Friday, 25 November 2022 08:36

ANGKLUNG「アンクルン)の楽器が、カタールワールドカップに響き渡る

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ワルナワルニです。今日は、アンクルンの楽器が、カタールワールドカップに響き渡ることについてお伝えします。

カタール2022ワールド・カップは、2022 11 20 日から 12 18 日まで開催されます。開催国であるカタールは、2022 年ワールドカップをさらに盛り上げるために多くの関係者と協力しています。この壮大なイベントを、特に故郷のニュアンスでさらに活気づけたものの 1 つは、典型的な西ジャワ州の楽器であるアンクルンの音でした。ドーハで開催されたワールド・カップイベントでのアンクルンの存在は、アートパフォーマンスやその他のさまざまな文化活動を頻繁に行う/カタールの文化財団であるカタラ文化村財団とのコラボレーションでした。

スポーツイベントの期間中、カタラ文化村財団は、各国大使館と協力して、自国の代表的な芸術を紹介しています。インドネシア大使館と一緒に、このアンクルンのパフォーマンスは、2022 11 18 日から 28 日まで、カタラ・アルイブダー・コートヤードの建物でサウン・アンクルン・ウジョによって行われます。アンクルンとは別に、典型的なインドネシアのバティックパフォーマンスもあり、伝統的なバティックの作り方とそこに含まれるさまざまな哲学を紹介しています。スケジュール自体は、2022 12 1 日から 8 日まで開催されます。

カタールでのワールド・カップの実施は、スポーツイベント、芸術、文化を組み合わせているため、他とは異なるスポーツイベントでもあります. このワールド・カップの実施にあたり、ゲストは、カタールと世界の創造性と文化革新に満ちた多くの活動を目の当たりにするでしょう。カタールが開催したワールド・カップの一部であるイベントでは、2022 11 18 日から 12 18 日まで開催される展示会、コンサート、フェスティバル、ライブパフォーマンス、イベントなど、22カ国から少なくとも300の活動があります。2022 年のワールド・カップイベントで芸術パフォーマンスを活性化するために参加したいくつかの国は、さまざまな種類の芸術でパラグアイ、ドミニカ共和国、ウルグアイ、エクアドル、ボスニア、ロシア、メキシコ、イランです。

これで、ワルナワルニを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 2737 times