Friday, 22 March 2024 07:43

バンテン州のQUNUTANの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、バンテン州のQUNUTANの伝統をご紹介します。

インドネシア人は、通常、Idul Fitriの祝日が近づくとケトゥパット作りに忙しくなり始めます。ケトゥパットとは、お米をココナッツの葉で編んで包んだ料理です。しかし、プラムカ島、セリブ諸島、バンテン島の人々にとって、ケトゥパットを作るのは、ラマダンの15日目から一般的に行われてきました。ラマダン中期にケトゥパットを作る伝統は、クヌタンまたはクパタンの伝統として知られています。彼らは、コミュニティ間の絆を強化するクヌタンの伝統を持ち、また、ラマダンとともに彼らを結び付けてくれたアッラー「神」の愛に対する感謝の気持ちを表していました。クヌタンの伝統では、母親は通常、それぞれの家でケトゥパットを作ります。あるいは、寄付をし合い一緒にケトゥパットを作る住民グループもあります。通常、調理されたケトゥパットは、断食明けの日没前にモスクに運ばれます。モスクには住民から送られた大量のケトゥパットがあるため、タラーウィの祈りをしている会衆に再びケトゥパットが配布されます。タラウィの祈りの後、彼らは集まり、一緒にケトゥパットを食べます。この伝統では、ケトゥパットはタンギル(メリンジョ)の皮の野菜やカボチャの野菜と一緒に食べられます。一方、おかずはチキンオポル、卵バラド、またはビーフシチューです。クヌタンの伝統は、タラウィの祈りの終わりにクヌトの祈りを朗読することによっても特徴づけられます。シャーフィー派によると、ラマダン月の 16 日から、ウィトルの祈りの最後でクナッツの祈りを読むのがスンナとなります。クナッツの祈りを読むことは、世代から世代へと受け継がれてきた習慣です。従わなくても大丈夫ですし、罪にはなりません。クナッツの祈りの朗読は、ラマダンの終わりまで続きます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 152 times