パソナインドネシア

パソナインドネシア (922)

09
November

パソナインドネシアです。東南スラウェシ州のBALUMPAダンスをご紹介します。

今回は、東南スラウェシ州ワカトビ地方の踊りのひとつ、バルンパ・ダンスをご紹介します。バルンパ・ダンスは、女性ダンサーのグループによって楽しい音楽に合わせて踊られます。この踊りは、賓客を迎えるために行われる社交ダンスです。バルンパ・ダンスは、お客様をお迎えするダンスとしてだけでなく、芸能イベントや文化祭などでも披露されます。バルンパ・ダンスは、6人の女性ダンサーが踊ります。ダンスの動きは、足と腰の踏み鳴らしと手の振りで決まります。お客様をお迎えする踊りですから、ダンサーの表情も幸せそうに見えなければなりません。バルンパのダンスの動きは、ポタベア、ポリウギ、ポリロリ、カウクルノ・シクの 4 種類で構成されています。ポタベアの動きでは、ダンサーが線のパターンを形成し、敬礼でダンスを開始します。ポリウギの動きでは、脚と腰を踏み鳴らし、続いてペアでスカーフを振ることによって形成されます。

ポリロリの動きは、ダンサーが背中と平行になり、スカーフを持ちながら右手を上に振り、左手を逆に下に振りながら動きます。次に、カウクルノ・シクの動きは、ポリウギのような動きで、両肘を胸の高さまで上げてから体を左に傾ける動きです。バルンパ・ダンスパフォーマンスには、通常、伝統的なガンバス音楽とボーカルの伴奏が伴います。この踊りに合わせて歌われる歌は、通常、喜びと歓迎をテーマにした地方の歌です。バルンパのダンサーは、地元の伝統衣装であるコンボの衣装を着ています。ボトムスには、ストライプのスカートやスカーフをアクセサリーとして取り入れています。ダンサーの美しさをさらに高めるために、東南スラウェシ州の特有の額カバー、ネックレス、イヤリング、ブレスレットが追加されます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

08
November

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地BAROS観光村をご紹介します。

西ジャワ州は、美しい自然のパノラマとスンダの民族的背景を持つ文化で有名です。西ジャワ州には多くの観光地があります。そのうちの 1 つは、最近観光・創造経済省から賞を受賞したバロス観光村です。西ジャワ州バンドン県のアルジャサリ地区にあるバロス村は、観光・創造経済省のインドネシア観光村賞チームによってインドネシアの最高の観光村751つに指定されました。評価チームによると、バロス村には最も重要な主な強み、つまり人材、創造性、考え方、そしてあらゆる関係者との努力と協力があると述べています。バロス観光村には、今も清らかな水が続くチタルグトゥグ川の流れ、美しい田んぼ、そして興味深い文化やグルメなど、自然美の可能性が秘められています。のどかな田舎の雰囲気を感じながら、自然の美しさやさまざまな文化的魅力を満喫してください。それだけでなく、さまざまな文化的名所や伝統的なアクティビティも、バロス観光村への訪問をさらに思い出深いものにします。バロス観光村は、バンドン県の県都からそれほど遠くない場所、またはソレアン市から約 16 キロのところにあります。戦略的な位置にあるため、さまざまな地域からの観光客が簡単にアクセスできます。バロス観光村のすべての美しさと魅力を楽しむには、25,000ルピアの入場券を購入するだけで、スンダの田園地帯の自然な雰囲気と美しさを楽しむことができます。この手頃なチケット価格で、すべてのグループがこの村の美しさを楽しむことができます。この村は、西インドネシア時間の午前8から午後4まで訪問者に公開されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

03
November

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地カリグア茶園農業観光をご紹介します。

中部ジャワ州のブレベスに旅行するなら、パンダンサリ村にあるカリグア茶園農業観光を訪れる必要があります。カリグア茶園は、 1832 年に設立されたオランダ植民地時代の遺産であるため、この観光名所は伝説的とみなされています。ブレベスの市内中心部から約 75 キロメートルに位置するカリグア茶園農業観光は、中部ジャワ州の第9 ヌサンタラ農園社によって管理されています。ここの魅力は、海抜 1,500 2,050 メートルに広がる 620 ヘクタールの茶畑です。1人あたり20,000ルピアのチケットを支払うと、カリグア茶園農業観光でさまざまなアクティビティを楽しんだりすることができます。訪問者は、美しい景色と新鮮な空気を楽しみながら、620ヘクタールの茶畑を散策できます。

カリグア茶園農業観光の人気スポットの 1 つは、サクブピークです。サクブピークは、カリグア茶園農業観光地域の最高地点で、標高 2,050 メートルです。この場所からは、朝にはスラメット山とサーマイ山のパノラマの景色を眺めることができます。茶畑が広がる中には、1942年頃に日本統治時代に作られた深さ800メートルの人工洞窟「日本洞窟」もあります。この洞窟は、日本の食糧の保管場所や戦略を立てる場所として使われていました。日本の洞窟を探索する場合は、崖に続く入り口がいくつかあるため、ガイドが同行します。カリグア茶園農業観光では、トゥク・ベニンの新鮮な水をお楽しみください。トゥク・ベニンは、とても新鮮で透明な天然温泉です。この透明なトゥク・ベニンの水には、皮膚病を治し、若さを保つなど、さまざまな効果があると考えられています。

また、カリグア茶園には神聖な木の橋もあります。インスタ映えする景色が楽しめるため、観光客に人気の写真スポットのひとつです。木の橋には、いくつかの分岐があり、茶畑エリアを巡ることができます。木の橋の間には、茶園巡りの休憩所としてあずまやが多数設置されています。茶園にいるのに、教育観光活動、つまり製茶工場でお茶を作るプロセスを見逃すのは残念です。数百年前にも関わらず、この製茶工場は、今も現役で稼働しています。実際、同社の茶製品は、オランダ、中国、オーストラリアへの輸出市場に浸透することに成功しています。工場で製茶工程を見学するには、1 人あたり 10,000 ルピアのチケットを別途購入する必要があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

02
November

パソナインドネシアです。今日は、西ヌサトゥンガラ州の観光地MOYO島をご紹介します。

西ヌサトゥンガラ州には、自然の名所、伝統的な村、島々が多くを占め、訪れるべき興味深い美しい目的地が数多くあります。西ヌサトゥンガラ州の自然観光地の 1 つであり、世界のセレブの隠れた休暇の場所としてよく名前が挙がるモヨ島です。モヨ島で休暇を過ごした世界の有名人には、ダイアナ妃、ミック・ジャガー、デヴィッド・ボウイ、デヴィッド・ベッカムなどがいます。モヨ島は、他に類を見ない美しい自然があり、とても魅力的です。この島には、マタ・ジトゥ滝、センガロ滝、タンジュン・パシルビーチなどの主要な観光地がいくつかあります。「女王の滝」の愛称で有名なモヨ島のマタ・ジトゥ滝には興味深い話があります。この言及は、ダイアナ妃がこの観光地を訪れたことから浮上しました。この滝は、滝の水面を飾る多くの鍾乳石石筍が特徴です。実際、モヨ島は西ヌサトゥンガラ州のスンバワ島の北に位置しています。行政上、モヨ島はスンバワ県ラブハン・バダス地区のラブアン・アジ村とセボトク村に位置しています。モヨ島の面積は 350 平方キロメートルで、この島は、白い砂浜と穏やかな海を望む広大な海に面しています。モヨ島は、上流階級のための特別な目的地です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

01
November

パソナインドネシアです。今日は、リアウ州の観光地KOTO MESJID観光村をご紹介します。

リアウ州には、リアウを訪れたら必ず訪れたいコト・マスジッド観光村があります。カンパー県にあるこの観光村は、ほぼすべての家に少なくとも 1 つのパティンの魚(ナマズ)が生息する池があるため、パティン村としても知られています。住民は1カ月に390400トンのパティンの魚を収穫できます。パティンの魚は、パティンの皮クルプック、パティンの魚でんぶ、パティンのミートボール、パティンの焼売、パティンのナゲット、パティンのオタオタ、パティンの団子、パティンの塩漬け魚、パティンのバタゴール、パティンのダウェットアイスなど、さまざまな料理製品に加工されます。コト・マスジッド観光村に入ると、パティンの魚の燻製の香ばしい香りと、目を洗ってくれる美しい自然の景色が迎えてくれます。パティンの魚の養殖の中心地なので、コト・マスジッドに行くと、パティンの魚の養殖方法やパティンの魚のさまざまな料理の加工方法を学ぶことができます。また、創造的な家庭リサイクルプログラムに参加することもできます。このプログラムでは、使用可能な廃棄物またはパラロン(塩化ビニル)廃棄物を使用して、ポット、ティッシュホルダー、ガラストレイ、壁掛け、籐スティックプレート、およびファッション製品を作成します。コト・マスジッド観光村では、カンパール川、ガガク川、アマン谷、タラウ・プサコなど、数多くの自然観光スポットを訪れることができます。一方、人工的なものの観光としては、1991年に水力発電所として使われていた人造湖に行くことができます。現在では、その自然のパノラマがパプア州のラジャ・アンパット観光地に似ていることから、リアウのラジャ・リマと呼ばれる観光地として利用されています。宿泊したい方のために、コミュニティハウスをコンセプトとした18軒のホームステイ先があり、村民の生活を体験することができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

26
October

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の料理LEGOMOROをご紹介します。

中部ジャワ州のコタゲデは、歴史遺産だけでなく、哲学に満ちたさまざまなグルメも楽しめる街です。その1つがレゴモロです。レゴモロは、「レゴ」と「モロ」という言葉から来ています。レゴはジャワ語で「救済」を意味し、モロは「来る」を意味します。レゴモロを組み合わせると、心の安らぎが到来すると解釈できます。このレゴモロは、新郎が新婦に贈る必須の贈り物の1つであると言われています。これは、新郎が新婦にプロポーズするのは、安心と誠実さを持日の期間中、レゴモロは、特にスンケマンという握手をして互いに許し合った後、家を訪れるすべての人が安心するという希望として象徴されています。現在、レゴモロは重要な瞬間にだけ存在しているわけではなく、自由に販売されています。そのうちの 1 つは、コタゲデのレギ市場で見つけることができ、1個あたりわずか 3,000 3,500 ルピアで販売されています。 1つの房には、通常34個のレゴモロが含まれており、価格は1房あたり12,000ルピアです。レゴモロはもち米に鶏肉の詰め物を入れ、バナナの葉で包みます。そして、バナナの葉で細長い三角形の形に包まれています。それをテュテュスと呼ばれる数本の竹縄で縛ります。一般的にレゴモロは23本のテュテュスと結ばれます。おいしいレゴモロ自体の鍵は、鶏肉、ココナッツミルク、もち米など、高品質な食材を選ぶことです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

25
October

パソナインドネシアです。今日は、ジャカルタ特別州のSUMPAH PEMUDA(青少年の誓約)博物館をご紹介します。

青少年の誓約博物館を設立するというアイデアは、第 2 回青少年会議の参加者から出されました。インドネシア国家にとっての青少年の誓約の意味は、非常に重要です。なぜなら、シンプルな国歌「インドネシア・ラヤ」が初めて演奏されたのは、第2回青少年会議だったからです。また、1つの祖国、1つの国、1つのインドネシア語という共同の誓約も、地域と島の代表の若者たちによって始められました。若者会議の関係者らによると、青少年の誓約博物館設立の目的は、第28世代が開拓した団結の価値観を若い世代に継承するためだということです。このため、1968 10 15 日、ソエナリオ教授は、ジャカルタ特別州知事アリ・サディキン氏に書簡を送り、106クラマットビルに含まれる歴史的価値が保存されるよう、同ビルに対する注意と指導を求めました。106クラマットビルは、最終的に青少年の誓約ビルという名前の博物館になりました。オープニングの式典は、1973520日にジアリ・サディキン州知事によって執り行われました。

ジョン・ジャワのメンバーと他の学生たちは、この建物をランゲン・シスウォと呼んでいます。 1926 9 月、この建物で最初の青少年会議が開催された後、インドネシア学生協会PPPIが設立されました。さらに、106クラマットビルは、若者が集まって議論する場所でもあり、ブン・カルノ大統領などの有力者も頻繁に招かれました。頻繁な学生会議と議論の集大成として、第 2 回青少年会議が誕生し、1928 10 28 日に青少年の誓約が誕生しました。青少年誓約博物館には、訪問者に青少年の誓約の瞬間を思い出させる歴史的な品物が展示されています。それとは別に、青少年誓約博物館でW.R. ソエプラトマン氏、モハマド・タブラニ氏、ムハマド・ヤミン氏などの青少年誓約の人物の銅像も見ることができます。また、第2回青少年会議の雰囲気を再現したジオラマも展示されています。歴史的な装飾品はすべて今日でも良好に保存されています。現在、青少年誓約博物館は、非常に安価な入場券のほかに、子供たちの歴史教育の媒体としても使用できます。博物館は毎日開館しており、西インドネシア時間で午前 8 時から午後4 時まで入場できます。青少年誓約博物館は、インドネシア文化教育省によって管理されています。毎年1028日の青少年の誓約の記念日を迎え、オランダ植民地時代のインドネシアの青少年の苦闘と犠牲を思い出すために、歴史を改めて学ぶのは悪いことではありません。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

20
October

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州のANGGUKダンスをご紹介します。

1015日、ジョグジャカルタ特別州のクロンプロゴ県のウェイツ広場で、オーケストラと歌手の伴奏で数千人が踊りました。女性たちは、クロンプロゴ特有のアングクを踊っています。彼らのほとんどは、縞模様の素材で作られた新しいケバヤと、ミニマルなウランのJarit Sapit Urangを履いていました。クロンプロゴのアングク芸術は、 1900 年頃に出現したと考えられています。この芸術は、オランダの兵士や将校のためのダンスパーティーから始まりました。彼らは、中部ジャワ州のプルウォレホ県を占領しながら踊り、歌いました。時間とともに、アングクダンスは、稲刈りの後に神への感謝の気持ちを表すために踊りました。若者たちは、感謝の気持ちを表現するために、韻やアドバイスを含む宗教的な聖歌を伴った歌を歌い、ジャワの曲のスタイルを使って表現して喜びます。すべての動作が常にうなずくことを伴うことから「アングク」と呼ばれていますが、それとは別に、一連の動作モチーフを実行する前に、敬意を持って(うなずいてお辞儀をする)始まることもあり、ここから、アングクダンスが誕生しました。当初、アングクダンスは、男性によって踊られていました。時間とともに、このダンスは女性によって踊られるようになりました。基本的に、アングクダンスは、ジェジェランダンス(オンビョカン)とカップルダンスの2種類の踊りに分けられます。ジェジェランダンスは、ダンサー全員で踊ります。ジェジェランダンスは、オープニングジェジェラン、ンダディジェジェラン、西山ジェジェラン、布取りジェジェランで構成されています。一方、カップルダンスは、通常は 2 人または 2 人のダンサー(しかし、3 人または 4 人のダンサーの場合もあります) のペアのダンサーによって演じられます。パフォーマンスごとのアングクダンサーの標準人数はありませんが、平均的には 16 人のダンサーに加えて、パフォーマンス中に儀式を実行し、ニュウク(トランス状態またはンダディアングクダンサーに意識をもたらす)を担当する長老 1 人、2人のボウォ(開発者)、13人のウィヤガ(音楽の演奏者)が使用されます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

19
October

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の料理SATE JEBREDをご紹介します。

サテは、肉を小さく切って竹串に刺して作る料理で、インドネシアではとてもポピュラーです。主な食材の違いにより、さまざまな料理の種類があります。一般に、サテーは鶏肉、ヤギ、牛肉を醤油またはピーナッツソースで味付けして作られます。ガルット、タシク、スメダン、バンジャラン、パンガンダラン、シアミスなどの西ジャワ州を訪れると、水牛の皮で作られた独特の種類のサテを見つけることができます。その料理の名前はサテ・ジェブレドです。

サテ・ジェブレドは、牛や水牛の皮を煮たり、揚げたり、グリルしたりして作られます。次に、加工された牛または水牛の皮にセルンデン調味料またはピーナッツソースが塗られます。この牛革の食感は、噛むと硬いため、この料理はジェブレッドと名付けられました。スンダ語でジェブレドとは、引き返すを意味します。サテ・ジェブレッド自体は、ココナッツ・セルンデンとさまざまなスパイスの組み合わせで、塩味があり、甘くておいしい味です。通常、サテ・ジェブレドは、伝統的な市場でよく売られています。サテ・ジェブレドは、そのまま食べても美味しいですが、ご飯のお供としても美味しいです。さらにセルンデンを加えると白いご飯がさらに美味しくなります。サテ・ジェブレドは、 1 パックあたり 5,000 10,000ルピアの価格で販売されています。1パックは、ジェブレド串が510本入っています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

18
October

パソナインドネシアです。今日は、北スマトラ州の観光地TANGKAHAN ECO PARKをご紹介します。

スマトラ島には、国立公園区域だけでなく、自然観光の可能性もたくさんあります。有名な国立公園の 1 つは、北スマトラ州にあるタンカハンです。タンカハンは「隠された楽園」としても知られ、地元および外国人観光客の間で非常に人気があります。タンカハン・エコ・パーク自体は、約 17,000 ヘクタールの面積を持つ荒野の真ん中に位置し、観光客が直接楽しめる自然の恵みをすべて備えた保護対応ユニットによって管理されています。タンカハン・エコ・パークの鬱蒼とした森は、確かに多種多様な植物の生息地です。ここでは、これまで見たことのないさまざまな植物を見ることができます。タンカハンが地元や海外からの観光客に人気の目的地となっている魅力の 1 つは、森を探索しながら象の水浴びや象に乗れる機会があることです。タンカハンの象自体は、午前 7 時と午後 5 時に水浴びをします。もちろん、観光客はこの瞬間を心待ちにしています。なぜなら、象が入浴すると、頭を下げて横になり、体をきれいにしてもらう準備をするからです。タンカハン・エコ・パークでの自然観光に疲れた後は、ここの滝でくつろぐことができます。タンカハン滝に行くには、いくつかの小さな川を通過し、最終的に木陰に囲まれた高さ 3 メートルの滝に到着します。タンカハンはまさにグヌン・ルセル国立公園エリア内にあります。地理的には、ランカット県のナモシアランとセイセルダンという 2 つの村の間にあります。タンカハンでは、象の水浴びのほかに、1973 年にブキラワンでWWF とフランクフルト動物協会によって最初に実施された、絶滅危惧種のスマトラ・オランウータンのリハビリテーションセンターを訪れることができます。タンカハンへのアクセスは難しくありません。スマトラ島外からお越しの場合は、クアラナム空港に到着したら、ダムリバスを利用してピナン・バリスターミナルまで行き、そこからタンカハンまで行くことができます。移動時間は約45時間です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 5 of 66