月開催されています。

テンビ観光村では、プロのバティック職人が直接指導するバティック作りワークショップなど、ワークショップ活動に参加することもできます。手芸体験コーナーもあり、機織りからワヤン人形作りまでさまざまな手作り体験ができます。タンビに旅行したら、地元のおいしい料理もお試しください。米粉、ココナッツ、砂糖などを混ぜて作られるスナック「サゴン」を味わうことができます。米の形をしたバンカカンと呼ばれる食べ物もあり、さまざまな野菜や塩辛、テンペ、豆腐、卵などのおかずが添えられています。テンビ観光村では、食べ物だけでなく、スパイスの効いたウェダンやさまざまな種類の漢方薬などの伝統的な飲み物も楽しむことができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

20
March

パソナインドネシアです。今日は、南スラウェシ州の観光地TANJUNG BIRAをご紹介します。

インドネシア東部は、確かに美しい自然の風景、特に水中の景色やビーチに恵まれています。この場所は、ダイビングが趣味で海洋観光が大好きな方に最適です。インドネシア東部の海洋または海洋観光地の 1 つは、タンジュン・ビラです。スラウェシ島の南端、まさに南スラウェシ州ブルクンバ県ボント・バハリ地区に位置するタンジュン・ビラビーチは、その美しさと快適さで海外でも有名な柔らかい白砂のビーチです。

タンジュン・ビラビーチは、ブルクンバ市から約 40 キロ、マカッサル市から 200 キロの距離にあり、移動時間は約 3 4 時間です。タンジュン・ビラは美しいビーチの魅力で知られているだけでなく、有名な南スラウェシピニシの伝統的なボート建造の本拠地でもあり、ビーチの端でボートの建造プロセスを見ることができます。入場料は約 10,000 ルピアで、タンジュン・ビラビーチ観光エリアには、ダイビング用品のレンタル場所、レストラン、快適なバスルーム、バイクのレンタル、セラヤル島でダイビングをしたい観光客を乗せるフェリー港など、さまざまな施設が備わっています。

このエリアをまだ冒険したいという方のために、ヴィラ、バンガロー、ホテルなど、1 泊あたり 100,000ルピアから 600,000ルピアの料金で宿泊できるいくつかのタイプの宿泊施設があります。タンジュン・ビラビーチの観光エリアでは、できることがたくさんありますが、シュノーケリングやダイビングもその 1 つです。水中の自然の景色は、本当に素晴らしいので、タンジュン・ビラに来たらこの 2 つのことを必ず実行してください。タンジュン・ビラの西に位置する小さな島であるリウカン・ロエ島周辺は、最高のスポットの一つです。シュノーケリングやダイビングがあまり好きではない人は、爽やかな風を感じながら、太陽の下でビーチで光浴をしたり、魅力的な日の出や日没を眺めたりするだけで、タンジュン・ビラで過ごすことができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

15
March

パソナインドネシアです。今日は、さまざまな地域の典型的なラマダン料理をご紹介します。

インドネシアの各地域は、通常、夜明けや断食明けに特別な料理が提供されます。今回は、ラマダン期間中に各地で人気のメニューをご紹介します。非常に有名なものの1つは、アチェ州のカンジ・ルンビ粥です。メッカのベランダというニックネームを持つこの州のモスクは通常、カンジ・ルンビ粥を一般に配布しています。この茶色がかったお粥は、スパイスの強い香りと味が特徴です。これは、レシピがインド料理の影響を受けているためです。スパイスがたっぷり入ったこのお粥は、腹持ちが良いだけでなく体も温まります。

西カリマンタン州ポンティアナックの人々には、ソトン・パンコンと呼ばれる典型的なラマダン料理があります。この料理はイカをメイン食材として使用しています。イカは、揚げるのではなく焼きます。しかし、イカは事前に乾燥するまで天日干しします。焼いたイカの身を提供前にハンマーで叩きます。目標は、肉をより柔らかく、噛みやすくすることです。ソトン・パンコは通常、ピーナッツソースと一緒に食べたり、甘辛のスパイスを加えて調理したりして食べます。

もう 1 つの典型的なラマダン料理の名物は、マルク州のアシダケーキです。このケーキは、実はアラビアから来たものです。イスラム教がインドネシア東部に流入し始めたとき、マルクの人々はこのドドルのようなケーキを認識し始めました。ラマダン月中、アシダケーキはとても甘いのでタクジルという断食の前菜としてよく使われます。このケーキは、ラマダン期間中、タクジル市場や道路脇で簡単に見つけることができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

08
March

パソナインドネシアです。今日は、東ヌサトゥンガラ州の観光地KELABBA MAJA丘をご紹介します。

色とりどりの丘の美しさは、中国甘粛省の張掖丹霞地貌や米国オレゴン州のペインテッド丘だけでは楽しめません。東ヌサトゥンガラ州に旅行すれば、色とりどりの丘の美しさを楽しむこともできます。ケラバ・マジャ丘もあります。その場所は、サブ・ライジュア県のハウ・メハラ地区、サブ島にあります。自然の風景は、さまざまな色のグラデーションを持つ丘陵崖で構成されています。崖の表面は、自然が生み出した赤・茶色・青・白のグラデーションで彩られています。

ケラバ・マジャの丘には、父親、母親、子供からなる家族を表すバランスストーンと考えられる 3 つの石がしっかりと立っています。この場所は神聖とも考えられており、地元住民はここを神の地、デワ・マジャの聖地と考えています。毎年、デワ・マジャへの嘆願、保護、豊穣の象徴として動物屠殺の儀式が行われます。この場所は神聖な場所と考えられているため、この場所では控えめな服装をする必要があります。ケラバ・マジャ丘の美しさは、2018 年にアヌゲラ・ペソナ・インドネシアAPIの「隠れた楽園の観光地」部門にノミネートされました。

ケラバ・マジャを訪れたい方は、東ヌサトゥンガラ州の首都クパンからサブ島まで飛行機で旅を続けることができます。海路を利用する場合は、フンカやアウモーターボートを利用できます。フンカボートやアウボートのほかに、ボロック・クパン桟橋から出発するフェリーもあり、所要時間は約 13 時間です。一方、アウボートは、テナウ・クパン港から出発し、サブ島に到着するまで約 8 時間かかります。サブ島に到着したら、島内を観光したい方のために、バイクと車のレンタルも可能です。バイクのレンタル料金は150,000 ルピアからです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 1 of 66