Thursday, 29 February 2024 07:48

インドネシアの代表的なルジャックのさまざまな種類

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、インドネシアの代表的なルジャックのさまざまな種類をご紹介します。

インドネシアのグルメツアーに参加しているなら、ルジャックと呼ばれる伝統的なインドネシアのサラダを楽しんでみてください。さまざまな種類の野菜や果物を混ぜ合わせ、スパイスやソースをかけて食べるこの料理は、さまざまな地域で見られ、それぞれに特徴があります。今回は、インドネシアの代表的な様々な種類のルジャックをご紹介します。まず、ルジャック・ウ・グロ・アチェです。ほとんどのルジャックがスライスされたフルーツである場合、このルジャックはココナッツの殻から作られています。ココナッツの若い殻をこそぎ落として洗い、ルジャックの調味料と混ぜてライム果汁をトッピングします。新鮮でボリュームのある味わいです。

ジャカルタにも、独自の特別なルジャクがあります。それはルジャック・ジュヒ・ベタウィと呼ばれています。このルジャックは、発酵過程を経て乾燥させたジュヒまたはイカを主原料として使用します。ジュヒの他に、キャベツ、ジャガイモ、レタス、キュウリ、麺クルプックなどの具材も添えられています。ルジャック・ジュヒには、新鮮なピーナッツソースを上にかけます。

バリ島に来たら、ルジャック・ピンダンソースをぜひ試してみてください。ルジャック・ピンダンソースは、グリーンマンゴー、パパイヤ、グレープフルーツ、ケドンドンなど、さまざまなフルーツのスライスで構成されています。これが、ルジャック・ピンダンソースが一般的なルジャックと異なる点です。一般的にルジャックには、エビペーストソースかピーナッツソースがかかっていますが、この典型的なバリのルジャックには、実際にはピンダン魚の頭のソースがかかっています。特製ソースは甘み、旨み、辛さの三拍子揃った独特の味わいがあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 133 times