Friday, 14 June 2024 07:11

ジャカルタ特別州のSADARIAHの服

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、ジャカルタ特別州のSADARIAHの服をご紹介します。

ジャカルタ特別州政府は、ベタウィ文化の 8 つのアイコンを発表しました。そのうちの1つはサダリアの服です。サダリアの服は、典型的なベタウィの男性用伝統衣装で、一般的にココの服と同じ形をしていますが、通常は無地です。このサダリアの服は、中国シザーの服とも呼ばれ、テロンパ(サンダル)、黒または赤のペチ(帽子)と合わせて着用されることがよくあります。

当初、この典型的なベタウィの衣服は、イスラム教の寄宿学校地域で成長、発展しました。当時、イスラム教の寄宿学校は、シラット武術の教育と指導の中心地として使用されていました。当初、サダリアの服は、モスクに行ったり、施しをしたりするなど、宗教活動のために着用されていました。そして、サダリアの服は、無地または白の服で、ゆったりとしたカットでパランバティックの模様が入ったコンプランパンツを履いていました。補足として、ベルベットで作られた黒または赤のペチや、スカーフのように首に巻く布の名前であるクキンも使用されます。クキンは、オンデル・オンデルとモナスのイメージで装飾されたサロンまたはベタウィのバティック模様の布です。

時間とともに、サダリアの服は、デザインと用途が進化しました。これらの変化は、文化的交流や繊維製造技術の革新など、さまざまな要因の影響を受けています。モチーフ、カラー、素材が変わりました。使用される素材は、より軽量になり、サイズはより多様になり、モダンなアクセサリーが追加されました。この典型的なベタウィの衣服は現在、フォーマルなイベントから日常使いまで一般的に着用されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 142 times