23
November


国家開発計画省 (Bappenas) は、米国国際開発庁USAID))と提携して、パプア地域の開発を加速しています。米国は USAID を通じて、 Bappenas と共にパプア、西パプア、高地パプアの各州を訪問し、この地域の開発を加速するのに役立つ新しいイニシアチブを立ち上げています。在ジャカルタの米国大使館は、1122日火曜日ジャカルタでの声明で、パプアでの開発を加速する取り組みは、パプアでの開発の加速のマスタープランを支援する5年間のプログラムであるインドネシアのパプア共同統治(USAID コラボレーション)プログラムを通じて行われていると述べました。このプログラムは、インドネシア政府が開発パートナー、企業、その他の利害関係者との協力を強化することを支援し、パプア州と西パプア州が地元住民の利益を最大化する特別自治基金を使用するのを支援します。

23
November


運輸省は、民間航空総局とアジア太平洋諸国のフライトナビゲーション組織(AirNavを通じて、火曜日にバリ、バドゥンのジンバラン 2050 年に解決することを目標としたゼロエミッションフライトの実施について話し合いました。これは、第33回アジア太平洋航空​​航行計画および実施地域グループ会議で、民間航空総局の航空航行部長であるシギット・ハニ・ハディヤント大尉が語ったものです。ハディヤント大尉は、会議は政策問題、センシング通信、飛行航法、航空交通管理、航法通信を議論し、航空機の運用に関する協力を促進するための技術レベルの首脳会議だと説明しました。さらに、ハディヤント大尉によると、この会議は、過去 2 年間の COVID-19 パンデミックが世界の航空業界に独自の課題をもたらしたことを考えると、非常に重要かつ戦略的なものだということです。

23
November


米国のカマラ・ハリス副大統領は、紛争中の南シナ海に近いフィリピン西部のパラワン島を訪問しました。ハリス副大統領は、現地時間の1112日火曜日フィリピンへの国賓訪問中にパラワン島を訪問しました。1122日火曜日AP通信社が報告したように、ハリス副大統領は、南シナ海近くの島を訪問し、同盟国であるフィリピンに対する米国の支援を強化し、紛争海域での航行の自由に対する米国の関心を強調しました。中国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、台湾、ブルネイなどの国々が関与する南シナ海での長期にわたる領域紛争は、長い間アジアの引火点であり、この地域における米国と中国の対立の焦点の1つと考えられてきました。

23
November


アンタラ通信社が引用したように、中国国防省のスポークスパーソンであるタン・ケフェイ上級大佐は、1121日月曜日記者会見で、中国側は、前向きな姿勢を示しており、ASEAN プラス国防相会議で米国側と対話する用意があると述べました。中国国防相は、カンボジアでASEAN プラス国防相会議に出席し、1120日日曜日から1124日木曜日までプノンペンの招待で同国を訪問しました。ASEAN プラス国防相会議では、さまざまな国の代表者と会談し、最新の地域的および世界的状況、ならびに防衛および安全保障協力について話し合う予定です。

Page 3 of 1185