Wednesday, 07 February 2024 08:11

バンカ・ブリトゥン州の観光地タンジュン・ティンギビーチ

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ペソナインドネシアです。今回は、バンカ・ブリトゥン州の観光地タンジュン・ティンギビーチをご紹介します。

タンジュン・ティンギは、タンジュン・ケラヤンとタンジュン・ペンダムの2つの半島に挟まれたビーチです。タンジュンティンギという名前は、半島を意味する岬(Tanjung)と、高い岩があるビーチを意味する高い(Tinggi)という言葉から取られています。このビーチは、タンジュン・パンダンの街から約10~15分です。

ビーチの面積は80ヘクタール、白砂で、両方の半島とビーチの前の海には何百もの大きな花崗岩の岩が点在しています。数立方メートルから数百立方メートルの花崗岩の大きさは、家ほどの大きさの建物よりも大きいため、ビリトン島の主要な観光スポットになっています。

タンジュン・ティンギは、ペラブハン・ビリクとも呼ばれています。以前は、この場所は近くのケチプ村やはタンジュン・ティンギ村の漁港でした。このビーチでは、サメの攻撃を心配する必要はありません。たまに気をつけなければならないのは、クラゲ、特に大きなクラゲです。タンジュン・ティンギ・ビーチの他の施設は、ビーチの場所からそう遠くないところに、宿泊したい人のためのホテルがあるので、かなり十分です。食べ物の屋台もあります。

これでペソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 123 times