16
November


世界銀行業務担当専務理事アクセル・ヴァン・トロッツェンブルク氏は、バリで開催されたG20ビジネスサミットの合間の、アイルランガ・ハルタルト経済担当調整大臣との会談で、インドネシアの経済変革のステップへの支持を表明しました。火曜日のジャカルタでの公式声明が引用したように、トロッツェンブルグ氏は、気候変動に対処する現在の世界的な必要性により、世界銀行はインドネシアのエネルギー移行措置を支援し、太陽光風力、水力エネルギーなど、二酸化炭素排出量を削減する準備ができていると述べました。一方、アイルランガ大臣は、インドネシアの経済を変革する努力において、持続可能な原則を優先することにより、インドネシアは再生可能エネルギーの利用を引き続き奨励すると述べました。現在の経済的課題を克服するために、インドネシア政府は雇用を維持し、極度の貧困などの深刻な景気後退の影響を回避することを保証しています。

16
November


国連は1115日火曜日 に世界人口が 80 億人に達したと報告しました。国連はまた、地域、特に気候変動による資源不足をすでに経験している地域が直面するより深刻な脅威があるだろうと警告しました。1115日火曜日にロイターが引用したように、国連の予測によると、2080 年代には、世界人口がさらに 24 億人増加するため、食料か水か、電池かガソリンかを問わず、利用できるものは先ほとんどないということです。これは、生物多様性センターの人口と持続可能性のディレクターであるステファニー・フェルドスタイン氏が語ったものです。ステファニー氏によると、誰もが燃料、木材、水、そして帰るための場所を必要としているということです。国連人口局長のジョン・ウィルモス氏は、世界の人口が80億人に達する将来の大きなリスクについて警告しました。 80 億人の人口は、人類の成功の証であると同時に、将来への大きなリスクでもあります。

16
November


ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、1115日火曜日のG20サミットでの演説で、ロシアに対し、ウクライナに駐留するすべての軍隊を撤退させるよう求めました。ゼレンスキー大統領は、G20首脳の前でのバーチャル演説で、ロシアは、ウクライナ領土からすべての軍隊と武装組織を撤退させなければならないと強調しました。その演説で、ゼレンスキー大統領は、戦争に関するウクライナの提案も提示しました。これらのポイントの 1 つは、放射能の脅威についてです。彼によると、ロシアは、ザポリージャ原子力発電所をいつでも爆発できる放射性爆弾に変えたということです。

15
November

Joko Widodo大統領は、包括的経済連携協定(CEPA)を通じたインドネシアと欧州の協力交渉が大きな進展を遂げるよう奨励しました。これは、月曜、アプルバケンピンスキーバリでの欧州委員会委員長、Ursula Von Der Leyenとの会談で 大統領によって伝えられました。2023 年の ASEAN 議長国として Joko Widodo大統領も、ASEAN 欧州が協力を強化することを望んでいます。一方、欧州委員会の委員長は、G20 におけるインドネシアのリーダーシップを高く評価しました。G20 は、世界的な危機に対する共同の解決策を策定する努力を続けています。インドネシアは、再生可能エネルギーや食料安全保障など、さまざまな戦略的問題において信頼できるパートナーと見なされています。

Page 6 of 1185