18
January


ニニク・ラハユ氏は、インドネシアで、そして世界でさえ、報道評議会の初の女性議長に選出されました。ニニク・ラハユ氏は、117日火曜日ジャカルタの記者評議会事務局での彼女の最初の記者会見の後、ボイス・オブ・インドネシアに対して、ジャーナリスト、特に女性ジャーナリストに対するデジタル暴力と性的暴力の問題が、次の 3 年間の管理期間中の報道評議会の優先事項になるだろうと強調しました。この問題は、2022 11 24 日と 25 日に開催された国連教育科学文化機関ユネスコフォーラムで表面化した世界的な問題にもなっています。さらに、ニニク・ラハユ氏によると、報道評議会は、ジャーナリストの福祉を向上させる専門的な報道機関のコーポレートガバナンスの創設も奨励する予定だということです。

インサート :現時点で非常に重要な好ましいの風潮は、ジャーナリストの保護です。率直に言って、先に述べたように、脅迫や暴力を経験したジャーナリストは、擁護者、人権擁護者として位置づけられていないことを認めなければなりません。彼らは真の戦士です。ですから、ジャーナリストを保護するメカニズムは、報道評議会にとって非常に優先度が高いと私が考えるものです。2023年には、特に情報源、同僚、および上司の両方から、責任を遂行する際に性的暴力を経験する可能性のある女性ジャーナリストがメカニズムを持っていることを望んでいます。また、保護メカニズムもまだないため、ジャーナリストの福利厚生とメディアのプロフェッショナリズムの問​​題は、まさに共同作業です。それが解決できれば、、危機回復の意味に答えられることを願っています。

さらに、ニニク・ラハユ氏は、ユネスコの記録による報道の自由とインドネシアの報道の自由指数はすでにかなり良いが、将来的に改善する必要があると強調しました。同じ機会に、ニニク・ラハユ氏は、報道評議会が国内および海外も協力して、国内の報道機関の独立性の実現を奨励し、世界の報道機関の良い例になると述べました。

18
January


インドネシア商工会議所の Arsjad Rasjid 会長は、。 2023 1 16 日から20 日にかけてスイスのダボスで開催された世界経済フォーラムWEF年次総会での一連の活動と同時に行われたインドネシア・パビリオンの開催を通じて、世界中の投資家にインドネシアでの投資機会の開拓に参加するよう招待します。Arsjad 氏は、インドネシア経済を発展させるためには、政府、業界リーダー、協会、社会組織、投資家など、多くの関係者の協力が必要であると強調しました。

Arsjad 氏は、 1 17 日火曜日のジャカルタでの声明で、インドネシア・パビリオン期間中に提供された投資機会には、グリーン経済、川下産業化、健康分野のデジタルベンチャー、フィンテックセクターの投資機会、及びヌサンタラ新首都への投資機会が含まれると述べました。彼はまた、今年、インドネシアは、2023ASEAN の議長を務めることも任されており、インドネシア商工会議所は、 2023 年の ASEAN ビジネス諮問委員会ロードショー期間中、投資家向けのプロモーションを強化し続けると付け加えました。

18
January


国連事務総長、アントニオ・グテーレス氏は、先週末に行われたウクライナの集合住宅に対するロシアのミサイル攻撃を非難しました。アンタラ通信社が引用したように、ロシアのミサイル攻撃により、数十人の民間人が死亡し、多くの人が負傷しました。グテーレス氏の広報担当ステファニー・トレンブレイ氏は、116日月曜日に発表された声明で、国連事務総長は、ウクライナの都市ドニプロの住宅への致命的なミサイル攻撃を強く非難すると述べました。その攻撃事では、少なくとも40人が死亡し、さらに多くの人が負傷し、数十人が行方不明になりました。

17
January

ジョコ・ウィドド大統領は、すべての 関係閣僚に対し、2023 年の国家予算APBN)は生産的な活動、特に雇用創出に焦点を当てるよう求めました。大統領は、116日月曜日、ジャカルタの大統領官邸で行われた全員参加の閣僚会議で、生産的なプログラムに加えて、2023年の国家予算は、発育阻害率の減少、極度の貧困の減少、および来る2024年、総選挙の議題などの国家優先プログラムの完了にも焦点を当てていると説明しました。この指示に基づき、大統領は関係省庁に対し、地方政府が村落基金を使って地域経済を活性化するよう働きかけるよう求めました。大統領はまた、地方予算(APBD)の使用は、国民経済、輸出、投資などの国家優先プログラムに焦点を当てた国家予算と同期しなければならないこと注意喚起しました。

 

Page 12 of 1220