パソナインドネシア

パソナインドネシア (736)

11
February

パソナインドネシアです。今日は、西カリマンタン州の観光地KERATON TAYAN(タヤン宮殿)をご紹介します。

東カリマンタン州への旅行では、訪問しなければならないタヤン宮殿の観光地があります。この宮殿は、文化遺産に指定されており、文化的な観光地としても利用されています。タヤン宮殿は、西カリマンタン州のサンガウ県のタヤンヒリル地区のペダラマン村にあります。ポンティアナック市から約94キロ、または陸路で約1.5時間です。この建物は、タヤン王国の名残です。タヤン王国自体は、西カリマンタンがインドネシア共和国の一部として発足する前の、1683年から1967年まで活動していたことが知られています。 1967年以来、タヤン王国は、インドネシア共和国の支配の中、すでに存在していましたが、孤立状態にあり、統率する国王がいなかったため、遅れを取り始めていました。

タヤン宮殿は、鉄木で作られた2階建ての高床式の建物の形をしています。それは、ロビー、ホール、法廷、玉座の間、厨房5つの部分または部屋に分かれています。カリマンタンのほとんどの宮殿と同様に、タヤン宮殿は、カプアス川の南に面しています。宮殿は、長さ110メートル、幅70メートルで、高さ2メートルの110本の木の柱の上に建てられています。

フロントポーチには10枚のガラス窓があり、真ん中の南側の入り口は2枚のガラス扉でできています。一方、ホール自体は、1931年に建てられた別棟です。以前は、ホールは、スルタンが重要なゲストや王室の役人を受け入れる場所として使用されていました。このエリアの別の部分は、現在、王家の家宝、ガムラン、大砲の武器などを保管するために使用されている部屋です。

宮殿の建物の真ん中にサイディングルームがあり、家族の会議室、結婚式の部屋、そして王室のスタッフのための会議室として機能していました。さらに、建物の裏側には、スルタンと皇后の座として使用されていた玉座部屋もあります。当初、この部屋の床は、法廷よりも高かったが、現在は床の高さが法廷と同等になっています。最後に、厨房は、もともとは本館と厨房をつなぐ通路に過ぎなかったが、今では料理の場として使われています。

最近、公共事業住宅省は、タヤン宮殿エリアの再生を実施しました。文化的な観光地であるだけでなく、このエリアは、新しい公共のオープンスペースになることもできます。行われた取り決めは、タヤン宮殿地域の道路の改善、地域の排水路、ランプとカンスティーン、地域の門、サッカー場、レクリエーション公園、宮殿の敷地とジャミモスク、美化、照明です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、また、お会いしましょう。

10
February

パソナインドネシアです。今日は、西ヌサトゥンガラ州の観光地GOA BATU CERMIN(バトゥセルミン洞窟)をご紹介します。

西ヌサトゥンガラ州の西マンガライ県のラブハン・バジョにあるバトゥセルミン洞窟は、G20サイドイベントの準備をしています。ラブハン・バジョ市内中心部からそう遠くない場所にあるバトゥセルミン洞窟は、ラブハン・バジョのユニークなツアーの1つです。さらに、この自然の目的地の背後には、たくさんの歴史と物語があります。 Sandiaga Uno観光創造経済大臣によると、この目的地は、教育的な観光地になる可能性があるということです。政府はまた、様々な訓練や支援を提供する準備ができているため、サービスの面で能力が向上しています。

バトゥセルミン洞窟は、直立した石灰岩の中にあり、最大75メートル、広さ約300平方メートルの高さにそびえています。バトゥセルミン洞窟は、1951年にオランダの考古学者であるセオドア・ヴェルホーフェンによって調査されました。この洞窟は海の下にあり、数百万年後に陸地に引き上げられました。19ヘクタールの面積で、洞窟の壁には、太陽光を反射できるようにたくさんの塩が含まれています。さらに、この洞窟の壁と天井には、化石化した魚、カメ、サンゴ礁があります。これは、バトゥセルミン洞窟の魅力の1つです。

化石だけでなく、洞窟の空から飛び出した鍾乳石や、洞窟の床から突き出た石筍など、他にも魅力があります。さらに洞窟に入ると、洞窟の空に穴の開いた狭い空間があります。日中は、日光がその穴を通り抜けます。洞窟の壁で反射した光は、洞窟内の他の領域に跳ね返り、洞窟の石が鏡のように機能します。光の反射により、石の表面も金色から光沢のある緑色になります。この自然現象により、地元の人々は、それをバトゥセルミン洞窟と呼んでいます。

バトゥセルミン洞窟は、ラブハンバジョ市内中心部からわずか約4キロの距離にあります。市内中心部からは、約15分です。入場料は1万ルピア、ツアーガイドは2万ルピアです。この料金には、洞窟に入るときに使用しなければならないヘルメットなどのセキュリティツールが含まれます。洞窟エリアは非常に狭く、鍾乳石や石筍が存在するため、入場には制限があります。 1回のツアーは約30分かかり、10人の訪問者とガイドのみがフォローできます。バトゥセルミン洞窟を訪れるのに最適な時間は、午前9時から12時までで、そのときは、洞窟の壁に反射する日光を見ることができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

09
February

パソナインドネシアです。今日は、アチェ州の観光地/ANOI ITAM(アノイ・イタム)ビーチをご紹介します。

スマトラ島の北端に位置するナングロ・アチェ・ダルサラーム州は、自然観光、教育観光、文化、先祖代々の富から料理の観光まで豊かな観光の可能性を秘めています。それらはすべてアチェにあります。アノイ・イタムビーチは、ナングロ・アチェ・ダルサラームの主要な自然観光地の1つです。ちょうどサバン市の東側に位置しています。このビーチは、ナングロ・アチェ・ダルサラーム州、ウェー島、サバン市、スカジャヤ地区のGampong Anoi Itamにあります。サバン市から13キロのアノイ・イタムビーチは、島で唯一の黒砂のビーチです。

アノイ・イタム自体は、「黒い砂」を意味します。このビーチのエキゾチックな美しさは、ガルーダインドネシア航空の雑誌によると、群島で最も美しいビーチの1つとしての称号を獲得することにつながりました。アノイ・イタムビーチの砂は、他の海水浴場の黒砂とは密度が異なると言われています。一般的な黒砂の約3倍の重さです。これは、構成する鉱物のうち、ニッケル含有量が高いためです。その周りの黒い砂と白い石灰岩の色の組み合わせは、コントラストに見え、それ自体がとても美しく感じられます。

青い海と体を吹き抜ける潮風は、疲れから解放する平和をもたらします。午後は裸足で海岸線を歩いてみてください。波に流されて足の裏に温かい砂が流れ、リラックスできる感覚を与えてくれます。風景、緑の木々、青い空、そしてアチェ本土にそびえるセラワ山の景色を目の当たりにすることは、かけがえのない経験です。

サバンのアノイ・イタムビーチに行くには、まずバンダアチェに行き、ウェー島のバロハン港にフェリーまたはスピードボートで行くためにウレルー港に正確に行く必要があります。その後、バロハン港またはサバン市に到着した後、車またはバイクを借りてサバンのアノイ・イタムビーチに行くことで旅を続けることができます。

このビーチの美しさを楽しむには、サバン市から東のルートに沿ってオートバイで探索し、スムールティガビーチを約30分の移動時間で横断する必要があります。り坂と下り坂を進む途中、写真作品でよく見かける美しい景色を撮りながら、浜辺の美しさを堪能してください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

07
February

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州の観光地SENDANG BANYU BIRU(センダン・バニュビル)をご紹介します。

東ジャワ州のグレシック市は、工業都市として知られているだけではありません。なぜなら、グレシックには、インドネシアの他の地域と同じくらい興味深い観光地もあるからです。さらに、グレシックには、日中に涼しさを楽しむための自然の観光スポットもあります。観光スポットは、センダン・バニュビルと呼ばれています。

センダン・バニュビルは、グレシック市のドゥクン地区ロワユ村にある観光名所の1つです。この場所はとても美しく、日常の活動から自分を甘やかす場所になることができます。グレシックのロワユ村のセンダン・バニュビル観光地は、訪れるのにとても魅力的な美しさがあります。グレシックの街にいるなら、このような比類のない美しさを持つグレシックのロワユ村のセンダン・バニュビル観光地を訪れないのは残念です。

その名前が示すように、センダン・バニュビルは、澄んだ青みがかった水が主な魅力です。この湖の水は、硫黄分を含むために青いです。地元の人々は、センダン・バニュビルの存在は、古くから知られていると信じています。オランダ植民地時代の前でさえです。また、湖の水は、さまざまな皮膚病を治すと考えられています。

センダン・バニュビルの現在利用可能な施設には、駐車場、礼拝室、バスルームなどがあります。また、飲食物を持参しなくても、地元住民が所有するシンプルな屋台が近くにあるので心配いりません。近い将、来東ジャワ州を訪れる場合は、グレシックのセンダン・バニュビルを訪れることを忘れないでください。この観光スポットに行くには、東ジャワ州グレシックのドゥクン地区のロワユ村に車を向けることができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

04
February

パソナインドネシアです。今日、ベンクルの観光地RINDU HATI(リンドゥハティ)村をご紹介します。

ベンクルに旅行したら、そこのユニークな観光村の1つ、すなわちリンドゥハティ観光村を訪れてください。リンドゥハティ村は、タバ・ペナンジュン地区にあり、州都から約40分かかります。リンドゥハティ村には、いくつかの自然観光地があります。まず、高さ約15メートルの雨の滝があります。滝にたどり着くには、住民の農園を約30分間横断する必要があります。

滝に到着すると、美しい自然の風景を楽しむことができ、水はとても澄んでいます。ここで水遊びができます。また、Cuup Jen滝とSupit滝もあります。これらは、訪れるほど美しいものではありません。さらに、リンドゥハティ川も訪れることができます。川で水浴びをすることで、この澄んだ川の流れを楽しむことができます。ただリラックスしたり、川沿いを散歩したりすることもできます。

ここは、涼しい空気で美しい景色を望むテラガプトゥリ湖があります。雰囲気はまだとても自然です。訪問者は、湖へのトレッキングをしてから、湖でのキャンプを続けることができます。リンドゥハティ村では、ブテウジョンという石のボートツアーもあります。この石は、ムアラバンカフル川からリンドゥハティ川までボートに乗るように言われたガディン・センパカ王女の伝説と同じです。挑戦的な活動が好きな人は、高さ約75メートルのエンドゥの丘でロッククライミングを試すことができます。また、タイヤに乗ってリバーチュービングまたはリバーダウンを選択することもできます。

一晩滞在したい人は、モダンなテントの形をした宿のグランピングやグラマーキャンプの感覚を試すことができます。 3x3メートルのサイズで提供される8つのグランピングユニットがあります。各テントには、マットレス、枕、毛布、飲料水、朝食などの設備が整っています。このグランピングエリアに滞在する魅力は、川に直接つながるテントの場所であり、景色は本当に美しいです。コーヒーが好きな人のために、この観光村には、Petik Merahのコーヒーという優れた商品もあります。ロブスタタイプのPetik Merahコーヒーは、海抜200800メートルの高度で栽培され、薄い泡の層の美味しいクリームを生成します。このコーヒーは、エスプレッソにするのに適しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう

03
February

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州の観光地BUKIT KAYOU PUTIH(カユプティの丘)をご紹介します。

東ジャワ州のモジョケルト市は、トロウランなどのマジャパヒト王国の遺産を保管していることで知られているだけではありません。モジョケルトには、他にも興味深い観光スポットがあり、その1つは、カユプティ(ユーカリ)の丘です。この観光スポットは、美しい自然のパノラマを提供しています。その美しさは日没時に、3つの山を背景に楽しめます。 3つの山は、モジョケルトのペナングンガン山、ブリタルのウェリラン山、マラン県とパスルアン県のバトゥ市にあるアルジュノ山です。カユプティの丘は、東ジャワ州モジョケルト県のジェティス地区にあります。モジョケルト県の中心からカユプティの丘までの距離は、約10.5キロメートルで、約1020分かかります。

カユプティの丘という名前は、土地の外観からヒントを得ており、土地は確かにユーカリの植物でいっぱいです。この観光地に入るには、子供は1人あたり5000ルピア、大人は10000ルピアの入場券を支払う必要があります。ここを旅すると、カユプティの丘のすべての景色、つまり東ジャワ州の3つの山の美しさを楽しむことができます。さらに、カユプティの丘では、スイミングプール、自撮りスポット、東ジャワ州の伝統的な料理を販売するフードコートや乗り物を楽しむこともできます。カユプティの丘のスイミングプールは、子供向けに特別に作られたもので、その深さはわずか60センチメートルです。子供を同伴する親は、プールの周りのテントに座ってリラックスすることができます。スイミングプールには、10,000ルピアの追加料金がかかります。

今年は、カユプティの丘が、インドネシアの林業会社(ペルフタニ)と共同でユーカリ油の製造に関する教育を行う予定です。後で、景色を楽しみながらユーカリ油を作るプロセスを直接学ぶことができます。パンデミックの間、カユプティの丘は、厳格な健康プロトコルを実施しています。来場者は、Covid-19ワクチン証明書を提示し、PeduliLindungアプリケーションをスキャンする必要があります。経営陣は、カユプティの丘の収容人数を1日あたり約1,000人に制限しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

02
February

パソナインドネシアです。今日は、ジョクジャカルタ特別州をご紹介します。

隣の都市スラカルタ(ソロ)とともに、ジョグジャカルタは、ジャワの地の文明の起源です。この都市はかつて、8世紀と9世紀に壮大なボロブドゥール寺院とプランバナン寺院を生み出し、16世紀と17世紀にマタラム王国の治世の座を築いた王位でした。ジョグジャカルタはかつて、その並外れた魅力のおかげで「ジョグジャカルタは終わりのないアジア」というスローガンで知られていました。

今、この街は、その美しい価値から「特徴なジョグジャ」としても知られています。この都市は、インドネシアのいくつかの文化の中心地の1つです。すべての訪問者は、ケラトン博物館(スルタン宮殿)を歩いたり、都市の広場でおしゃべりしたり、コタゲデでジュエリーを作るプロセスを見たり、マリオボロで買い物をしたりして、散策することができます。

その料理の素晴らしさを楽しむために、この街の特徴となっている伝統的なジャワのレシピの特別な調合であるグドゥッを試すことを忘れないでください。また、お土産として人気のあるおもしろい味わいの伝統的なおやつであるバッピアケーキもぜひお試しください。飲み物には、自然療法によく使われるさまざまな種類の栄養価の高い植物を混ぜ合わせた伝統的な飲み物であるジャムウを試すことができます。さらに、ジョグジャカルタで体験できる冒険もたくさんあります。ムラピ山国立公園を登ることから始まり、ハイキングトレイルに沿ってジープに乗り、美しい村にある古代の火山であるングランゲラン山を登ります。ジョグジャカルタは、たくさんのアトラクションが楽しめる街です。これにより、ジョグジャカルタは、バリに次ぐ観光客の訪問先になります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

31
January

パソナインドネシアです。今日は、南東スラウェシ州のHAROANA ANDALA(ハロアナ・アンダラ)の儀式をご紹介します。

バウバウは、南東スラウェシ州のブトン島にある都市です。その便利な位置により、バウバウは、国の航路で重要な役割を果たし、特に貿易およびサービス部門で住民活動の中心として発展してきました。バウバウはまた、水産物が豊富で、かなり高い海洋活動をしています。

バウバウ市の人々は、漁師として生計を立てており、海に依存しています。地元のコミュニティが海に関連するさまざまな伝統的な儀式を持っていても不思議ではありません。それらの1つは、ハロアナ・アンダラ儀式または伝統的な海のパーティーです。この儀式は、バウバウ市のボネボネ村の漁業コミュニティにとって、海から得られる神様の祝福の豊かさに対する感謝祭のイベントです。また、海に行く漁師の数を増やすことは、神様への祈りの一形態です。

ハロアナ・アンダラの儀式が行わるとき、バウバウ市バトゥポアロ地区のボネボネ村の漁村の人々が海岸沿いに集まります。儀式は、地元の伝統的な長老たちが率いる祈りとマントラという呪文を読むことから始まります。祈りを読み上げた後、数人の若者が約3メートルの大きさの数本の竹の棒でできたいかだを持ち上げます。いかだの中には、もち米、たばこ、焼き魚、数種類の伝統的なケーキ、2羽の鶏すなわち雄鶏と雌鶏など、さまざまな種類の食べ物があります。その後、いかだは、2つの小さなボートに持ち上げられ、すぐに海の真ん中に運ばれ、漁船を使って人々が続きます。海の真ん中に到着した後、人々はいかだを流します。

流した後、ボネボネの村人は、中部ブトン県ラクド地区のワラ村にある古い墓を訪れます。古い墓は、南スラウェシ州のボネ県出身の漁師であるアンディ・マムジュの墓です。彼は、ボネボネ村の人々に釣りのし方を教えた最初の人として知られています。祈った後、村人は、それぞれの家に戻ります。何百年もの間行われているこの儀式は、地元の習慣を守り、文化的観光の場として、ボネボネ村の人々によって今も行われています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

28
January

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州パチタン県の観光地/SUNGAI MARON(マロン川)をご紹介します。

東ジャワ州パチタン県は、その美しいビーチで有名です。 KlayarBanyu TiboBuyutanからSrauまでです。美しいビーチだけでなく、パチタンには、他にも魅力的な観光スポットがたくさんあります。その一つはマロン川です。その美しさと個性のために、この川は、東ジャワのアマゾン川と呼ばれています。パチタン広場からの距離は、約40キロ、自動車での移動時間は約1時間かかります。

マロン川の観光名所に入るには、5000ルピアの入場券を支払う必要があります。入り口から、川岸まで20メートル歩く必要があります。ここでは、小さな桟橋があり川の側に寄りかかっているボートの列が見えます。この観光地の魅力を楽しむには、川を探索する冒険を試してみる必要があります。また、入場者用のボートは、

最大6名まで借りることができます。川を探索する前に、ライフジャケットを着用する必要があります。川を探索するツアーは、4.5キロメートルに及び、所要時間は、約45分です。

この川を探索し、森林地域を分割する川に向かいます。この目的地がインドネシアの「アマゾン」と呼ばれているのは、当然のことです。なぜなら、川の右側と左側には、太陽を遮る熱帯林が並んでいるからです。川の探索には、マロン川の青みがかった緑の水が楽しめます。川の探索の観光ルートの終わりに近づくと、ビーチ近くの珊瑚の丘に到着します。川の探索の旅では、面白い写真スポットも楽しめます。お気に入りの写真スポットが1つあります。それは、川の上の大きな木の幹に取り付けられているブランコです。

訪問者は、足が川の水面に触れた状態で、ブランコに乗ってリラックスして座ることができます。しかし、もちろん、最高の場所は、緑豊かな木々や小川を背景にして、ボートの端に座っていることです。この川の探索の旅では、ンギロボヨビーチにも訪れます。ちょっと降りて、ビーチの雰囲気を楽しむことができます。ボートの運転手は、桟橋に戻る前に最大2時間待機します。川でのアクティビティに加えて、マロン川で泳いだり釣りをしたりすることもできます。この観光名所には、トイレ、レストラン、広い駐車場があります。

これで、パソナインドネシアを終わります、明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

27
January

パソナインドネシアです。今日は、西スマトラ州の料理KUE PINYARAM(ピニャラムケーキ)をご紹介します。

西スマトラ州への料理ツアーには、おいしい伝統的な軽食がたくさんあります。それらの1つはピニャラムです。形はシンプルです。直径10センチの平らで丸く、白または茶色をしています。ピニャラムの真ん中にある肉は、砂糖がたまっているかのように少し厚く、とても甘いです。甘い味わいの料理が好きな人は、いつか西スマトラ州を訪れるときにピニャラムを試してみてください。

ピニャラムは、揚げ米粉とパームシュガーから作られています。ミナンカバウの人々に知られているピニャラムには、白いピニャラムと黒いピニャラムの2種類があります。この2種類の違いは、原料のみで、白いピニャラムは、白米を使用し、黒いピニャラムは、黒米を使用しています。しかし、スジやパンダンの葉から作られた緑のピニャラムなどの他の変種も、よく見られます。味に関しては、ピニャラムは、バナナ、ドリアンなどのさまざまなフレーバーに変えることができるようになりました。現在、ピニャラムにも、さまざまなサイズがあり、それぞれの好みに応じて、小、中、プレートのサイズがあります。

ミナンカバウでは、ピニャラムは、結婚式、お祝い、預言者生誕祭、レバラン祭日などの伝統的な儀式の特別な食べ物とされています。現在、この料理は、伝統的な儀式だけでなく、おやつにもなります。一般的に、この伝統的なミナンカバウのケーキは、西スマトラ州の伝統的な市場だけでなく、インドネシアのすべての地域で見つけることができます。インドネシアのさまざまな地域で、ピニャラムケーキは、ジャカルタとジャワ島とスラウェシ島の一部の地域のKue Cucur、西スラウェシ州のKue Dumpi、マドゥラ島のKue Kocorなど、他のさまざまな名前や呼称でも知られています。ピニャラムケーキは、1個あたり1000ルピアから2000ルピアで販売されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Page 8 of 53