Friday, 15 March 2024 06:10

さまざまな地域の典型的なラマダン料理

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、さまざまな地域の典型的なラマダン料理をご紹介します。

インドネシアの各地域は、通常、夜明けや断食明けに特別な料理が提供されます。今回は、ラマダン期間中に各地で人気のメニューをご紹介します。非常に有名なものの1つは、アチェ州のカンジ・ルンビ粥です。メッカのベランダというニックネームを持つこの州のモスクは通常、カンジ・ルンビ粥を一般に配布しています。この茶色がかったお粥は、スパイスの強い香りと味が特徴です。これは、レシピがインド料理の影響を受けているためです。スパイスがたっぷり入ったこのお粥は、腹持ちが良いだけでなく体も温まります。

西カリマンタン州ポンティアナックの人々には、ソトン・パンコンと呼ばれる典型的なラマダン料理があります。この料理はイカをメイン食材として使用しています。イカは、揚げるのではなく焼きます。しかし、イカは事前に乾燥するまで天日干しします。焼いたイカの身を提供前にハンマーで叩きます。目標は、肉をより柔らかく、噛みやすくすることです。ソトン・パンコは通常、ピーナッツソースと一緒に食べたり、甘辛のスパイスを加えて調理したりして食べます。

もう 1 つの典型的なラマダン料理の名物は、マルク州のアシダケーキです。このケーキは、実はアラビアから来たものです。イスラム教がインドネシア東部に流入し始めたとき、マルクの人々はこのドドルのようなケーキを認識し始めました。ラマダン月中、アシダケーキはとても甘いのでタクジルという断食の前菜としてよく使われます。このケーキは、ラマダン期間中、タクジル市場や道路脇で簡単に見つけることができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 150 times