パソナインドネシア

パソナインドネシア (922)

25
August

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州のAGEMANの服をご紹介します。

ジョコ・ウィドド大統領は、2023817日にムルデカ宮殿で行われたインドネシア独立記念日78周年の式典で、ソンコック・シンケパン・アゲンという伝統的なアゲマンの服を着用しました。アゲマンの服は、一般に、エンガル・エッガル・ソーホー・テダック・ロジのイベントでパクブウォノ・スラカルタ・ハディニンラットの国王たちが着用していたものです。これらの服は通常、国王がカウロ(人々)の状況を直接見るために宮殿を出るときに着用されていました。

大統領秘書室報道・議定・メディア担当代理のベイ・マクムディン氏は、エンガル・エッガル・ソーホー・テダック・ロジは、国王が馬車で宮殿を去り、人々の状況を直接見るために宮殿職員らに付き添われたときの出来事だと説明しました。実際には、途中で国王はトゥルバ(下のほう)という人々への愛の形としてお金と食べ物を配りました。スラカルタの人々にとって、この服は、着る者が兵士を率いる最高司令官であるという意味を持っています。ジョコ・ウィドド大統領は、スラカルタ宮殿国王の王室服を着る資格があります。なぜなら、大統領はインドネシア共和国の最高司令官だからです。

一方、ムルデカ宮殿で行われたインドネシア独立記念日78周年の記念式典では、イリアナ・ジョコ・ウィドド大統領夫人が伝統的なバリの服を着用しました。注目すべきことに、ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシア共和国の独立記念式典に出席するたびに伝統的な衣装を着ていることが多いようです。 2022年、ジョコ・ウィドド大統領は、東南スラウェシ州の伝統的なブトンの服を着用しました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

24
August

パソナインドネシアです。今日は、バンテン州のCIKOLELET観光村をご紹介します。

今回はチコレレット観光村への旅行をお勧めします。この観光村は、バンテン州セラン県のチナンカ地区にあり、さまざまな観光スポットを提供しています。その魅力の一つは、景色の美しさです。チコレレットを訪れると、木陰の森の真ん中に位置するラワン滝の景色を楽しむことができます。ラワン滝以外にも、チコレレット観光村では、水田、湖、山などの自然の景色を楽しめます。ここではセルフィーを撮ることができます。より長く自然を楽しみたい場合は、キャンプ場を利用できます。自転車、特にマウンテンバイクが好きな人のために、チコレレット観光村には、マウンテンバイクトレイルが用意されています。

チコレレット観光村では、さまざまな創造的な経済製品を見つけることができます。その中には、エタワヤギ乳製品、キノコの栽培と加工、メリンジョチップスなどがあります。さらに、茅葺きの葉を使った屋根工芸品、廃棄物の加工、ナマズのジャーキーやリムバット、ココナッツオイルの精製、ウズラの養殖も行われています。ここを旅行すると、さまざまな創造的な経済製品の製造について直接見て学ぶことができます。

チコレレット観光村は、ングラ・ダナウの伝統な文化的価値を今も維持しています。運が良ければ、この伝統を見ることができます。ングラ・ダナウの伝統は、特定の時期にのみ行われます。ングラ・ダナウは、年に一度行われる湖の掃除の伝統です。人々は、干上がり始めた湖に入り、魚を捕まえます。ングラ・ダナウの伝統とは別に、ママカという話し方の伝統、ランパー・コック、ヤリル・ダンス、チャルン・パフォーマンスもあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

22
August

パソナインドネシアです。今日は、マルク州の伝統的な服TANIMBARをご紹介します。

ジョコ・ウィドド大統領は816日、スナヤンの 議会 複合施設で 行われた国民協議会(MPR)の年次総会と国会(DPR)と地方議会(DPD)の合同総会に出席した際、マルク州タニンバル族の伝統的な紳士服を着用しました。頭には 鳥(ソマレー)の飾りが付いた サルヤク・ウケというターバンを巻き、シャツ、長ンにブラナスカーフという織物を たすき掛けにし、同じく織物で作られた幅広のベルトを身につけました。アクセサリーは、マムアトと呼ばれるネックレスでした。 大統領首席補佐官代理のアベドネゴ・タリガン氏によると、大統領がタニンバル族の伝統的な紳士服を選んだのは、マルク州タニンバル族の文化と衣服をインドネシア国家の最高のステージに引き上げたいという情熱があるからだということです。

タニンバルの伝統的な紳士服の後には、タニンバルの人々の文化的アイデンティティ、精神性、価値観に関連した哲学があります。例えば、ジョコ・ウィドド大統領が着用した織物のモチーフには特別な意味があります。織物のタマタのモチーフは、人間の尊厳と価値を象徴しています。また、男性の完璧さを示す女性の立場の重要性を象徴するキルンローンという花のモチーフもあります。ネックレスのようなアクセサリーは、マムアトと呼ばれ人生を誓う固い意味が込められています。 また、鳥、(ソマレー)の飾りがついたクルヤク・ウケという ターバンにも特別な意味があります。アクセサリーは 男性が背負う責任を象徴します。

タニンバル族の伝統的な紳士服に対する大統領の関心は、202291日にマルク州タニンバル諸島県のサウムラキを視察訪問した時に既に伝えられました。その訪問で 大統領は、住民から素晴らしい歓迎を受けました。ジョコ・ウィドド大統領はタニンバルを訪問した2人目の大統領でもあります。最初に訪問した大統領は1958年のスカルノ大統領でした。ジョコ・ウィドド大統領が着用したタニンバル族の伝統的な紳士服は、マルク州政府によって入手され、準備されたものです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

17
August

パソナインドネシアです。今日は、ジャカルタ特別州のTAMAN PROKLAMASI(宣言公園)をご紹介します。

インドネシア独立78周年記念日を記念して、宣言公園について知っていただくようお勧めします。この公園はインドネシア独立の歴史において重要な意味を持っています。この公園はかつてブン・カルノ大統領の住居であり、宣言文が朗読された場所です。その場所は、中央ジャカルタ、メンテンのプロクラマシ通り 10 番地です。以前は、この通りはペガンサーンティムール通り 56 番地と呼ばれていました。1945 8 16 日、ブン・カルノ大統領は、日本による攻撃の可能性を防ぐために、意図的に自分の庭を宣言式典の開催場所に選びました。

インドネシア独立宣言の文言は、ジャカルタのペガンサーン・ティムール56番地にあるブン・カルノ大統領の家の玄関ポーチで読み上げられました。しかし、スカルノ大統領が自宅の取り壊しを命じた後、歴史ある邸宅の建物は長い間破壊されていました。インドネシア独立宣言から数年後、ブンカルノの邸宅にはいくつかの重要な記念碑と庭園が建てられました。公園内にはインドネシア独立の歴史に関わる 3 つの重要な建造物、すなわちインドネシア共和国建国 1 年記念碑、稲妻記念碑、スカルノ・ハッタ宣言記念碑があります。

スカルノ・ハッタ像の記念碑は高さ約 4 メートルで、1980 年代に建てられました。真ん中には宣言文の形をした黒い石があります。ブン・カルノ像とブン・ハッタ像からほど近い英雄記念碑の前には、針のような小さなオベリスクの形をしたインドネシア独立一周年記念碑があります。宣言公園複合施設の場所に、インドネシア一周年独立記念碑が建てられた最初の記念碑となりました。次に、稲妻記念碑は、上部に稲妻の閃光のシンボルが付いた長いバールの形をしています。

その上の稲妻は、インドネシアが独立したとき、それが予期せぬものであったことを象徴しています。昼間に雷が落ちたように、稲妻記念碑に取り付けられた金属板の碑文には、1945 8 17 日に宣言文が読み上げられたテラスの正確な位置に関する情報が記載されています。また、1960 年代初期に建てられたポーラビルもあり、今も公園の裏手に立っています。この建物は元々、インドネシアの将来の発展計画を策定する場所としてスカルノ大統領によって準備されました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

11
August

パソナインドネシアです。今日は、西スマトラ州の観光地GANDORIAHビーチーをご紹介します。

730日、西スマトラ州パリアマンのガンドリアビーチに数万人の住民と観光客が集まりました。そこでは、ホヤク・タブイク・ピアマンと呼ばれる伝統行事が開催されました。タブイクは、アシュラの日を記念する地元のお祭りです。アシュラの日は、ミナンカバウ族が行ったカルバラ戦争で預言者ムハンマドSAWの孫であるイマーム・フサインが亡くなった日です。ガンドリアビーチは、伝統的なタブイクの伝統が行われる場所であるだけでなく、西スマトラ州で人気の観光地の 1 つです。ガンドリアビーチには、パリアマン市内中心部にある小さな島々の景色を望む観光客用ビーチセクションがあります。美しい景色は、傾斜した輪郭と組み合わされています。

ガンドリアビーチは、パリアマン市内中心部から 100 メートルです。訪問者は、パダンから 60 キロメートルを電車で移動でき、チケット代は 5,000 ルピアです。停車駅の場所は、ガンドリアビーチゲートの目の前です。このビーチエリアに入ると、タブイク・パサとタブイク・スバランと呼ばれる 2 つのカラフルなモニュメントが見えます。これは、ガンドリアビーチの入り口です。訪問者は、ベンディやデルマンと呼ばれる伝統的な乗り物をレンタルしてビーチを移動できます。

このビーチは通常、体操、サッカー、ビーチバレーボール、凧揚げなどのアクティビティで住民や観光客で賑わっています。が満ちると、ガンドリア周辺の若者たちはサーフィンを始めます。ここに来る人たちは、白い砂浜で遊んだり、泳いだり、青い海を眺めたりして時間を過ごします。木陰やマネージャーからレンタルされた幅広の傘が付いたカラフルなテントの下に座ります。

確かに、海の景色は、このビーチの主な利点の 1 つです。海岸沖には、少なくとも 6 つの小さな島が集まっています。 6つの島とは、カシアク島、アンソ島、タンガ島、ウジュン島、コソン島、バンド島です。海の景色を楽しめるほか、ほとんどの島は、20分程度の移動時間で訪れることができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう

10
August

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州のASTANA宗教観光村をご紹介します。

今回は、西ジャワ州チルボンにあるアスタナ宗教観光村を訪問することをお勧めします。この村は完全な観光村です。例えば、自然ツアー、料理ツアー、ショッピングツアー、文化歴史ツアー、巡礼ツアーなどがあります。グヌン・ジャティ地区にあるこの村の主な可能性は、文化の歴史と巡礼観光です。この村には、スナン・グヌン・ジャティとシェイク・ザトゥル・カーフの墓のエリアがあります。スナン・グヌン・ジャティ自身も、ジャワ島にイスラム教を広めた9人の聖人(ワリ・ソンゴ)の1人です。スナン・グヌン・ジャティの墓には毎日、さまざまな地域から巡礼と祈りのために人々が訪れます。

アスタナ宗教観光村を訪れるには、中央ジャカルタのガンビル駅からチルボン駅まで電車で 2 時間半かかりますが、その後、車でわずか 10 分です。墓エリアに向かう途中で、墓エリア周辺の商人が販売するさまざまな小物や典型的なチルボンの食べ物を買うことができます。観光活動をサポートするために、アスタナ村には、巡礼者がレンタルできるホームステイが多数あります。 1 軒の賃貸価格は比較的手頃で、わずか 15 万ルピアから 50 万ルピアです。

特定の時期に、アスタナ宗教観光村では、グレベグ・シャワル、パンジャンジマト、ナドラン、マパグ・シリの伝統儀式など、数多くの文化活動が行われます。グレベグ・シャワルは通常、チルボンの王室によって演じられます。ジャデスタのページから引用すると、この伝統で、王室家族は、スナン・グヌン・ジャティ埋葬施設にある先祖の墓を訪れます。一方、パンジャンジマトは、預言者の誕生日を記念することです。

ナドランは、スバン、インドラマユ、チルボンなどのジャワ島の北海岸で行われる伝統的な漁の儀式です。一方、マパグ・スリは、インドネシア人、特にジャワ人やスンダ人の習慣・文化の一つで、全能の神への感謝の気持ちを込めて/収穫を迎えるために行われます。それとは別に、村には訪問者の舌を楽しませる特別な料理もいくつかあります。例えば、エンパール・ゲントン、ドチャン、レンコライス、インティップ(米の皮)、メリンジョチップス、アンバチップス、ランバッククルプックなどです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

04
August

パソナインドネシアです。今日は、リアウ諸島州の観光地PULAU PENYENGAT観光村をご紹介します。

リアウ諸島州のペニェンガット島は、観光・創造経済省が主催する2023年インドネシア観光村賞(ADWI)において、世界イスラム・マレー文化研究センターとしてベスト観光村75位に選ばれました。サンディアガ・ウノ観光創造経済大臣は、729日土曜日、タンジュン・ピナンのペニェンガット島観光村を視察した後、ペニェンガット島は、特に18世紀において、リアウ・リンガ・ジョホール・パハン王国とリアウ・リンガ王国との関係で非常に重要な役割を果たしていたと語りました。

しかし、これまでに、ペニェンガット島は、マレー文化を探索するためにシンガポール、マレーシア、ブルネイ・ダルサラームから外国人観光客にとって依然として主要な目的地となっています。サンディアガ・ウノ大臣によると、将来的には、ペニェンガット島は、イスラム・マレー文化研究の世界センターとなることを含め、教育文化省を通じてさまざまな政策介入を促進することによって開発する予定だということです。

史料ではペニェンガット島、またはペニェンガット・インデラサクティ島は、リアウ諸島州の行政の中心地であるタンジュンピナン市から約 2 キロメートル離れた小さな島です。この島は長さ2,000メートル、幅850メートルで、バタム島から約35キロメートル離れています。この島へは、タンジュンピナンからモーター付きボート、またはポンポンとしてよく知られているボートを利用してアクセスできます。所要時間は約 15 分です。かつてリアウ・リンガ王国の政府の本拠地であった島であるペニェンガット島には、建造物、歴史的建造物、王の高官の墓が今でもこの島の周囲に点在しています。

宗教観光は、ペニェンガット島で行える観光アクティビティの 1 つです。さらに、さまざまな歴史的建造物を訪れたり、現在のレッスンを受けたりすることで、過去に旅行することができます。今も保存されている歴史的遺物には、卵白でできたスルタン・リアウの大モスク、王国たちの墓、国民的英雄ラジャ・アリ・ハジの墓、オフィスパレス複合施設、クルシ丘の砦などがあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

03
August

パソナインドネシアです。今日は、バンカ・ブリトゥン州の観光地TANJUNG KELAYANGをご紹介します。

バンカ・ブリトゥン州は、美しいビーチとエキゾチックな島々で有名です。有名なビーチの 1 つは、ブリトゥン島の北部にあるタンジュン・クラヤンビーチです。多くの人は、タンジュン・クラヤンビーチが、ブリトン島の素晴らしさの中心だと語っています。タンジュン・クラヤンビーチは、バンカ・ブリトゥン諸島にあるビーチの 1 つです。場所は、シジュク地区にあり、ブリトゥン県の首都タンジュン・パンダンから約27キロ、車で約30分かかります。このビーチでは、驚くほど美しい自然の風景に目を奪われます。

以前、バンカ・ブリトゥン島は、南スマトラ州の一部でしたが、2000 年にブリトゥン島とバンカ島が統合され、バンカブリトゥン諸島州としてインドネシアで 31 番目の州になりました。遠隔地にあるにもかかわらず、ケラヤンビーチは現在、この地域を経済特別区に指定し、10 の優先観光地に指定する政府の政策に従って、大規模な統合型リゾートが開発されています。タンジュン・クラヤンで休暇を過ごすときは、さまざまな素晴らしい観光スポットに魅了されるでしょう。そこにあるさまざまな島に立ち寄ることができます。また、レンクアス島、バトゥ・ベルラヤル島、タンジュン・ティンギビーチ、ケパヤン島を訪れることもできます。

バンカ・ブリトゥンでは、隣接する島々の距離が近いため、一度の旅行で島巡りをしたい人にとっては簡単です。白い砂浜、大きな花崗岩、透き通った青緑色の海水が広がる典型的なタンジュン・クラヤンビーチのパノラマは、訪れるすべての人の目を魅了します。タンジュン・ケラヤンビーチは、周囲の小さな島々を訪れる観光客の立ち寄り地としてよく利用されます。名前が示すように、タンジュン・ケラヤンビーチは北に突き出た半島です。

海岸線は、東側のタジュン・ティンギビーチまで 4 キロメートルにわたって伸びています。広いビーチときめ細かい砂のおかげで、タンジュンケラヤンは、のんびり散歩したり、そよ風を感じながらただ寝転んだりするのに最適な場所です。海も同様に素晴らしいです。遠浅の砂浜に広がる緑がかった透き通った海水のグラデーションが、ゆっくりと紺色に変わっていきます。このビーチは波もそれほど高くありません。そのため、多くの観光客が泳げます。

ビーチの美しさに加えて、タンジュン・クラヤンには、タンジュン・ビンガ漁村もあります。この漁村では、住民との交流や漁師たちの漁や仕事などの日常を見ることができます。典型的な料理を試さずにその場所を訪れたとしても、その旅は完結しません。この島では、スパイスとパイナップルをブレンドして作られた新鮮で風味豊かなスパイシーなソースを、ガンガン・イカンと呼ばれる料理と一緒に味わうことができます。

それとは別に、ブリトゥンには、カニの詰め物もあります。これは、カニの肉を加工して味付けし、再び甲羅に入れたものです。タンジュン・クラヤンに行くには、さまざまな方法がありますが、そのうちの 1 つは、バンカ・ブリトゥン諸島州の州都、タンジュン・パンダンにある H.A.S ハナンジョエディン国際空港に飛行機で行く方法です。タンジュン・ケラヤンに到着したら、車やバイクをレンタルしたり、タクシーを利用したりして、タンジュン・ケラヤンの美しさを探索できます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

28
July

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州のITHUK - ITHUKANの伝統をご紹介します。

東ジャワ州バニュワンギ県のグラガ地区、カンプンガニャル村のレジョプロ集落にあるオシン族のコミュニティには、これまでも持続可能な独特の伝統、すなわちイトゥク・イトゥカンの伝統があります。彼らは、豊かな泉の恵みへの感謝の気持ちを込めて、イトゥク・イトゥカンの伝統を開催します。オシン語で「イトゥク」は、バナナの葉で作った食事をする場所を意味します。この伝統では、イトゥクとその料理が他のさまざまな料理メニューとともに住民によってパレードされますが、そのうちの 1 つは焦げた鶏肉です。

イトゥク・イトゥカンの伝統は、毎年ドゥルカイダ(ヒジュラ暦の 11 月)   12 日に開催されます。この伝統は、豊かな天然資源に対して神に感謝するだけでなく、人々が互いに出会う目的でも行われます。そして、住民に常に他の人と分かち合うよう教えています。一体感も、この伝統によって継続的に育まれています。イトゥク・イトゥカンの儀式では、住民が典型的なオシン族の衣装を着て整列します。男性は黒いスーツを着ています。一方、女性はバニュワンギ・ジャリク布の長いスカートと共に黒いケバヤを着ています。

行列は、レジョプロ集落の中心から始まり、集落の主な泉であるスンベルハジャールに向かって進みます。スンベル・ハジャールは、レジョプロの人々にとって重要な泉です。スンベル・ハジャルには豊富な水が蓄えられています。住民は田んぼの灌漑をはじめ、さまざまな生活用水として利用しています。住民は集まった後、水源の近くで一緒に祈りをささげます。運ばれてきたメニューは、それから、出され、一緒に食べられます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

27
July

パソナインドネシアです。今日は、KUE SERABI(セラビスナック)をご紹介します。

世界的な旅行ガイドサイト、テイスト・アトラスは、2023 7 月の世界最高の甘いスナックのリストを発表しました。興味深いことに、インドネシアの 2 つのおいしいスナック、セラビと揚げバナナがトップ 10 リストに含まれています。今日は、トップ 10 に含まれる 2 つのインドネシアのスナックのうちの 1 つ、すなわちセラビをご紹介します。セラビまたはスラビは、インドネシアの伝統的なスナックです。米粉、砂糖、ココナッツミルクから作られたこの料理は、インドネシアの多くの都市で見られます。

セラビにはさまざまな味があります。甘いセラビは、個性的で独特の味わいが人気です。甘いセラビも色々な種類があります。人気のあるものの 1 つは、セラビクアとしても知られるセラビバンドンです。バンドンのセラビには、ヤシ糖の甘いソースが添えられることがよくあります。黒糖の優しい甘さとセラビのふんわりとした食感が多くの人に人気です。一方、ソロのセラビは、中部ジャワ州ソロの代表的なスナックです。バンドンのセラビとは異なり、ソロのセラビは、パンケーキに似ています。生地は、米粉、ココナッツミルク、砂糖を混ぜて生地を作り、きつね色になるまで焼きます。通常、ソロのセラビは、すりおろしたココナッツと砂糖をふりかけて提供されます。甘くておいしいので、おやつやデザートに最適です。

アンバラワセラビもあります。このセラビは米粉、ココナッツミルク、砂糖から作られ、熱い石炭の上にのせた土鍋で調理されます。小さくて薄くて柔らかいセラビのサイズは、白、白と緑の組み合わせ、白と茶色の組み合わせの3色の組み合わせがあります。セラビは白と白、そして緑の味の組み合わせは当たり障りのないものです。チョコレートと合わせた白いセラビは、黒糖が少し入っているので甘めの味わいです。アンバラワセラビの特製ソースは、通常、ブラウンシュガーで煮た温かいココナッツミルクをかけてボウルに入れて提供されます。風味は、特にセラビの販売者が提供しているもち米と一緒に食べると、確かにおいしいです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 7 of 66