Friday, 19 April 2024 09:17

中部ジャワ州のOLOSスナック

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州のOLOSスナックをご紹介します。

テガル市は、中部ジャワ州の観光地であり、休暇目的だけでなくジャワ横断ルートに沿って旅行する際に立ち寄る多くの観光客が訪れます。海洋都市の愛称で知られるテガルの街を訪れたら、オロスと呼ばれるユニークな軽食を試してみなければ不完全です。形は丸く、味は激辛です。この料理の楽しみは、辛い食べ物が好きな人に適しています。オロスはでんぷんと小麦粉を混ぜて丸く成形し、中にスライスしたキャベツと唐辛子を詰めたものです。次に、この混合物に火がとおるまで揚げます。スライスした唐辛子のスパイシーな味がオロススナックの特徴です。テガルでは、オロスは 1 品あたり 500 ルピアから 1,000 ルピア程度という非常に手頃な価格で、道端で簡単に見つけることができます。オロスの売り手は通常、カートを使用して商品を販売します。

オロスは、1995 年にイブ・コティアという名前のリソール売り手によって最初に作られましたが、大多数が子供である買い手たちは、それをオレスと呼んだため、このスナックの名前はオロスになりました。一方、詰め物には、カリフラワーと唐辛子だけが使われています。なぜなら、ほとんどの買い手は、通常リッソールに含まれるニンジンやもやしを好まないからです。現在、オロスのスナックはますます開発され、多様化しています。登場当初、オロスには千切りキャベツと唐辛子が入っているだけでした。現在、細切りの鶏肉、ウズラの卵、ミートボール、ソーセージ、チーズなど、オロスの詰め物にはさまざまなバリエーションがあります。それとは別に、バラド、スイートコーン、チーズ、チリパウダーなど、さまざまなフレーバーのスパイスを販売している販売者もいます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 110 times