Program Highligt

Program Highligt (865)

12
July


ジョコ・ウィドド大統領は木曜日、ランプン州の南ランプン県パラス地区の水田灌漑と農業のためのポンプ援助品の配布場所を直接視察しました。今回の大統領の訪問は、南ランプンなどの乾燥地帯の灌漑システムを改善することで、食糧安全保障と農民の福祉を増進するための政府の取り組みの一環です。ジョコ・ウィドド大統領は、パラス地区への実務訪問の目的は地域の状況を確認することであると述べました。ジョコ・ウィドド大統領によると、揚水プログラムは長期にわたる干ばつと熱波を予測し、農民がそのような状況に備え、農民の生産性が低下しないようにするということです。ジョコ・ウィドド大統領は、農業省がすべての生産地域が確実に満たされるようにポンプ全体のニーズを満たすよう努めていることを確認しました。

11
July


ジョコ・ウィドド大統領は、県と都市レベルでの国産製品の使用率は、現在まだ約41パーセントであり、増加させる必要があると述べました。アンタラ通信社が報告したように、水曜日ジャカルタのジャカルタ・コンベンション・センターで開催された2024年の第16回インドネシア県政政府協会(APKASI)国家作業会議の開会式での大統領の指示で、大統領は県と都市政府に対し、予算の吸収に注意し、地域に移管された国家歳入が実際に他国に利益をもたらす輸入製品の購入に使われることのないよう要請しました。その際、ジョコ・ウィドド大統領はまた、過去5年間は、Covid-19パンデミック、石油と食料価格の変動を引き起こした戦争、そして熱波を引き起こしたエルニーニョ現象からラニーニャ現象に始まり、容易ではない非常に困難で課題に満ちた期間だったと述べました。ジョコ・ウィドド大統領によると、これは健康危機、経済危機、食糧危機、金融危機、そして人類という課題を引き起こしているということです。

10
July


ジョコ・ウィドド大統領は、アル・アズハルのグランド・シェイクのイマーム・アクバル・アハメッド・アル・タイエブ氏の実務訪問を受けました。この会談は、79日火曜日ジャカルタのムルデカ宮殿で開催されました。会談中、ジョコ・ウィドドとシェイク・アハメッド氏は、多くのことについて話し合いましたが、その1つは平和と寛容の重要性です。インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、ジョコ・ウィドド大統領に同行してシェク・アハメッド氏と会談した後、大統領は現在、ガザを含むあらゆる場所で戦争と紛争が起こっていると述べたと説明しました。したがって、ジョコ・ウィドド大統領は、恒久的な停戦を主張し続けることがいかに重要であるかを強調しました。それとは別に、レトノ外相によると、大統領は人道援助へのアクセスの促進と和平の即時実現の重要性についても述べたということです。レトノ・マルスディ外相はまた、シェイク・アハメッド氏はジョコ・ウィドド大統領と同じ見解を共有していると述べました。シェイク・アハメッド氏は、戦争を即時に終わらせ、平和を実現しなければならないと考えています。したがって、世界には統一が必要です。

05
July


インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、北カリマンタン州におけるインドネシアとマレーシアの国境線の問題は、間もなく正式な覚書に概要が記載され合意に達したことを受けて解決されたことを確認しました。 73日水曜日クアラルンプールでマレーシアのモハマド・ビン・ハサン外相と会談した際、レトノ・マルスディ外相は、陸上国境の2つの部分、すなわちセバティク島に関する交渉の技術的プロセスは、最終段階に達したと述べました。したがって、セバティク島を北カリマンタン州のインドネシアとサバ州のマレーシアに分ける境界線を即座に決定することができます。レトノ・マルスディ外相は記者会見で、次のステップは、両国が覚書の添付資料として使用する現地計画を作成することであると述べました。一方、海洋国境部分では、レトノ・マルスディ外相は、スラウェシ海の潮間帯とギャップエリアについては、交渉がまだ続いていると述べました。同氏は、良好で相互に有益な結果を得るために、海上境界交渉において双方のより強いコミットメントが得られることを期待しています。

04
July


ジョコ・ウィドド大統領は、73日水曜日、西ジャワ州カラワン県にあるインドネシア初の電池工場とエコシステムを開設しました。大統領は、この開設式はインドネシアがバッテリーと電気自動車の世界の生産競争に参加するという決意を示していると述べました。この施設は、韓国、LG、ヒュンダイのコンソーシアムによって、インドネシアのヒュンダイ・ LG社という会社で建設されました。ジョコ・ウィドド大統領は、このプロジェクトは統合型電池エコシステムであり、その投資額は160兆ルピアに達すると述べました。この電池工場は、インドネシアにおけるヒュンダイの電気自動車エコシステムを補完するものであり、同社はインドネシアにも電気自動車工場を持っています。

インサート : 本日、当社はバッテリー・セルと電気自動車(EV)のエコシステムにおいて世界的なプレーヤーになるという取り組みにおけるマイルストーンを築く新たな章を開始しました。

ジョコ・ウィドド大統領によると、インドネシアには豊富な天然資源があるということです。しかし、天然資源の成果物は、常に原材料の形で輸出されます。したがって、それは国に付加価値を提供しません。実際、原材料は輸出され続けるとますます枯渇します。しかし現在、製錬所の建設と電気自動車バッテリー・セル工場の建設により、インドネシアは世界の電気自動車サプライチェーンにおける重要な世界的プレーヤーとなるでしょう。ジョコ・ウィドド大統領は、ヒュンダイとLGが開発した電池工場がインドネシアと韓国の関係を強化できることを期待しています。インドネシアには、電気自動車のサプライチェーンで世界的なプレーヤーになるという大きな計画があります。

03
July


インドネシア共和国のレトノ・マルスディ外相は、第3回ドーハとして知られる第3回アフガニスタン特使会議に出席しました。レトノ・マルスディ外相は、71日月曜日記者会見で、この会議は、アフガニスタンが長期にわたって続いている多次元危機から脱却するのを支援する国際的な取り組みの勢いを維持することを目的としていると説明しました。

インサート :国連事務総長が主催し、カタールが主催したこの会議は、アフガニスタン国民が現在直面している多次元危機から抜け出すのを助けるため、アフガニスタンに関する国連事務総長の独立した評価のフォローアップについて話し合いました。

さらに、レトノ・マルスディ外相は、会議で強調された成果の一つは、ケシ禁止政策のおかげでアヘン生産を最大95パーセント削減することに成功したことであると述べました。レトノ・マルスディ外相は、代表団はこの会議がアフガニスタンの平和と発展を促進するための具体的な勧告を生み出すことを期待して、アフガニスタン国民の利益を優先するというコミットメントを強調したと付け加えました。

28
June


インドネシアのスリ・ムリャニ・インドラワティ財務大臣は、20245月までの税収実現額が/2024年の国家予算目標の38.23パーセントに相当する7603,800億ルピアに達したことを明らかにしました。スリ・ムリャニ大臣は、627日木曜日、ジャカルタでオンラインモニターされたインドネシア国家予算の記者会見で、2024 5 月の収益は 4 月の実績と比較して減速したと説明しました。この減速は、非石油・ガス所得税、石油・ガス所得税、土地・建物税など、縮小を経験している多くの税グループから総収入の影響を受けました。これまでの 3 つの構成要素とは対照的に、付加価値税と贅沢品売上税の実績は増加を記録しました。スリ・ムリャニ大臣は、2つの税の総収入の伸びは、経済成長の実績と一致していると述べました。

 

27
June


インドネシア共和国のレトノ・マルスディ外相は、CTBTO(包括的核実験禁止条約機関)の事務局長ロバート・フロイド博士と会談し、包括的核実験禁止条約(CTBT)批准の進展について話し合いました。水曜日の記者会見で、レトノ・マルスディ外相は、紛争や戦争がいつ起こるか分からない不確実性がますます高まる世界情勢の中で、今回の会談は非常に重要だと述べました。レトノ・マルスディ外相は、インドネシアは、2011年に同条約を批准した附属書II加盟国だと説明しました。そして、CTBTOへの訪問がインドネシアの多国間主義への取り組みの一形態であることを認めました。

インサート :多くの締約国は、多国間主義に疑問を抱いています。インドネシアの場合、私たちは実際に、多国間主義がなかったらどうなるだろうかと尋ねます。間違いなく起こるのは、強者がすべてを支配するということです。

レトノ・マルスディ外相は、CTBTなどを通じて多国間主義を強化し続けることが共通の責任であると信じています。同氏は、CTBTO事務局長との会談で、批准の進捗状況とインドネシアとの協力に関する最初の事項を含むいくつかのことについて話し合いました。また、より多くのインドネシア代表がCTBTOでの勤務を検討されることへの期待を表明しました。

 

26
June


ズルキフリ・ハサン貿易大臣は、インドネシア・欧州連合(EU)包括的経済連携協定(IEU CEPA)ポイントの準備が、20247月に完了するよう努めてきたと述べました。これは、アンタラ通信社に対し、625日火曜日ジャカルタの大統領官邸でIEU CEPAについて話し合う内部会議に出席した後、ズルキフリ・ハサン大臣が語ったものです。ズルキフリ・ハサン大臣は、現在、IEU CEPAポイントの準備の進捗は90パーセントに達しており、残りは202471日から5日まで西ジャワ州ボゴールでの協議を通じて完了すると述べました。外務省の声明が報告したように、IEU CEPAがインドネシアと欧州連合の間の貿易活動を拡大する手段となることが期待されています。戦略国際​​問題研究所が実施した調査によると、IEU CEPAには実質国内総生産(GDP)成長率を0.1%押し上げ、州歳入への影響を28億米ドル増やす可能性があることが示されています。この研究はまた、インドネシアの欧州連合への輸出が57.76パーセント増加する可能性があると発表しました。

 

21
June

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、619日木曜日ジャカルタの大統領官邸で多数の現職閣僚を招いた限定会議を開催し、クラトム植物の合法化について話し合いました。モエルドコ大統領官房長官によると、これまでのところ標準化が行われてなく、このハーブ植物を輸出することは困難であるため、クラトム管理を策定する必要があるということです。同氏は、クラトムの使用の安全性に関して国立麻薬庁と国立研究開発法人との間に依然として見解の相違があるため、政府はクラトムが麻薬に分類されるかどうかを確認する必要があると述べました。クラトムの葉には、アルカロイドのミトラギニンと7-ヒドロキシミトラギニンという有効成分が含まれていることが知られています。この2つの有効成分が鎮痛作用を持っています。活性化合物ミトラギニンは、麻薬を摂取するような中毒を引き起こす可能性があります。別の機会に、国家麻薬局のマルヒヌス・フコム局長は最近、ボイス・オブ・インドネシアに対し、クラトムはまだ麻薬法で規制されていないため、地方政府の規制でクラトムの使用を制限することはできないと述べました。

 

Page 1 of 62