パソナインドネシア

パソナインドネシア (736)

22
December

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州のIKET SUNDA(頭を覆う)をご紹介します。

インドネシアの各地域には、民族衣装に加えて、頭を覆うという特徴があり、イケットとも呼ばれます。例えば、ジャワには、伝統的な紳士服にブランコンの形で補足があります。バリにいる間、頭の覆いは、ウデンと呼ばれます。西ジャワ州にいる間、イケット・スンダとして知られている頭の覆いがあります。イケットの存在は、アンゴアン・パメゲット(紳士服の完成度)であり、美的価値も高くなります。イケット・スンダには、多くの種類があり、深い哲学が含まれています。

イケットは、「結ぶ」を意味するスンダ語に由来します。古くは、イケットは社会の階級を反映していたので、日常生活における男性の立場の違いは明らかでした。哲学的には、イケットは単一の人生におけるSauyunan(兄弟愛)を意味します。のように、ほうきなどの単一の結び目に形成された場合は、何でもきれいにすることができます。同様に、人間が個別に行動する場合、もちろん問題に直面することは困難です。イケットはまた、その使用がKasundaanのアイデンティティから分離されていないことを示しています。

イケットは、四隅のある正方形の布でできています。四隅は、Kereteg Haté(自分で生じる感情)としての意味があります。Hatéは心を意味します。Kereteg Hatéは、意図、話す、態度、および身体として解釈されます。次に、布を半分に折りたたんで、3つの角度を持つ二等辺三角形を形成します。3つの角は、社会生活における平等3つの三位一体の原則、すなわち、レシという宗教指導者、ラマという人々の指導者およびペレブという地域の指導者からなる三位一体を反映しています。

その歴史に基づいて、イケットは、大きく2つに分類されます。すなわちIket Buhunという昔のイケットとIket Kiwariという現代または実用的なイケットに分けられます。Iket Buhunは、Pasundan地域の古代の長老たちからのイケットのモデルであり、特別なルールで折りたたまれ、イケットモデルを形成する長方形の布から形成されます。例えば、Barangbang Semplak, Julang Ngapak, Parekos Jengkol, Buaya Ngangsarです。Iket Kiwariの形とモデルは、Iket Buhunに似ています。しかし、それは、ファッションの発展に続いていくつかの変化を遂げました。例えば、Iket Candra Sumirat, Iket Maung Leumpang, Iket Praktis Parekos, Iket Praktis Makuta Wangsa, Iket Proktis Manca Putra, Iket Batu Kincirです.

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

20
December

パソナインドネシアです。今日は、アチェ州のRAPA’I GELENG(ラパイ・ゲレン)ダンスをご紹介します。

ラパイ・ゲレンは、現在南西アチェ県に含まれているManggengを起源とするダンスです。この踊りは、1965年から発展したと推定されていますが、1980年代になって初めて普及し、2004年のアチェ文化週間で上演されてから広く知られるようになりました。誰が作ったのかは不明です。この踊りは、アチェの沿岸地域でイスラム教の電動とともに開発されたタンバリンに似た打楽器であるラパイ打楽器を使用しています。この踊りが行われるとき、ダンサーはしばしば頭を振るゲランするので、この踊りは、ラパイ・ゲレンとして知られています。

最初は、ラパイ・ゲレンダンスは、Santriというイスラム学校の生徒が勉強して退屈したときの隙間を埋めるために行われました。そして、この踊りは、ダワー(呼びかけ)の手段として使われ、今では、娯楽の手段に発展しました。この踊りは、結婚式、割礼、ゲストを迎えるイベントでのパフォーマンスでもよく行われます。

ラパイ・ゲレンダンスは、12人のダンサーによって行われます。この踊りは、もともと男性だけが踊っていましたが、その発展の過程で女性も踊ることができるようになりました。もちろん、別々に踊られます。踊るとき、ダンサーは、赤いビーズと組み合わせた黒黄色の衣装を着ます。彼らは、歌いながら太鼓のビートに合わせて踊ります。もたらされた詩は、社会で生きる方法、支持された宗教と連帯についてのコミュニティへの社会化についてです。アチェの人々にとって、このダンスは、宗教の象徴であり、コミュニティに道徳的価値観を植え付け、社会での生活方法も説明しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

17
December

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地KALIURIP(カリ・ウリップ)観光村をご紹介します。

今回は、カリ・ウリップの観光村をご紹介します。中部ジャワ州プルウォレジョ県ケミリ地区のカリ・ウリップ観光村にあるこの観光村には、カリ・ウリップ滝などの主要な観光名所があります。カリ・ウリップ滝の他に、この村には、他の自然観光地もあります。つまり、オフロード車のサーキットでもある松林です。この観光村への旅行では、1人150,000ルピア村の周りのツアーパッケージを試すことができます。このツアーパッケージでは、地元の交通機関を利用して村を移動できます。また、伝統的な軽食や、ジャワのチキンインカンのおかずと一緒にナシトゥンペンペセルのランチをお楽しみいただけます。

カリウリップ村のツアーパッケージを試してみると、クレムピエンレンまたはレンギナンと呼ばれるキャッサバの特別な食べ物を作る家内産業を訪問します。カリカリで香ばしいキャッサバレンギナンを楽しむだけでなく、作り方も練習できます。レンギナン家内産業の後、接ぎ木を学ぶために果物植物保育園センターに案内されます。次の観光地は、カリ・ウリップ滝です。この滝の水位は、約45メートルです。滝の下には、穏やかに見える8メートルの深さのケドゥンという滝つぼがあります。訪問者は、滝エリアでの入浴は禁止されています。ですから、ケドゥンから約10メートルの距離からしか写真を撮って滝を楽しむことはできません。

くつろいだり休んだりするために、このエリアのガゼボやパビリオンも利用できます。礼拝室やトイレもあります。写真を撮るだけでなく、カリ・ウリップ滝で自然を楽しむには、キャンバスに絵を描いて永遠にすることもできます。このパッケージでは、マネージャーが完全な絵を描く道具を用意しているため、観光地で何でも絵を描ける機会が与えられます。出来上がった絵は、家に持ち帰ることができます。旅行後は、お土産にレンギナン、セルミエクルプック、キャッサバピールチップスも忘れずに購入してください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

16
December

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地GUNUNG BONGKOKBONGKOK山)をご紹介します。

プルワカルタ市は、西ジャワ州の県の1つです。ブラングラン山の麓に位置するプルワカルタ市には、100万の観光の魅力があります。それらの1つは、 Bongkok山です。海抜985メートルに位置する山は、プルワカルタ市で最高の日の出スポットの1つと言われています。ハイキングやキャンプが好きな人には、この観光地がぴったりです。 Bongkok山の頂上に到達するには、それほど時間はかからず1.5時間程です。

Bongkok山には、2つの山があります。日の出を楽しみたいなら、フラットトップを登らなければなりません。フラットの上部に到着したら、すぐにこの瞬間を捉えることを忘れないでください。この山の標高は、海抜約985メートルですが、特にフラットトップの位置が急なので注意が必要です。山の側面には、峡谷が迫っています。 2つ目は、Watu Tumpangの頂上で、ジャティルフール貯水池プルワカルタの街の景色を眺めることができるBongkok山の最高峰です。頂上には、そびえ立つ大きな岩がたくさんあります。岩に覆われた表面には、Watu Tumpangのピークの風が強く当たるので注意が必要です。

Bongkok山は、チカンダンの村にあります。 Bongkok山に行くには、プルワカルタ市から二輪車または四輪車を使って1530分で行くことができます。バイクは2000ルピア、車は5000ルピアの駐車料金がかかります。チカンダン村には、登山者や観光客がキャンプに行く場所としてムンクルポストがあります。通常、キャンプをしたい人は、日の出を楽しむ前に夜を過ごすことを選択します。最寄りの水源は、ムンクルポストから約100メートルなので、キャンプをするときは、飲み水を忘れずに持って行ってください。日の出の前に、日の出の美しさを見るために平らな頂上まで約11.5時間で移動することができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

15
December

パソナインドネシアです。今日は、東ヌサトゥンガラ州の観光地GILI LAWAをご紹介します。

コモド群島からのギリ・ラワは、とても美しい風景の島の1つです。小さな無人島は、東ヌサトゥンガラ州のコモド群島に位置します。正確にはコモド島の北にあり、フローレス海に直接面しています。ギリ・ラワとしても知られているギリ・ラバには、2つの島があり、その真ん中に2つの島が並ぶ海峡のような海がある象徴的なスポットがあります。

この美しい景色を背景に写真を撮っていないと、ギリ・ラワを訪れるすべての訪問者は、不完全だと感じます。ラブハン・バジョ港からギリ・ラワの場所は、かなり遠く、往復1日で行くことができるので、1日だけ訪れると非常に残念です。確かにギリ・ラワを訪れる予定がある場合は、そこで夜を過ごすか、2泊三日の旅行パッケージを利用することをお勧めします。

ギリ・ラワは、陸のギリ・ラワと海のギリ・ラワの2つに分けられ、2つの条件は、逆になっています。陸のギリ・ラワの場所は、海のギリ・ラワとコモド島の間にあります。ギリ・ラワの風景は、乾季には、黄色になり、移行期や雨季に入ると新鮮な緑になる草原の広がりで満たされたエキゾチックな丘によって支配されています。丘の上から見るとギリ・ラワの美しさが完璧になるので、ギリ・ラワを訪れるときにしなければならない主なアクティビティは、トレッキングです。

頂上までのトレッキング時間は、それぞれのスタミナにもよりますが、30分から1時間程度です。

ハイキングコースも、多くの人がコースを通過するために砂質土の輪郭がむき出しになり始めているため、非常に疲れ、急で滑りやすいです。トレッキングをしたい人は、山用のサンダルや表面が滑りにくい特殊なトレッキング靴を使用して、登りやすくすることをお勧めします。

日の出と日の入りを愛する人にとって、ギリ・ラワは、日の出と日の入りを楽しむのに最適な場所でもあります。トレッキングだけでなく、わざわざ丘を登りたくない人は、水泳、シュノーケリング、ダイビングなどのウォーターアクティビティを試して、ギリ・ラワの美しさを楽しむことができます。ギリ・ラワはまた、その水中の美しさ、すなわち水中愛好家に催眠術をかけることができるサンゴ礁と海洋生物を提供します。

コモド島へのセーリング旅行を計画している場合は、ギリ・ラワを訪問してください。現在のパンデミック、特にオミクロンcovid-19の最新の変異株の出現の間に、インドネシアは、出発の2x24時間前にPCRの結果が陰性である、インドネシア政府が決定した場所で10日間隔離するなど、いくつかの該当する条件で国際線を開設しました。ですから、休暇が安全で快適になるように、書類を完全に準備し、引き続き健康プロトコルに従ってください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

13
December

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地CITEPUSビーチをご紹介します。

Citepusビーチは、西ジャワ州スカブミ県ペラブハン・ラトゥ地区のCitepus村にあります。 Citepusビーチの場所は、道路の端にあるため、非常に便利な場所です。。Citepusビーチは、スカブミ市内中心部から60キロです。ジャカルタからの所要時間は、陸上輸送で約78時間かかります。 Citepus海岸線の長さは、約35キロメートルです。砂浜の幅はかなり広く、表面は傾斜しています。海水は、澄んでいて大きな波があります。見事な景色に加えて、Citepusビーチは、かなり良いレベルの清潔さを持っています。海岸線にゴミが散らかったり波に沈んでたりすることはありません。

ここでは、泳いだり水遊びをしたり、柔らかい砂浜でリラックスしたり、釣りが好きな人のために、このビーチの別の場所に、魚を捕まえる特別なスポットがあるなど、たくさんのアクティビティがあります。また、見逃しては残念な夕日の美しさを見ることができます。夕日がとても美しいことにより、このビーチは、新婚旅行をしたいカップルにとっての観光地の一つです。

Citepusビーチには、様々な設備が整っています。宿泊施設、公衆トイレ、レストラン、お土産屋があります。 Citepusの宿泊施設は、ビーチ周辺にあります。食事をする場所としては、ちゃぶ台(だい)タイプの食堂やシーフードメニューのあるレストランがあります。興味深いことに、この食事場所からは、ビーチを直接眺めることができます。Citepusビーチには、礼拝室、駐車場、庭園、ジョギングコースもあります。このジョギングコースでは、Citepusビーチの美しさを楽しみながら運動したり走り回ったりすることもできます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

10
December

パソナインドネシアです。今日は、北スマトラ州の料理DALI NI HORBOをご紹介します。

チーズは、ヨーロッパで有名な乳製品の1つです。ヨーロッパで有名ですが、インドネシアにも、地元で作られたチーズ製品もあります。南スラウェシ州のエンレカンからのダンケの他に、北スマトラ州のタパヌリからのダリ・ニ・ホルボもあります。バタク語で「ダリ」は、ミルクを意味し、「ホルボ」は、水牛を意味するので、水牛のミルクを意味します。そして確かに、この食品は、水牛のミルクから作られています。水牛のミルクを処理する伝統は、バタク族の祖先によって行われてきました。ダリ・ニ・ホルボまたは他の名前バゴット・ニ・ホルボは、バタクの人々の日常のメニューになっており、家庭料理のメニューの1つです。

ダリ・ニ・ホルボを作るために、水牛のミルクは、搾乳され、保存料や化学元素を使わずに伝統的な方法で処理されます。搾乳後、ミルクは、10分間沸騰させます。次に、パイナップルジュースとパパイヤの葉を追加します。この方法は、魚臭さを減らしながらミルクを濃くするのを助けるために行われます。ミルクが沸騰すると、上に浮かんでいる泡が分離し、ミルクがゆっくりと濃くなり始めます。沸騰後、ダリ・ニ・ホルボを冷やして食べる準備ができます。

よく火(ひ)を通した後(のち)のダリ・ニ・ホルボは、豆腐のように白くてしっかりしていて、乳白色の香りが強いです。このダリまたはバゴット・ニ・ホルボは、熟成過程を経ているため、そのまま食べることができます。しかし、このバタク・チーズは、アルシク・スパイスで調理するとさらに美味しくなります。アルシクは、典型的なバタク料理の「アンダリマン」でも使われている、バタクの典型的な調味料です。いつか北スマトラを訪れるたら、トバ湖、サモシール島、タルトゥン、パラパット地域の観光地や北スマトラの伝統的な市場でダリ・ニ・ホルボを見つけることができます。価格も手頃な価格で、1個あたり5000ルピアから15000ルピアまでです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

03
December

ペソナインドネシアです。今日は、ジャワ島の飲み物WEDANG DONGO(ウェダン・ドンゴ)をご紹介します。

ウェダンは、ジャワ島の様々な地域で人気のある生姜ベースの飲み物です。ジャワ語で「ウェダン」だけでは、温かい飲み物を意味し、実際、この飲み物は通常、熱いまたは温かい飲み物として提供されます。ジャワ島自体には、様々な種類のウェダンがあります。中部ジャワ州のソロだけでも、ウェダン・ロンド、ウェダン・アスレ、ウェダン・ドンゴ、ウェダン・ジャヘ、ウェダン・カチャン(ピーナッツ)、ウェダン・セルバットなど、地元のコミュニティに知られているウェダンは少なくとも6種類あります。しかし今回は、そのうちの1つを知っていただくことをお勧めします。つまり、ウェダン・ドンゴです。

ウェダン・ドンゴには、揚げピーナッツ、コーランカリング、細かく挽いたピーナッツを詰めたもち米のボールが混ざっています。ウェダン・ドンゴの煮汁は、茶色がかった色で、生姜の味が濃いです。この飲み物は、体を温めるのに非常に適しており、寒い時期に楽しめます。このウェダン・ドンゴの1杯については、1回あたり2,500ルピアから5,000ルピアを支払うだけで済みます。

古くは、この飲み物は貴族や王室だけが楽しむことができたと言われています。さらに、元々は中国から来たものであるため、ウェダン・ドンゴは、特に旧正月の宗教行事や祈りにもよく使われます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

02
December

ペソナインドネシアです。今日は、ゴロンタロ州の観光地BUBOHUブボフブ)観光村をご紹介します。

ある日、インドネシアに戻ることができたら、ゴロンタロ州を訪れてください。メディナのベランダの国のニックネームを持つ州には、ブボフの観光村と呼ばれる宗教的な観光地があります。市内中心部から10キロ離れたこの観光村には、自然に基づいた宗教的な観光があります。場所はBatudaa Pantai地区のBongo 村です。

この観光村には、様々な観光地があります。魅力の1つは、自然寄宿学校です。そこには、イスラムの科学を勉強している学生がいます。自然寄宿学校の中には、ブボフの典型的な景色、つまりワンボヘまたはゴロンタロの典型的な小屋が並んでいます。それから、Bongoの村人が預言者ムハンマドの誕生日を記念するときに、トヨポというケーキを保管するための容器のような形をした木造の建物があります。

それだけでなく、この村は、ゴロンタロ王国の歴史を学ぶ場所でもあります。この村には、ゴロンタロ王国に関連する様々な情報源を保管しているマー・タドゥウォロがあります。ブボフ村では、正面玄関の地面にきれいに並んでいる木の化石のコレクションを見ることができます。

ブボフの観光村を訪れると、デュランガビーチ、ワリマ・エマス・ブボフモスク、カルスト自然博物館、天然木化石博物館などの他の観光名所を訪れることもできます。ワリマ・エマス・モスクを訪れたい場合は、丘の頂上に上がることができます。モスクは、2008年に建てられたばかりで、ドームは、金でメッキされています。モスクからは、トミニ湾の見事な景色を眺めることができます。

この村のもう一つの魅力は、預言者の誕生日を祝うために通常開催されるワリマパレードです。ワリマは一般的に近くのモスクで開催され、一晩中、神を崇める言葉を暗唱することから始まります。ブボフに旅行するときは、様々な料理を試すことを忘れないでください。コロンベンギケーキ、砂糖漬けケーキ、先祖のお粥、先祖のララパン、ホイールケーキがお試しいただけます。お土産には、地元の人の手工芸品を買うことができます。また、手作業で作られた伝統的なゴロンタロの布であるカラウォもあります。カラウォは、複雑な刺繡で作られており、モチーフが異なるため、芸術的価値が高いです。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

 

 

01
December

ペソナインドネシアです。今日は、バリの観光地BUKIT CAMPUHAN(カンプハン丘)をご紹介します。

この場所は、美しい自然観光地があるバリの観光名所の1つであり、緑の丘、谷、牧草地を備えています。これは、海の景色から珍しい動物のツアーまでを特徴とするバリの他の観光名所と比較すると、非常に異なります。この名前は、カンプハン丘です。このカンプハンの丘は、かつてこの丘の美しさを説明する「テピ・カンプハン」と題されたスランクと呼ばれるインドネシアのバンドの曲の1つでした。カンプハン丘は、グヌンルバ寺院エリアにあるため、非常に人気があります。この地域は、清浄で、バリのヒンズー教徒のコミュニティによって非常に神聖です。

この観光地では、この緑の自然の中で様々な活動をして、エネルギーを回復することもできます。この場所は、バリの街の喧騒から離れて休憩したい人にも最適です。カンプハン丘の緑豊かな自然の風景を楽しみながらジョギングやトレッキングをするのは、心と魂をリフレッシュしたい人に最適です。ここで有名なトレッキングルートの1つは、カンプハンリッジウォークです。このルートは、その自然の美しさと濃厚なバリの雰囲気で有名です。この丘を訪れるなら、自然の美しさをレンズに収めることは確かに最初の選択肢です。絵を描く才能がある人にとっては、もちろん、キャンバスに油絵の具を少し塗って不滅にしたいと思うでしょう。

この丘の新鮮な空気を楽しむための非常に多くのオプションがあります。そのうちの一つは、カンプハンの丘陵地帯周辺の宿泊施設で、非常に多様です。 24時間営業の無料の丘は、周囲の景色をより気軽に楽しむことができます。バリ州クタ市内中心部から1時間かけて、カンプハンの丘に到着します。この地域では依然として厳格な健康プロトコルが施行されているため、この丘に向けて出発する前に準備しておくとよいでしょう。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 10 of 53