Friday, 16 February 2024 07:09

西ジャワ州の料理RARAGUDIG

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の料理RARAGUDIGをご紹介します。

西ジャワ州クニンガンとチルボン地域を旅行すると、お土産として購入できる料理「ララグディグ」があります。さらっとした食感と甘みが特徴のこの料理は、油紙で包まれています。 2017年、ララグディグはインドネシア共和国教育文化省の無形文化遺産ウェブサイトの伝統料理カテゴリーの無形文化遺産として記録されました。ララグディグは、もち米、ココナッツ、砂糖を混ぜた米粉から作られます。ララグディクは、典型的な茶色をしており、大きさは1×2センチメートルです。お土産としてグルメの購入に興味がある方は、チルボンとクニンガン地域の土産物店や伝統的な市場で購入できます。価格は1パックあたり約18,000ルピアです。ララグディグは、オランダ植民地時代から存在しています。当初、このケーキは、祝賀行事の料理、特にベセク(祝賀行事の参加者が持ち帰るための竹で編んだ箱に入れられた食べ物)の内容に含まれていました。時間とともに、このケーキは祝賀行事だけでなく、午後にお茶を飲みながらリラックスするときに楽しめるケーキになっています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 142 times