27
October

 

在プレトリア·インドネシア大使館は、南アフリカの すべての社会グループ、外交団、ビジネスマン、地元メディアを招待して、アフリカで インドネシア料理の楽しみを広め、促進するための 年次活動である Pasar Indonesia(インドネシア市場)を開催しました。在南アフリカ·インドネシア大使、サルマン・アル・ファリシ大使は、今年は小規模では あるが、独特な インドネシア料理や 様々なインドネシア製品を紹介するために 高い意欲を持って Pasar Indonesiaを開催していると述べました。月曜日、ジャカルタで プレトリア インドネシア大使館による 書面の声明で、このメッセージは 南アフリカのプレトリアでの Pasar Indonesia 開催の 合間に サルマン大使によって伝えられたと述べました。サルマン大使は、このイベントにより、インドネシアが 南アフリカで いっそう 知られるようになり、両国間で さまざまな協力の機会が開かれることを 期待していると 強調しました。

27
October

 

Sri Mulyani Indrawati財務大臣は、COVID-19 パンデミックの中で、インドネシアの財務および財務管理システムは非常に良好な状態であり、信頼できると評価しました。Sri Mulyani大臣は月曜日、ジャカルタでのオンライン議論で、インドネシアの 優れた財務管理システムと財務は、16年前、つまり2003年頃から改革が 行われたために 形成されたと述べました。Sri Mulyani大臣は、インドネシアの会計検査院から得たWTP(例外なし 受け入れ会計報告)も、国庫のすべての管理が 適切な会計原則に従って行われていることを証明していると説明しました。大臣によると、優れた財務システムにより、政府はCOVID-19パンデミック危機の影響に対して適応的かつ迅速な取り決めを実行することができると言う事です。

27
October

 

アルメニアとアゼルバイジャンは、1026日月曜日から始まる ナゴルノ-カラバフでの紛争を終わらせるための 人道的停戦を尊重することに 再び合意しました。これは、米国 国務省によって発表されました。米国のスティーブン・ビーグン外務副大臣は、1024日土曜日、アルメニアとアゼルバイジャンの外相およびミンスク グループの 他の代表者と会談しました。ワシントンは、フランスとロシアと ともに、ナゴルノ・カラバフでの紛争の主要な仲介者となるために ヨーロッパの安全保障協力機構によって形成されたミンスク グループの一部です。米国 国務省は、この停戦は、現地時間の1026日月曜日の午前8時に発効したと述べました。

27
October

 

米国のマイク・ポンペオ 国務長官とマーク・エスパー国防長官が ニューデリーに到着しました。彼らは インドの外務大臣と国防大臣と会合を開く予定です。ワシントンとニューデリーは、この地域における 中国の影響力を封じ込めるために、防衛と安全保障の協力を強化しています。ポンペオ長官とエスパー長官は、1027日火曜日に、インドのS Jaishankar外務大臣とRajnath Singh国防大臣に会う 予定です。1026日月曜日、Indian Expressは、ある情報筋が、米国とインドは 反テロリズムの協力を開始すると語ったと報告しました。

Page 1 of 677