Endah

Endah

08
December

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地TAMAN LANGIT GUNUNG BANYAK(グヌンバニャック・スカイパーク)をご紹介します。

観光・創造経済省は、マラン、バトゥ市のグヌンバニャック・スカイパークエリアを、自然災害が発生した場合の シェルター・ツーリズム または一時的な避難場所として指定しています。シェルター・ツーリズム自体は、新しい観光概念です。政府は、観光部門で開発できる可能性があると考えています。したがって、この地域は、観光地としての経済効果だけでなく、一時的・最終的な避難場所としての機能も果たします観光地として、グヌンバニャック・スカイパークは自然の美しさを提供し、さまざまな現代的な写真スポットがあります。

グヌンバニャック・スカイパークは、東ジャワ州マランのバトゥ市にあります。バトゥ市の広場から、 23 分で到着します。この観光地に入るには、10,000 ルピアのチケットを支払う必要があります。スカイパークの概念は、人間のチャクラ(天使)の 7 つの光を表しています。そのため、この観光スポットには、天使を表す 2 つの翼のある女性像が飾られています。他にも、アンサ・ワハナ・ブラマ、ガルーダ・ワハナ・ウィスヌ、シンガ・ワハナ・シヴァの 3 体の像があります。 3 つすべてが、創造者、保護者、リサイクル者としての神の顕現のイメージを持っていますこの観光地では、バニャック山を背景にさまざまな写真の場所を提供しています。訪れた観光客は、涼しい空気を楽しみながら自撮りしたり、リラックスしたりできます。

バニャック山を背景にした面白い写真スポットがたくさんあります。例えば、おとぎの国の写真スポット、芝生のベッド、巨大な白鳥、翼のある王女からユニークな古びた隠れ家などです。すべてを試すことができます。自撮りに満足した後、訪問者は、朝の涼しい空気を楽しみバニャック山の頂上からバトゥ市とプジョン市の景色を見ながら、利用可能なカフェで食事をすることができます。良い写真を撮るには、午前中に訪れるのが良いでしょう。夜を過ごしたい場合は、観光地の宿泊施設を直接予約できます。家族向けの宿泊施設は、モニタリングポストにあります。パートナーと二人きりの場合は、ラベンダーヴィラを予約できます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

08
December


インドネシアは2023 年に東南アジア諸国連合ASEAN) の議長国を務め、この議長国の間、太平洋地域との関係とコミュニケーションを強化することを奨励します。これは、水曜日バリ島のヌサドゥアで 2022 年のインドネシア太平洋開発フォーラムIPFD)の開会式で、インドネシアのレトノ・マルスディ外相が語ったものです。レトノ・マルスディ外相によると、これにはインド太平洋に関する ASEAN アウトルックの実施の強化が含まれるということです。レットノ・マルスディ外相はまた、太平洋諸国は平和で安定した繁栄する地域の重要な一部にならなければならないと述べました。インドネシアは 11 月にプノンペンで開催された/第 40 回および第 41 回サミットの閉会式に、カンボジアから 2023 年の ASEAN 議長国を受け入れました。インドネシアの ASEAN 議長国は「ASEAN の問題:成長の中心」をテーマにしています。この場合、インドネシアは ASEAN が、国内では国民にとって、また外部ではインド太平洋地域と世界にとって/重要で関連性のあるものであり続けることを望んでいます。

 

08
December


インドネシアパビリオンは、12  5 日から日までエジプトのカイロで開催された2022年フード・アフリカ 展示会への参加初日に、1,300 万米ドル(約 2,030 億ルピア)相当の潜在的な取引を記録しました。在エジプトのインドネシア大使ルトフィ・ラウフ氏は、年次イベントでのインドネシア・パビリオンの存在は、インドネシア製品、特に中東、アフリカ、地中海地域の食品や飲料の輸出実績を改善するための政府の取り組みであると述べました。ルトフィ・ラウフ大使は水曜日書面声明で、20221月から9月までのインドネシアとエジプトの輸出入は増加し、両国の貿易は互いに補完し合い、経済協力が継続されたと述べました。

 

08
December


COVID-19 パンデミックの波が沈静化した後、北京市当局および中国の他の 50 の都市は、地元住民の PCR 検査要件を撤廃しました。北京当局の発表によると、126日火曜日から、北京の住民は、デパート、オフィス、駐車場、その他の公共施設に入る前に、PCR検査の結果が陰性であることを示す必要がなくなりました。しかし、カフェやバーなどの一部の娯楽施設では、48 時間以内に実施される PCR 検査の陰性が依然として必要です。中国外務省のスポークスマンであるMao Ning氏は、近年のCOVID-19対策政策は、国民に最大限の保護を提供し、パンデミックが社会経済発展に与える影響を最小限に抑え、科学に基づいてウイルスを理解するために貴重な時間を犠牲にし、ワクチン接種率を拡大すると述べました。