パソナインドネシア

パソナインドネシア (736)

19
January

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州の観光地TEBING NIRWANA(ニルワナの断崖)をご紹介します。

滝は、国の様々なな地域に広く広がっている観光地です。各地域の輪郭が異なるため、それぞれの滝には、独自性があります。その一つは、東ジャワ州、ルマジャン県、プロノジウォ地区のシドムリョ観光村にあるタンパック・セウ滝または「ニルワナの断崖」のように。この滝は、それを見るすべての人を驚かせるユニークさを持っています。たくさんの小川があるそびえ立つ崖は、水がこぼれるのを美しくします。崖に水がかかると、なだめるような自然な音がします。これらはすべて、1つの水源からではなく、多くの小川から来ています。半円形の崖とその周りに日陰の木があり、この滝は、とても緑で目を落ちかせます。

この滝は、東ジャワ州ルマジャンのシドムリョ村にあります。シドムリョ村は、ルマジャンの南約55キロにあります。平均所要時間は、約2時間です。この場所に到達するには、二輪車または四輪車を使用できます。アクセス道路は同じです。公共交通機関を利用したい場合は、ルマジャンのウォンレホターミナルからプロノジウォターミナルまでの交通手段を選択できます。その後、車でシドムリョエリアまで旅を続けることができます。より安全に感じたい場合は、この観光地のマネージャーがルマジャンターミナルとの往復シャトル施設も提供しています。5000ルピアのチケット価格で、一日中ニルワナの断崖の美しさを楽しむことができます。

この滝に向かう途中で、パノラマポイントまたは滝の美しさを楽しむ場所への滑らかな道を通ります。パノラマポイントに向かっている間、美しい雰囲気と両側のサラク果樹園を楽しむことができます。シドムリョ村は、サラク果物の製品で知られています。約10分歩くと、パノラマポイントに到着します。パノラマポイントに平行な高さの崖の広い広がりは、崖を目に見えて広く感じさせます。この滝は、屋外の観光地ですが、マネージャーは、まだ健康プロトコルを実行しているので、心配する必要はありません。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

17
January

パソナ・インドネシアです。今日は、東カリマンタン州の観光地BERAS BASAH島をご紹介します。

Beras Basah島は、マカッサル海峡にある小さな島です。行政上、この島は、東カリマンタン州のボンタン市の地域に含まれています。この美しい島は現在、ダイビングやシュノーケリングの愛好家の目的地です。この島に到達するための最速のアクセスは、スピードボートを使用して、NGLサイ桟橋を経由することです。15分かかります。その他のアクセスは、タンジュンリマウ桟橋とタンジュンラウトボンタンシティ経由です。ボートエンジンを使用し、約1時間かかります。

地元の民間伝承によると、Beras Basahという名前の由来は、昔、マカッサル海峡を航行していたクタイ王国の船だそうです。その船で、米などの食べ物を運んでいました。その後、大きな波にさらわれて沈没し、荷物をこぼれ落ちました。しました。沈没した海域が浅かったため、米を中心とした船の貨物は、沈みませんでしたが、塚のように見えるものもありました。やがて、お米の塚は、海に囲まれているため、いつも濡れているお米のような白い砂の島になりました。

海の真ん中に位置するBeras Basah島は、かつては約5ヘクタールの面積を持っていました。しかし今では海水に侵食されているため、島の幅は、たった2ヘクタール程に過ぎません。しかし、その美しさは、疑う余地がありません。ビーチの砂は、真っ白で、澄んだターコイズブルーの海の水があります。さらに、いくつかの場所に散らばっているココナッツの木は、リラックスするのに快適な日陰になります。さらに、この島にはガゼボ、更衣室、トイレ、屋台もあります。ベラスバサ島では、バナナボートやその他のアクティビティを楽しむこともできます。海の美しさが好きな人は、ダイビングやシュノーケリングを試すことができます。ビーチ沿いを歩くこともでき、運が良ければ、ウニ、イカ、ナマコなどの海洋動物を見つけることができます。

これで、パソナ・インドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

14
January

SEGO_GEGOG_JATIM.jpg

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州の料理(ゲゴグご飯)をご紹介します。

トレンガレクは、ジャワ島の南海岸に位置する東ジャワの地区です。トレンガレク地域の地形は、山と同様で、そのうちの1つは、トレンガレク市の北にあるベンドゥンガン地区にあります。そこの人々の大多数は、畑で農民として働いています。作業をスピードアップし、暑さかられるために、彼らは、できるだけ早く畑にやって来ます。このような状況のため、主婦が速くておいしいランチを準備することで創造的になりSego Gegog(セゴグゴグ)を作るというアイデアが作成されました。

Sego Gegogという名前は、「Sego Genem Godhong Gedhang」の頭字語で、バナナの葉で包まれたプネルのご飯という粘りがあり塊になったご飯を意味します。ゲゴグご飯のパケットには、白米とそのおかず、つまり小さなテンペスライスを混ぜたアンチョビソースが入っています。アンチョビの他に、マグロや砂嚢を使う人もいます。最初はご飯を半分炊き、おかずと一緒にバナナの葉で包み、き上がるまで蒸します。その後、ゲゴグご飯は、小さく包まれます。少量なので1人で23パックのゲゴグご飯を食べることができます。

食べると、すぐにバナナの葉の香りがします。このトレンガレクの特別料理は、おかずのスパイシーな味と組み合わせると、さらに美味しくなります。通常、この料理を売っている屋台では、テンペめ、豆腐炒めなどの副菜も売っています。ゲゴグご飯は、トレンガレック県の屋台で楽しむことができます。でも、オリジナルの味わいのゲゴグご飯を楽しみたいなら、ベンドゥンガン地区で試してみてください。ゲゴグご飯は、一皿当たり3000ルピア〜5000ルピアで販売されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

13
January

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州の料理 SOP SENEREK(セネレクスープ)をご紹介します。

いつかまたインドネシアを訪れることができるときは、様々なインドネシア料理を楽しんでみてください。インドネシアの各地域には、独自の特別な料理があります。例えば、中部ジャワ州のマゲランエリアには、多くの特別な食べ物があり、そのうちの1つがSop Senerek(セネレクスープ)です。このスープは、中部ジャワ州のマゲランの典型的なもので/色々な材料が使われています。このスープは、オランダ料理を元にしたものと言われています。 Senerekは、オランダ語の語彙、つまりエンドウ豆のスープを意味する「Snert」に由来します。当時のオランダ兵は、エンドウ豆のパン入りスープである「スナートスープ」をよく調理していました。しかし、地元の人々の舌は、スナートを発音するのが難しいため、Senerekという用語が作成されました。

セネレクスープは、小豆に加えて、牛肉または鶏肉、にんじん、セロリの葉をスープと混ぜ合わせたものです。この食べ物は、様々なバージョンで提供され、澄んだものもあれば濃厚なものもあります。食べると、唐辛子本来の香りがする、とても香ばしくて美味しいスープです。セネレクソップは、温かいご飯と一緒に食べるとより美味しくなります。さらに、このセネレクソップは、テンペ、豆腐、ミートケーキ、エビバクワンなどのおかずと一緒に楽しむとさらに美味しくなります。

このスープは、牛肉とスープを使用しているため、栄養素が非常に豊富です。次に、たんぱく質が豊富な小豆と、ビタミンが豊富なにんじんとトマトも加えられていて、体のスタミナを維持するのに適しています。セネレクソップの試飲に興味のある方のために、この料理は、マゲラン市の屋台で広く販売されています。価格は、一人皿あたり15,000ルピアから20,000ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

12
January

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地Taman Langit Pangalengan(パンガレンガン・スカイパーク)をご紹介します。

西ジャワ州は、見事な自然の美しさに非常に富んでいます。西ジャワ州に行く場合に訪問しなければならない観光地の1つは、Taman Langit Pangalengan(パンガレンガン・スカイパーク)です。パンガレンガン・スカイパークは、2020年の終わりに導入された新しい観光地です。この観光名所は、自然の美しさと広大な茶園を提供しています。涼しげな空気と緑豊かな芝生は、都会の喧騒から少し離れてリフレッシュするのに最適な場所です。それに加えて、ここは景色を背景に自撮りにも良い場所です。展望台などのスポットは、訪問者の美しい瞬間をとらえるときに人気があります。

日の出や日の入りの美しさを楽しむ人には、パンガレンガン・スカイパークもここで両方を楽しむことができるので、非常に適しています。朝は霧が立ち、プランテーションを雲が囲み、まるで空にいるかのような雰囲気になります。一方、夕暮れに向けて、温かい飲み物を楽しみながら、ここで穏やかなニュアンスを感じるでしょう。星空の下で眠りたい人のために、キャンプ場もここにあります。キャンプ用品を持参しなくても、スカイパークでは、キャンプ用品のレンタルも行っていますので、心配いりません。トイレ、屋台、駐車スペースなどの公共施設もここにあります。ですから、食べ物を持ってこなかったり、十分な飲料水を持っていなくても心配する必要はありません。

パンガレンガン・スカイパークは、/西ジャワ州バンドンのパンガレンガン地区のスカルユ村にあります。バンドンの中心部からの距離は、約60キロで、2時間かかります。パンガレンガン・スカイパークは、24時間営業で、屋外の観光地であるにもかかわらず、健康プロトコルを実施しています。訪問者の安全、快適さ、そして健康は、家族と一緒に休暇を楽しむための主な鍵です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

07
January

パソナインドネシアです。今日は、西スマトラ州のTARI PASAMBAHAN(パサンバハンダンス)をご紹介します。

パサンバハン・ダンスは、西スマトラ州の様々な地域で発展した伝統的なミナンカバウのダンスの1つです。この踊りは、歓迎の挨拶とゲストへの敬意の表れとして、歓迎式典で行われます。また、パサンバハン・ダンスは、新郎新婦を迎えるために結婚式でもよく行われます。主賓または花嫁が部屋に入るとき、ダンサーたちは通常、特大の傘を持って、敬意の印として主賓または花嫁を彼らの席まで覆います。

パサンバハン・ダンスのダンサーは、一般的に女性です。彼女たちは、アクセサリーと頭飾りでカラフルな服装をしています。彼女たちはまた、伝統的なミナンカバウの楽器、すなわちタレンポンとゲンダンの伴奏に合わせて優雅に踊ります。タレンポンは、ミナンカバウ族の典型的な伝統的な打楽器です。タレンポンは、真鍮または木でできています。形は直径1517.5センチの丸形で、下部には穴があり、上部には、直径5センチの突き出た円があります。

パサンバハン・ダンスが行われた後、イベントは、ゲストにカラノというお盆に入れたキンマの葉をもてなすことで続行されます。結婚式の際には、キンマの葉は、側近の代表として新郎に与えられます。カラノのキンマの葉は、通常、新郎新婦の両親にも提供されます。これはミナンカバウ人のもてなしの象徴であり、ミナンカバウ人が受け入れ、訪れるゲストとの友情を築きたいと願う象徴でもあります。パサンバハン・ダンスは、かつては歓迎のダンスとしての高級なダンスでした。しかし、今ではその機能が変更されています。このダンスは、ゲストを歓迎するだけでなく、エンターテインメントショーとしても使用されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

06
January

パソナインドネシアです。今日は、南スラウェシ州の料理KUE APANG(アパンケーキ)をご紹介します。

いつかインドネシアを訪れることができたら、様々な伝統的なインドネシアのケーキを楽しんでみてください。そのうちの1つは、南スラウェシ州のブギス族の伝統的なケーキであるアパンケーキです。アパンケーキは、美味しいだけでなく、意味があり、ブギスの人々が行う伝統的な儀式の重要な食べ物になります。アパンケーキは、米粉、小麦粉、ブラウンシュガー、ココナッツウォーター、ベーキングパウダー、インスタントイースト、塩、ココナッツミルク、パンダンの葉から作られています。

アパンケーキの作り方は、まず、ココナッツウォーターとブラウンシュガーを沸騰するまで調理し、次に濾し器で濾して、冷まします。その後、米粉とインスタント酵母を混ぜて、1時間放置します。次に、小麦粉、塩、ベーキングパウダー、ココナッツミルクを加えて練ります。生地が完成したら、型に流し込み、鍋で蒸して調理してひびが入るまで蒸します。アパンケーキの型には、様々な種類があり、正方形、三角形、さらには円形のものもあります。時間が経つと、黒糖から茶色になり、甘みがあります。アパンケーキは、すりおろしたココナッツと一緒に出され、風味豊かな味わいになります。ブギスの人々は通常、午後に熱いお茶やコーヒーを飲みながらアパンケーキを食べます。

アパンケーキは通常、ブギスの重要な儀式や神聖な行列で提供されます。この蒸し菓子には、平和で安全な生活への希望という深い意味もあります。ブギスの儀式の1つ、つまりメンレボーラや家に入るときは、ホストとゲストにアパンケーキを提供されます。この儀式は、悪霊に邪魔されないように家の住人の保護と安全を求めるために行われます。アパンケーキは、結婚式やAkikahという生まれたばかりの赤ちゃんの儀式などの他のブギスのイベントでもよく出されます。しかし、時間とともに、このケーキは、現在ではいつでも食べることができ、南スラウェシ州の伝統的な市場で広く販売されています。価格は、1箱あたり約20,000ルピアから25,000ルピアくらいです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

05
January

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地CIAMPEA(チャンペア)石灰岩の山をご紹介します。

新年の抱負1つが冒険的なものである場合は、チャンペア石灰岩の山が次の冒険の目的地になる可能性があります。かつては石灰岩の鉱山だった山が、美しい景色を持つ観光地に変わりました。西ジャワ州ボゴール市の西約20キロのチャンペアに位置する石灰岩の山には、バトゥロティ、ガラウ、ララナの3つの頂上があります。最高の頂上は、海抜385メートルの標高にあるララナ山にあります。山の標高は、比較的低いですが、頂上まで横断しなければならない地形は、かなり急なので、万全の体調で臨んでください。それでも、この石灰岩の山は、初心者の登山者にはかなりお勧めです。

トレッキングに加えて、チャンペア石灰岩の山は、様々な目的地も提供しています。まず、この場所でキャンプをしたい場合、チャンペア石灰岩の山には、訪問者がテントを設置するためのキャンプ用の特別な土地があります。さらにユニークなことに、このキャンプ場は、ヘリコプターのランディングパッドに似ている傾向があります。このキャンプ場の面積は、1520のテントを収容できるため、かなり広いです。もちろん、山岳観光地に行くと、山の頂上にいるときに期待する雰囲気は、日の出と日の入りの瞬間に他なりません。

チャンペア石灰岩の山には、その感覚を見つけることができます。さらに、このチャンペア石灰岩の山の観光地は、トレッキングやキャンプアクティビティだけでなく、洞窟探検家にとっても魅力的です。地元住民によると、この地域は、22以上の洞窟に囲まれています。この景観現象は、地球の腹の愛好家のための研究の対象となることがよくあります。チャンペア石灰岩の山で最も有名な洞窟の1つは、AC洞窟です。

このチャンペア石灰岩の山の観光スポットの入場券の価格は、1人あたり5,000ルピアが請求されます。オートバイなどの自家用車で行く場合は、5000ルピアの駐車料金がかかります。四輪車の場合は10,000ルピアがかかります。しかし、公共交通機関を利用したい場合は、ボゴールからロイウィリアンまでの公共交通機関を利用して、チャンペアで下車することができます。Pandu 職業学校の正面にある公共車両の停留所から、その場所まで歩いてライム山への旅を続けます。

この観光地の施設も非常に充実していて、十分清潔です。このチャンペア石灰岩の山の観光スポットの施設には、礼拝室とトイレがあります。テントを持参しない場合、マネージャーは、かなり安い価格でテントを貸し出します。旅行をしたい場合は、3Mを実施すること、つまりマスクの着用、距離の維持、手を洗うことにより、常に健康プロトコルを遵守することを忘れないでください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日の、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

03
January

パソナインドネシアです。今日は、西ヌサトゥンガラ州のROAH SEGAREの伝統をご紹介します。

Roah Segareの伝統は、クランジ・ダラン村の漁業コミュニティが豊富な水産物を神に感謝する形です。 Roah Segareは、イスラム暦のムハッラム月ごとに開催されます。この伝統は、あらゆる種類の災難から遠ざけられてきたため、感謝の気持ちとして今まで世代から世代へと受け継がれています

Roah Segareの行列は、SelakaranBarzanjiの朗読、(立って輪を作りながら、預言者ムハンマドの記憶とショラワットを一緒に唱える)、そしてアッラーに祈ることから始まります。その後、Dulang Penamatという提供物が浜辺に運ばれるように祈って続けます。その後、Dulangは、Melarungという海に投げ込まれます。このプロセスは、豊富な水産物に対する漁業コミュニティの感謝の象徴です。

Roah Segareの伝統では、実行しなければならないいくつかの慣習的な規定があります。例えば、Roah Segareの儀式が行われてから3日間、漁師は、海に出て魚を探すことはできません。これは、漁師が時間を取った後、海が一瞬回復する時間を与えるためです。違反した場合、地元の人々は、漁師は災害に遭うと信じています。 3日後、漁師は、新しい希望と熱意を持って海に行くことができます。つまり、豊富な漁獲量を得ることができます。

Melarungの行列の後、コミュニティとゲストは以前に祈られていた食事を提供されました。彼らは、ベギブンの伝統を行うか、1つの大きな容器で一緒に食べます。一緒に食べることは、クランジビーチの漁師にとっての一体感と親族の一形態です。 Roah Segareは今では単なる伝統ではありません。このロンボクの人々の伝統は、西ロンボクの観光の象徴の1つになるために、実行され、発展し続けています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

31
December

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州のCIBULUH(チブル)観光村をご紹介します。

1217日と18日、西ジャワ州スバン県チブルの観光村で7つの川・フェスティバルが開催されました。一連のイベントでは、観光客に、川の文化、農業の文化、芸術の文化、そして、通常村の人々がプレイする伝統的なゲームが紹介されます。このお祭りは、観光振興のイベントとしてだけでなく、住民の福祉のために川を賢く保護することの重要性を地域に提唱する手段でもあります。

7つの川・フェスティバルの開催地としてだけでなく、チブル観光村は、スバンの興味深い観光地の1つでもあります。チブル観光村の場所は、スバン市の中心部から約37キロです。この村を訪れる観光客は、自然の美しさと地元コミュニティの文化的な提供物を楽しむことができます。例えば、田舎の自然の魅力、水田、魚のいる池、流れる川、滝、緑豊かな木々、新鮮な空気、そして人々の親しみやすさなどです。

チブル観光村は、Cikembang川、Citeureup川、Cilandesan川、Cinyaro川、Cileat川、Cikaruncang川、Cipunagara川の7つの川が流れています。7つの川はこの村の魅力の1つになり、農産物の生産性を高めるのに役立ちます。また、急流下りを提供することで観光名所にもなっています。この村はまた、加工された竹の彫刻からお土産を探(さが)すのに適した場所としてTepas Seuweuを提供しています。キャンプを好む人は、Cileat川とCikaruncang川に隣接するPasir Kidang Malangを訪れることもできます。この観光村はまた、ホームステイ、屋台、村の事務所、学校、診療所からスポーツ場に至るまで、訪問者が快適に過ごすことができるできます。

 

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 9 of 53