パソナインドネシア

パソナインドネシア (922)

13
July

パソナインドネシアです。今日は、ジョクジャカルタ特別州のMUBENG BETENGの伝統をご紹介します。

ジョグジャカルタ宮殿には、ムベン・ベテンというイスラム新年またはヒジュラ新年を迎える独特の伝統があります。この世襲の伝統は、特定の道をたどることで、ティラカット・ランパ・ラトリという神への祈りによって実行されます。ムベン・ベテンには、いくつかのコースがありますが、人気があるのはジョグジャカルタ宮殿の周りを歩くことです。宮殿の廷臣や儀式の参加者らは、ジョグジャカルタ宮殿の城塞の周囲約5キロを歩きます。廷臣たちは、ケリスも履物も履いていないジャワの服を着て前に並んでいます。彼らは、インドネシアの国旗とジョグジャカラ宮殿の旗を持って歩きます。一方、ムベン・ベテンに参加する住民は王室の背後にいます。

ムベン・ベテンが始まる前に、ジョグジャカルタ宮殿のスリマンガンティから祈りを描いたマカパットの歌が朗読されます。この儀式は、プラタラン・ケベンにあるキヤイ・ブラジャナラの鐘が12回鳴らされる真夜中に始まります。次に、王室の廷臣とカーニバル参加者のメンバーは、ジョグジャカルタ王宮の要塞の周囲を約5キロメートル歩きます。ムベン・ベテンのルートは反時計回りです。

ムベン・ベテンの伝統では、タパ・ビスの儀式が知られています。これは、宮殿の周回中、カーニバルの参加者同士が話すことを禁じられており、別名は沈黙しているためです。また、儀式中の飲食も禁止されています。タパ・ビスは、ジョグジャカルタの人々が新年を迎える際の懸念と内省の象徴です。タパ・ビスでは、参加者は1年間自分が何をしてきたかを自己内省します。そして、来年は自分自身を向上させるための注意喚起となります。

歴史的には、ムベン・ベテンは、マタラム王国が宮殿の周囲に砦を建設したときに始まったジャワとイスラムの伝統です。この砦は、ジャワのスロ暦どおりに完成しました。その後、兵士たちは、敵の脅威から守るために定期的に砦を取り囲みます。堀が築かれてからは、宮殿の要塞を周回する仕事は、廷臣に取って代わられるようになりました。廷臣たちは、安全を祈りながら歩き回ります。当初、ムベン・ベテンは廷臣によって行われていました。時間とともに、人々もこの儀式に参加できるようになりました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

12
July

パソナインドネシアです。今日は、リアウ州の観光地PULAU BAWAH「バワ島」をご紹介します。

バワ島は、リアウ諸島のアナンバス島の中心部にあります。行政上、この島はリアウ諸島州アナンバス諸島県の一部です。この島へは海から行くか、水上飛行機や海に着陸できる飛行機でしかアクセスできません。バワ島はインドネシア西部の隠れた宝石であり、過小(かしょう)評価することはできません。 CNN ニュースサイトは、アナンバス島をアジアで最も美しい熱帯の島の 1 つとして紹介しています。この島には 3 つのラグーンがあります。これは世界の南国の島々ではめったに見られない自然の風景です。バワ島と名付けられたこの島の面積は約 300 ヘクタールです。島への訪問は各回 70 名のみに制限されます。

バワ島では興味深いアクティビティがたくさんあります。ウォータースポーツを試したり、森へのトレッキングで自然の生息地にいる野生動物を観察したりできます。さらに、バワ島には 13 の美しい未開のビーチがあります。そのほか、追加料金を払えば近くの島や漁村を巡ることもできます。島の本土、または水中で心ゆくまで写真を撮ることができます。また、周囲の小さな島々を探索したり、テニス、ビーチバレーボール、砂遊び、図書館で本を読んだり、ボードゲームをしたり、レストランツリートップから夕日を楽しんだり、ヨガ、ピラティス、レイキのクラスを受講することもできます。

バワ保護区のハイライトの 1 つは、優れたスパサービスです。バワ保護区のウェルネス部門では、非常に厳しい選考プロセスを経て、インドネシアのさまざまな地域からセラピストを特別に招待しています。夜には、バワ保護区のチームと一緒に星空観察やナイトシュノ​​ーケリングを楽​​しむこともできます。空が晴れていれば、広い空に美しい天の川が見えます。できるアクティビティがたくさんあるので、訪問者は滞在中に退屈することはありません。さて、リアウ諸島にあるこの豪華な島の美しさを探索する準備はできていますか?

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

07
July

パソナインドネシアです。今日は、ランプン州のLIWA植物園をご紹介します。

インドネシアには、さまざまな美しい植物園があります。そのうちの1つはスマトラ島、正確にはランプン州の西ランプン県の首都リワにあります。リワ植物園は、南ブキット・バリサン国立公園エリアの一部です。 87 ヘクタールの敷地に建設され、2017 12 5 日に開園したリワ植物園は、スマトラ島で唯一の植物園です。リワ植物園は、植物の保護、観光名所、教育、研究の中心として建設されました。

リワ植物園には、さまざまな珍しい植物が集められています。ここでは、ジャイアントラン(グラマトフィラム・スペシオサム)としても知られるタイガーランがあります。この植物は、驚くべき大きさで、最大7.5メートルまで成長することがあります。リワ植物園には、ますます希少になっているバグウッド植物(エクスバックランディア・ポプルネア)もあり、南ブキット・バリサン国立公園エリア、特にペサギエ山リアに今でも自生しています。それとは別に、スマトラ島固有の珍しい植物もあります。例えば、ジャイアントハス(ラフレシア・アルノルディ)またはラフレシアの花としてよく知られています。これらの珍しい植物の存在は、リワ植物園を訪れる人々にとって最大の魅力です。

リワ植物園には、約98種類の苗木、96種類のラン、25種類のサトイモ科の植物、17種類のベゴニア科の植物、11種類のコショウ科の植物。、ウツボカズラ科の植物8種類、アエスキナントゥス科の植物2種類、ホヤ科の植物1種類など、さまざまな種類の苗木が植えられています。また、約106種類の薬用植物が植えられた薬草園もあり、コレクションガーデンには/170種類の植物が植えられています。リワ植物園のさまざまなコレクションの美しさを探索して楽しみたい方は、管理者が用意した長さ数百メートルの歩行者専用道路を歩くことができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

06
July

パソナインドネシアです。今日は、中部カリマンタン州の観光地PASIR PANJANG観光村をご紹介します。

中部カリマンタン州へ旅行するなら、必ず訪れたいパシル・パンジャン観光村があります。この観光村には、文化的伝統を今も維持しているダヤクパシル・パンジャン族のコミュニティが住んでいます。ここを旅行すると、伝統的な観光、文化観光、エコツーリズムなど、さまざまな観光の可能性が見えてきます。伝統的な村ではありますが、この観光村の場所は、イスカンダル・パンカラン・ブン空港からは遠くなく、車で約15分です。

パシルパンジャン観光村に行くと、さまざまな興味深い場所を訪れることができます。そのうちの 1 つがベタン・グパシル・パンジャン家です。ベタン家は、長い高床式の家の形をした伝統的なダヤクの家です。古代、ベタン家には、ダヤク族の数家族が住んでいました。その哲学は、家族間には相互愛着と連帯の関係が存在するというものです。パシル・パンジャン伝統的な家の周囲の中庭への入場は無料です。

訪問者は、芝生の庭で楽しい写真を撮ることができます。水遊びが好きな方は、パシル・パンジャン川で水浴びしたり泳いだりできます。この川は、上流部の木の根元が露出しているため、赤茶色の水が流れています。浅い部分と深い部分があります。水の流れも穏やかで水温も冷たいので、子供から大人まで楽しむことができます。

ベタン・パシル・パンジャン家からそれほど遠くなく、徒歩 5 分以内にダヤック・カハリンガン伝統墓地があります。葬儀の様子から見て興味深いのは、通常、ダヤック・カハリンガン族は、ティワの儀式でお葬式を行うのが一般的であるということです。ティワの儀式は、数日間の儀式で亡くなった人の魂を届ける儀式です。そのため、パシル・パンジャンのダヤク族の住民のお葬式は、イスラム教徒やキリスト教徒と同様に埋葬されるだけです。

しかし、遺体を自宅から墓地に運ぶ方法が異なります。つまり、すでに遺体が入っている棺が家の窓から取り出されます。窓が小さすぎる場合は、棺を取り出せるように窓がカットされます。訪れることができるもう 1 つの興味深い観光スポットは、オランウータン管理検疫センターです。ここで、ケアと隔離が必要なオランウータンがリハビリを受けることになります。この場所には、オランウータンの訓練林があり、オランウータンは、生息地に戻される準備ができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、帆kの素敵なトピックで、またお会いしましょう。

05
July

パソナインドネシアです。今日は、マルク州のNGURTAVURビーチをご紹介します。

ケイ諸島は、マルク諸島の東南、正確にはマルク東南部に位置する島々です。この諸島には、素晴らしい自然の景色を望むいくつかの小さな島があります。特にビーチ観光です。マルク地域は、まさに世界のビーチパラダイスです。なぜなら、マルクの海岸にある自然の風景は本当に素晴らしいからです。そのうちの 1 つは、隆起した砂を意味するNgurtavurまたはNgurtafurビーチです。Ngurtafurは、約 2 キロにわたって広がる浮き彫りの砂で、引き湖のときに生じて海を 2 つの部分に分けます。

Ngurtafur ビーチは、バンダ海地域にあり、マルク州東南マルク県のケイ諸島の一部であるウォハ島にあります。Ngurtafurビーチの営業時間は、24 時間年中無休です。しかし、Ngurtafurビーチに行くには、潮汐に注意する必要があり、最適な時期は4 5 月または 10 12 月です。Ngurtafurビーチを訪れる際のチケットは、一銭もかかりませんが、8 10 人乗りのボート 1 隻に借りるには、約 100 万ルピアのお金が必要です。

Ngurtafurビーチには、公共施設はなく、休憩に使用できる投稿と展望台だけがあり、ウォハ島にもあります。運が良ければ、Ngurtafurビーチに立ち寄るペリカンに出会えるかもしれません。ペリカンは、海岸周辺に生息しており、オーストラリアから移動してくるわけではありません。Ngurtafur ビーチには、ペリカンのほかにオサガメもいます。その結果、世界自然保護基金によって管理される飼育環境も存在します。

Ngurtafurビーチで泳ぐのは、本当にとても爽快です。水はとても透明なので、何も邪魔するものはなく、自由に底を見ることができます。海底の美しさを見るのに最適なアクティビティは、シュノーケリングです。Ngurtafur ビーチに行くには、まずマルク州東南マルク県の政府所在地であるラングル市にあるOhoi Debut港に行きます。ここからは、ウォハ島からNgurtafurビーチに向かうレンタルしたボートを利用し続ける必要があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

30
June

パソナインドネシアです。今日は、ブンクル州のBAY TATケーキをご紹介します。

ブンクル州に旅行する際は、バイ・タットという名前の伝統的なベンクルのケーキをぜひ試してみてください。このケーキの食感は、柔らかくてサクサクした食感とパイナップルジャムの風味が美味しいです。このケーキは、籐のかごのような縞模様の外観と質感を持っています。ベンクルの部族のレジャン語では、バイという言葉は母親を意味し、タットはタルトを意味します。かつて、バイ・タットケーキは、貴族の食べ物でしたが、今では休日、パーティー、お土産として一般的なお菓子になりました。

バイ・タットケーキは、地元の人々が「ジェンダーム」呼ぶ小麦粉を基本原料として作られています。小麦粉の他に、ココナッツ、バター、砂糖、卵が使用されています。小麦粉は生地として使用され、ココナッツミルク、パイナップル、砂糖は、ジャムとして使用されます。生地ができたら型に生地を入れます。生地の上には、ジャムが塗られます。その後、ケーキをシンプルなオーブンで焼きます。地元の人々は、今でもシンプルな材料で作りシンプルなオーブンやグリルを使用しています。使用される燃料は、通常ココナッツファイバーです。このシンプルな焼き方で、バイ・タットケーキに特別な香りが加わります。

この典型的なブンクルケーキは、通常、コーヒーや紅茶と一緒に出されます。バイ・タットケーキは、通常正方形または円形で販売されているため、食べる前にケーキを小さく切る必要があります。バイ・タットケーキは、冷蔵しなくても35日は保存可能です。現在、バイ・タットケーキには、ココナッツ味、パイナップル味、イチゴ味などさまざまな味があります。価格は、サイズにもよりますが25,000ルピア程度とかなりお手頃です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

28
June

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州のガルット工芸品をご紹介します。

どこに旅行しても、その街ならではのお土産として持ち帰れるアイテムが必ずあります。ガルットも例外ではなく、スイス・ヴァン・ジャワの愛称で知られるこの都市には、ユニークで世界的で創造的な経済製品も数多くあります。ガルット族の誇りである創造的な製品には、革加工品や工芸品などがあります。これらの製品は、ユニークで芸術的価値があるだけでなく、他では見つけることができないため、特別なものでもあります。

ガルットに来たらまず訪れるべき場所は、1920 年以来、革を使った手工芸品の愛好家たちの楽園として知られているスカレガン革工芸品センターです。アフマド・ヤニ通りからチャガク・ルマユン通りまで沿いにあスカレガン革工芸品センターは、毎日午前8時から午後6時まで営業しています。ここで販売される製品は、ガルット地区に点在する革職人の生産物をすべて集めたものです。

通常、エッセンシャルオイルやさまざまな美容製品に加工されるベチバーから作られた工芸品をお好みの方に。ガルットでは、祈りのマット、キーホルダー、バッグ、テーブルクロス、家の装飾を美しくする絵画など、さまざまな工芸品に加工されたベチバーを見つけることができます。この製品の基本原料としてベチバーを使用しているのは、ガルットにしか存在しないユニークな製品です。ベチバー工芸品とは別に、ガルットには、独自のユニークな生地もあります。インドネシアのほぼすべての地域に伝統的な生地があることがわかっており、ガルットも同様です。

そう、ガルタンRMという手書きバティックです。他の地域のバティックと同様に、ガルタンRMという手書きバティックも、世代から世代へと受け継がれ、今日まで生き残っている文化です。このバティックの特徴は、アイボリーイエローとブルーを基調に、アウィブックバティック、葉巻、石、ふるいの孔雀のキビング、鶏の羽など、様々な美しいモチーフが描かれていることです。カナダをはじめとする世界の舞台で認められているため、品質に疑問を抱く必要はありません。

革工芸品以外にも、ガルットはドドルスナックでも有名です。ドドルは、もち米粉とパームシュガーを主原料とした食品です。現在、提供されるドドルの種類はさまざまです。ナツメヤシドドル、チョコレートドドル、フルーツドドルの種類があります。それとは別に、ガルットは、カモジャンクレーター、ドラジャットピーク、チャンクアン湖、バジェンディット湖、温泉観光などの自然の魅力でも知られています。実際、ガルットは、西ジャワ州の州都バンドン市からそれほど遠くない場所にあります。バンドンとガルットの間の距離は、東南に約 70 キロで、約 2 時間かかります。また、トランスジャワ有料道路へのアクセスにより、ガルット市へのアクセスや訪問がさらに簡単になります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

23
June

パソナインドネシアです。今日は、西ヌサトゥンガラ州の観光地KARANDANGAN自然観光公園をご紹介します。

西ヌサトゥンガラ州ロンボク島は、観光地として様々な魅力があります。例えば、ビーチの美しさ、海中の豊かさ、文化的習慣、スポーツツーリズム、山々、そして自然をベースにしたアドベンチャーツーリズムなどです。自然をベースにしたアドベンチャーツーリズムがお好きな方は、西ロンボク島のスンギギ観光村エリア内にあるケランダンガン自然観光公園をぜひ訪れてください。ここでは、総面積396.10ヘクタールの森林地帯を探索し、静かな自然の雰囲気を満喫できます。また、鳥のさえずりを聞きながら、高い木陰の下の小道をたどれます。

通常、カランダンガン自然観光公園、Putri Kembar(双子の娘)滝、ツバメの洞窟を訪れるのが主な目的です。アクセスは簡単です。訪問者は、舗装と土を組み合わせた道を約2キロ歩くだけです。標高も高くありません。そのため、友達や家族と一緒に歩くのは、とても楽しいアクティビティになるでしょう。しかし、さらに遠くへ冒険したい人のために、ケランダンガン自然観光公園にはバードウォッチングという観光客に最適な観光スポットがあります。つまり、野生またはその自然の生息地で行われる鳥の観察活動です。

ケランダンガン自然観光公園には、数種類の鳥が生息しています。その一部は、フローレスイーグルNisaetus floris)など、絶滅危惧種に分類されています。それとは別に、Celepuk RinjaniOtus jolandaeCekakak Kalung-CokelatTodiramphus australasia)もおり、どちらも準絶滅危惧種に指定されています。それ以外にも、Kehicap RantingCekakak Sungai,、キンUdang Biru(青いエビ)などもいます。この地域では、合計 56 種の鳥が記録されています。これが、ケランダンガン自然観光公園が自然観光活動を行う観光客にとって好ましい目的地の 1 つとして人気を高めている理由です。

特に動物に特別な興味や関心がある人に向いています。鳥類以外にも、ケランダンガン自然観光公園は、ヘビや蝶などの他の動物の「家」でもあります。ヘビは 11 種類あり、そのうち 3 種類は有毒です。つまり、マムシとコブラです。カランダン自然観光公園での自然探索に興味がある方には、ツアーパッケージがあります。外国人観光客向けには、300万ルピア~500万ルピアの自然ツアーパッケージが提供されています。地元の観光客は、100万ルピア~300万ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

22
June

パソナインドネシアです。今日は、ジャカルタのCOKEKダンスをご紹介します。

今回は、ジャカルタの誕生日に合わせて、ベタウィの代表的なダンスのひとつ、チョケックダンスをご紹介します。このダンスは、中国文化との文化変容です。チョケックダンスは、19 世紀にタン・シオ・ケク氏という中国人商人によってタンゲランのテルクナーガ地区に持ち込まれました。商人は、二弦のフィドル楽器も持ち込んで、フルート、ケンプル、ゴング、ケクレック、ドラムなどの地元の楽器とコラボレーションしました。中国の伝統とタンゲランの伝統を組み合わせたこの聖歌は、ガンバン・クロモンと呼ばれています。

登場当初は、3人の女性ダンサーによるチョケックダンスが披露されました。現在、チョケックダンスのパフォーマンスは、5 人から数人の女性ダンサーと数人の男性ミュージシャンによって演奏されることが多く、その中には、女性のダンスに同行する人もいます。女性ダンサーは緑、赤、黄、紫の絹でできたクバヤを着ています。ダンサーの髪は、三つ編みでお団子になっています。

チョケックダンスの特徴は、ダンサーの体の動きに現れており、ゆっくりとした動きなので、分かりやすいです。ダンスは、ダンサーとダンサーが隣り合った細長いフォーメーションから始まります。その後、ダンサーの足を前後に動かし、続いて腕を肩の高さまで伸ばします。その手の伸びは、前後に動く足の動きに合わせて調整します。この動きに続いて、観客もダンスに参加するよう誘います。

聴衆への招待は、首にスカーフをかけて行われます。ダンサーは、それを前に引っ張ります。一緒に踊るプロセスは、ダンサーと観客の近くで行われますが、お互いに触れることはありません。ペアで踊るときは、顎を押さえたり、耳を押さえたり、肩を押さえたり、鼻を指したりする面白い動きをします。ユーモラスな動きは、腰を交互に振りながら徐々に腰を下げ、地面に近づくまで動かします。

チョケックという言葉は、実際には中国語の「チュキン」に由来しており、女性ダンサーがパートナーを魅了するために使用する長さ 1 メートル未満のスカーフを意味します。また、「チョケック」をダンサーを兼ねた歌手と解釈する人もおり、通常、チョケックは、お祭りや祝い事の際に、お祝いの場を盛り上げるために求められます。現在、チョケックダンスは、ベタウィ地域では、ジャカルタでもほとんど上演されません。

しかし、タンゲランのベンテン地区では、人々がパーティーを開くときに今でもチョケックダンスが見られます。チョケックダンスは通常、一連のイベントの冒頭で催されます。チョケックのショーが結婚式のために開催される場合、チョケックダンサーは通常、新郎または数名の招待客と一緒に踊るよう招待します。主賓を歓迎するために開催されるとき、地元当局者と主賓は、初めてチョケックのダンサーたちと一緒に踊る機会を得られます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

21
June

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州の観光地ALAMENDAH観光村をご紹介します。

西ジャワ州バンドン県のランチャバリ地区にあるアラメンダ観光村は、2021年インドネシア観光村賞のベスト観光村トップ50に入るという特別な功績を立てました。アラメンダ観光村の名前は一躍広まりました。興味深いことに、アラメンダ観光村は、観光部門に焦点を当てるだけでなく、創造的な経済部門も奨励し、人々の経済を支える存在になれるよう努めています。ここでは、イチゴ(が)りなどのさまざまなアクティビティを楽しめます。ランチャバリ地域は、イチゴ農園で古くから知られています。したがって、アラメンダ観光村を訪れて旅行するときは、農園から直接イチゴをみに行くことなしには完了しません。イチゴの収穫は、お土産として持ち帰ることができます。

以前、2011 2 2 日に観光村として指定されたアラメンダ村には、潜在的な観光客に提供できる観光商品やパッケージがまだありませんでした。しかし、2019年からコンセプトを変更し、運営チームは、村に存在するポテンシャルを活用した製品の革新やツアーパッケージの開発に注力し始めました。提供されるアクティビティパッケージは、農業、園芸作物の収穫、食料の準備、零細・中小企業によるお土産作り、プンチャック・シラットの練習、カリンディンの芸術パフォーマンスを見る、牛の乳搾り、コーヒー加工の学習、自然観光、バードウォッチングから村周辺のサイクリングまで多岐にわたります。この試みは成功しました。実際に地元住民の習慣や活動である商品やツアーパッケージは、観光客にとって忘れられない体験を生み出す観光名所となる可能性があります。

アラメンダ観光村では、お土産や園芸加工品のほかに、農業や農園が主な魅力です。ここを訪れたら、農園を見学した後、アラメンダ村国有企業 のショップでショッピングをしてツアーを終了します。ここでは、軽食を食べたり、コーヒーを飲んだりすることができます。また、コミュニティ農園からのお土産品を買うこともできます。例えば、新鮮なイチゴ1 20,000 ルピア、野菜スティック1 パック 18,000 ルピア、人形、イチゴサンダル1 30,000 ルピアで販売されています。アメンダ観光村のその他の観光スポットの 1 つは、アウィ・ランギットの滝です。

するにはそこへ行くには、徒歩で十分です。わずか 20,000 ルピアを費やして、この滝の周辺エリアを探索してみましょう。家族や友人と過ごす時間がもっとあるなら、アウィ・ランギット滝エリアでのキャンプは、魅力的な選択肢になるでしょう。30,000もあれば十分です。アウィ・ランギット滝の近くでキャンプをしている感覚を楽しむことができます。旅を完全なものにするにするには、もちろんインスタ映えするフォトスポットも忘れてはいけません。これは、目の前に広がるイチゴ農園を眺めながらインスタ映えするフォトスポットを提供するアラメンダ観光村に含まれます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 8 of 66