パソナインドネシア

パソナインドネシア (736)

05
July

ペソナインドネシアです。今回は、西ジャワ州の伝統的な式典「Ngertakuen Bumi Lamba」をご紹介します。

626日に、宗教を縦断した 住民達が、西バンドン県のタンクバンプラフ山で行われた「Ngertakeun Bumi Lamba」式典に出席しました。Ngertakeun Bumi Lambaは、200年前の古代スンダ山の噴火で残った火山であるタンクバンプラフ山を含む、神聖な場所と見なされる 3つの山を守るために先祖から託されたメッセージを実行するものです。この式典は、また 山の周りにある 天然資源への感謝の形でもあります。

この式典には通常、スンダ族の音楽と踊り、そしてそこで人々に祝福を与えた全能の神に捧げられた祈りが伴います。通常、Ngertakeun Bumi Lambaの伝統的な式典は、Sunda SuryakalaカレンダーのKapitu1日に行われます。このKapitu月は、スンダの人々が抱く信念で、太陽が地球の最北端から南に到着したばかりの7か月目です。Ngertakeun Bumi Lambaの参加者は、スンダ人だけではありません。式典は常に他のさまざまな部族を招待し、一連の式典に参加します。複数の参加者は、タンクバンプラフ山は 神聖な山で、インドネシア群島の本来の信仰の 多くによって 清められなければならない 古代の山であると みられているためだと信じています。

Ngertakuen Bumi Lambaの式典は、供物の準備し、ひれ伏して 手相を 見ることで 始まります。これらの供物は、教典の一形態 または スンダ人の信仰で 長老たちとコミュニケーションをとる方法です。供物は、人間に生命を与えた 農産物から 取られています。スンダ人は、自然のバランスを維持することが、Sang Hyang Karesa(創造主)およびSang Hyang Widhi(全能者)との関係を維持する方法であると信じています。その後、参加者はKarawitan(スンダ音楽)の伴奏に合わせて踊ります。このセッションでは、異教徒を含め 誰でも参加できます。イベントはTarawangsaに続き、 TarawangsaJentrengの楽器の伴奏に合わせて踊る 首にスカーフを巻いた女性によって 始まります。誰もが 演奏される テンポに合わせて ダンスに参加できます。タラワンサは通常、Dewi Sri(米の母)への敬意の形として、または特定の伝統的な儀式がある場合に、収穫月ごとにも 行われます。一連のイベントは 参加者と訪問者が 一緒に食事をして終わりに なります。 その後、参加者はタンクバンプラフ山に供物と儀式の主な供物のいくつかを持ってきます。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もほかの興味深いトピックでまたお会いしましょう。

04
July

パソナインドネシアです。今日は、東南スラウェシ州のWAWOLESEA温泉をご紹介します。

北コナウェは、南東スラウェシ州の県の1つです。北コナウェは、観光客に広く知られている自然、文化、海洋の観光にまれています。例えば、ラジャ・アンパット観光地のミニチュアであると言われているラベンキ島は、この地域で人気のある観光名所の1つです。さらに、このエリアには、Wawolesea温泉、タイパビーチ、「ダイヤモンド・トライアングル・ツアー」と呼ばれるラベンキツアーの3つのお気に入りの観光地もあります。今回はダイアモンドトライアングルツアーのひとつ、ワウォレシー温泉についてお話します。

Wawolesea温泉は、北コナウェ県のラソロ地区にあります。ウェールズとしてよく知られているお風呂は、とても簡単に行くことができます。南東スラウェシ州の州都であるケンダリ市から、入浴場所までの距離は、約80キロと北コナウェ県の州都であるワングドゥ地区から20キロです。ケンダリからこの観光名所へは、陸上交通機関を利用して約2時間かかります。この温泉は、石灰岩の山中にあり、何百もの温泉があり、地球の腸からの温泉の放出が止まりません。

観光地全体が白亜で、水はとても澄んでいて、植生に囲まれています。運が良ければ、森を歩き回るサル、鹿、鳥に出会うことができます。お好みに合わせてお湯の量をお選びいただけます。地元の人々の信念によれば、この入浴水は、硫黄含有量が高いため、様々な病気を治すことができるため、入浴だけでなく、この入浴の恩恵を受けることもできます。

お風呂の東側には、転覆した船の後ろに似た石があります。地元の民間伝承によると、この石は、 Wawolesea王国の歴史に関連しています。神話は、勇敢で尊敬されていることで知られているWawolesea国王が自分の息子と結婚し、われて船の形をした石になったというものです。この石の上からは、ラベンキ島とバフル島が見える外洋が見えます。Wawolesea温泉の観光名所には、バスルーム、休憩所、レストラン、駐車場など、様々な設備が整っています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

14
June

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州の観光地BANTOL(バントール)ビーチをご紹介します。

マラン市には、多くの隠れたビーチがあります。そのうちの1つは、東ジャワ州マラン県のドノムリョ地区、バンジャレホ村のサンバーセレンの集落にある南海岸にあるバントールビーチです。バントールビーチは、ゴミがほとんど散らばっていないので、とても澄んだきれいな水があります。バントールビーチの波も、湾に遮られ、海岸線に沿って珊瑚礁で保護されているため、それほど大きくはありません。干潮時には、珊瑚礁がはっきりと見え、とても美しいですが、満潮時には、波が砂や岩を激しく掃くことができます。

バントールビーチエリアには、森から流れる小さな川の河口である汽水湖もあります。この汽水は新鮮で、飲料水として使用できます。森の中には、石灰岩の採掘であった洞窟もありますが、やがてこの場所は、観光名所になりました。午後は、バントゥルビーチに日没を待っている間、座ってくつろぐことができます。そして、夕日を見るのに最適な場所は、海の真ん中にわずかに突き出たカラン・ペサングラハンです。ペサングラハン自体は、東側のバントール湾に隣接する岩の上にあります。これは、日没ときに観光客が通常集まる場所です。

バントールビーチに行くのは、それほど難しくありません。マラン市内中心部から来た場合、このビーチは約60キロです。バントールビーチへの道は良く、舗装されているので、どんな車でも使えます。夜のテントを張ってバントールビーチで夜の雰囲気を楽しみたいなら、ここもキャンプの場所があります。エビやロブスターがお好きな人には、様々な種類のロブスターがあり、味わうことができるので、この場所は、ぴったりの場所です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

08
June

パソナインドネシアです。今日は、ジョクジャカルタ特別州の観光地TINALAH(ティナラ)村をご紹介します。

ティナラの観光村は、自然、教育、文化的な観光の可能性に富んだ観光村です。この観光村は、海抜117メートルのメノレ丘エリアにあり、毎日の気温は、摂氏2532度です。ティナラ川とメノレ山脈エリアに位置するこの観光村は、自然と文化の魅力をスローガンに、自然と文化的価値を統合するというコンセプトを持っています。そのうちの1つが、ティナラ村です。ジョグジャカルタ特別州の他の地域と比べると、この名前は、まだいささか聞き覚えがないかもしれません。

しかし、クロンプロゴ県にあるこのティナラ村は、観光・創造経済省が開催した2021年のインドネシア観光村賞イベントでトップ50の観光村に入ることができました。ティナラ観光村の名前は、ティナラ川の名前に由来しています。ティナラ観光村は、しばしばティナラ女神と呼ばれ、アウトバウンド、キャンプ、トレッキング、リバーチュービングパッケージを含むさまざまなツアーパッケージを提供しています。

ジョグジャカルタ市から25キロのこの村には、かつてディポネゴロ王子の隠れ家だった歴史ツアーの1つであるスリティ洞窟など、多くの自然観光の可能性があります。次に、観光客がメノレ丘陵の日の出を楽しむことができるティナラ観光村の開発ポイントの1つであるクレコピークがあります。この地元住民が管理する観光村では、様々な種類のツアーパッケージを用意しています。例えば、ジョグロウィグナとオマクに滞在したり、自然と一緒に滞在したり、ジョグロハウスに滞在したり、また、アウトバウンド、キャンプ場、マクラブジョクジャ、ティナラチュービング、家族やコミュニティの集まり、ティナラトレッキング、ティナラ川の探索、ジョグロ会議室、クレコピークでの生活と自然観光などを体験することができます。これらのパッケージにはすべて、確かにさまざまなインスタ映えするフォトスポットがあります。

自然観光に加えて、この観光村は、歴史的なツアーも提供しています。なぜなら、ティナラ観光村には、歴史的建造物を保管する場所である博物館、すなわち国のパスワード博物館があるからです。この観光村は、ジョグジャカルタ特別州、クロンプロゴ県、サミガル地区、プルウォハルジョ村の5キロのPersandian通りにあります。この村には、あらゆる種類の自家用車、車、オートバイ、バスで行くことができます。

ティナラ観光村は、ジョグジャカルタの文化に基づいた観光運動の一部であり、サンバンゴ運動、つまり山岳地帯の観光名所を訪れ、創造的な経済活動を行っています。この概念は、自然と文化の魅力であるティナラの観光村の用語に統合されています。ティナラ観光村は、忙しくて疲れる仕事の後に、疲労を和らげ、新鮮さと熱意を取り戻すための場所として使用できます。新鮮な空気が観光客をリラックスさせ、健康にします。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

07
June

ペソナインドネシアです。今回は、ジョグジャカルタの 観光地 Pancoh村についてご紹介します。

ジョグジャカルタのスレマン地区を旅行すると、色々な 特徴や魅力を持つ さまざまな興味深い観光村がありますが、 もし自然保護に興味があるなら、Pancoh観光村を訪れる必要があります。この村は環境に配慮した村として知られていて、メラピ山の斜面にある 保水地域に あります。そのために 村の人々は環境の保護、特に水質に非常に関心を持っています。この村は ジョグジャカルタ市の中心部から約15キロの ところにあり、現地時間の08.00から20.00まで毎日営業しています。

ここでは、さまざまなアトラクションが 提供されます。 文化的なイベントは たとえば、Wiwitanや、Gamelanの演奏、そして 伝統的な方法での 畑の耕作などです。自然観光は、バイオガスの処理や、川を渡ること、稲作、サラクの収穫などです。Pancoh観光村を訪れるのは 単なる旅行ではなく、環境保全にも取り組むことにも なります。泊まりでの活動は 村に宿泊して 村が提供する活動に参加します。1泊あたり15,000ルピアを 環境保護料金として支払いますが、 その料金は 後で、植樹という形で環境保全活動に充てられます。

Pancoh観光村の訪問者のお気に入りのアクティビティの1つは、渡河川を渡ることです。この活動はすべての年齢層に優しいです。川のルートは かなり遠いですが、ガイドが 距離を短くするように 指示するので、心配しないでください。それに 負けない 活動には キャンプが あります。広いキャンプ場があり、もちろんアウトバウンドも完備しています。マネージャーは、ガイド付きの多くのアウトバウンドゲームを提供します。さまざまな活動を楽しんだ後は、ここで入手できるDawetWedang jahe sere、サラクワインなどの さまざまな料理を 忘れないで下さい。あなたはJenang sumsum(お粥) Wajik salakBakwan salak、そしてJenang grandul など 様々な伝統的な食べ物を試してみる必要があります。Pancoh観光村で提供される施設も非常に充実しています。シャワールーム、礼拝室、広い駐車場、屋台、ホームステイがあります。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もほかの興味深いトピックでまたお会いしましょう。

06
June

パソナインドネシアです。今日は、ランプン州の観光地 SARI RINGGUNG ビーチをご紹介します。

サリ・リングガンビーチは、ペッサワラン県パダン・セルミン地区のシドダディ村にあります。サリ・リングガンビーチに行くには、バンダールランプン市から60分かかります。旅がバカウヘニの港から始まる場合は、約102 キロの距離または交通渋滞でない場合、約230分かかります。サリ・リングガンビーチに入るには、オートバイの料金は5000ルピア、四輪車の料金は10,000ルピアです。さらに、20,000ルピアの入場券も支払う必要があります。ビーチエリアに入ると、白い砂浜と澄んだ水で迎えられます。ビーチの周りには、緑の小屋があります。

サリリングガンビーチへの旅行では、水泳やシュノーケリングで海水の新鮮さとその水中の美しさを楽しむことができます。このビーチの波は、大きくないので、泳ぐときに心配する必要はありません。水泳後、このビーチで訪問しなければならない興味深い目的地、すなわち. Pasir Timbul(上げられた砂)がまだあります。 Pasir Timbulは、満潮時に上昇する土地を形成するのでとても魅力的ですが。満潮時でも、Pasir Timbulの土地はまだ見えています。このPasir Timbulの場所は、観光客がボールを遊びたり泳いだりするのに人気の場所です。そこに着くには、ボートを使わなければなりません。レンタル料金は、一人当たり約15,000ルピアで、約15分かかります。訪問者は、地元住民が所有する魚のケージエリアとアル・ミナフローティングモスクというユニークなモスクを見ることができます。

サリ・リングガンビーチのパノラマを高所から見たい人は、マウンテンビューに登ることができます。ここでは、ビーチ、青い海、丘の景色を望むスポットがあります。また、遠くにPasir Timbulも見えます。ビーチの周りには、レンタル可能なコテージがあります。このコテージでは、ビーチの雰囲気を楽しみながら休むことができます。昼食を持参すれば、ここでも楽しめます。昼食を持ってこない人は、ここにたくさんの食料品店があるので心配する必要はありません。また、ビーチの真ん中にブランコがあり、写真を撮ったりブランコをしたりするのに人気のスポットです。駐車場、礼拝室、水遊び後のすすぎ用トイレもご用意しております。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

28
April

パソナインドネシアです。今日は、西スマトラ州のGODANG KOTO NAN OMPEKモスクをご紹介します。

このラマダン断食月は、西スマトラ州のパヤクンブにご招待します。西スマトラ州の州都であるパダン市の北約120キロにあるこの小さな町には、ミナンカバウ人のイスラム教の発展の歴史的記録でいっぱいのモスクがあります。パヤクンブ市内中心部からそう遠くない、正確には西パヤクンブ地区のバライナンドゥオ村に、ミナンカバウの古いスラウという礼拝堂の典型的な建築である木造の古いモスクがあります。その名は、Godang Koto nan Ompekモスクです。「ゴダン」は、ミナンカバウ語で「大きな」を意味する「ガダン」という言葉のパヤクンブの方言です。一方、コトオンペックはそれが位置する村の名前です。

このモスクは、1840年頃、当時のKoto nan Ampek地域の4人の寄贈の形の土地、つまりダトゥク・バンソ・ディラジョ・ナンヒタム、ダトゥク・ラジョ・マンティコ・アラム、ダトゥク・パドゥコ・マジョレロ、ダトゥク・シナロ・カヨの土地に建てられました。当時、モスクの建材は、住民が集めました。木材は、Koto Nan Ompek周辺の荒野から採取され、バタンアガム川を利用して建設現場に運ばれました。このゴダンモスクは、尖ったピラミッドの長方形の屋根の形をしており、3つのレベルのそびえ立つ階段があります。高床式住居を基本コンセプトとする建物は、大きな柱を主な支柱として、上に向かって横に広がって立っています。このような建物の構造物は、この地域を頻繁に襲う地震の衝撃に強いと言われています。このモスクの建物は、西スマトラ州で発生した数十回の地震に耐えることができることが証明されています。

一般的に、このモスクの建物は、木製の壁の周りに伝統的なミナンカバウの彫刻の装飾品を含め、元の構造を維持しています。モスクの柱は、元の状態と同じであると推定されています。最大の変化は、以前は屋根がヤシ繊維で覆われていたモスクの屋根でしたが、現在は、金属製の屋根タイルの形でトタンに置き換えられています。興味深いのは、モスクの中庭、ミフラーブの真正面、またはモスクの西側に、一見すると記念碑や寺院のように見える2メートル以上の高さの建物があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

22
April

パソナインドネシアです。今日は、西スマトラ州のAIA AKA(アイア・アカ)という飲み物を紹介します。

イフタールための飲み物と食べ物には様々な特別メニューがあります。インドネシアのイフタールの飲み物には、フルーツスープ、甘いお茶、若いココナッツアイス、ミックスアイスがあります。これらの飲み物に加えて、アイア・アカと呼ばれる別の特別な飲み物があります。この飲み物は、西スマトラ州のミナンカバウ人にとって典型的なイフタール飲料です。

アイア・アカは、グリーングラスゼリーとブラックグラスゼリーの両方のグラスゼリーから作られたさわやかな飲み物です。使用されるグラスゼリーは、天然のグラスゼリーから作られ、伝統的に作られています。その製造では、最初にグラスゼリーの葉を手で絞り、次にこの水を容器に入れます。数時間放置すると、寒天やゼリーのようにとろんとします。アイア・アカのサービングを楽しむために、グラスゼリーは2つの特別なタイプのソース、すなわちココナッツミルクとブラウンシュガーの混合物のソースまたは絞りたてのオレンジとホワイトシュガーの混合物のソースで飲まれます。

アイア・アカは甘くてさわやかな味わいなので、イフタール時に楽しむのにぴったりのドリンクです。さらに、この典型的なミナンの飲み物は、ミネラル、特にカルシウムとリンが豊富であるため、体に様々な利点があります。また、アイア・アカは胸焼け、便秘、鼓、下痢の治療薬としても効果的です。そして、低カロリーのダイエットプログラムを受けていて、食物繊維を豊富に取りたい人々にとっては非常に良い飲み物です。

西スマトラ州では、アイア・アカを飲むのはラマダン期間中だけではありません。通常の日でも、この飲み物は簡単に見つけることができます。通常、アイア・アカの売り手は、周囲に醤油のボトルと同じサイズのボトルが入ったリヤカーで飲み物を売り歩いています。ボトルの中身はさまざまで、白いボトルには、ココナッツミルクが入っており、黒いボトルには、溶けた黒糖が、オレンジのボトルには、白砂糖に絞りたてのオレンジを混ぜたものが入っています。これらのアイア・アカは、5000ルピアから10,000ルピアの価格で販売されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

21
April

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地MASJID KLENTENG(クレンテンモスク)をご紹介します。

今回のラマダン断食月では、中部ジャワ州のサラティーガ市にある一つのユニークなモスクへの宗教観光にご参加ください。その名前はクレンテンモスクです。建物の面積は、は約300平方メートルで、赤で占められています。建物の装飾品や付属品は、中国人が崇拝する寺院のように見えます。しかし、クレンテンモスク(Masteng)と書かれた看板は、イスラム教徒の崇拝に使用されている建物を示しています。場所自体は、シドムクティ地区、ドゥク村、サラティーガ市、アビヨソ通りにあります。

Mastengは、2005年に聖地メッカから戻った後、Yusuf Hidayatullah氏によって建てられました。 Yusuf Hidayatullah氏は、イスラム教に改宗した中国人です。当初、この建物はWisma Majelis Taklim Hidayatullahと名付けられていましたが、住民は、発音しやすくするためにMastengと呼んでいました。 Yusuf Hidayatullah氏が亡くなった後、2020年の終わりにチョリッドの兄弟(この寺院のモスクのマネージャー)アグス・アフマドが寺院のモスクのある1,700平方メートルの土地を購入しました。これまでのモスクは、その独特の形を維持することで、今でも力強く立っています。このモスクは、サラティーガ市に準拠した文化変容、つまり寛容を形づくっています。

現在残りの土地もエンパワーメントと教育のために開発されています。そして、クレンテンモスクのほかに、情報技術に基づくイスラム寄宿学校のために計画されている建物の建設が行われています。宗教活動もここで行われます。特に今月のラマダンでは、タラウィー、一緒にイフタール、コーランの朗読などの活動もたくさん行れます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

19
April

パソナインドネシアです。今日は、アチェ州の料理KUE TIMPAN(ティンパンのケーキ)をご紹介します。

アチェを 訪れるなら、アチェ独特の料理 Gulai Itik, Kari Kambing, Gulai Pliek U, Kue Timpan, Meusekat , Sate Matangなどを味わう事を忘れないで下さい。でも、もしアチェ独特のおやつやケーキなど軽食を味わいたいならティンパンケーキを試してみて下さい。ティンパンは、アチェ独特のおやつの一種で、もち米粉、バナナ、ココナッツミルクで作られています。これらの材料はすべて、もっちりするまで混ぜ合わされ、長く伸ばして中にスリカヤソースを入れます。その後、くっつかないように油を塗った若いバナナの葉で生地を包み約30分間蒸します。

ティンパンケーキは、スリカヤソースだけではなく、通常、すりおろしたココナッツも入っています。時代の移り変わりとともに、スリカヤソースにドリアンを混ぜたものもあります。また生地の材料であるもち米粉は、皮厚バナナやカボチャと混ぜることもあります。食べる時に、包んでいるバナナの葉を開けると、ケーキの香ばしい香りがします。このケーキはとても甘く、普通一杯のコーヒーまたは一杯のお茶と一緒に供されます。

もち米粉で作られるこの甘いケーキは、 Idul Fitriの祭日などイスラムの祝日のアチェの人々のお気に入りのお菓子です。通常、 Idul Fitri祭日の前に、アチェの人々は、このケーキを祭日に提供するために作ります。イスラムの祝日だけでなく、ティンパンケーキは、アチェの人々が開催するパーティー、懇親会、その他の重要な宴会でもよく見られます。美味しくて、老若男女を問わず、誰もが愛するケーキです。もし食べてみたければ、アチェに来てください。アチェには、このケーキを売る屋台が沢山あり、お値段は、比較的 安く一個あたり2000ルピアから5000ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 6 of 53