18
November


投資調整庁BKPM))庁長である Bahlil Lahadalia投資大臣は、Foxconn  2023 年初頭に電気自動車エコシステム開発プロジェクトの起工式を実施すると述べました。Foxconn は、Gogoro インドネシアバッテリー産業(IBCおよび Indika Energy と協力して、電気自動車と電気バッテリーのエコシステムの開発に 80 億米ドルを投資する予定です。Bahlil大臣は、木曜日ジャカルタでのプレスリリースで、彼らは、自動車、特にバスのエコシステムに入ると述べました。また、彼らは中部ジャワのバタンにあるバッテリーエコシステムに投資します。Foxconn Indika Energy は、バリでの G20 サミットをサポートするために 5 台の電気バスを引き渡しました。Bahlil大臣によると、台湾企業による投資の実現は、何十年にもわたるインドネシア政府の長い交渉プロセスに対する答えになるということです。

18
November

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、バリで終わったばかりのG20サミットは、ロシアとウクライナの戦争を終わらせる明確なメッセージを送ることに成功したと語りました。マクロン大統領は、1116日水曜日バリ島ヌサドゥアでの記者会見で、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は参加しなかったが、バリ島の主要な経済大国が送ったメッセージは明らかだと説明しました。ほとんどの G20 メンバーは、ウクライナでの戦争を明確に非難しています。彼は、G20 が戦争に目をつぶっていないことを強調しました。これらの国のグループは、中国やインドなどの発展途上国との交渉を含め、ロシアに紛争の終結を迫る交渉の余地がまだあることを強調しました。マクロン大統領によると、今こそロシアが国際社会から伝えられたメッセージを聞き、交渉のテーブルに戻る時だということです。

18
November


中国外務省は、習近平国家主席がバリでの G20 サミットの際にリシ・スナク首相との二国間会談を開催できなかったにもかかわらず、依然として英国との二国間関係が維持されることを望んでいます。中国外務省スポークスマン、毛寧氏は、水曜日北京で、中国は英国との関係を安定させ、相互の尊重と相互利益に基づいて発展させることにコミットしていると述べました。習近平国家主席とスナク首相の二国間会談は、以前は水曜日にバリで開催される予定でした。しかし、ウクライナと国境を接するポーランドにミサイルが落ちた後、スナク首相とG7加盟国のいくつかの首脳がバリでのG20サミットの合間に緊急会議を開催したため、両首脳の会談は突然キャンセルされました。

18
November


カナダのジャスティン・トルドー首相は、インドネシアが困難な状況と政治的緊張の中で G20 を主導する能力があり、バリでの G20 サミットで最終合意をもたらすことに成功したと判断しました。トルドー首相は、水曜日にバリ島ヌサドゥアで開催されたG20サミット後の記者会見で、インドネシアが議長国を務める G20 は、バリ G20 首脳宣言を作成することができると述べました。トルドー首相は、G20 フォーラムでコンセンサスに達するプロセスは、決して容易ではないことを認めました。特に、多くの関係者が関与する世界経済に影響を与える特定の問題がある場合や、各国が異なる視点を持っている場合はなおさらです。しかし、インドネシアの努力のおかげで、G20 のすべてのメンバーは、コンセンサスを見つけることができました。

Page 4 of 1185