Wednesday, 20 March 2024 08:33

南スラウェシ州の観光地TANJUNG BIRA

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、南スラウェシ州の観光地TANJUNG BIRAをご紹介します。

インドネシア東部は、確かに美しい自然の風景、特に水中の景色やビーチに恵まれています。この場所は、ダイビングが趣味で海洋観光が大好きな方に最適です。インドネシア東部の海洋または海洋観光地の 1 つは、タンジュン・ビラです。スラウェシ島の南端、まさに南スラウェシ州ブルクンバ県ボント・バハリ地区に位置するタンジュン・ビラビーチは、その美しさと快適さで海外でも有名な柔らかい白砂のビーチです。

タンジュン・ビラビーチは、ブルクンバ市から約 40 キロ、マカッサル市から 200 キロの距離にあり、移動時間は約 3 4 時間です。タンジュン・ビラは美しいビーチの魅力で知られているだけでなく、有名な南スラウェシピニシの伝統的なボート建造の本拠地でもあり、ビーチの端でボートの建造プロセスを見ることができます。入場料は約 10,000 ルピアで、タンジュン・ビラビーチ観光エリアには、ダイビング用品のレンタル場所、レストラン、快適なバスルーム、バイクのレンタル、セラヤル島でダイビングをしたい観光客を乗せるフェリー港など、さまざまな施設が備わっています。

このエリアをまだ冒険したいという方のために、ヴィラ、バンガロー、ホテルなど、1 泊あたり 100,000ルピアから 600,000ルピアの料金で宿泊できるいくつかのタイプの宿泊施設があります。タンジュン・ビラビーチの観光エリアでは、できることがたくさんありますが、シュノーケリングやダイビングもその 1 つです。水中の自然の景色は、本当に素晴らしいので、タンジュン・ビラに来たらこの 2 つのことを必ず実行してください。タンジュン・ビラの西に位置する小さな島であるリウカン・ロエ島周辺は、最高のスポットの一つです。シュノーケリングやダイビングがあまり好きではない人は、爽やかな風を感じながら、太陽の下でビーチで光浴をしたり、魅力的な日の出や日没を眺めたりするだけで、タンジュン・ビラで過ごすことができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 147 times