Friday, 10 May 2024 10:10

バリ島の観光地JATILUWIH観光村

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、バリ島の観光地JATILUWIH観光村をご紹介します。

バリ島のジャティルウィ観光村は、2024518日から25日にかけて開催される世界最大の国際水フォーラムである第10回世界水フォーラムの代表者が訪れる観光地として選ばれました。2012年にジャティルウィは、国際的に認められました。その伝統的な水田灌漑システム、すなわちスバックは、ユネスコによって世界文化遺産として認められています。スバックシステムは、ヒンズー教のトリ・ヒタ・カラナの教えに根ざしており、人間、自然、精神性の間のバランスと調和を反映しています。 11 世紀に建設されたスバックは、灌漑システムであるだけでなく、調和と持続可能性を重視する生活哲学でもあります。

ジャティルウィ観光村は、バリ島タバナン県のペネベル地区にあります。ジャティルウィは、ジャワスローロリスを含む様々な珍しい鳥や動物など、さまざまな固有種の動植物が生息する 24 ヘクタールの保護林に囲まれています。ジャティルウィ村では、棚田の素晴らしい景色を楽しむだけでなく、棚田の美しさを楽しみながらのトレッキング、サイクリング、料理の実演、コーヒー、アボカド、ドリアンの農園を訪問するなど、観光客に提供するいくつかのアクティビティがあります。ジャティルウィ村では、観光客が地元の文化と伝統の豊かさを体験できる伝統的な祭りや儀式も開催されます。

10WWFイベントでは、ジャティルウィ観光村がたくさんのペンジョールで飾られます。それとは別に、参加者は、ガメランの音楽に合わせた伝統的なバリのダンス、すなわちレジャンダンスでも歓迎されます。 WWF代表団には、ジャジェ・ラクラクケーキも贈呈される予定です。ジャジェ・ラクラックは、セラビケーキに似ていますが、玄米で作られています。世界水フォーラムの代表団は、ジャティルウィ訪問とは別に、特にバリ島で通常ヒンズー教徒によって行われる伝統や儀式であるメルカット行列の実行にも招待されます。

メルカットは、泉から湧き出る水を媒介として、悪いものから魂を浄化することを目的としています。メルカットという用語自体は、「スルカット」という言葉に由来しており、「スー」は善を意味し、「ルカット」は「浄化」を意味します。つまり、簡単に言えば、メルカットは良い浄化であると解釈できます。目的は、心をリフレッシュすることです。メルカットのプロセスでは、メルカットの儀式の参加者に聖水がふりかけられます。この水は心を落ち着かせ、魂をリフレッシュすることが期待されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 103 times