Program Highligt

Program Highligt (846)

08
March

Nila Moeloek保健大臣は、世界の健康の振興への貢献とアジア太平洋地域における目の健康サービスプログラムの支援においてアジア太平洋眼科アカデミー(APAO)から、2019年のホームズレクチャー賞を受賞しました。APAOの会長、N.J. McGheeは、木曜日にジャカルタで受けた保険省の記者会見で、APAOは、眼科医としてのNila Moeloek氏の業績と献身を誇りに思い、インドネシアの保健大臣とまって成功していることを誇りに思っていると語りました。APAOは、WHO母子及び新生児保険理事会メンバー、WHO理事会メンバー、ならびに食のフォーラム理事会メンバーとしてのNila Moeloek氏の積極的な役割への貢献を認めました。Nila Moeloek氏はまた、遠隔地や島々における保健サービスへのアクセスの向上を促進することに成功したと評価されました。

05
March

 

インドネシア - オーストラリア包括的な経済連携協定(IA-CEPA)は、インドネシアの飲食業で原料として必要とされる精製された砂糖の輸入関税を引き下げることに成功したました。精製糖(せいせいとう)の原料は、以前は、10パーセントをえていましたが、これが、5パーセントまで引き下げられます。これは、月曜日に、全インドネシア食品飲料協会のAdhi S Lukman会長が語ったものです。Adhi S Lukman会長は、これは、インドネシアの飲食業にプラスの影響を与えるでしょう。その一つは、国内産業のために、精製糖原料の代替的な備蓄を提供することだと説明しました。Adhi S Lukman会長によると、オーストラリアからの精製砂糖原料の輸入関税は、ASEAN諸国の同様の輸入関税と同じだということです。Adhi S Lukman会長は、精製砂糖原料だけでなく、国内の食品飲料業界は、小麦粉、小麦、塩、穀物、果物、牛乳、牛肉など、オーストラリアから、他にも、いくつかの原料を必要としていると述べました。

01
March

インドネシア政府は、228日木曜日、正式にパレスチナの輸入商品に関税ゼロをとしました。インドネシア商務大臣、Enggartiasto Lukita、在ジャカルタのパレスチナ大使、Zuhair al Shun、インドネシアの副外務大臣A.M. Fachirは、木曜日、ジャカルタの副大統領の宮殿で、関税撤廃の開始に関し、副大統領ユスフ・カラとの会談しました。初期段階では、この決定の実施は、今年のラマダン断食月の実施前に輸出される予定のナツメヤシとオリーブオイルの商品に適用されます。Enggartiasto大臣は、記者会見で、ユスフカラ副大統領はまた、「関税ゼロ」は、パレスチナからの他の商品に適用され、一般的な貿易協定などの他国との実現可能性調査には、適用されないと主張しました。

インサート :この関税ゼロは、友達であり、兄弟であり、そして損失はありません。実際に、副大統領は、パレスチナ人は他に何を輸出したいのか確認しました。彼は、インドネシアへのパレスチナ輸出の関税ゼロを直ちに命令しました。

一方、Zuhair Al Shun大使は、待望のインドネシア政府の決定を歓迎します。また、インドネシアで関税撤廃の可能性があると考えられる他の商品のリストも提出しました。商務省は、これまでのところ、インドネシアとパレスチナの間の貿易の量は、わずか350万ドルだと指摘しました。パレスチナは、164番目のインドネシアの輸出先です。パレスチナへの主な輸出商品は、コーヒー、紅茶、パスタ、パン、香水石鹸です。一方、パレスチナは、インドネシアにとって162番目の輸入元の国であり、主な輸入品目は、kurmaです。

28
February

Wiranto政治治安法務調整大臣は、火曜日大統領府で、2019年の選挙の実施は、安全に実行されますことを確認しました。これは、選挙中の暴動について心配していた多くの当事者の懸念に答えるとき、Wiranto大臣が語ったものです。Wiranto大臣によると、警察は後にいくつかの時間以来、選挙不安指数を考案したということです。この指数に基づいて、選挙前と選挙中の不安は、確実には発生しません。Wiranto大臣はまた、それぞれの議決権を使って選挙を成功させるための努力を支援し続けるようインドネシアの全国民に訴えました。

 

インサート ;過去6ヶ月間の選挙不安指数に基づいて、私たちは、すでにスコア、安全ではない地域、なぜ安全ではないのか?、安全な地域、安全性について作業している地域を知っています。この6か月前の指数から、これらの不安を無効にするための努力を続けました。私たちの計算は、治安部隊からのものであり、選挙の開催にも役立つので、2019年の選挙は、安全に行われます。したがって、すべての人々は、それを信じていません。インドネシアに留まり、良い有権者になり、棄権にならず、インドネシアを去らないでください。

 

Wiranto大臣はまた、警察と選挙主催者とともに、2019年の選挙が円滑に行われるように調整を続けると述べました。Wiranto大臣は、国内政治エリートは、根拠のない論争の声明を発行することによって選挙の安全性の安定性を乱すことはないと期待しました。

 

 

27
February

Joko Widodo大統領政権は、2024年までの今後5年間で、総額400兆ルピアの村の資金を割り当てることを決定(けってい)しています。これまでのところ、中央政府は5年間、2015年から2019年までの間に257兆ルピアを達成するために村の予算を割り当ててきました。Putro Sandjojo村落・途上地域開発大臣は、火曜日に、ジャカルタでの書面の中で、村の予算は毎年増加し続けるため、今後5年間で400兆ルピアの村資金の配分の増加が可能であると述べました。大臣は、村の資金は、77パーセントの計算式でインドネシアのすべての村に与えられ、その後20パーセントが人口、貧困レベル、地理的困難さおよび面積に基づいて村に比例して割り当てられると述べました。その後、残りの3%が未開発のステータスを持つ村に割り当てられます。

26
February

 

Tjahjo Kumolo内務大臣は、2019年 同時選挙の脆弱性の鍵は、票の集計段階にあると述べました。Tjahjo Kumolo内務大臣は、月曜日、ジャカルタで、インドネシア全土の国家警察プロパム綱紀粛正 とインドネシア国軍POM(憲兵  軍警察)の調整会議に出席した後、危険性が高い地域の為に内務省は、すでに、選挙で危険な地域の地図を作成した。それはパプアで、その地域では、いまだに noken(カバン)システムを利用し、地理的条件があるからだと語りました。したがって、インドネシア国軍、インドネシア警察、国家公務員などを含む、すべての国民層が、人々には権利があり、民主的に選挙権を行使する事に気づくよう、周知しました。Tjahjo Kumolo内務大臣は、選挙の成功の鍵は、国家公務員の中立からも切り離すことはできないと説明しました。

26
February

世界の天然ゴムの3大生産国、タイ、インドネシア、マレーシアは、世界の天然ゴム価格の低迷に対処するために、ゴムの輸出を20万から30万トン削減することに合意しました。Darmin Nasution経済調整大臣は、輸出計画 あるいはAETSと呼ばれる輸出トン数体系は、3つのゴム生産国によって開始された国際三者ゴム協議会(ITRC)会議での決定の一つであると説明しました。Darmin Nasution大臣は、月曜日、ジャカルタの記者会見で、詳細な計算と実施が、34日に、それぞれの政府高官によって再び議論されるだろうと述べました。三国からの輸出の減少は、今後3ヶ月間 適用せれます。

25
February

 

インドネシア観光省は、各地域でハラル観光の成長を促進することを目指しています。現在、3つの地域、西ヌサテンガラ、アチェ、西スマトラ、だけがハラル観光地であると宣言しています。各地域のアイデンティティと優位性について世界に示すためには自己宣言が必要です。この努力は、東ジャワ州の観光局によっても追求されていました。東ジャワ州の文化観光局のSinarto局長は、彼は地区または都市政府とのあらゆる会合においてハラル観光を広め続けたと述べました。

30
April

Joko Widodo大統領は、2018年4月28日(土)、シンガポールのShangri-La Hotel、Island Ballroomでの第32回ASEANサミットの開会式に出席しました。

30
April

 

インド洋太平洋の枠組みの発展は、包括的で包括的で透明な原則に基づいており、協力と友好を促進するべきである。 インド洋太平洋協力の概念は、引き続きASEANの中心性を引き出すべきである。

これは、2018年4月28日土曜日、シンガポールのShang-La HotelにあるThe Acacia Roomで開催された第32回ASEANサミットでの演説で、Joko Widodo大統領によって伝えられました。