11
November

 


在ロンドンのインドネシア大使館は最近、ウェストミンスター・セントラルホールインドネシアの夜の文化芸術イベントを開催し、約 1,700 人の観客が参加しました。木曜日の在ロンドンのインドネシア大使館からの情報によると、インドネシアの夜のイベントは、さまざまな側面で英国でインドネシアを宣伝するために開催された一連のエクスペリエンス・インドネシア活動の集大成です。在英国のインドネシア大使Desra Percaya氏は、イベントの開会式で、これは、インドネシアの健康と豊かさに感謝の気持ちを込めて、世界と共有したい財産だと強調しました。Desra Percaya大使は、英国人がインドネシアの美しい側面を知れば知るほど、両国の関係はより緊密になると強調しました。

 

11
November


インドネシア輸出金融庁-LPEI (インドネシア輸銀)は、インドネシアで開催されたG20 のイベントが零細、中小企業にプラスの影響を与えたと評価しました。インドネシア輸出金融庁の事務局長であるリヤニ・ティルトソ氏は、木曜日のジャカルタでの声明で、国際規模の展示会に参加することで、零細・中小企業が製品品質を維持することに加えて、製品の特徴や独自性をどのように持たなければならないかについての新しい洞察を得ることができると述べました。リヤニ氏は、マハラニ・クラフトという LPEIの養育パートナーの 1 つで、製品がジュエリーや手工芸品の形をとっており、代表者向けの G20 記念品の 1 つに選ばれたことを誇りに思っています。

 

10
November


ルフット・ビンサール・パンジャイタン海事・投資調整大臣は、バリがG20サミットの開催地になる準備ができていることを確認しました。ルフット大臣は、水曜日にバリ島バドゥン、ヌサドゥアで開催されたLPS国際セミナーに参加した後、バリは G20 サミットを開催する準備ができていると述べました。彼は、ジョコ・ウィドド大統領がG20サミットの場所となるバリの多くの場所を直接チェックしたと述べました。以前、ジョコウィ大統領は、2022 11 15 日と 16 日にバリで開催される G20 サミットに最大 17 の国家元首が出席することを保証していました。そのうちの 2 人は、米国のジョー・バイデン大統領と中国の習近平国家主席です。大統領によると、G20 メンバーの 17 の国家元首の出席は、期待に沿ったものだということです。なぜなら、現在の世界情勢は困難であり、助長的ではないからです。

10
November


アイルランガ・ハルタルト経済担当調整大臣は118日火曜日、在インドネシアのオーストラリア大使ペニー・ウィリアムズ氏と会談し、11 月の G20 サミットをバリで開催することに対するオーストラリアの支持を伝えました。水曜日のジャカルタ経済担当調整省の公式声明が引用したように、ペニー大使は、バリで開催される G20 サミットでは、オーストラリアのアンソニー・アルバネーゼ首相がジム・チャルマーズ財務大臣を伴って、オーストラリアのビジネスマンの代表団と共に出席する予定だと述べました。この会談で、双方はまた、両国によって実施されている、または実施される予定のさまざまな二国間経済協力についても話し合います。

Page 9 of 1185