Wednesday, 08 May 2024 07:41

MBAH BREGAS(ムバ・ブレガス)村の伝統メルティ

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、MBAH BREGAS(ムバ・ブレガス)村の伝統メルティをご紹介します。

51日から3日まで、ジョグジャカルタ特別州のスレマン県にあるマルゴアグン村の人々が集まり、ムバ・ブレガス村のメルティという伝統行事が開催されました。ムバ・ベルガスは、生前、西スレマン地域、特にマルゴアグン村とその周辺地域でイスラム教のメッセージを広める任務を負ったスナン・カリジャガの忠実な信者の一人として知られていました。彼は、強く、権威があり、単純な性格とアイデンティティを持っていることでも知られています。主な収穫期の後に行われるこの伝統は、ムバ・ブレガスを偲ぶほかに、豊かな収穫への感謝の気持ちと、将来いかなる条件によっても収穫が妨げられないようにという祈りの表れでもあります。

ムバ・ブレガス村のメルティの伝統は、マジャパヒト時代から何世代にもわたって続いています。この伝統も、年に 1 回だけ、/特に 5 月の金曜日のクリウォンに行われます。ムバブレガス村の一連のメルティには、大朗読、ワヤンダンス、ジャティラン芸術パフォーマンス、聖水収集、墓巡礼、大祝宴、文化カーニバル、伝統的な儀式行列が含まれます。この行列の主なイベントは、村の清掃と文化的なカーニバルです。村の清掃行列はいくつかの場所で行われました。具体的には、ムバ・ブレガスの瞑想の場所としてリンギン・ギノとして知られるガジュマルの木、過去にムバ・ブレガスが日常生活に通常使用していたセンダン・プラナンガン、ムバ・ベルガスとスナン・カリジャガ、そしてムムバ・ブレガスの墓の集会場所としてのクラマットです。

ムバ・ブレガス村の伝統行事メルティは、ングリンギン(ガジュマルの木)、センダン・プラナンガン、クラマットにトゥンペンや市場の軽食の形で供物を与えることから始まります。儀式でガジュマルの木に水をやるために使用されるセンダン・プラナンガンのティルト・サプトの 7 つのクレンティング(水差し)から聖水を汲む行列は、周囲の自然と生活文化の活性化と保護の象徴です。儀式はムバ・ブレガスの墓への巡礼に続きます。その後、コーケカン、カラウィタン、マチャパタンの伝統的なパフォーマンスが続きます。活動の最盛期には、供物の山とともにカーニバルが開催され、その後、運ばれて祈った供物の山を奪い合うンガラップという祝福を求める行列が開催されます。この一連の伝統的な儀式の最後はコーランの朗読であり、一晩中行われる影絵人形劇で終わります。影絵人形劇そのものは、イスラムの説教に基づいた劇、すなわちジマット・カリマサダ、デワルシ、ペトルク・ジャディ・ラトゥを取り上げることで、スナン・カリジャガを讃える象徴となっています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 82 times