パソナインドネシア

パソナインドネシア (736)

04
August

パソナインドネシアです。今日は、バニュワンギ県の料理KUE KUCUR(クチュルケーキ)をご紹介します。

726日、クチュル・フェスティバルというタイトルのイベントが、バニュワンギ県のブランバンガン公園で開催されました。このお祭りは、バニュワンギ県の代表的な軽食である様々なクチュルケーキを紹介するために開催されました。祭りでは、参加者は、見た目も味も魅力的なKucurケーキを提供することを競いました。バニュワンギ県知事 Ipuk Fiestiandani 氏によると、クチュル・フェスティバルは、人々の作品を見るために開催されたということです。クチュルケーキは、この伝統的なケーキの競争力と経済的価値を高めるために、異なるユニークなコンセプトで作れることがわかりました。

クチュルケーキまたはチュチュルケーキとして知られる他の地域では、揚げた米粉とパームシュガーから作られます。クチュルケーキは、真ん中が山のように膨らみ、端が薄分厚くなりがちな形ですが、黒糖を使用しているため、甘みがあり色は茶色です。すべての住民は、これらの伝統的なスナックを知っており、愛しています。クチュルケーキは、お祝いの際に出されることが多く、バニュワンギの様々な料理店で簡単に見つけることができます。

今回のクチュル・フェスティバルで、バニュワンギの住民が作ったこのクチュルケーキは、多様に見えます。紅白クチュル、パンダンワンギクチュル、イカ墨(イカからの染料のクチュル)、レインボークチュルと呼ばれるカラフルなクチュルなどがあります。また、赤いベルベットから作られたクチュル、パンダンからのグリーン、エスプレッソ、コーヒーとシナモンの味のクチュルもあります.。使用されるすべての染料は天然成分に由来し、無害です。この伝統的なケーキは、1 個あたり約 2,000 5,000 ルピアの比較的手頃な価格で、バニュワンギ県で簡単に見つけることができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

28
July

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州マラン市の LARUNG SESAJI LABUH KALIの儀式をご紹介します。

727日の国家川の日を記念して、マラン市の7つのテーマ別村、ディノヨセラミック村、ペナングンガン陶器村、クロジェン白い村、アレマ青い村でブランタス川・フェスティバルが開催されます。これらの村は、ブランタス川が交差しているために選ばれました。ブランタス川・フェスティバルは、2022724日から27日まで開催されます。ブランタス川・フェスティバルは、川の状態に注意を払い、環境に配慮する運動として国民の意識を再構築することが期待されています。

ブランタス川の活動の1つは、Larung Sesaji Labuh kaliの儀式です。ディノヨセラミック村では、Larung Sesaji Labuh kaliの儀式が伝統として行われ、地域社会が常に安全であるように祈っています。また、この儀式は、魚を投げることによる感謝の気持ちの表れとしても行われます。儀式が行われたとき、人々は、川の端に集まっていました。それから、何十人もの女性ダンサーが魚で満たされた陶器で作られた容器を持って川に下りました。彼らは、ガムランのリズムを伴ってLarung Sesaji Labuh Kaliの儀式を行います。

昨日のLarung Sesaji Labuh Kaliの儀式では、ウェイダー魚、コイ魚、コテス魚など、合計300匹の固有の魚が川に投げ込まれたり放流されたりしました。魚を投げるだけでなく、ポロペンデムという真ん中に黒糖が入ったお粥、ウンバランペ、ナシトゥンペン、ジェナンセンコロなど、さまざまな種類の供物が用意されています。その後、儀式のイベントに持ち込まれ、食べ物は、一緒に食べられます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

22
July

パソナインドネシアです。今日は、南カリマンタン州の料理 IWAK PAKASAM(イワク・パカサム)をご紹介します。

南カリマンタン州に旅行するときは、バシリドーム観光村とバトゥ・ハプ洞窟を訪れる必要があります。料理の観光のために、南カリマンタン州には、ジュフ・アンビット・サウィット、ケトゥパット・カンダンガン、イワク・パカサム、ドト・バンジャル、カリマンタンの典型的なビンカなど、さまざまな典型的な料理があります。今回は、川魚を使った伝統的な加工食品であるイワクパカサムの名物をご紹介します。

イワク・パカサム、またはイワク・サムとも呼ばれるこの料理は、実際には、バンジャルの人々によって作られた魚の保存技術であり、長期間消費することができます。イワク・パカサム自体の作り方は、とても簡単で、きれいに洗った川魚に塩をまんべんなくふりかけます。しばらくすると、魚の肉は再び洗われ、揚げられて叩かれたもち米が振りかけられます。

米の種類と揚げ米の成熟度によって、イワク・パカサムの味のレベルが決まります。イワク・パカサムは、すでに完成しており、揚げる準備ができていて、おいしいおかずになります。通常、魚は、スライスしたエシャロット、グリーンチリ、トマトと揚げられます。この典型的なカリマンタン料理は、おいしい味を生み出します。製造工程で防腐処理されているため、加工されたカリマンタンパカサム魚は、長期間保存できます。

イワク・パカサムは、南カリマンタン州の伝統的な市場で広く販売されています。しかし、この有名な川の魚の加工食品の生産は、Hulu Sungai Tengah県から来ています。一般的に、イワク・パカサムのために作られる川魚は、セパット、セパットシアム、パプユの種類です。イワク・パカサ自体の価格は、季節によって異なります。乾季は、川魚の漁獲量が多く、雨季よりもイワク・パカサムの値段が安いです。伝統的な市場でのキログラムあたりのイワク・パカサムタイプのセパットの平均価格は、約35,000ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

21
July

パソナインドネシアです。今日は、西ヌサトゥンガラ州のNGAYU AYUの伝統をご紹介します。

Ngayu-ayuの伝統は、西ヌサトゥンガラ州東ロンボク県のSembalun Bumbung伝統的なホールで開催されました。 713日と14日にリンジャニ山の谷で開催されたこのイベントには、ササク族の伝統的な指導者や、群島全体のスルタン、さらにはマレーシアやベルギーからのゲストが出席しました。ササク伝統評議会の理事長であるラル・バユ・ウィンディア氏は、Ngayu-ayuの伝統は、3年ごとに行われる儀式だと説明しました。

Ngayu-ayuという用語は、ササク語の基本的な単語ayuから取られています。これは良いことを意味します。この儀式は、3年間の土地の耕作の後、優しさ、喜び、そして同時に勢いを祝うものです。また、Ngayu-ayuの儀式は、この種の植物がどこにも育たない赤米(パデブラザー)の実りに感謝の気持ちを込めたものです。

Ngayu-ayuの儀式は、赤米の害虫の連鎖を断ち切るために先祖によって行われていました。赤米を攻撃する害虫は、純粋な水と犠牲になった水牛の皮で防ぎます。その後、純粋な水と水牛の皮が各居住者に配布され、害虫の被害を受けた水田で燃やされます。成分の1つ、すなわち純粋な水は、神への賛美の儀式で7つの泉から取られます。

その後、水は、そのために特別に用意された場所、セケネムと呼ばれる半開放の六柱式の建物に埋められます。一晩中、祈りと詠唱された水は、ここから、イベント会場へ運ばれパレードします。行列の間中、村人たちが喜ぶ、GenggerukTapel AdamTandang Mendetなど、さまざまな伝統舞踊が披露されました。

Ngayu-ayuの伝統の2日目は、伝統的な長老による水牛の屠殺から始まります。さらに、水牛の頭は、災害からのセンバルン村の地球ペグ(安全)として埋められます。次に、肉は、母親によって調理され、ササク語で「ベギブン」と呼ばれるものと一緒に提供され、食べられます。

その後、マファキンの儀式が行われ、伝統的な長老たちは、種まきの過程で低地から赤米の種(パデアバン)を減らす行列の間に祈りを読みます。次はトパットの戦いです。上記の行列の後、人々は、伝統的な墓を9周します。それぞれの伝統的な長老または彼の子供によって代表される人は、墓に集められる前に、7つの泉から水を運びます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

20
July

パソナインドネシアです。今日は、ジョクジャカルタ特別州の観光地POK TUNGGAL(ポク・トゥンガル)ビーチをご紹介します。

ポク・トゥンガルビーチは、一般に「隠された楽園」と呼ばれるのは、ジョグジャカルタ特別州の観光名所の1つであり、正確にはジョグジャカルタ特別州のグヌンキドゥルのテプス村にあります。町からだと、距離は80 キロ、つまり車で約2時間です。ポク・トゥンガルビーチという名前は、ビーチに今日までしっかりと立っている古いデュラスの木があることから付けられました。このビーチは、カルストの丘に囲まれています。

また、鬱蒼とした木々が生い茂る珊瑚の崖があり、中には、いならされたサルが生息しています。ユニークなことに、このビーチには、地下に淡水の川が流れており、海岸周辺の人々の生命の源となっています。他の南部のビーチと同様に、ポク・トゥンガルビーチには、海岸に沿って伸びる白い砂浜があります。これまで、ポク・トゥンガルビーチは、清潔で自然に保たれています。

太陽が地平線の後ろにむのを待つ時間がなければ、ポク・トゥンガルビーチの美しさを楽しむことは、完全ではありません。夕暮れの雰囲気を楽しむだけでなく、キャンプ場としても利用できます。テントを持参しない場合は、地元の住民からドームテントを借りることができます。丘陵の壁に囲まれた白い砂浜のポク・トゥンガルビーチの魅力は、探索するのに楽しい場所です。インドラヤンティビーチとシウンビーチの間に位置するポク・トゥンガルビーチは、美しく手付かずの白い砂浜の宝庫としてグヌン・キドゥルをさらに揺るぎないものとしています。

ビーチへのルートは、ジョグジャカルタ、ウォノサリ、スコハルジョ、ソロの各都市からアクセスできます。ビーチの場所に行くには、オートバイや車などの自家用車を使ったり、公共交通機関を利用したりできます。ジョグジャカルタの街から旅を始めると、約80キロまたは車で約2時間です。取らなければならないルートは、ウォノサリ通りに行き、そしてテプス村に向かって南に曲がらなければならないということです。

このビーチの美しさを楽しむには、10,000ルピアの入場料を支払う必要があります。さらに、オートバイの駐車料金は、3,000ルピア、車が15,000ルピアです。このビーチは、休日と平日の両方で非常に混雑しています。ポク・トゥンガルビーチでは、ダイビング、シュノーケリング、水泳、キャンプ、美しい写真スポットでの写真撮影から、ロッククライミングなどの激しいアクティビティまで、さまざまなアクティビティが提供されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

19
July

パソナインドネシアです。今日は、バリ州のNGEREBEGの伝統をご紹介します。

バリ州ギャニャール県の 伝統村テガラランの Ngerebegの伝統は、教育、文化、研究および技術省によってインドネシアの無形文化遺産に指定され、その決定証明書は、2021127日にジャカルタでNadiem Makarim教育、文化、研究および技術大臣によって署名されました。テガラランの村長イ・マデ・クマラジャヤ氏によると、Ngerebegの伝統が無形文化遺産に指定され、伝統村テガラランは この伝統の保存と神聖さを維持し続けることを決意しています。

Ngerebegの伝統は、Buda Kliwon PahangまたはPegat Uwakanの日と一致するように6か月ごとに開催されます。Ngerebeg の伝統は、Pekaraman Tegalalangの村で7つの伝統的な共同体によって定期的に行われています。なぜなら、儀式や伝統が守られなければ、彼らの村で悪いことが起こると 住民は信じているからです。この伝統は、子供や若者によって行われ、体に不気味な装飾がほどこされます。Ngerebeg伝統の参加者の不気味な顔は、 いつも子供たちを困らせる事を好む幽霊ウォン・サマルのシンボルです。ペクラマン・テガララン村の住民によって行われる儀式でもあるこの伝統は、ウォン・サマルに場所を提供することを目的としています。また、人間と共存し、互いに干渉せず、テガラランの村を保護するために供物を与えます。

彼らはまた、サラクの樹皮とジャカまたはアレンの葉の外皮で作った装飾品を持って村を巡る行列についていきます。 Ngerebegの儀式の行列は、悪い影響力を一掃し、地域社会が平穏であることを意味します。また、Ida Sang Hyang Widhi Wasaに感謝します。このNgerebegの後、すべての思いが 澄み、式典の実施が適切に、神聖で誠実に行われることが望まれます。この伝統は古くから存在し、世代から世代へと受け継がれてきました。人々は、Ngerebeg の伝統が行われないと、地元住民に災いが 起きると考えています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

18
July

パソナインドネシアです。今日は、北スラウェシ州の観光地TUMBAK(タンバク)村をご紹介します。

タンバク村は、南東ミナハサ県のポスマエン地区にあります。マナド市からタンバク村までは、約3時間かかります。タンバク自体は、1ヘクタールの面積をカバーし、タンバク村のほとんどの地域を支配するマングローブ植物の頭字語です。この村から、ボートでタンバク島への旅を続けることができます。ボートのレンタルサービスは、タンバク村の桟橋でよく見られます。この伝統的な村では、ほとんどの人が漁師やオープンボートのレンタルサービスとして働いています。タンバク島の場所は、桟橋からそれほど遠くないので、釣りモーターボートを使ってタンバク島に到着するのに約10分かかります。

タンバク島は、無人島で、面積は1ヘクタール未満です。タンバク島は小さいですが、その自然の美しさは、非常に自然であるため、さまざまな海洋観光活動を提供しています。多くのシュノーケリングスポットが豊富なタンバク島は、完全な海洋観光パッケージを提供するインドネシアの島の1つです。シュノーケリングに加えて、タンバク島では、訪問者は、釣りやダイビングもできます。また、タンバク島には、人が触れていない丘やサバンナもあります。緑豊かなサバンナの木々が点在するタンバク島は、島の真ん中で静かな場所を切望する人に適したエリアです

タンバク島の美しさを探求したい場合は、少なくとも2日間は準備する必要があります。さまざまな種類の魚を眺めることができる水中の美しさに加えて、美しくカラフルな珊瑚の広がりであなたの目も甘やかされます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他素敵なトピックで、またお会いしましょう。

15
July


パソナインドネシアです。今日は、ジョグジャカルタ特別州のSELASA WAGENの伝統をご紹介します。

ジョグジャカルタ特別州政府は今年7月、Covid-19による2年間の空白状態の後、マリオボロ地域でSelasa Wagenの伝統を復活させました。 Selasa Wagenの伝統は、2017年から続いています。市場の日に35日ごとに開催されるこの伝統は、マリオボロの商人や商店がさまざまな活動で満たされる休日と見なされています。地域の清掃活動から始まり、午後から夜にかけて道路沿いで催される舞台芸術まで。さらに、ジョグジャカルタ特別州の秘書であるKadarmanta Baskara Aji氏によると、Selasa Wagenは、それは伝統を保存することの一部であり、芸術と文化の発展のための場であり、その恩恵が感じられています。

今回のSelasa Wagenの伝統は、2022712日に始まり、次の35日間のジャワ暦を調整します。違いは、今回のSelasa Wagenイベントは、Covid-19パンデミック以前とは異なります。過去には、1日でマリオボロに沿ってさまざまなアートアトラクションを催すための10のステージポイントが存在する可能性がありました。今、Selasa Wagenの伝統は、Covid-19の症例が増加しないように、優先的な健康プロトコルで開催されました。そのため、今回のマリオボロのSelasa Wagenアートパフォーマンスでは、1点のみを構成しました。この活動は、ヴレーデブルク要塞博物館のキロメートルゼロポイントエリアの周りにある31日のSerangan Oemoem記念碑エリアを中心にしています。

伝統から現代までの芸術文化のパフォーマンスの数は、午後330分から夕方までジョグジャカルタのショッピングセンターエリアで通り過ぎる観光客を楽しませます。マリオボロ半歩行者の試験場でもあるため、この地域に沿った自動車のアクセスは、午後6時から9時まで一時的に閉鎖されています。ジョクジャカルタ特別州文化局長Dian Lakshmi Pratiwi氏は、マリオボロでのSelasa Wagenの活動間に訪問者に提示されたさまざまな活動は、舞台芸術の形だけではないと説明しました。

また、エコプリントバティックワークショップ、ジャワ文字ワークショップ、伝統的なファッションカーニバルもあります。翌月Selasa Wagen活動のために、Dian Lakshmi氏は、マリオボロで芸術と文化を展示したい人々のための機会を開きます。それらは、ジョグジャカルタ市政府と一緒にジョクジャカルタ特別州地方政府が準備したキュレーションチームによって最初に選ばれます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

13
July

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地DUSUN BAMBU(竹村)をご紹介します。

緑の丘の真ん中で新鮮な空気を吸いながらリラックスすることは、心と体をリフレッシュする一つの方法です。都市の密集から逃れ、ひどい大気汚染から離れて、毎月行わなければなりません。インドネシアでは、これは今日の若い世代によって「し」という言葉で呼ばれています。すべてを行うのに最適な場所はたくさんありますが、その1つは、西ジャワのバンドン市からそれほど遠くない場所にあるDusun Bambu(竹村)です。15ヘクタールの面積を持つこの場所は、1つのエリアに伝統的なスンダ文化の調和を組み合わせたエコツーリズムエリアです。レクリエーション公園だけでなく、西ジャワ州のレンバンDusun Bambuでは、ロマンチックな雰囲気の宿泊施設も利用できます。家族と一緒に夜を過ごしたい訪問者は、いくつかのタイプのヴィラを借りることができます。

この地域は、竹の保護地区でもあるため、Dusun Bambuと名付けられました。訪問者は、インドネシア全土から様々な種類の竹を見ることができます。バンドンのレンバンDusun Bambu は、この地域でできる多くの活動のために、。遊びから料理の観光活動まで適切な観光スポットであると言われています。自然に近いアクティビティが好きな人にとって、この観光地は、正しい選択です。キャンプ、サイクリング、ジョギング、人工湖周辺でのボート乗りなど、さまざまなアウトドアアクティビティを楽しめます。この観光地では、5分ごとに出発するバンドンのDusun Bambuエリアを巡る無料シャトルも提供しています。

また、赤道市場として知られるフードコートもあり、さまざまな食べ物、飲み物、お土産、さらには野菜を提供しています。子供たちを楽しませたい親のために、竹遊び場施設を試すことができます。ここでできるアクティビティは、Tシャツのペイント、ボートでの湖の探索、その他いくつかのブースで利用できるすべてのアクティビティです。この遊び場は、子供たちが探索できる迷路に似た乗り物も提供しています。

この観光地は、月曜日から日曜日まで毎日営業しており、祝日も、引き続き営業しています。この観光地は、40551西ジャワ州、西バンドン県、CisaruaSitu LembangMasturi大佐通りにあります。Dusun Bambuは、20227月に訪問者のために完全に再開されました。以前はパンデミックの間、この場所は開いたままでしたが、訪問者の数は、厳しく制限されていました。これは、安全性と快適性を維持および確保するために行われます。さらに、すべての管理者とスタッフは、訪れるすべての訪問者に対して厳格な健康プロトコルを実行します。Dusun Bambuへの入場券は、25,000ルピアから15万ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

14
July

パソナインドネシアです。今日は、生贄になる動物を飾る伝統をご紹介します。

数日前、世界中のすべてのイスラム教徒は、Idul Adha祭日を祝いました。この祭日、イスラム教徒は、毎年ヤギと牛のような家畜生贄として虐殺します。一般的なイスラム教徒と大差ありませんが、西スマトラ州アガム県のアンペックナガリ地区のケナガリアン・バワンの人々も、Idul Adha祭日の間に生贄になる動物を屠殺します。ユニークなことに、動物が屠殺される前に、生贄になる動物は、通常装飾されています。この伝統は発展し、遺伝的になり、それが実行されない場合、彼らは彼らの崇拝が完全ではないと考えます。

動物を屠殺する過程で、動物を生贄にする人は、ガラス、櫛、香水などの生贄になる動物を飾るための道具を提供しなければなりません。これが行われない場合、屠殺プロセスを実行することはできません。地域社会は、生贄にされた動物が健康だけでなく見た目も良くなることを望んでいます。適格と宣言された後、動物は、粉末、香水、櫛、シュラウドなどを使用して、人間のように装飾されます。

動物を飾るために使用される粉末は、任意の形状とブランドにすることができます。目標は、屠殺される動物が来世で、そして生贄を捧げる人々のための乗り物としてより良く見えることです。櫛は、生贄になる動物の頭の毛をとかすために使用されます。香水は、香りを出すために与えられます。動物を生贄にする人が女性の場合は、口紅が与えられます。

シュラウドは、屠殺前に犠牲になる動物を覆い、屠殺されて埋められた後に動物の爪を包むために使用される白い布です。サロンまたは長い布は、動物を屠殺するために聖職者に与えられる施しの材料として意図されています。提供される各布は、生贄を捧げる人の性別に基づいています。生贄を捧げる人が男性の場合、彼はサロンを提供し、生贄を捧げる人が女性の場合、長い布が提供されます。

装飾された後、犠牲になる動物は、黄色のライス(シラマック)、黒もち米、ピニャラムなどの餌が与えられます。生贄を捧げる人から提供された道具や材料、食べ物はすべて、屠殺されたときに幸せを感じ、恐れを感じないことを目的として動物に与えられます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

 

 

Page 5 of 53