17
November

 

インドネシア外務省のスポークスマンであるテウク・ファイザシャ氏は、ウクライナ国境に近い地域でロシア製のミサイルがポーランドに落下した後、インドネシアは、最新の動向と状況を注意深く見守っていると述べました。2011 11 16 日水曜日にバリ島ヌサドゥアで開催された G20 サミットのメディアセンターでの記者会見で、テウク・ファイザシャ氏は、G20 サミットの枠組みの中で現在バリにいる G7 諸国の緊急会議があったことを認めました。いくつかの情報源によると、会議はポーランドで発生したイベントに対応して開催されたということです。

さらに、テウク・ファイザシャ氏は、インドネシアは紛争国に対し、発生した紛争を解決するための対話と平和的な方法を模索するよう常に求めていると述べました。

多くの国際メディアは、現地時間火曜日の午後340分にプシェウォドフ地域に 2 発のミサイルが落ち、2 人が死亡したと報じました。この村は、ウクライナ国境から約 6 キロの場所にあります。誰もこの事件の責任を主張していませんが、ポーランドは、この問題について完全な調査を行いながら、航空保安を強化しています。

この事件は、バリで開催されている多くの G20 参加国にも影響を与えました。この事件に対応するために、多くのG7首脳が緊急会議を開くことを余儀なくされたと報告されました。 bbc.com が引用したように、緊急会議に出席した国家元首は、欧州連合委員会のウルスラフォンデアライエン委員長、イタリアのジョジア・メローニ首相、ドイツのオラフ・ショルツ首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、カナダのジャスティン・トルドー首相、米国のジョー・バイデン大統領、イギリスのリシ・スナク首相、スペインのペドロ・サンチェス首相、オランダのマルク・ルッテ首相、日本の岸田文夫首相、欧州理事会のシャルル・ミシェル議長でした。

17
November


中国の習近平国家主席は1115日火曜日の午後、バリでセネガルのマッキー・サル大統領と会談しました。習近平国家主席は、中国とセネガルは、重要なパートナーであり、中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)の共同議長であると述べました。中国は、引き続きセネガルと手を取り合って発展と活性化の道を歩み、互いの主権、安全、発展の利益に関わる問題で互いに支持し合うことを望んでいます。中国とセネガルは、世界平和の維持や共同開発の促進などの重要な問題についてハイレベルの合意を結んでいます。一方、マッキー・サル大統領は、セネガルや他のアフリカ諸国への貴重な支援に対して中国に感謝し、アフリカ連合の G20 加盟を公式に支持した最初の政党となりました。

17
November


在チュニジアのインドネシア大使、Zuhairi Misrawiは、1116日水曜日チュニジアのマリク・ザヒ社会福祉大臣と会談し、世界的な危機を克服するための G20 議長国インドネシアのコミットメントを伝えました。Zuhairi大使は、現在バリで開催されているG20サミットに対するインドネシアのコミットメントについて具体的に述べました。このコミットメントは、特に世界のさまざまな国でエネルギー危機、食糧危機、経済危機を引き起こしたパンデミックと地政学的危機による世界的な危機を克服することです。水曜日の在チュニスのインドネシア大使館からの声明で、ズハイリ大使は、チュニジアの社会福祉大臣と会談する際、世界的な危機を克服するための解決策を見つける努力に焦点を当てたG20サミットの努力を伝えました。一方、チュニジアの社会福祉大臣は、インドネシアとチュニジアの間でより具体的な協力を形成するために、インドネシアの社会福祉大臣と会談したいという希望を表明しました。

16
November


中国とオーストラリアの指導者は、2011 11 15 日火曜日、5 年以上ぶりの正式な首脳会談を行いました。この会談は、貿易関係を妨げ、首脳会議を凍結してきた長年の敵意終止符を打つことが期待されています。1115日火曜日AFP通信社が報告したように、オーストラリアのアンソニー・アルバネーゼ首相は、バリで開催された G20 サミットの際に中国の習近平国家主席の会談で、この会談を開催できてとても幸せだと語りました。会談は 32分間でしたが、大きな外交転換を示しました。会談中、習近平は、両国間の関係を改善するよう求めました。習主席は、これまでの両国の温かい関係は、尊敬に値すると述べました。

Page 5 of 1185