10
November


オーストラリアのアンソニー・アルバネーゼ首相は、中国の習近平国家主席と直接会って話すことを楽しみにしています。彼は、中国とオーストラリアが近年緊張した関係を経験した後、習主席との会談は、前向きな進展になるだろうと述べました。アルバネーゼ首相は、11 15 日と 16 日にバリで開催される G20 サミットに出席することが確認されています。彼はまた、タイでのアジア太平洋経済協力サミットとカンボジアでの東アジアサミットなど、東南アジア地域での他の2つの首脳会議にも出席する予定です。一方、習主席は、バリで開催される G20 サミットに出席する予定です。彼は、アルバネーゼ首相が出席する東南アジア地域の他の2つの会議には出席するかどうかは明らかではありません。これは、アルベネーゼ首相と習主席の会談は、バリで開催される G20 サミットの合間に行われる可能性があることを意味します。ロイター通信社が報告したように、アルバネーゼ首相は、水曜日にオーストラリアのキャンベラでの記者会見で、対話は良いことであり、習主席との会談が手配されれば、それは前向きであることを非常に明確にしたと語りました。オーストラリアと中国の外交関係は、近年、特にアルバニア氏の前のオーストラリアのスコット・モリソン元首相の時代に急激に悪化しています。

10
November


在ロンドンのインドネシア大使館は火曜日、第4回インドネシアと英国の思想家との間で対話を開催しました。対話の結果、さまざまな地球規模の課題を克服する上で、ASEAN を解決策の一部にしようとするインドネシアの取り組みを支援するという合意に至りました。インドネシアは2023年に東南アジア諸国連合(ASEAN)の議長を務めます。インドネシアのDesra Percaya大使は開会式で、インドネシアが議長国を務める間、ASEANは平和と安定のための地域の代理人としての役割を通じて、世界の課題の解決に向けて努力を続けると述べました。水曜日に在ロンドンのインドネシア大使館からの声明を引用したように、これは水曜日、Desra Percaya大使が語ったものです。インドネシアと英語の思想家対話は、ロンドンのインドネシア大使館の年次活動であり、両国の非政府サークル間の意見交換を促進しています。インドネシアが 2023 年に ASEAN で議長国を務める準備の勢いと、ASEAN の最新の対話パートナーとしての英国の役割により、対話フォーラムのテーマは、運転席に立つASEAN2023年のインドネシアのリーダーシップと対話パートナーの役割です。

09
November


プラボウォ・スビアント国防相は、インドネシア空軍に対し、敵を攻撃する能力を持つドローンの力に基づいてインドネシアの防空力を構築するよう要請しました。インドネシアは今、無人機の大規模な集団の技術的戦術と能力、神風無人機と自律システム、海上と陸上の空中のロボットシステムを展開しなければなりません。これは、火曜日、東ジャカルタのハリム・ペルダナクスマで開催された「航空エレクトロニクス技術の開発におけるインドネシア空軍の課題」に関する国家セミナーでの演説で、プラボウォ国防相が語ったものです。プラボウォ国防相は、インドネシア空軍が所有する無人航空機の強みが、将来的にインドネシアの航空宇宙の防波堤になることを期待しています。プラボウォ国防相はまた、空襲を予測するために衛星システムを強化する必要があると述べました。彼は、将来の防空には、大きな課題があると説明しました。したがって、ウクライナとロシアの間の紛争は、インドネシア共和国の統一国家の防衛軍が学ばなければならない出来事です。

 

09
November


ジョー・バイデン米大統領は、現地時間の118日火曜日に行われた中間選挙で、ドナルド・トランプ前大統領の共和党を破って民主主義を守るよう民主党に呼びかけました。118日火曜日AFP通信社が報告したように、これは、最新の世論調査結果で、共和党が米国議会下院HOR)で民主党から優位に立つ可能性があることが示されているとき、バイデン大統領が語ったものです。そうなれば、民主党はこれまでの過半数の票を失うことになります。2024 年に再び大統領に立候補するというトランプ氏の合図と相まって、民主党は、最悪の結果に備えています。

Page 10 of 1185