15
November

バリ島での一連のG20サミットも2日目に入りました。10  15 日にメディア登録が締め切られた後、正式認可を受けた 国内外のメディアの2000 人以上のジャーナリストがG20首脳会議を取材します。この重要な会議、特に17 人の G20 首脳が出席するサミットを報道する何千人ものジャーナリストの熱狂は 組織委員会を メディアクルーの動きを可能な限り管理するようにさせました。ウェスティンリゾートのメディアセンターを訪れたJohnny G Plate通信情報大臣は、火曜日の G20 サミットの開幕を報道するジャーナリストの人数は 制限されるだろうと述べました。

 

インサート:「アプルバで 首脳会議を実際に取材できるのは最終選考に残ったり、制限されていて、全員ではないけれど、取材するジャーナリストは、オープニングや メディアに関連する活動はすべて、ここのメディアセンターとリアルタイムで接続されています。」

 

Plate大臣はまた、特別なアクセス権を持たないメディア記者に 首脳会議が行われる会場、アプルバ ケンピンスキー バリに 会議の妨げになる恐れがあるため 来ないように注意を促しました。

 

インサート:「覚えておいていただきたいのは、メディアクルーが全員アプルバに 来ないように ということです。もし訪れても、中に入る事はできません、なぜなら、そこには厳しいセキュリティ要件があるからです。そして問題になり、ここに来るのが難しく、取材するのが難しく、それらが起こらないよう 道に迷わないで下さい。」

 

メディアセンターを訪問したJohnny Plate大臣は、メディア記者は必要な情報はすべてメディアセンターで入手できると 確認しました。彼は、メディアセンターには 192 X 2  LAN ネットワークがあり、ジャーナリストのアクセスニーズを満たすことができると強調しました。彼はまた、今はデジタル時代であり、メディアセンターですべてがすでに行われているため、ジャーナリストが現場で 実際に追跡する必要がなくなったと述べました。

15
November

クルド人過激派グループ PKK は、日曜日のイスタンブールでの爆弾攻撃への関与を否定し、民間人を標的にはしないと述べました。ロイター通信によると、声明は月曜日にウェブサイトで行われました。クルド労働者党 (PKK) は、同党とYPG クルド人民防衛隊 6 人が死亡した爆発の責任があるというトルコの主張を否定しました。彼らは、どのような形であれ民間人を標的にすることは ありえないと主張しました。

15
November

マレーシア政府は、11  19 日の第 15 回総選挙で、COVID-19 陽性者が投票所に来ることを許可する方針を出しました。ただし、マスクを着用する必要があります。Antara通信社によると、これはマレーシアの保健局長、Noor Hisham Abdullah氏によって月曜日に発表されました。Hisyam氏は、COVID-19 陽性者は オンラインタクシー含む 公共交通機関の利用は許可されず、投票所での投票の前後に どこにも立ち寄ることが許可されないと述べました。マレーシアは、2022  4  1 日から 流行への移行段階に入りました。

15
November

国連のAntonio Guterres事務総長は月曜日、G20 諸国に対し、地球温暖化を遅らせるために協力するよう促し、ゆっくりとした行動が地球の運命を決定すると述べました。ロイター通信によると、これは、バリでの年次G20サミットに先立って、グテーレス事務総長によって伝えられました。Guterres事務総長は以前、「気候連帯協定」を提案しました。先進国は、世界の気温上昇を摂氏 1.5 度に制限するための さらなる努力をしながら、発展途上国の再生可能エネルギーへの移行を加速するための財政的および技術的支援を提供します。Guterres事務総長によると、G20 による ゆっくりとした行動は、人類家族のすべてのメンバーが健全な地球上で持続可能かつ平和に暮らす機会を持てるかどうかを決定づけるでしょう。

Page 7 of 1185