Friday, 12 April 2024 07:16

インドネシアの料理インドネシアの料理KETUPAT LEMAK

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

パソナインドネシアです。今日は、インドネシアの料理KETUPAT LEMAKをご紹介します。

Idul Fitri祭日またはレバラン祭日は、ケトゥパトの存在なしでは不完全です。実はこの料理、お米を使った典型的な東南アジア料理なんです。作り方は、まずヤシの若い葉を編んで作った入れ物でお米を包みます。その後、調理されるまで煮るだけです。

インドネシアのさまざまな地域に普及しているケトゥパットには、さまざまな種類があります。例えば、ポンティアナックのケトゥパット・レマクです。ケトゥパトは一般的に主材料として米を使用しますが、ケトゥパト・レマックは、実際にはもち米を使用します。調理法が少し違います。ケトゥパト・レマックを作るプロセスは、もち米を洗い、ココナッツの葉で編んだ入れ物の中に入れることから始まります。投入されるもち米は、満杯でなければなりません。これは、通常半分しか入っていないライスケトゥパットとは確かに異なります。なぜなら、お米は膨張しますが、もち米は膨張しないからです。次に、ケトゥパットを十分な塩を加えたココナッツミルクで煮ます。ココナッツミルクが無くなったらケトゥパットを取り出して、すぐに食べられます。

ケトゥパト・レマックは通常、肉レンダン、チキン・オポル、ポテトサンバル、パイナップルサンバルなど、他の典型的なレバランのおかずと/食べられます。レバランの時に家で家族と一緒に食べられることにくわえて、ケトゥパト・レマックと他の典型的なレバランのおかずは、ポンチアナックの人々によってお届け物として利用されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 121 times Last modified on Friday, 12 April 2024 07:38