パソナインドネシア

パソナインドネシア (922)

04
October

パソナインドネシアです。今日は、ジョクジャカルタ特別州の観光地PEGUNUNUGAN MENOREH(メノレ山脈)をご紹介します。

メノレ山脈は、ジョグジャカルタ特別州のクロン・プロゴ県の西部、プルウォレジョ県の東、中部ジャワ州のマゲラン県の一部に広がる山岳地帯です。また、3 つの地区の自然な境界でもあります。メノレ山脈は、ジャワ戦争またはディポネゴロ戦争1825 1830 年)におけるオランダ植民地主義に対するディポネゴロ王子とその追随者の防衛基地として歴史的に知られています。

地形学的には、メノレ山脈地域は、複雑な地形をしています。メノレ山脈地域の複雑な物理的条件は、さまざまな岩石に作用して今日存在する景観を形成する内因性および外因性のプロセスの存在です。ボロブドゥール寺院から見ると、メノレ山脈の形は山の頂上に眠る人物を形作ると考えられており、それはボロブドゥール寺院の建築家とされるグナダルマであると考えられています。日の出は、メノレー山脈の頂上から楽しめる自然の魅力です。メノレ山脈の最高峰は、海抜 1021 メートルを超えるアヤム・アヤム山です。アヤム・アヤム山は行政上、プルウォレジョ県とマゲラン県の境界に位置しています。

特にクロンプロゴのメノレ丘陵は、グヌンキドゥルのセウ山ジオパークやバリ島のバトゥール山ジオパーク国立公園と同じくらい人気があると言うかもしれません。今でも、メノレ山脈のいくつかの自然の名所は、国内外の観光客のお気に入りのターゲットとなっています。特に祝日や週末は多くの観光客でわいます。メノレ山脈には、驚くべき自然の魅力があります。この地域は丘が大半を占め、その後に森林、峡谷、川、滝、洞窟、湖などが続きます。また、動植物の多様性にも富んでいます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

29
September

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地NAMPAN SUKOMAKMUR観光村をご紹介します。

メラピ山、メルバブ山、シンドロ山、スンビン山などの山々に囲まれた中部ジャワ州マゲラン市には、非常に美しい自然の観光名所が数多くあります。マゲランに来たら必ず訪れたいのが、ナンパン・スコマクムール観光村です。ナンパン・スコマクムールの観光村では、スンビン山を背景にした美しい棚田の景色を眺めることができます。この観光村の棚田には、野菜が植えられており、緑豊かな景色が広がっています。ナンパン・スコマクムールの観光村は、マゲラン市内中心部から約 28 キロメートルの距離にあり、移動には約 1 時間かかります。この観光スポットに入場するには、1 人あたり 10,000 ルピアの入場料がかかります。ナンパン・スコマクムール観光村に到着すると、この観光村は標高 1300 メートルの高地に位置しているため、山の涼しい空気が迎えてくれます。午前中は周囲の景色がまだ明るいため、午前中にお越しいただくことをお勧めします。スンビン丘を背景にした美しい景色もご覧いただけます。この観光村では、農園とその背後にあるスンビン山の美しさをカメラに収めようと、多くの観光客がセルフィーを撮りに来ます。農園での写真撮影のほか、展望台でも写真撮影が可能です。管理者は、木と竹で作られた展望台を設置しました。この展望台は、農園より高いところにあるので、スンビン山を背景にした農園の景色がよく見えます。そして、頂上からは、緑の丘の背後にある日の出の美しさを直接見ることができます。日の出を見る時間がない場合は、霧が降りるのを待つこともできます。展望台エリアにいると、まるで雲の国のようです。なぜなら、全面が霧に覆われているからです。この現象は通常、午後から夕方にかけて発生します。あるいは、雨が降ると霧が降りてきます。ナンパン・スコマクムールの観光村では、写真を撮る以外にも、比較的平坦な道が整備されているため、ジョギング、ウォーキング、サイクリングを楽しむこともできます。ここのトラックはアップダウンがあり、非常に挑戦的です。キャンプが好きな人のために、この観光村には、キャンプ場もあります。この村のキャンプの雰囲気はとても心地よいです。ナンパン・スコマクムール観光村には、トイレ、モスク、市場、屋台などの補助施設が備わっています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

28
September

パソナインドネシアです。今日は、ジョクジャカルタ特別州のMERTI UMBULの伝統をご紹介します。

長い乾季がインドネシアを襲いました。インドネシアでは長期にわたる干ばつの影響で、いくつかの地域が干ばつに見舞われています。このような状況の中、ジョグジャカルタ特別州のスレマン県にあるサレン・ハムレットの人々は、923日にメルティ・ウンブルの伝統を執り行うために集まりました。彼らは、祝福の源であると考えていた泉を保存するために、メルティ・ウンブルの伝統を開催しました。それとは別に、この伝統は、神の恵みへの感謝の表れでもあります。なぜなら、いくつかの地域で水危機が起きている中でも、きれいな水がまだ豊富にあるからです。ウンブル(泉)・サレンは、集落の南にあります。サレン集落の人々は、毎日の必要な水をこのウンブルで賄っています。このウンブルは、サレン集落の住民だけでなく、ウォノサリ、ベンドゥンガン、ポコ、クレガン、カランサリなどの他の集落の住民にも広く利用されており、多くの人々の命の源、あるいはウンブル・スンベル・パングリパンと呼ばれています。地元住民にとって、この伝統は感謝の気持ちを表現するだけでなく、地元の知恵を継承するという意味でもあります。ウンブル・サレンの伝統は、山と住民の農作物を積んだ行列がサレン集落の家から約 600 メートル離れたウンブル・サレンまで徒歩で運ばれることから始まりました。この行列は、ベルゴドの軍隊パレードによって先導されました。ベルゴド軍隊は、ジョグジャカルタ宮殿の軍隊または兵士でした。山ほどの農作物は、参加した住民に配布される予定です。この伝統は、一晩中行われる影絵人形劇で終わります。メルティ・ウンブル伝統イベントでは、人形遣いのキ・ダルミント氏による『バヒュ・スーシ・ペルウィタ・サリ』の影絵公演が行われました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

27
September

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地TEMANGGUNG県県に来てみてはいかがでしょうか。テマングン県は、山岳地帯に位置し、まさにスンビン山の斜面にある肥沃な土壌があります。肥沃な土地があるため、農耕むことは、人々の日常的な活動であり、農産物はテマングン県の人々の日々のニーズを満たす主な収入となっています。テマングン県の優れた農産物の 1 つはタバコです。タバコは、この地域で豊富に生育する植物で、インドネシアでも最高品質のタバコの一つです。それがテマングン県がタバコの街と呼ばれる所以です。農家が収穫・加工したタバコ葉は、自由に販売されるだけでなく、インドネシア最大級のタバコ工場に原料を供給するためにも販売されます。農家の中には、最高のタバコを発酵させて、スリンティルと呼ばれる世界で最も高価なタバコを作る人もいます。テマングンは、タバコに関する教育観光を提供しているだけではありません。なぜなら、テマングン県には、非常に美しい自然の観光地もいくつかあるからです。テマングン県滞在中に訪れることができる場所には、ポソン観光公園、クレドゥン・エンブン観光公園、シガンドゥル・ビューなどがあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

21
September

パソナインドネシアです。今日は、バリクパパン市の料理PISANG GAPITをご紹介します。

バリクパパン市を訪れたら、ぜひ味わってほしいピサン・ガピット(クランプされたバナナ)と呼ばれる特別な料理があります。名前が示すように、この典型的なバリクパパン料理は、ケポックまたはホーンバナナの種類の特別なバナナから作られます。次にバナナをクランプして平らにし、炭火で焼きます。加工中にバナナをクランプする必要があるため、この料理は地元住民によってガピットバナナと呼ばれています。ガピットという言葉自体は、バンジャール語とクタイ語に由来しており、クランプを意味します。通常、ピサン・ガピットのお店(みせ)では、特別なクランプを使用してバナナを平らにしてから焼きます。それは、開閉できる本のような形のクランプです。

バナナはすぐには食べられないので、熟してから焼きます。食べるためには、まずバナナを細かく切り、特製のソースをかけて食べます。このソースは、ブラウンシュガー、ココナッツミルク、コーンスターチ、ジャックフルーツの混合物を混ぜて作られています。食べると、本当に食欲をそそる味わいで、特に雨の日に紅茶やコーヒーと一緒に楽しめます。

バリクパパン市では、ピサン・ガピットのお店をよく見かけます。通常、彼らは、午後に道路脇で商品を販売します。伝統的なバリクパパンのおいしい料理を味わいたい場合は、マハカム川岸エリア、またはバリクパパン菜園インプレスマーケットの向かいに来てみてください。そこでは、多くのピサン・ガピットのお店が列をなし、1 個あたり 5,000 ルピアから 10,000 ルピアの価格で/商品を販売しているのを見つけられるでしょう。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

20
September

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の観光地EMBUNG KLEDUNGをご紹介します。

日の出と日没を一度に楽しめる場所をお探しなら、中部ジャワ州にあるエンブン・クレドゥンが最適です。眼前に広がる自然のパノラマは、本当に素晴らしく、新鮮な空気がシンドロ山の美しさと、かなり大きな人造湖で飾られた目の前のスンビン山と組み合わされています。多くの観光客は、この景色を日本の富士山を背景にした河口湖の景色と比較します。エンブン自体は、元タバコの耕作地に人々によって作られた貯水池を意味します。この場所は、乾季に水を供給するための雨水を集めるために建てられました。当初、この貯水池は貯水池としてのみ使用されていましたが、現在ではエンブン・クレドゥン地区が観光名所として整備し、キャンプ用のエリアが提供されることで状況は変わりました。ここでできるアクティビティがいくつかあります。キャンプ以外にも、日の出や日没を見ることができ、もちろん素晴らしい背景で写真を撮ることもできます。さらに、エンブンの位置はスンビン山とシンドロ山に隣接しています。エンブン・クレドゥンは確かに 24 時間ノンストップで営業していますが、営業時間は通常の観光(キャンプ以外)とキャンプの 2 種類があります。キャンプをせずにエンブン・クレドゥンを訪れる観光客の場合、営業時間は午前5時半から午後6です。それとは別に、キャンプ以外の入場券の価格も異なり、1人あたりわずか7,000ルピアと安くなります。エンブン・クレドゥンは、中部ジャワ州テマングン県、クレドゥン・パラカン地区、トラハブ村のKM.12パラカン・ウォノソボ通りにあります。テマングン県の中心部からの距離は、約 21 キロメートル、移動時間は約 45 分です。 1人当たり5000ルピアの入場券があれば、ここのさまざまな施設も楽しむことができます。特に夜間から早朝にかけて空気が冷たく感じられるため、暖かい服装をお忘れないでください。シンドロ山の美しさを完璧に見たければ、天気が良いときに来てください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

19
September

パソナインドネシアです。今日は、南スラウェシ州の伝統的なな飲み物SARABBAをご紹介します。

南スラウェシ島へ旅行したら、色々な独特な料理、特に伝統的な飲み物を楽しんでみてください。その1つがサラッバまたはサラバです。この飲み物は、良い香りがして少しスパイシーです。南スラウェシ州の人々によると、サラバは、元々 アラビアの飲み物だと言うことです。サラバは、メッカの街で断食明けに供される飲み物に似ていると言われています。この飲み物は、普通断食明けに食べる甘いものタクジルとしてデーツと一緒に出されます。

サラバは、生姜、、黒砂糖、ココナッツミルク、そして少量のコショウを混ぜ合わせて作られます。サラバは通常、揚げたバナナや揚げたサツマイモと一緒に提供され、特製のサンバルを忘れずに付けます。通常、サラバは、3種が売られていて、それは、レギュラーサラバ、卵サラバ、牛乳サラバです。サラバは通常、他の材料を加えずにオリジナルの、または本物の味がします。卵サラバには卵黄を加え、牛乳サラバには牛乳を加え、それぞに独自の味があります。

南スラウェシ州のマカッサルの人々は、普通体を温めるためにサラバを飲みます。また、一日の活動の後にスタミナを回復する働きもあります。それとは別に、サラバには体の健康にも非常に良い効果があります。サラバに含まれるショウガには、血行を良くし、お腹の張りや片頭痛を治す効果があります。サラバを飲んでみたければ、マカッサルでは多くの業者がこの伝統的な飲み物を1杯あたり20,000ルピアと比較的安い価格で販売しています。グラスに卵を追加する場合、5000ルピア程度の追加料金がかかります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

13
September

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州のSIGANDULで美しい写真を撮ることについてお伝えします。

お気に入りの携帯電話やカメラでその瞬間を捉えなければ、どこかへ旅行することは決して完了ではありません。旅行中に求めるもののひとつは、写真の背景となる美しい風景です。中部ジャワ州テマングンの最新観光地の一つであるシガンドゥル・ビューは、山や農業などの自然を背景に写真を撮りたい、そしてお腹も満たしたいという欲求を満たすのに十分な場所です。数時間写真を撮るだけでは物足りないという方には、宿泊できるヴィラも用意されています。

この場所は非常に戦略的で、テマングン・ウォノソボ道路沿いにあり、シガンドゥル橋からわずか 170 メートルです。テマングン市内中心部からの距離は約 17.3 キロメートルです。ここへは車で約30分で到着します。シガンドゥル・ビューには、山、農業、田園風景を背景にした写真撮影に最適なスポットがたくさんあります。お気に入りの場所の 1 つは、ガラスの橋です。山や農業の美しい自然を眺めることができるほか、自然のパノラマを足元に見ながらガラスの橋を歩くと、アドレナリンが分泌されます。この場所では、足元に自然のパノラマを眺めながらガラスの橋を歩くと、アドレナリンを試すこともできます。シガンドゥル・ビューは、さまざまな魅力的でインスタ映えする設備を備えたコーヒーのコンセプトとレストランを提供しています。シガンドゥル・ビューは、若者のたまり場としてだけでなく、家族連れの観光スポットとしても最適です。なぜなら、子供たちはウサギと遊んだり、透明な池で鯉に餌をあげたりできるからです。

シガンドゥル・ビューの周囲の涼しい空気は、訪問者を長めに家にいるように感じさせます。特に晴れていれば、そのパノラマはさらに素晴らしいものとなるでしょう。シガンドゥル・ビューでは、写真の背景としてスンビン山とシンドロ山のパノラマを提供します。シガンドゥル・ビューは、毎日午前 8 時から午後 9 時まで営業しています。夜の雰囲気を楽しみたいなら、宿泊して翌朝美しい日の出を楽しめるヴィラもあります。また、テマングン地域をさらにエキサイティングな方法で探索できるジープレンタルパッケージもあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

08
September

パソナインドネシアです。今日は、バンテン州のWALIJAMALIHAダンスをご紹介します。

サンディアガ・サラフディン・ウノ観光・創造経済大臣は、ジャカルタで開催される第43ASEANサミットの一連の議題に出席するASEAN指導者や国家元首の到着を歓迎しました。サンディアガ・ウノ大臣は、月曜日1130分に到着したカンボジアのフン・マネ首相を歓迎しました。カンボジア首相の到着を歓迎する際には、バンテンのワリジャマリハダンスが披露されました。ワリジャマリハダンスは、主賓を歓迎するときの喜びを表現しています。ワリジャマリハダンスには、エネルギーに満ち、陽気で、フレンドリーで温かいバンテンの人々の文化、価値観、特徴を伝える特別な要素が表現されています。

ワリジャマリハダンスは、2010 11 5 日のアニェール・フェスティバルで典型的なバンテンダンスとして公開されました。それ以来、ワリジャマリハダンスは、歓迎のダンスとして催されてきました。このダンスはバンテンのアイデンティティを表しています。このダンスの発案者は、当時バンテン州知事ラトゥ・アトゥト・チョシヤ氏でした。ワリジャマリハダンスのダンサーのほとんどは女性です。なぜなら、これは、宗教的な雰囲気の中で、オープンで陽気、友好的、温かくエネルギッシュなバンテン族の性格を反映しているからです。このダンスパフォーマンスを見ると、温かい印象のほかに、イスラム的なニュアンスも感じられます。ワリジャマリハのダンサーが着る服には、イスラム教を信奉するバンテン族の大多数を反映した宗教的なニュアンスがあります。

ワリジャマリハの語源は、アラビア語で、美しさや魅力のある地域を意味します。ワリジャマリハという言葉は、ファイブリー(自然)、ワリサハビル(世襲の歴史がある)、ワリッディーニハ(宗教的服従)、ワリジャマリハ(魅力)といういくつかの単語の組み合わせでもあります。ワリジャマリハダンスは、ダンサーのリズミカルな動きを見せるだけでなく、魂を表現するという意味もあり、自然の豊かさ、帝国の歴史、宗教社会、多様性の価値を紹介する視覚的なコミュニケーションの手段でもあります。

パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

07
September

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州の料理RAWONをご紹介します。

7月、テイスト・アトラス料理百科事典によると、典型的な東ジャワ料理のラウォンが世界で最もおいしいスープに選ばれました。濃厚な黒いソースのような見た目の料理は、さまざまなハーブやスパイスを使用して美味しく調理されるため、注目を集めています。インドネシアの料理愛好家のスハルディアントさんは、ラウォンのおいしさが世界中に広まった理由の一つは、ケルアックの存在だと明かしました。アントという名で親しまれている男性によると、このケパヤンの木の実は「美味しくて濃厚な香り」を生み出すということです。

おそらくケルアックを食品に使用しているのはインドネシアだけかもしれません。ケルアックは、濃厚な香りを出して美味しいですが、もちろん調理方法も正しくなければなりません。

ケルアックのほかに、ラウォンの味を美味しくする鍵は、適切なスープを使用することです。彼によると、ラウォンに適したスープはジャンド脂とも呼ばれる胸肉から取ったスープだということです。味付けには、赤タマネギ、ニンニク、ガランガル、コリアンダー、レモングラスを使用し、ラウォンの旨味をさらに引き出します。ラウォンを作るには、スパイスの材料をすり潰しますが、まずレモングラスと生姜をすり潰します。その後、すべてを炒め、ライムの葉を加えます。最後に牛肉を加え、水を加えて炒めます。肉を柔らかくするために約1時間調理した後、短いもやし、揚げ玉ねぎ、ネギを添えて提供します。アントさんはまた、ラウォンは通常、エビクルプック、塩漬け卵、揚げテンペと一緒に食べられると語りました。

ラウォンは通常、エビクルプック、塩漬け卵、揚げテンペと一緒に食べられます。もう一つ特徴的なのは、サンバルです。私にとっては、生のサンバルです。

食べると、ラウォンはとても甘くておいしくて、そして本物の味がします。とはいえ、ラウォンはスラバヤの貴族の間で人気の料理でした。時間とともに、この料理はコミュニティでますます人気が高まっています。ラウォンは現在、インドネシアのさまざまな大都市で簡単に見つけることができます。価格は、食べるおかずに応じて、一皿 25,000 ルピアから 50,000 ルピアまでです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 6 of 66