パソナインドネシア

パソナインドネシア (922)

17
January

パソナインドネシアです。今日は、アチェ州の観光地BUR TELEGEをご紹介します。

アチェ中央地区に旅行するなら、必ず訪れたい観光名所、ブル・テレゲがあります。この観光名所の頂上からは、タケンゴンの街とラウト・タワール湖の美しさを楽しむことができます。場所は、中部アチェ州の首都タケンゴン市内中心部から約1015分のハキム・ベール村にあります。この観光スポットに入るには、6000ルピアの入場券を購入する必要があります。

地元の言語でブルは丘を意味し、テレゲは湖を意味します。テラガの丘は海抜 1450 メートルの高地にあります。この松の丘の頂上に来たときの第一印象は、体を襲う冷たい空気です。松林の緑とラウト・タワール湖の青い水は高いところから見ることができます。丘の頂上に到達するには、トレッキングが必要です。山頂までの道中、管理人がインスタ映えするフォトスポットを色々とご用意します。この頂上からは、タケンゴン市がはっきりと見えます。有名なラウト・タワール湖全体も同様です。

小さな橋やブランコ、その他のおもちゃをはじめ、お子様連れのお子様向けの乗り物を管理者が用意していますので、ご安心ください。お腹が空いて世界的に有名なガヨコーヒーを楽しみたい人には、カフェもあります。そこでは、ロブスタ種とアラビカ種のコーヒーが楽しめます。周囲には礼拝室もあります。そのため、どこで祈ればよいかむ必要はありません。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

16
January

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の料理GARULINAをご紹介します。

2024110日に開催されたK.G.P.A.A. パク・アラム10世の末息子、すなわちB.P.H. クスモ・クントヌグロホとライリー・アニサ・クスマストゥティの結婚式初日のレセプションでは 様々な美味しい料理がジョクジャカルタ・プラパクアラマンのダウプ・アゲンの招待客へのご馳走となります。ダウプ・アゲン・プラ・パクアラマンの風習・宿泊部門責任者、KRT Radyo Wisroyo氏は、招待客に提供されるメニューは非常に多様だと 語りました。パクアラマンの代表的なメニューをはじめ、インドネシア料理、西洋料理風メニューなどもご用意しております。 VIP および VVIP を含むすべての招待客には、同じメニューが提供されます。

招待客をお迎えする最初のメニューは、ライム入りのレモングラスドリンクとライム入りのジンジャードリンクの 2種類のウェルカム・ドリンクです。ウェルカム・ドリンクは、招待客が席につきベダヤ・シダムクティとベダヤ・カクン・インドロウダグダの踊りを鑑賞するときに提供されます。次に、コロッケやその他の軽食などの前菜が提供されます。また、ガルリナという非常に特別で珍しいと考えられているスナックがあります。ガルリナは、パハルギャン・ダウプ・アゲン・パクアラマンの初日のランチの前菜です。

ガルリナは、インドネシアが独立する前からありますが、実のところ中部ジャワ料理独特な料理ではありません。見た目はラピス・レジットという軽食に似ていますが、新鮮な牛乳、卵、砂糖で作られたカスタードソースと同じような特別な層があるため、違います。この甘いスナックを手に入れるために、プラ・パクラマンは 1950 年代から先駆者として活動してきたメーカーの3代目に特別に注文する必要があります。ジョグジャカルタでは、ガルリナを手にいれるのは 非常に難しく、毎日販売されていないため、希少なものと考えられています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

12
January

パソナインドネシアです。今日は、西ヌサトゥンガラ州の観光地JELENGAビーチをご紹介します。

20231210日、世界最大の旅行雑誌ロンリー・プラネットは、インドネシアの11ベストビーチのリストを発表しました。米国のシニアジャーナリスト、マーク・ヨハンソン氏は、西ヌサトゥンガラ州の3つのビーチをインドネシアで最高のビーチにランク付けしました。そのうちの 1 つは、西スンバワ県のジェレウェ地区にあるジェレンガビーチです。マーク・ヨハンソン氏によると、ジェレンガビーチの波は世界クラスであるため、ジェレンガビーチを最高のビーチの一つに挙げているということです。知られているように、ポトタノ港からわずか 40 キロメートルのこのビーチは、最高のレフト・ハンド・ブレイクがあり、プロサーファーや上級アマチュアに最適です。

ジェレンガビーチは、美しい丘陵地帯に囲まれています。緑の草と低い木々が丘全体を埋め尽くしています。北側のジェレンガビーチには、穏やかなターコイズブルーの海が広がる白い砂浜があり、水泳、カヤック、スタンドアップ・パドルボードに最適です。このビーチは、サーフィンが好きな人にも最適です。ジェレンガビーチは、挑戦的な波があるため、サーファーに人気のビーチです。このビーチの波は、海の中央から来ます。このような挑戦的な波は、西スンバワ島が北のフローレス海、南のインド洋、そしてアラス海峡に囲まれているために形成されます。波が大きなチューブのような形をしており、高さが数メートルあるため、多くの人はジェレンガビーチを「スカーリーフ」と呼んでいます。

夕方になっても、まだ家に帰らずに、このビーチで夕日の美しさを楽しんでください。空の色のグラデーションと透き通った青い海が、このビーチの美しさをさらに高めています。ジェレンガビーチの設備は非常に充実しています。ここには、駐車場、屋台、トイレ、サーフィン用品のレンタル、宿泊施設があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

11
January

パソナインドネシアです。今日は、バンテン州の料理SATE BANDENGをご紹介します。

サテは、インドネシアのさまざまな地域で簡単に見つかる、さまざまなインドネシア料理の 1 つです。サテは、鶏肉、ヤギ、牛肉を細かく切って竹串に刺し、薪炭で焼き上げたものです。通常、サテにはピーナッツソースが添えられます。一般的にサテは肉から作られますが、バンテン州セランではサバヒーから作られたサテがあります。サテ・バンデンとして広く知られています。

一般的な加工サテーと同様に、サテバンデンも竹串を使うのが特徴です。その他の特徴的な機能は、サバヒーの身を丸ごと竹に刺したサバヒーの肉です。しかし、サバヒーには骨がありません。それに加えて、スパイスがたっぷり入っていてとても美味しいです。バンテン地域でサバヒーサテを見つけるのは難しくありません。サテサバヒー1 品の価格は、45,000 ルピアで、スパイシーな味とオリジナルの味からお選びいただけます。

物語によると、スルタンがサバヒーを食べたいと思ったとき、サテサバヒーが登場しました。しかし、この魚にはかいが多く、そのまま加工すると危険なため、王室料理人困惑しました。最後に、シェフが率先して魚の身を砕き、骨と背骨を取り出し、次にサバヒーの身をすりつぶしてし、と背骨を分離しました。この細かく挽いた肉をスパイスと混ぜて生地にし、竹の中に入れて火が通るまで焼きます。この新しい料理は、スルタンや他の高官たちに好まれたことが判明しました。最終的にサテサバヒーは、当時のバンテンの人々の必須の食べ物の一つとなり、今日まで受け継がれています。時間とともに、このサテは、貴族だけが楽しむものではなくなりました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

03
January

パソナインドネシアです。今日は、北スラウェシ州の観光地PULISAN観光村をご紹介します。

プリサン観光村は、北スラウェシ州リクパンの興味深い観光地の 1 つです。自動的に、この観光村は超優先目的地の中心部にあります。プリサン観光村は戦略的に位置しているだけでなく、インドネシアでも有数の観光村の 1 つです。 minut.go.idから引用すると、プリサン観光村は、20218月に開催された2021年トリサクティ観光賞イベントで2位のタイトルを獲得することに成功しました。プリサン観光村は、ネチズンが選んだお気に入りの動画で観光村部門で優勝に成功しました、Instagram アカウントでは 3,650 件の「いいね!」があり、トリサクティ賞を受賞しました。

プリサン観光村はリクパンの主要な観光村の 1 つで、完全な海上観光パッケージを提供しています。プリサン村の 2 つの主な観光地は、プリサンビーチとプリサン丘です。プリサンビーチ自体は、海岸線に沿って柔らかい白い砂があるため、リクパンで人気のビーチの 1 つです。この白い砂浜は3つの部分から構成されているようで、それぞれが海に向かって突き出た岩崖で区切られています。プリサンビーチでは、ダイビングやシュノーケリングなど、さまざまな興味深いアクティビティを楽しめます。同様に興味深いことに、観光客はプリサンビーチ周辺の水域の真ん中にある水上住宅を訪れることもできます。一方、プリサン観光村エリアのプリサン丘からも同様に美しい景色が楽しめます。丘の上からは、青緑色の海と青い海が広がります。最初にトレッキングが必要ですが、プリサンの丘の頂上からの眺めは疲れを取り除きます。

プリサン村の観光名所は、プリサン洞窟とタンココ・ドゥアサウダラ自然保護区のおかげで、ますます完成度が高まっています。この自然保護区は、北スラウェシ島固有のヤキという大きなクロザル、マレオ鳥など、保護された希少動物の生息地です。それとは別に、地方政府はプリサン観光村に立ち寄る観光客の休暇をより快適にするための多くのインフラも準備しています。ホームステイからプリサン観光村周辺での4G信号サポートの提供までです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

22
December

パソナインドネシアです。今日は、西バンドン県の宗教観光のアイコンであるアル・イルシャド・モスクをご紹介します。

サンディアガ・サラフディン・ウノ観光・創造経済大臣は、パダラランのコタバル・パラヒャンガン地区にあるアル・イルシャド・モスクの存在を高く評価しました。このモスクは、礼拝の場であるだけでなく、西バンドン県の主要な宗教観光地でもあります。サンディアガ・ウノ大臣によると、ユニークなことに、このモスクにはドームがありませんが、デザイン的には非常に素晴らしく、訪問者はアル・イルシャド・モスクで礼拝するときに他のモスクとは異なるユニークな体験を楽しむことができます。

2010年に完成したモスクの形状は、グランド・モスクと正方形のカーバ神殿からインスピレーションを得たものです。 1,500 人の礼拝者を収容できるこのモスクのもう 1 つの特徴は、モスクの壁からも見ることができます。このモスクの壁の格子は穴のあいたレンガでできており、アラビア文字で 2 つのシャハーダ文を形成しています。通常のモスクは壁がすべて閉じられているので景色が見えませんが、このモスクではイマームの場所の前の水たまりの上にアッラーの書道があり、景色は開けており、その景色は非常に素晴らしいです。

サンディアガ・ウノ大臣はまた、アル・イルシャド・モスクで素晴らしい景色を眺めながら祈る感覚を楽しみに来てほしいと皆に呼びかけました。サンディアガ・ウノ大臣によると、アル・イルシャド・モスクを訪れると、訪問者はTadabbur Alamという自然の創造者を崇拝し、讃美することができるということです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

21
December

パソナインドネシアです。今日は、効能豊かなインドネシアの代表的な飲み物をご紹介します。

インドネシアにはおいしい代表的な食べ物だけでなく、さまざまな爽やかな代表的な飲み物もあります。これらの特別な飲み物の中には、健康上の利点さえあるものもあります。これは、典型的なインドネシアの飲み物は天然の材料から作られており、そのうちの 1 つはスパイスであるためです。何世紀も前から、インドネシアはスパイスの豊富な生産地として知られてきました。インドネシアの代表的な飲み物の数々は、味が美味しいのはもちろん、体に良い効果があるのも当然です。

今回はインドネシアの代表的な飲み物をいくつかご紹介します。まず、西スマトラ州パダンの代表的なインドネシアの飲み物「カワ・ダウン」です。ミナン語で「カワ」はコーヒーの木のことです。カワダウンは、コーヒーの葉を乾燥させ、シナモンと砂糖を加えて作られる典型的な飲み物です。一見すると紅茶のように見えますが、コーヒーの香りと味わいがしっかりと感じられます。興味深い事実は、カワ・ダウンが血中コレステロールを減らし、糖尿病のリスクを軽減する可能性があるということです。これは、抗酸化物質が豊富に含まれているためです。

もう 1 つの典型的なインドネシアの飲み物はWedang Uwuhです。ジョグジャカルタ発祥のこの飲み物は、甘くて温かい味わいと、とても心地よいスパイスの香りが特徴です。ジャワ語で「Uwuh」はゴミを意味し、ゴミに似た葉や香辛料が入った飲み物と定義されています。この典型的なインドネシアの飲み物には、高い抗酸化物質が含まれています。そのため、体をリフレッシュし、風邪を克服し、血流を改善することができます。さらに興味深いのは、Wedang Uwuhは教育文化省の無形文化遺産に登録されており、カナダから始まり、ジェッダ、ベトナム、ナイジェリアへの海外市場に参入している創造的で独創的な製品の1つであることです。

非常にユニークで味が興味深いもう 1 つの典型的なインドネシアの飲み物は、アチェ産のスルベです。この飲み物は、コショウ、シナモン、ジンジャー、パンダン、クローブ、ブラウンシュガーから作られているため、ユニークです。単なる普通の飲み物ではなく、スルベには高レベルの抗酸化物質が含まれているため、免疫システムを改善し、活動後にエネルギーを回復することができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

07
December

パソナインドネシアです。今日は、西スマトラ州の観光地PAKU MANDEHビーチをご紹介します。

西スマトラ島を旅行する際は、マンデ観光地を訪れることをお勧めします。マンデ地域は「南の楽園」と呼ばれています。自然が魅力でとても美しいです。ビーチと島々の眺めを満喫してください。そこでは、島のツアー、ダイビング、シュノーケリング、グルメツアーに参加できます。マンデを訪れたら必ず訪れたい人気の場所の 1 つがパ・マンデビーチです。パク・マンデビーチでは、透明な水ときれいな砂浜が広がり、美しい夕日の景色を眺めることができます。

パク・マンデビーチはマンデ地区、正確にはコト11・タルサン地区のナガリまたはスンガイ・ニャロ・ムディアック・アイア村にあります。西スマトラ州の首都パダンからは、距離 47 キロ、車で約 1 時間しかかかりません。場所は道路沿いにあるので行きやすいです。パク・マンデビーチの入場チケットの価格は非常に手頃で、休日は 1 人あたり 5,000 ルピアになります。平日は無料です。そこに到着すると、白くてきれいな砂浜があるパクマンデビーチに驚かれるでしょう。砂浜は800メートルも続きます。訪問者は、砂遊び、ビーチバレーボール、サッカー、凧などで遊んで過ごすことができます。波も小さく、底も岩ではありません。水遊びや水泳にとても適しています。また、シュノーケリング、バナナボートなど、ウォータースポーツアクティビティも楽しめます。

リラックスしたい方は、パク・マンデビーチの海に面して 3 × 3 メートルの木造小屋が並んでいます。いくつかのブランコで遊ぶことができます。パクマンデビーチのもう一つの魅力は、夕日の美しさです。このビーチの美しい夕日を見逃さないでください。パクマンデビーチには、駐車場、トイレ、レストランが完備されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

06
December

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地KARANG JAHEビーチをご紹介します。

カラン・ジャヘビーチは、インドネシアの中部ジャワ州レンバン県のレンバン地区プンジュルハルジョ村にある白い砂浜の自然の観光名所です。このビーチは 3 キロメートルにわたって広がり、ジャヘ(ショウガ)のような形をした小さなサンゴがたくさんあるのが特徴で、そのためカラン・ジャヘビーチと松並木と呼ばれています。白い砂浜で波も穏やかなビーチなので、砂遊びやゴムボート遊びなど様々なアクティビティが楽しめます。カラン・ジャヘビーチの魅力は、傾斜のあるビーチなので青い海の美しいパノラマが楽しめます。午後に訪れると美しい夕日の雰囲気を楽しむことができます。ビーチアクティビティの特徴である傾斜のあるビーチで日光浴をするほか、カラン・ジャヘビーチでは、推定長さ1キロメートルの海岸沿いに生える松並木を眺めながらATVで遊ぶこともできます。このビーチエリアには、写真の背景としても使える興味深いフォトスポットがたくさんあります。オプションとして使用できるインスピレーションの 1 つは、ビーチに並ぶ松の木の下で写真を撮ることです。また、カラン島までレンタルモーターボートで往復20分程度で行くと、潮風を感じながら海辺からビーチを眺めることができます。より長く海風を楽しみたい場合は、エンジンボートでゴソン島まで行くと約30分で行くことができます。ビーチを周回するためのパドルを備えた小型のゴムボートやバナナボートもあります。このビーチの海水は、透明度が高くきれいなので、海水浴をする人のアクティビティをしっかりサポートしてくれます。カラン・ジャヘビーチ周辺には、きれいに配置されたガゼボがたくさんあり、ガゼボからのんびりとビーチを楽しむことができます。このエリアには屋台や行商人が集まっているので、お腹が空いていても、食べ物や飲み物を見つけるのに苦労することはありません。同様に、一晩滞在したい場合は、レンバンエリアにはわずか 20 分の距離に宿泊施設がたくさんあるため、わざわざテントや寝袋を持参する必要はありません。これは、ビーチに宿泊施設がまだ提供されていないためです。ビーチの場所はスラバヤのスマラン北海岸、まさにラセム市とレンバン市の間の国道を通っているため、ビーチの場所を見つけるのは非常に簡単なので、これらすべてを克服できます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

30
November

パソナインドネシアです。今日は、インドネシアで最高のフリーダイビングスポットをご紹介します。

フリーダイビングは、フリーダイバーにとって非常に高いリスクを伴うため、極端なウォータースポーツのカテゴリーに含まれます。しかし、このウォータースポーツは、依然としてアドレナリン中毒者の間で人気があります。この極端なスポーツが好きな人がいるなら、インドネシアが次の旅行先になるかもしれません。インドネシアは、驚くべき水中の美しさを持つ国として世界的に知られています。インドネシアには、探索するのに興味深いダイビングやフリーダイビングのスポットが数多くあることは驚くべきことではありません。そのうちの1つがラジャ・アンパットです。西パプアのラジャアンパット諸島にあり、ラジャアンパットの水中世界は間違いありません。かつて2015 CNN の世界ベスト・ダイビング・スポットに選ばれたラジャアンパットには、世界のサンゴ種の 75%1,318 種の魚、699 種の軟体動物577 種類のサンゴ礁が生息しています。

ラジャ・アンパットとそれほど変わらないバンダ海には、驚くべき水中の美しさと多様性があります。マルク中央部に位置するバンダ海洋公園には、310 種類のサンゴ礁と 871 種類の魚が生息しています。この海洋公園が水中の楽園と呼ばれるのも不思議ではありません。また、北スラウェシ州のブナケン海洋公園もあります。水中の楽園と呼ばれるこの海洋公園には、90 種の魚と 390 のサンゴ礁が存在します。実際、ブナケン海洋公園には広大なマングローブ林も広がっています。

東南スラウェシ州のワカトビ観光地もぜひ訪れてください。ワカトビ島は、1995 年にウォレシア探検隊以降に世界に知られるようになり、サンゴ種が豊富な地域と言われています。世界には合計 850 種のサンゴがあり、そのうち約 750 種がワカトビ海域で見られます。実際、運が良ければ、ワカトビでのフリーダイビング中にイルカやカメを見つけることができます。また、インドネシアの西端、サバン島のウェ島でフリーダイビングを行うこともできます。この島の海には、サンゴ礁があり、エイやイルカなどのさまざまな種類の魚が生息しています。実際、サバンは世界のフリーダイビングの楽園とも呼ばれています。そこではサバン・フリーダイブ・コンテストが毎年定期的に開催されます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 4 of 66