Endah

Endah

26
October

インドネシア語講座です。これは、インドネシア語の単語を紹介し、インドネシア語で会話するための案内をする番組です。この、インドネシア語講座は、VOICE OF INDONESIARRI海外放送局とインドネシアの教育文化省の言語および書籍開発機関の協力によるものです。今回のテーマは、BERFOTO BERSAMA日本語で、「一緒に写真を撮る」です。それでは、始めましょう。

次に、BERFOTO BERSAMA日本語で、「一緒に写真を撮る」というタイトルの会話の例を示します。

コモド島で、ケビンはマリアと一緒に写真を撮るように誘いました。

Maria       Permisi, apa saya boleh berfoto dengan Anda?

Kevin         Ya, boleh.

Maria       Satu, dua, tiga. Terima kasih.

Kevin        Sama-sama.

それでは、今日のテーマに関連する表現と語彙、つまりBERFOTO BERSAMA日本語で、「一緒に写真を撮る」を紹介します。私は、2回言います。あなたは、私の後に、言ってください。

Permisi                      (2X)    すみません

Boleh                        (2X)  できます

Berfoto                      (2X)    写真を撮る

Terima kasih            (2X)  ありがとう

Sama-sama              (2X)    どういたしまして

見知らぬ人に写真を撮ってもらいたい場合は、まずpermisi「すみません」という表現で許可を求めてください。許可を求めた後、目標を伝えることができます。会話で、マリアはケビンと一緒に写真を撮る許可を求め、Permisi, apa saya boleh berfoto dengan Anda ? 「すみません、あなたと一緒に写真を撮ってもいいですか?」の表現を使用します。

Boleh「できます」の単語は、何かをすることを許可されていることを確認するために使用されます。また、Permisi, boleh saya berfoto dengan Anda ?「私はあなたと一緒に写真を撮ることができますか?」の表現を使用することもできます。写真を撮るように誰かを招待し、写真を撮るための招待に応答するために、Ya,「はい」、boleh 「できます」の単語を使用することができます。

例えば、

Permisi, apa saya boleh berfoto dengan Anda? (2X)

すみません、あなたと一緒に写真を撮ってもいいですか?

Ya, silakan                           (2X)    はい、どうぞ

Tentu saja                             (2X)    もちろん

Maaf, saya tidak bisa        (2X)    すみません、できません

最後に、もう一度例文を聞いてみましょう。会話は、訳されず

ゆっくり読まれます。

Maria       Permisi, apa saya boleh berfoto dengan Anda?

Kevin         Ya, boleh.

Maria       Satu, dua, tiga. Terima kasih.

Kevin        Sama-sama.

これで、インドネシア語講座を終わります。インドネシア語についてもっと知りたい方には、この講座が役に立てば幸いです。明日も、違う話題でまたお会いしましょう。

26
October

パソナインドネシアです。今日は、パプア州のLOKALE洞窟をご紹介します。

ロカレ洞窟は、パプア州のジャヤウィジャヤ県、バリエムバレーのウォスリモ村にあります。この洞窟は1992年に最初に開かれました。これまでこの洞窟の終わりが見つからなかったため、ロカレ洞窟は、世界で最も長い洞窟であると考えられています。この洞窟で最も遠い旅は、まだわずか3キロです。この洞窟の長さのために、多くの学者は、ロカレ洞窟がジャヤプラ地域に侵入できると推定しています。ロカレ洞窟は、1992年に観光地と自然保護区として地方自治体によって開設されました。

洞窟は石灰岩でできています。ロカレ洞窟の周りには松林があります。ロカレ洞窟への入り口は狭い隙間(すきま)の形をしていて、洞窟に入る階段があります。この洞窟には終わりがありませんが、この洞窟はい場所ではありません。この洞窟に入ると、気持ちいい印象になります。この洞窟を面白くしているのは、洞窟の壁に中空でタップすると甘い音を出すポイントがいくつかあることです。くたたくだけで音が出ます。聞こえる音は規則的な音色であり、独特の音楽作品を形成することができます。洞窟の中はとても暗いので、この洞窟に入るときは懐中電灯を持参することを強くお勧めします。

ロカレ洞窟はワメナ市から約25キロです。この洞窟へのアクセスは、アスファルト道路が非常に良く、二輪車または四輪車でアクセスできるため、非常に簡単です。ロカレ洞窟は県軸道路の端にあるため、そこまで歩いたり登ったりする必要はありません。その戦略的な場所は、この洞窟を良い家族の観光スポットにし、様々なグループが頻繁に訪れます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

26
October

 

1025日日曜日の朝に西ジャワ州のパンガンダランで発生した5.9の地震の衝撃は、ジョグジャカルタ特別州までの多くの地域で感じられました。これは、日曜日ジャカルタのアンタラ通信社が受け取った声明で、気象・気候・地球物理学機関の地震津波センターのRahmat Triyono会長が語ったものです。ジョクジャカルタの他に、BandungKebumen, KutoarjoBanyumasBanjarnegaraKulonprogoBantulGunungKidulの各地区でも同じ規模で振動が感じられました。マグニチュードが5.5に更新された地震ショックは、MMI III-IVスケールで、スカブミ、タシクマラヤ、パンガンダランで非常に強く、日中に家の多くの人々が振動を感じました。これまで、地震による被害の影響についての報告はありません。モデリングの結果は、地震には津波の可能性がないことを示しています。

26
October

 

中国の研究者は、世界的なCOVID-19のパンデミック症例は、ヨーロッパの傾向に沿って、今後2週間でピークに達すると予測しています。北京の精華大学の公安研究所のLiang Manchun 氏は土曜日、ヨーロッパでのパンデミックは、世界的な症例の増加の主要な指標だと述べました。彼によると、ヨーロッパのいくつかの国は、中国のように予防と管理の努力を強化することができなかったので、いくつかの国は、症例の増加を経験するということです。

彼は、ヨーロッパにおけるCOVID-19の陽性症例の割合が高く、ウイルスが生存する可能性が引き続き増加しているため、症例の再出現に対処することはより困難だと付け加えました。パンデミックに直面した地域の保護と国の制限は、非常に重要です。ジョンズ・ホプキンス大学のデータは、1023日金曜日、世界の陽性症例の数が42147237人に達したことを示しています。これらのうち、死亡者数は、1143467人に達しています。Liang氏は、米国での陽性症例は、来週にピークに達し、1日あたり90,000症例が6月に発生したピークを超えると予測しています。