パソナインドネシア

パソナインドネシア (736)

07
April

パソナインドネシアです。今日は、北スマトラ州のSULTAN AHMADSYAH大きなモスクをご紹介します。

今回のパソナインドネシアは、スルタン・アフマド・シアグランドモスクへの宗教ツアーにご招待します。スルタン・アフマド・シアグランドモスクは、北スマトラ州のタンジュン・バライ市に現在も残っているアサハン王国から受け継がれた歴史的なモスクです。このモスクは、1884年に設立され、1886年に完成し、100年以上前のものでありますが、現在でも頑丈です。

当初、このモスクは、アサハンのマレー王国の高官たちが集まる場所であり、アサハンの土地を支配したかったオランダの攻撃から人々の防御の防波堤としての役割を持っていました。しかし、現在、スルタン・アフマド・シアグランドモスクは、コミュニティ開発センターおよび礼拝所として機能しています。

スルタン・アフマド・シアモスクの特徴は、マレーの建築にあります。これは、ほとんどのマレーの建物のように長方形の建物から見ることができます。また、屋根の端には、タケノコの彫刻などマレーの建物の特徴があります。ユニークなことに、このモスクの内側には柱がありません。このモスクの基本的な建物は、ほとんどセメントを使用せず、砂と粘土を使用しています。一方、外には多くの柱があります。もう一つのユニークさは、建物の真ん中ではなくモスクの正面にあるモスクのドームにあります。そのため、正面から見ると、このモスクは、普通に見え、そのユニークさを隠しています。

モスクに入ると、対照的なもの、つまり中国で装飾されているモスクの説教壇が見えます。この説教壇は、中国からのスルタンによって直接もたらされました。さらに、説教壇のすぐ後ろにあるモスクのミナレットに上がるためのらせん階段もあります。モスクの後ろを歩くと、モスクの監督者/保護者であるイマームとナジルの家族の墓が見えます。その後、モスクのパビリオンには、スルタンアサハンの遺物の3つの大砲もあります。

これで、ワルナワルニを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。    

01
April

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州のKURAMASANという洗髪の伝統をご紹介します。

ラマダンの聖なる月を迎えるためにインドネシアの人々によって行われている様々な伝統があります。そのうちの一つは、今でも多くのインドネシア人によって行われている/自己浄化の儀式です。これらの儀式の1つは、西ジャワ州のチアンジュル県にあるミドゥアナの伝統的な村人によって行われているクラマサンの伝統です。クラマサンの伝統は、大浴場や洗髪で行われます。したがって、クラマサンと呼ばれています。この儀式は、伝統的な村を分断するチパンダク川で行われます。

クラマサンの儀式は、ラマダン断食月の前に行われます。今年は、ミドゥアナの伝統的な村人が324日からクラマさんの儀式を開始しました。儀式の時は、朝から正午まで、住民はチパンダク川にやって来ます。この大規模な入浴行列の前に、住民は地元の長老によって率いられ、彼らの意図と祈りを捧げます。次に、服を脱がずにチパンダク川に下ります。入浴後、住民はすぐに川の端までゴミを持ち上げて川をきれいにします。

一連のクラマサン儀式の後には、川岸でマヨルと呼ばれる合同の食事が続きます。すべてのクラマサンの儀式は、ミドゥアナ伝統村人が喜びをもって相互協力して実施されます。ミドゥアの伝統的な村人にとって、クラマサンの伝統は非常に重要であり、ラマダンの聖なる月の前に自分自身を浄化する意味があります。ミドゥアナ先住民にとって、ラマダンは非常に神聖で輝かしい月です。したがって、この聖なる月を迎えるためには、心身ともに清めることが大切です。ミドゥアナの伝統的な村人は、ラマダン断食月を肉体的にも精神的にも聖なる条件で生きることができることを望んでいます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

31
March

パソナインドネシアです。今日は、ゴロンタロのMOHIBADAA(モヒバダー)の伝統をご紹介します。

特にラマダン断食月の前に、ゴロンタロの女性によって受け継がれたユニークな伝統があります。それはモヒバダーの伝統と呼ばれています。モヒバダーは、ゴロンタロの女性によるフェイシャルスクラブやマスクを使用する伝統です。このマスクは、フモポト(ケンカー)、バンガレ(バングル)、アラワフ(ターメリック)など、様々なスパイスの混合物から作られています。最大限の効果を得るには、もち米粉の混合物を使用して、マスク生地がより滑らかになるようにすることをお勧めします。

モヒバダーポーションの作り方はとても簡単です。最初はもち米を浸します。浸した米は、滑らかになるまで様々なスパイスと共に挽かれます。これで、モヒバダーポーションは顔に塗れるようになります。効果を実感するために、このハーブをしばらく放置して毛穴から浸透させます。煩わされたくない場合は、これらの伝統的なスパイスパッケージを、伝統的な市場で1パッケージあたり約15,000ルピアで購入できます。

モヒバダーポーションは肌にとって多くの利点があります。モヒバダーポーションを定期的に使用する女性は、肌にハリがあり、健康的で、輝く肌、しわが少なく、しっとりしています。さらに、このゴロンタロの特産品は、天然成分から作られているため、定期的に使用するのに非常に安全です。非常に多くの利点があるため、モヒバダーの伝統はラマダン断食月以外でも実行できます。しかし、断食月のモヒバダーの実施はより特別になります。ラマダン期間中は、飲食を控えているため、肌が乾燥しているように感じます。また、ゴロンタロは暑いので肌が乾きやすいです。

ラマダン断食月に加えて、モヒバダーの伝統はゴロンタロの伝統的な結婚式の儀式でもあります。花嫁、母親、女の子はモヒバダーを行うことができます。伝統的な結婚式でのモヒバダーの伝統は、モルングドゥという一連のサウナバスで行われます。モルングドゥは、結婚式前の女性のための伝統的なお風呂またはセルフクリーニングです。この儀式は、シラマンまたはモモフトという花嫁の入浴で続けられます。花嫁には、最も近い親戚である女性だけが同伴できます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

18
March

パソナインドネシアです。今日は、バンカ・ビリトン諸島州の料理MIE KOBA(コバ麺)をご紹介します。

バンカ・ビリトゥング諸島州にあるバンカの街には、興味深い観光スポットがたくさんあるだけでなく、この街には、試してみなければならない様々なおいしい料理もあります。そのうちの一つがコバ麺です。名前が示すように、この麺は中部バンカ県の首都であるコバの街から来ています。この料理は、独特のバンカサバ魚醤を使い、美味しくて香ばしい味わいです。

コバ麺は、サバの肉汁に麺をまぶして、もやし、セロリの葉、揚げタマネギを組み合わせて作られています。麺スープはとても濃いです。コバ麺の内容は、麺、卵、もやし、揚げ玉ねぎ、セロリの葉など、好みに応じて選ぶことができバラエティに富んでいます。その後、すべての材料にサバのスープをかけます。初めて召し上がっていただくと、新鮮な魚のスープの香りがすぐに味わえます。

コバ麺の味わいが新鮮になるように、クンチオレンジジュースを注いでください。クンチオレンジジュース(バンカの典型的なオレンジ)は、特にバンカクルプックを加えて楽しむと、新鮮な香りして味がとても良くなります。一皿のコバ麺は、選択した内容またはメニューに応じて、通常15,00020000ルピアの価格で販売されています。バンカ、特に中部バンカに来る多くの観光客は、コバの街の典型的な食べ物を探しています。コバ麺は、中部バンカの旧市街だけでなく、バライ通り、国立ビル、タマンサリなどのパンカルピナン市でも見つけることができます。この料理は通常、朝から晩まで販売されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

17
March

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地BANTARAGUNG(バンタラグン)観光村をご紹介します。

西ジャワ州のマジャレンカ県には、様々な興味深い観光スポットがあります。それらの1つはバンタラグン観光村です。セレメ山の麓にあるこの村には、魅力的な風景があります。この観光村は海抜1100メートルの標高にあるので、気候はとても涼しいです。バンタラグン観光村の場所は、マジャレンカ市の東にあり、1時間で行くことができます。また、シレボン市の西に位置し、そこからも1時間で行くことができます。

バンタラグンの観光村に到着すると、バンタラグン観光村の象徴的なランギット・ビヌアン棚田の美しさに魅了されます。比較的新しいものの、神々の島の棚田の広がりに似たこの緑の水田の広がりは、注目を集めています。このスポットは、スポーツをしたり、リラックスしたり、美しい背景で写真を撮ったりするのに適しています。この観光村の水の新鮮さを感じたい人は、チレマイ山にあるチプトゥイ滝までトレッキングする必要があります。訪問者は、滝に到達するために300メートル程の通りを歩くことができます。チプトゥイ滝は、しっかりとした森に囲まれているのでとても美しいです。水泳だけでなく、森を背景に美しい写真を撮ることができます。

それだけでなく、バンタラグンの観光村では、Ciboer Passの棚田の高さから村全体の景色を見ることができます。このとても広々とした棚田には、さわやかな村のそよ風を伴ってサイクリングやウォーキングに適した住宅街へのまっすぐな道があります。バンタラグン村では、他の場所に劣らない美しい日の出を見ることができます。西ジャワ最大の山、セレメ山の後ろからの日の出の写真は、この村からはっきりと撮ることができます。これはとらえなければならない瞬間です。バンタラグン観光村は、自然の美しさに加えて、創造的な経済製品の可能性にも富んでいます。これらには、料理、ファッション、工芸品が含まれます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

14
March

パソナインドネシアです。今日は、ジョクジャカルタ特別州のKEDUNG PEDUT(ケドゥン・ペドゥット)滝をご紹介します。

ケドゥン・ペドゥット滝は、Kulon Progoにあり、正確には、Kulon Progo県のGirimulyo地区のJatimulyo村にあります。このケドゥン・ペドゥット滝の利点と独自性は、まるで枯渇したり枯れたりすることがないかのように、地球の奥深くからにあります。これにより、ケドゥン・ペドゥットは、乾季でも水がなくなることはないため、Kulon Progoの天国の水の愛称で呼ばれています。

この観光名所に入るには、1人あたり10,000ルピアのチケットを支払う必要があります。ここに入ると、この観光名所には木陰がたくさんあるので、すぐに涼しくで美しいケドゥン・ペドゥットの観光名所を感じるでしょう。この観光名所に到着したら、利用可能なプールで新鮮な水をお楽しみください。ケドゥン・ペドゥット滝では、水中で遊ぶだけでなく、好きなだけ写真を撮ることができます。ケドゥン・ペドゥット滝のマネージャーは、入浴プールの端に停めたヘリコプターからハンモックでの写真撮影まで、様々な興味深い写真スポットをここに提供しています。

写真を撮るだけでなく、高い所からケドゥン・ペドゥット滝エリアの景色を楽しみながらハンモックでリラックスすることもできます。アドレナリンを刺激する活動が好きな人は、Flying Foxを試すこともできます。このFlying Foxのトラックの長さは、約40メートルです。このFlying Foxに乗って、水浴場を滑り降り、滝を高い所からめる体験を味わうことができます。この観光名所には、駐車場、レストラン、バスルームが備わっています。もちろん、この自然観光名所に適用される健康プロトコルがあります。ケドゥン・ペドゥット滝を訪れたい人は、マスクを着用し、手を洗い、体温をチェックし、身元を記録し、距離を保つ必要があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

08
March

パソナインドネシアです。今日は、バンカベリトゥング諸島の観光地GEOSITE OPEN PIT NAM SALUをご紹介します。

東ベリトゥンには魅力的な観光地があり、もしあなたがバンカ・ベリトゥング諸島の州にいるならこの観光地を訪れなければいけません。その名前はGeosite Open Pit Nam Saluです。 Geosite Open Pit Nam Saluは、約100メートルある東南アジアで最も深く最も大きな露天掘りのスズ鉱山の歴史的な観光地です。ケラパカンピットの岩石層3億年前に形成されました。このかつての鉱山は 1980年から1993年まで商業的に操業しており、2%のグレードで50万トンのスズ鉱石を生産してきました。これは、これまでに発見された単一の鉱床の中で最大の一次スズ鉱石です。

Geosite Open Pit Nam Salu地域の遺産に基づく観光は、2021年の第211回ユネスコ理事会会議で、ビリトン国立ジオパークをユネスコ世界ジオパークとして決定するためのポイントの1つです。さらに、このGeositeは インドネシアの群島の形をしたジオサイトの唯一のものです。一方、サンディアガ・サラフディン・ウノ観光創造経済大臣は、Geosite Open Pit Nam Salu2022年のG20イベントで 観光の選択肢になる可能性があると評価しました。これは、ビリトンの人々にとって 経済復興と雇用創出の勢いになる可能性があります。ビリトンは確かに20229月のG20サミットのサイドイベントの開催場所の1つになります。

Geosite Open Pit Nam Saluは、Belitung TimurKepala KampitSenyubuk村にありHASハナンジョエディン空港から約42 キロ、東ベリトゥン県の首都マンガル市から約35キロの所にあります。Geosite Open Pit Nam Saluへは地元のガイドと一緒に 徒歩やハイキングまたはバイクで 約600メートルです。 

Geosite Open Pit Nam Saluへの道に沿って、観光客は地元のガイドからスズ採掘の歴史を聞いたり、新鮮な空気を吸ったり、そこに住むサルや他の動物を見たりすることができます。観光地に着くと、すぐに大きな穴が見え、真ん中には美しい湖と700メートルの地下トンネルがあります。ここでは、ロッククライミング、洞窟探検、カヤックなど、さまざまなレクリエーションやエンターテイメントのアクティビティも楽しめます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

07
March

パソナインドネシアです。今日は、西ヌサトゥンガラ州の観光地 BATU BOLONG(バトゥボロン)寺院をご紹介します。

バトゥボロン寺院は、ロンボクビーチの海岸にある観光名所の1つで、黒い石の上に建てられました。より正確には、この寺院は西ロンボク州のバトゥラヤル地区のバトゥボロン村にあります。この寺院の場所は、スンギギビーチの観光センターエリアからわずか約5分、またはマタラム市内中心部から約20分であるため、非常に便利な場所です。

歴史によると、バトゥボロン寺院は1533年に東ジャワから来たダン・ヒャン・ドウィジェンドラという名の賢人によって建てられました。彼はヒンドゥー教をジャワ島からバリ島、そして最後にロンボク島に広めたときに寺院を建てました。この寺院の名前は、寺院が建てられた黒い石の形に由来しています。この大きな丘の形をした岩は海岸に穴が開いています。この穴は、西ロンボク県と北ロンボク県を結ぶ丘のふもとに大きな道路が建設される前は、地元の人々がスンギギの森への木材を探すためのアクセス道路でした。

水が引いている場合は、岩の穴を通り抜けるとすぐに長いビーチであるDudukビーチに到着します。ビーチの周りには建物はなく、小さな屋台がいくつかあります。20,000ルピアを支払うだけで、寺院エリアに入ることができます。ドアマンは、寺院のゲストであることへの感謝の印として、訪問者のに黄色いスカーフを巻いてくれます。ここは礼拝所なので、寺院エリアに入るときは(さわ)がしすぎないでください。バトゥボロン寺院周辺には、観光客がこの寺院周辺の自然の美しさをもっと長く楽しみたい場合に利用できる宿泊施設もたくさんあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

04
March

パソナインドネシアです。今日は、アチェ州の観光地SKPC滝をご紹介します。

アチェ州のスブルサラム市は、インドネシアで最も静かな都市に選ばれました。この都市の面積は1,391平方キロメートル、またはジャカルタ特別州の面積のほぼ2倍(661平方キロメートル)です。しかし、人口は非常に少なく、93,457人です。街は静かですが、スブルサラムには興味深い自然観光地がたくさんあります。そのうちの1つがSKPC滝です。 SKPC滝は、アブラヤシと地元住民が所有するサラクの農園の間にある美しい滝です。場所は、アチェ州ペナンガラン地区のスブルサラム市ペナントゥンガン村にあります。この滝は、スブルサラム市内中心部から約8キロの距離にあります。バイクなどの自家用車が利用でき、所要時間は約20分です。

SKPC」という名前は、スブルサラム市にあるCブログ住宅グループユニットの略語です。この住宅は、島外からの移民の居住地です。そのため、1998年以来、この滝はSKPC滝として知られています。観光名所のある場所に到着したら、この滝の美しさを見るには、約100段の階段を降りる必要があります。階段を下りると、上から澄んだ水辺の川が見えます。大きな黒い岩も川の美しさを増しています。この川はSKPC滝の流れです。

KPC滝の高さは最大20メートルです。その下には自然の池のように見える川があり、水遊びや水泳に利用できます。周辺の自然の風景も美しく楽むことができます。鬱蒼とした木陰のある緑の木々が美しく快適な雰囲気を作り出しています。汚染のない新鮮な空気と野鳥のさえずりで、訪れる訪問者は癒されます。滝の美しさを楽しんだ後は、地元の住民が植えたサラクポンドフルーツを味わうこともできます。サラクポンドはとても甘くて有名で、果肉が濃厚です。まずは地域住民の許可を得て自分で選んで直接楽しむことができます。

これで、ワルナワルニを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

02
March

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地、パンガレンガンのPINEUS TILU RIVERSIDE をご紹介します。

パンガレンガンはバンドン県の地区であり、その景観は今でも美しいです。パンガレンガンには多くの魅力的な自然観光地があります。ソーシャルメディアで最も興味深く拡散されたものの1つは、/Pineus Tilu Riversideです。 Pineus Tilu Riversideは、川沿いと見事な松林の真ん中にあるキャンプ場ツアーを提供しています。 Pineus Tiluは、ラホン松林エリアにあり、パンガレンガンのパラヤンガン川の端、より正確にはバンドン県のパンガレンガン地区のプロサリ村にあります。Pineus Tiluは、ラホン松林など、近くにいくつかの観光地で訪れることができます。また、パラヤンガン川でラフティングをすることもできます。このエリアは、パンガレンガンのCileunca湖の近くでもあります。

Pineus Tiluでキャンプをするには、テントが非常に多様であるため、選択したテントの種類に応じて、50万ルピアから65万ルピアを費やすだけで済みます。 46人の定員があります。Pineus Tiluでのキャンプ時間は午後2時から翌日の12時までです。キャンプの他に、ラフティングで川沿いを移動することもできます。各テントにはバーベキュー用の調理器具が用意されていますので、自分の食べ物や食材を持参してください。朝食だけ用意されています。予約が一杯になることが予想される日の場合は、事前に予約してください。特にこのパンデミックの間は、/公式InstagramアカウントでPineusTiluに関する最新情報を常にフォローしてください。ここで最高の瞬間を撮影するために/カメラを持ってくることを忘れないでください。ハッピーホリデー...

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 7 of 53