Friday, 02 February 2024 07:26

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の料理PAYO魚をご紹介します。

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の料理PAYO魚をご紹介します。

チアンジュール県バレゲデ村にあるミドゥアナ伝統村は、豊かな文化と山特有の自然美の魅力を持つ観光地です。興味深いことに、21 戸の家があり、21 家族が住んでいるこの村は、今日のような現代においても、祖先からの伝統を維持しています。例えば、南または北を向いたドアのある家を建てる伝統があります。そこでは今でも伝統的に田植えが行われています。

ミドゥアナの伝統的な村には、興味深い文化や伝統があるだけでなく、部外者には珍しい特別な食べ物、つまりパヨ魚もあります。パヨ魚は、オタマジャクシに似ている魚ですが、サイズは大きく、つまり大人の親指ほどの大きさです。この魚は、この地域の川の流れの岩に付着して生活しています。パヨ魚は通常、カリカリになるまで揚げて調理されます。それとは別に、人々はパヨ魚カレーに加工することもよくあります。特に温かいご飯と一緒に食べるととても美味しいです。

地元住民の信仰によると、このパヨの魚料理は若さと長寿の効能があると言われています。明らかに、この伝統的な村の何十人もの人々は、100歳を超えているにもかかわらず、依然として元気で健康に見えます。彼らは、庭に野菜を収穫しに行くなどの日常活動を行うことができます。興味があり、パヨ魚の利点を証明したい方は、チアンジュール県の伝統的なミドゥアナ村にぜひお越しください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 127 times