パソナインドネシア

パソナインドネシア (922)

03
May

パソナインドネシアです。今日は、北マルク州の観光地KOLORAI島をご紹介します。

北マルクのモロタイ島が 10 の優先観光地の 1 つに含まれていることをご存知ですか? 想像してみてください、海の魅力は、そこに行く人を目が離せないものにします。 5 つの島の 1 つがコロライ島です。漁村であるコロライ島は、2021 年初めに観光・創造経済省によって観光村として発足しました。パイロット・プロジェクトであるこの村は、北マルク州モロタイ島県南モロタイ地区にあります。第二次世界大戦の遺物と美しいサンゴ礁を含むコロライ島には、隠された水中の楽園があります。目を奪われる海とドドラ島のパノラマもプラスの評価です。ここでは、マリンツーリズムの数々を体験することができます。

コロライ島観光村は、漁村として知られているだけでなく、住民の家がそれぞれ異なる色で塗られているため、カラフルな村としても知られています。この村に長く滞在したい方は、ホームステイとして使用されている住民の家の 1 つに滞在できます。施設は完全で、もちろん清潔さ、健康、安全、環境の持続可能性のコンセプトを適用しています。コロライ漁村でも毎日多くの海産物が生産されており、一部は直接食品や零細・中小企業の製品に加工されています。珍味とユニークな料理の提供は、他の地域では見られません。コロライ島スタイルの刺身、つまりゴフやマグロをスパイシーな調味料で味付けし、サゴやフライドバナナと一緒に食べることを忘れないでください。

コロライ島村の漁村は、魚介類や塩辛が好きな方へのお土産に最適です。漁師が獲った鮮魚と、独自の塩辛加工品を袋詰めして持ち帰ります。辛いものが好きなら、村の典型的なダブダブロアチリ製品もあります。食料品に加えて、これらの村の女性は、帽子、バッグ、ブレスレット、ブロブロまたはトゲのあるパンダナスから編んだ手工芸品を作ることにも熟練しています。冒険好きで新しいことに挑戦するのが好きな人にとって、コロライ島は、次の休暇の旅行先になるでしょう。素晴らしい冒険を。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

28
April

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州のKANOMAN宮殿のGREBEG SYAWALの伝統をご紹介します。

西ジャワ州のチレボンにあるカノマン宮殿では、毎年グレベグ・シャワルの伝統が行われます。カノマン宮殿のグレベグ・シャワルは、通常 Idul Fitri 祭日の 7 日後、またはシャワル 8 日後に開催されます。このイベントは、スルタン・カノマン12世、ラジャ・ムハンマド・エミルディン王子を代表する、チレボンのカノマン宮殿の知事、パティ・ラジャ・ムハンマド・コディラン王子が議長を務めます。カディラン知事によると、シャワルの伝統は、アラー(神)の贈り物に対するイスラム教徒への感謝の形です。

ジョグジャカルタのグレベグ・シャワルや、行列の代名詞であるソロとは異なり、農産物で満たされた山々をめぐって戦います。チレボンのグレベグ・シャワルは、チレボン地域の先祖代々の墓への巡礼を行うことによって行われます。このイベントは、インドネシアのさまざまな地域から来たカノマン宮殿の大家族が、祖先が埋葬されているセンブン山の頂上に登ったときに行われます。頂上にたどり着く前に、彼らは、ラワン・ピトゥまたは特定の儀式の間だけ開かれる 7 つのドアを通過する必要があります。その後、宮殿の家族は、タフリランというチレボン市の創設者であるチャクラブアナ王子またはムバ・クウ・セルボンのために一緒に祈ります。彼らはまた、チレボン市からイスラム教を広めた人物であるシェイク・シャリフ・ヒダヤトゥラーまたはスナン・グヌン・ジャティと、そこに埋葬された彼の親戚のためにも祈ります。

カノマン宮殿のグレベグ・シャワルの伝統が開催されたとき、地元住民は非常に熱心にその場所に来て、イベントを盛り上げるために参加します。特にスラク行列という王室によるコイン投げの行列です。人々は、このスラクから得たコインが祝福をもたらすと信じています。カノマン宮殿のグレベグ・シャワルの伝統は、今日でも保存されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

26
April

パソナインドネシアです。今日は、東ヌサトゥンガラ州の観光地RINCA島をご紹介します。

自然の美しさに頼るだけでなく、教育と知識に満ちた観光は、2023 年の ASEAN サミットの代表団が訪れる観光地の 1 つです。ロ・ブアヤは、東ヌサトゥンガラ州のコモド国立公園エリアのリンチャ島にあるコモドオオトカゲの生息地です。1980 年に設立されたコモド国立公園は、1991 年にユネスコの世界遺産に登録されました。コモド生物圏保護区として指定されている 173,300 ヘクタールの面積を持つこの保護地域は、コモドオオトカゲの生息地であるなど、並外れた普遍(ふへん)的価値を持ち、サバンナ丘陵の魅力的な景観、独特の海洋生物相、比類のない水生生態系であり、地元の人々がコモド国立公園地域のコモドオオトカゲと一緒に平和に暮らす豊富な社会文化的価値を持っています。

保全価値と自然の美しさは、訪問者にとって魅力的な自然の観光名所であり、その 1 つがリンチャ島のロ・ブアヤ・リゾートです。この島への訪問者のための施設とインフラも非常にサポートされています。意図的に開発されていない島の性質と人通りが少ないため、リンチャ島は、エキゾチックなコモドオオトカゲを垣間見たい人に最適な場所です。訪問者は、キマ島の桟橋で下車し、コモドオオトカゲが見られるロ・ブアヤ・キャンプに向かいます。島を横断すると、コモドオオトカゲが獲物(か)草地と点在するいくつかの水場に道を密林が見えます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

20
April

パソナインドネシアです。今日は、ランプン州の料理SEKUBALをご紹介します。

ラマダン月には、Sekubal 料理はランプン市のさまざまな場所で簡単に見つけることができます。もち米、ココナッツミルク、塩から作られたこの食べ物は、ラマダン月と Idul Fitri祭日の間、ランプンの人々の伝統でした。一見、この料理は、西スマトラの典型的な葉で包まれたロントンやレマンに似ています。しかし、どちらも作り方や調理法が異なります。

セクバルを調理するには、ココナッツミルクの調理からセクバルを蒸すまで、提供する準備が整うまで最大数時間かかります。作り方は、ココナッツミルクは沸騰するまで調理します。その後もち米を入れます。調理後、バナナの葉で包んで蒸します。蒸した後、セクバルは食べられます。ユニークなことに、セクバルは、おかずとしても、甘くておいしい料理として食べることができます。

甘いのが好きな人は通常、タパイもち米をデザートとしてセクバルを食べます。香ばしい食べ物が好きな人は、ルンダン、チキンカレー、カレーなどのおかずと一緒にセクバルを食べるのが一般的です。ラマダンの間、ランプンの多くの商人がこの料理を販売しています。セクバル 1 箱は、12,500 ルピアで販売されており、8 個のセクバルが入っています。セクバル料理は、 2 日間持ちます。冷蔵庫に入れれば、6日ほど日持ちします。

これで、ワルナワルニを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

19
April

パソナインドネシアです。今日は、南スラウェシ州の観光地RAMMANG RAMMANG(ラマン・ラマン)観光村をご紹介します。

南スラウェシ州には、海上の楽園と美食の楽園として知られているだけでなく、訪れるのに十分な興味深い別の面もあります。それらの 1 つは、マロス県にあるラマン・ラマン観光村です。この観光村は、マカッサルのスルタン・ハサヌディン国際空港からわずか 32 キロ、車で約 1 時間の距離にあります。ラマン・ラマン自体は、世界で 2 番目に大きく、最も美しいカルスト山脈と言われ、ユネスコ世界ジオパークリストに含まれることが提案されているカルストまたは石灰岩の山々の素晴らしい景色で有名です。

ラマン・ラマン観光村の主な魅力は、もちろん、そびえ立つ石灰岩のカルスト丘陵の美しい景色にあります。他の地域とは異なり、この地域のカルスト丘陵はビーチではなく、川と田んぼに囲まれています。したがって、雄大な石灰岩の山々とは別に、川と田んぼの美しく心地よい景色も楽しめます。特に午前中や雨上がりの場合は、霧に包まれ、ドラマチックな景色が広がります。

そのため、この村は地元の言葉で霧または雲を意味するラマン・ラマンと呼ばれています。よりエキサイティングな体験をするには、マングローブ、ニパヤシ、そしてもちろん左右にそびえ立つカルスト群の景色を眺めながら、プテ川をボートで下る感覚を試してみてください。この旅は、ラマン・ラマン観光村の第2桟橋からベルア村まで出発することができ、船代は 6 8 人の乗客で約 250,000 ルピアです。

ラマン・ラマン観光村で見逃せない旅程の 1 つは、石の森のインスタ映えスポットでインスタ映えする写真を探すことです。ほぼ全域が洞窟のような中空の岩壁に覆われていることから、石の森と呼ばれています。カメラショットでその美しさを捉えることを忘れないでください。ラマン・ラマン観光村はまた、豊かな文化を保存しています。そのうちの 1 つは、パドゥッパと呼ばれる伝統的なブギス・マカッサルダンスパフォーマンスで見ることができます。このダンスは通常、ボサラというブギス族独自のプレートでケーキを提供することにより、ゲストを歓迎する際に披露します。パドゥッパダンス自体は、マカッサルの伝統的な衣装、つまりボド衣装を着た女性によって演じられます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

14
April

パソナインドネシアです。今日は、西スマトラ州のAL HAKIMモスクをご紹介します。

今月のラマダンには、西スマトラ州のパダンへの宗教ツアーにご招待します。そこで、タージ・マハルに似た非常にユニークなモスクがあり、その名前は、アル・ハキム・モスクです。場所は、パダン市のビーチにあるナンガロ地区のオロ村にあります。このモスクは、お祈りをしたい人やモスクの美しさを楽しみに訪れる人など、連日多くの人で賑わっています。アル・ハキム・モスクを訪れる人は、あらゆる角度からビーチの景色を楽しむことができます。

パダンのアル・ハキム・モスクの建築は、インドのタージマハルに触発されています。白いモスクの建物には、 5 つのドームと 4 つのミナレットがあります。パダンのアル・ハキム・モスクの白い色は、モスクのさまざまなコーナーにある黄金色の装飾と組み合わされて、その壮大さを増しています。一方、モスクのドームと窓には、カリグラフィーの装飾が施されています。パダンのアル・ハキム・モスクの魅力と独自性は、パダンビーチの端にあることです。タージマハルスタイルの壮大な建築物とビーチのパノラマビューの組み合わせにより、パダンのアル・ハキム・モスクは、ミナンランドで最も美しいモスクの 1 つになっています。

2000 年に開設されたモスクの位置も非常に戦略的です。このモスクは、ミナンカバウ国際空港から地上交通機関を利用して 30 分で行くことができます。アル・ハキム・モスクは、戦略的な場所にあるだけでなく、他の象徴的な観光スポット、アディチャワルマン博物館にも近接しています。この博物館は、西スマトラ州の文化博物館です。また、パダンの旧市街、シティ・ヌルバヤ橋、パダン山などの目的地にも近接しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

12
April

パソナインドネシアです。今日は、西ヌサトゥンガラ州のSARIMUKEケーキをご紹介します。

インドネシアの各地域には、断食明け(イフタール)のための独自のメニューがあります。ロンボク島、西ヌサトゥンガラ州の人々は通常、/断食明けのメニューとしてサリムケケーキを探します。ロンボク島の人々は、甘くておいしいので、断食明けのメニューとしてこのケーキを好んでいます。ラマダン断食月の間、サリムケを見つけるのは難しくありません。多くの商人がロンボクの街の隅々、特にアンペナン旧市街の ACC マーケット料理センターでこのケーキを販売しています。

サリムケケーキは、下のトッピングがもち米、上のトッピングが黒糖の2つのトッピングで構成されています。このケーキは、良質の白いもち米でできています。もち米を水に浸し、調理して少量の塩を加えます。十分に火が通ったら、もち米にココナッツミルクを少し混ぜ、その後、もち米がくっつかないように油を塗ったグラタン皿に詰めます。グラタン皿で固めたもち米は、 20分蒸します。次に、黒糖の甘いトッピング生地を準備します。ブラウンシュガー、ココナッツミルク、少量の小麦粉、溶き卵を、とろみがつくまで煮てから、バニラと少量の塩を加えます。ろ過された液体は、蒸されているグラタン皿のもち米の混合物に注がれます。

サリムケケーキは、甘い味わいと柔らかな食感で断食明けに適しています。このケーキは、温かいお茶と一緒に食べると美味しいです。美味しさだけでなく、サリムケの値段はかなり安いです。1食分でサリムケ5個入りは、5,000ルピアです。商人は通常、サリムケを 2 種類のサイズで販売し、大きいサイズは 225,000 ルピアで、小さいサイズは 150,000 ルピアで、購入者は通常、2 x 3 センチメートルの平行四辺形にカットされたものを選びます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

07
April

パソナインドネシアです。今日は、ベンクル州のAL IKHLASモスクをご紹介します。

今回の宗教観光は、ベンクル州にあるモスクの一つを紹介します。その名前は、ベンクル州で最も古いモスクであるアル・イクラスモスクです。このモスクは、1800 年に西スマトラ出身の H. Mansyur 氏によって建設されました。アル・イクラス・モスクは、最古のモスクであるため、ベンクル政府によって文化遺産に指定されています。このモスクは、中部ブンクル県のパダン・ベトゥア村にあります。アル・イクラス・モスクが 1800 年に設立されて以来、ブンクルは何度か地震に見舞われましたが、このモスクはわずかな被害も受けていません。

なぜなら、モスクの建物が非常にユニークだからです。木造のモスクを支える柱は、途切れることなく、互いにつながっています。釘の使用はせず、木製のペグを使用しています。さらに、モスクの壁は、セメントで作られていますが、壁の内側は、レンガではなく竹で埋められています。竹は最初、分割され、バラバラに砕かれます。竹ひごを並べた後、セメントで覆います。これが、モスクが常に強く、地震に負けない秘密です。

地元の村のイマームの話によると、このモスクはスンガイ・リマウ王国の遺物です。当初、モスクの壁は木製で、屋根は乾いた葦でできていました。時間とともに、村の共同体は多くの支持柱を追加し、床を提供し始めましたが、屋根は茅葺きの葉で置き換えられました。 1985 年頃、地元の村人たちは、新しいモスクの建設に同意しました。この古いモスクは、パダン・ベトゥア村のすべての住民、特にイドの祈りや休日に対応できなくなったためです。

アル・イクラス・モスクは、もともとイスラム教の普及の中心地であり、侵略者を追放する人々の集いの場として使用されていました。その後、徐々に信仰の場として使われるようになりました。現在、ブンクルで最も古いモスクは、約 6 x 6 メートルと小さいため、村人はもはや祈りに使用していません。したがって、村人は、より大きなモスクを建設しました。一方、古いモスクは、今でも子供たちがコーランを勉強するために使用しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

06
April

パソナインドネシアです。今日は、マルク州の料理NASI JAHAをご紹介します。

マルク州のテルナテの人々は通常、ジャハライスで断食明けをします。このメニューは、もち米にココナッツミルクを混ぜて作り、それを竹の中に入れて焼きます。この料理は、別の名前で他の地域で見つけることができます。西スマトラのレマン、マカッサルではイヌユと呼ばれています。テルナテ島では、魚のグリルやフライと一緒に食べるとおいしいので、ジャハライスは、家族に人気の断食明けメニューです。

通常、テルナテ島の人々は、ジャハライスをおかずや温かいお茶と一緒に食べます。重い食べ物に分類されるこの食べ物は、断食明けに甘いタクジルを食べた後の2番目の食べ物として推奨されています。ジャハライスは、美味しさとは別に、断食後の子供たちにも非常に人気があるため、選ばれています。

テルナテのラマダンの月にジャハライスを見つけるのは難しくありません。テルナテ市のほぼすべての場所で、ジャハライスを販売する商人を見つけることができます。シャハライスは通常、竹の小片または竹の節ごとに販売されます。 1本で売ると小サイズが2千ルピア、竹の節1本で5万ルピアです。ジャハライスは、通常、テルナテの伝統的な市場で見つけることができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

05
April

パソナインドネシアです。今日は、ジャカルタ特別州のAL ALAM SI PITUNG モスクをご紹介します。

・ピトゥンモスクとして知られているアル・アラムモスクは、北ジャカルタのチリンチン都市村のマルンダ・プラウの端にあります。ジャカルタ百科事典の本では、このモスクで、シ・ピトゥンは子供の頃に遊んで、宗教を学び、護身術を学び、オパスとコンペニから隠れていたと述べられています。しかし、別の話では、このモスクは、ジャカルタのラワ・ビロング出身の英雄である・ピトゥンが植民地軍の追跡から逃れた場所になっています。

しかし、間違いなく、このモスクを建てたのは、・ピトゥンや彼の家族ではありません。この建築は、デマク・モスク・モデルを彷彿とさせますが、小規模です。ジョグロ形の屋根は、チェスの脚のような 4 つの丸い「クンテット」柱で支えられています。体の大きさに合わせたミフラーブが壁に突き出ており、説教壇の右側にあります。他の古いモスクとは異なり、このモスクのユニークな点は、内部の床から 2 メートルの高さの天井があることです。

このモスクの創設者が誰であったかは定かではありません。データの欠如は、モスク周辺の人々の無知と同じです。モスクのあるシ・ピトゥンの家の近くに住むコミュニティの指導者でさえ、確かなことは知りません。モスクの管理者の 1 人であるアティット氏によると、周囲の人々は、このモスクを神秘的なモスクと名付けました。代々受け継がれてきた物語によると、このモスクの建設過程は、わずか一昼夜で建てられたと言われています。

一方、1980 年のジャカルタ特別州の骨董品局の調査に基づいて、このモスクは、 1527 6 22 日に建設されたと推定されています。この日付は、ジャカルタの記念日であると考えられています。歴史によると、その時、ファタヒラはデマクチレボンから来た軍隊と一緒に、スンダ・ケラパからポルトガル人を追放するためにやって来たまたといことです。彼は、崇拝の場所としてだけでなく、軍隊の集中としてモスクを建設しました。その後、ファタヒラ氏と彼の軍隊は、スンダ・ケラパを占領し、ジャヤカルタを設立することに成功しました。このモスクの建築には、ジャワ、ヨーロッパ、中国、ベタウィの4 つの文化的要素が含まれています

このモスクは、当時マルンダが都市であり、経済の中心地でもあったため、意図的に混合様式で壮大に建てられました。オランダ領東インドの時代、このモスクは戦士と拠点を生む宣教の中心地となりました。1884 年、スンダ海峡のクラカタウ山が噴火し、ジャワ島西部の北海岸からスンダケラパとマルンダまで津波が押し寄せました。しかし、周辺地域は波によって破壊されたにもかかわらず、アル・アラム・モスクは、破壊を免れたと考えられています。世代から世代へと受け継がれてきた話によると、津波は、アル・アラム・モスクに到達した時点で分裂したため、建物に損傷を与えることはありませんでした。

面白いですね!

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 10 of 66