Tuesday, 21 May 2024 09:13

バリ島の踊り SEKAR JAGAT

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、バリ島の踊り SEKAR JAGAT をご紹介します。

去る518日、各国の指導者らが世界水フォーラム(WWF)に出席するためにバリ島を訪問しました。彼らは、タジキスタンのクヒル・ラスルゾダ首相、ハンガリーのヤノス・アデル元大統領、パプアニューギニアのジョン・ロッソ副首相です。この 3人の国賓の到着は、インドネシア軍の精鋭である大統領治安部隊の儀仗隊または非常線部隊によって歓迎されました。 3人はまた、バリ舞踊のグループ、セカール・ジャガットの踊りにも歓迎されました。

セカール・ジャガットダンスは、バリ社会におけるゲストのオープニングまたは歓迎のダンスです。セカール・ジャガットという言葉は、実際のところセカールとジャガットという 2 つの音節から取られています。セカールとはvインドネシア語で花を意味し、ジャガットは宇宙または世界を意味します。このダンスは、1993年にジャカルタでのバリ・ワストラ展示会の開幕を記念して、N.L.Nスワスティ・ウィジャヤ・バンデムによって作られました。

セカール・ジャガットダンスは、普通 4 7 人の女性ダンサーによって演じられ踊りは、宇宙の平和を表現すると同時に、花の香りが香る雰囲気を表現しています。このダンスでは、それぞれの ダンサーが持っている花束が主要な持ち物であることは驚くべきことではありません。この歓迎の踊りは、その場にいるゲストを歓迎するダンサーの喜びも表しています。この喜びは、ダンサーの踊りや身につけている 衣装の美しさを通して表現されます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 101 times Last modified on Wednesday, 22 May 2024 09:24