19
January


サクティ・ワユ・トレンゴノ海事・水産大臣は、水曜日ジャカルタで、海事・水産省の範囲内で商品やサービスの調達に国産品を使用することの重要性を強調しました。これは、国内経済、特に零細・中小企業に基づく経済の改善、およびジョコ・ウィドド大統領の指示に従って、主要な選択肢としての国内製品の使用を支援するために行われます。2023 年の海事・水産省の実効予算配分は、 62900憶ルピアであり、この予算配分から、37000憶ルピアが、商品やサービスの調達過程で実行されます。これらの調達活動には、保護地域の目標の拡大、割り当てベースの測定可能な漁業政策の実施、持続可能な水産養殖の開発、海岸と小さな島の持続可能な管理、海のプラスチック廃棄物の処理を含む、海事。水産省の 5 つのブルー経済プログラムの実施の支援が含まれます。

19
January


投資調整庁(BKPM)長官であるバリル・ラハダリア投資大臣は、国連貿易開発会議UNCTADに対し、2023年のインドネシアの ASEAN 議長国への支持を要請しました。これは、117日火曜日にスイスのダボスで行われたUNCTADのレベッカ・グリンスパン事務総長との対面会談で、バリル大臣がかたったものです。水曜日アンタラ通信社が引用したように、バリル大臣とレベッカ氏の会談は、2022 年のインドネシアのG20議長国での UNCTAD の協力を評価するために開催されました。バリル大臣は、投資省/BKPM UNCTAD の間の協力が、2023 年のインドネシアの ASEAN 議長国や、2023年のUNCTAD ASEAN 投資報告の発表、ASEAN 投資地域評議会会議での協力、ASEAN 投資調整委員会への参加など、他の国際フォーラムで実施できることを望んでいます。同じ機会に、レベッカ氏は、2023 年のインドネシアのASEAN の議長国になることを支持する意向を表明しました。

19
January


ダボスで開催された世界経済フォーラム(WEF)は、117日火曜日、気候変動と自然災害に取り組むために年間 3 兆米ドルの資金を調達するイニシアチブを開始しました。WEF は声明で、地球を強くし与える行為と呼ばれるこのイニシアチブは、慈善家、公的機関、民間部門の 45 以上のパートナーによって支援されていると述べています。WEF は、現在のエネルギー危機と苦戦している生活費は、地球の気温が摂氏 1.5 度まで上昇するのを防ぐという目標がまだはっきりしていないことを示していると述べています。しかし、資金調達は現在遅く、不十分であるため、資本フローへの新しいアプローチが必要です。慈善家からの資金提供は、この資金問題を克服できると考えられています。近年増加しているにもかかわらず、調達された資金のわずか 2% しか排出削減の取り組みに使用されていません。

19
January


国連副事務総長のアミナ・モハメド氏と他の代表団は、117日火曜日にアフガニスタンのカブールに到着しました。彼らは、女性の権利を制限する政策についてタリバンと対話することが期待されています。国連スポークスマンのファルハン・ハク氏は、アミナ氏が国連女性事務局長のシマ・バハウス氏と政治問題担当事務次長補のカレド・キアリ氏に同行してアフガニスタンに旅行したと述べました。ハク氏は、国連当局者は、湾岸諸国、アジア、ヨーロッパで一連のハイレベル協議を開催し、女性と少女の権利を促進し保護するためにアフガニスタンの状況について話し合ったと述べました。ハク氏によると、代表団のメンバーは、イスラム協力機構、イスラム開発銀行、アンカラ、トルコ、イスラマバードのアフガニスタン女性グループの長、およびカタールのドーハに拠点を置くアフガニスタンの大使と特使のグループと面会したということです。一方、タリバンはアフガニスタン人に対して徐々に厳しい規則を課しており、具体的には、女性が学校に通うことや働くことを禁止しています。

 

Page 11 of 1220