19
July


インドネシアのスリ・ムリャニ財務大臣は、インドネシアが先進国になるための4つの条件を明らかにしました。これは、インドネシアが中所得国の罠から逃れられることを意味します。717水曜日detik.comが引用したように、スリ・ムリャニ大臣は、先進国かつ高所得国の地位を獲得できる国は/世界の国の多くではないと述べました。ほとんどの国は、中所得国の地位にとどまっています。スリ・ムリャニ大臣は、インドネシアが先進国になるためには人材への投資が必要だと説明しました。インドネシアは、憲法に従って教育に20%の予算を割り当てており、教育と医療の改革はこれまで、そして現在も実施されています。スリ・ムリャニ大臣は、もう一つの要件はインフラ整備であると述べました。スリ・ムリャニ大臣によると、人々の生産性と流動性を促進しながら、発展に追いつくためにインフラ開発が行われているということです。それとは別に、付加価値を生み出す下流政策による経済変革を実行します。スリ・ムリャニ大臣は、インドネシアは良質で厳格な制度と統治を構築する必要があると述べました。したがって、優れた政策を効果的に実行し、実装することができます。スリ・ムリャニ大臣はまた、国家歳入歳出予算の改革にはインドネシアの開発努力が重要かつ不可欠な部分だと強調しました。

19
July


日本貿易振興機構(JETRO)の片岡進理事長は、日本は相互信頼に基づいて・ASEANとの経済関係を強化したいと述べました。片岡氏は、717日水曜日ジャカルタでの記者会見で、日本の目標は/ASEANとのウィン・ウィンベースでのビジネス協力を構築し、さらなる強化に貢献することだと述べました。片岡氏は、東南アジア地域各地のジェトロ事務所が日本企業とASEAN企業の間の具体的なビジネス協力を促進しており、そのうちの1つは脱炭素化に関連していると述べました。同氏は、脱炭素化協力に関して、ジェトロが昨年、インドネシアとタイにおける水素、再生可能エネルギー、エネルギー効率化、あるいはバイオマスに関する日本企業向けのビジネスカタログを提供したと説明しました。同氏によると、これは企業と潜在的な地元パートナーをマッチングしやすくするためだということです。したがって、日本は、こうした活動をマレーシアなど他国にも拡大し、より多くの共同プロジェクトを生み出し、創出することを目指してビジネスマッチングに一層努めていきたいと考えています。

19
July


ドイツのオラフ・ショルツ首相は、現時点ではその可能性は非常に小さいように見えるが、主要国がいつか軍備管理協定に復帰できるようあらゆる措置を講じる必要があると述べました。これは、717日水曜日、新たな冷戦と軍拡競争の可能性についてのドイツ国民の懸念に応え、ドイツ放送局ARDとのインタビューで、オラフ首相が語ったものです。その際、オラフ・ショルツ首相は、ロシアは軍備管理協定から離脱した当事国であり、西側諸国は攻撃されないよう非常に強くならなければならないと述べました。 710日、国防総省は、地域における長距離ミサイルシステムの持続可能なプレゼンスを発展させるため、米国が2026年からドイツへの長距離ミサイルシステムの定期配備を開始すると発表しました。防衛兵器の配備には、開発中のSM-6ミサイル、トマホーク、極超音速ミサイルが含まれます。

19
July


国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、占領下のヨルダン川西岸に対するイスラエルの政策は、パレスチナ人との二国家解決の見通しを破壊するものだと述べました。グテレス氏は、戦略的地域における大規模な土地収奪と計画、土地管理、ガバナンスの変化により、住宅の拡大が増加すると予想されていると説明しました。グテレス氏は、717日水曜日国連安全保障理事会でコートニー・ラトレイ首席補佐官が読み上げた声明で、イスラエルは行政的・法的措置を通じて、ヨルダン川西岸の地理を変えていると述べました。202310月にイスラエルがガザへの戦争を開始して以来、ヨルダン川西岸と東エルサレムでは、イスラエルの軍事攻撃、パレスチナ人の逮捕、入植者の暴力が増加しています。国連事務総長はまた、ガザ戦争の即時停戦と人質全員の解放を繰り返し要請しました。

Page 1 of 1419