Thursday, 08 February 2024 07:30

イスラ・ミラージを記念する伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、イスラ・ミラージを記念する伝統をご紹介します。

イスラ・ミラージは、イスラム教徒にとって重要な行事です。なぜなら、この行事では、ムハンマド預言者が昼夜5回の礼拝を行うよう命令を受けたからです。イスラ・ミラージは、ヒジュリア年のラジャブ 27 年ごとに祝われます。興味深いことに、インドネシア人には、イスラ・ミラージを記念するさまざまな伝統があります。西ヌサトゥンガラ州ロンボク島の人々によって行われているングリサンの伝統があります。ングリサンは、生後6か月未満の赤ちゃんの髪を切る伝統で、宗教や地域の指導者が髪を切ります。この伝統は、感謝の気持ちを表し、赤ちゃんたちの人生に祝福を与えられるようにという願いを込めて行われています。この活動は通常、地元のモスクで行われ、この活動中に会衆はムハンマド預言者への祈りを歌います。

西ジャワ州チルボンの人々は、イスラ・ミラージを記念してラジャバンの伝統を行っています。ラジャバンは、ラジャブという言葉に由来しており、イスラ・ミラージの出来事を記念するラジャブ月を表します。チルボンの人々は、イスラム教を広めた二人の人物、すなわちプランゴンのケジャクサン王子とパンジュナン王子の墓を巡礼することでラジャバンを実行します。ラジャバンの伝統は、ボガナ米、つまりジャガイモ、鶏卵、テンペ、豆腐、マッシュポテト、黄色のスパイスなどのおかずを添えた米を分けるプロセスも行われます。

アンベンガンは、通常、イスラ・ミラージを祝うために中部ジャワ州と東ジャワ州の人々によって行われる伝統です。この伝統は、一緒に食事をすることで行われます。アンベンとは、ジャワ語で大きな容器を意味します。提供されたアンベンまたは容器に、ご飯と焼きそば、鶏肉、卵、ジャガイモなどのおかずが置かれます。食物は、収穫物から得たもの、または人々に属するもので、モスクやランガルに持ち込まれ、キアイというイスラム教の人物が祈りを先導した後、マグリブの祈りの後に一緒に食べられます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 119 times