Program Highligt

Program Highligt (671)

02
December


ジョコ・ウィドド大統領は、中央政府と地方政府の両方のスタッフ全員に、国家予算(APBN)と地方予算(APBD)の支出の実現を加速するよう求めました。これは、121日木曜日にジャカルタの宮殿で行われた2023会計年度の予算執行フォームリストと地域に転送する割り当てリストブックの引き渡しで、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。大統領は演説で、現在の世界経済の状況が依然として混乱していることを再度指摘しました。それにもかかわらず、インドネシアの経済成長は、世界でもトップクラスです。大統領は、現在の国内のインフレ率は、まだ5.8%とかなり抑えられていると述べました。大統領によると、この数値は、世界のさまざまな国で発生するインフレ率と比較すると、さらに優れており、インフレ率は 10% から 75% にまで達するということです。

 

01
December

Basuki Hadimuljono公共事業・国民住宅大臣は、群島の首都 (IKN) の開発において、信頼できる有能な人材  を準備することが公共事業・国民住宅省の優先事項であることを明らかにしました。 Basuki 大臣は、若い世代、特に公共事業・国民住宅の若い世代に、IKN の開発における建設部門の能力を高めるための学習機会を活用するよう奨励しました。 Basuki 大臣は、水曜日の声明で、IKN の開発には、スマートシティの開発における問題の解決について考えるための鋭い分析を含む、スマートシティを構築するための基本原則を理解している有能な人材が必要であると述べました。以前、ジョコ・ウィドド大統領は、政府が省庁などの政府の建物や大統領と副大統領の宮殿を含むIKNの中核地域で/インフラ開発を開始したと述べました。

30
November


ジョコ・ウィドド大統領は、政府がヌサンタラ首都(IKN)の中核地域でインフラ開発を開始したと述べました。これは、火曜日記者会見で、西カリマンタン州ポンティアナック市の伝統的なラダクンという家で、大統領がかたったものです。ジョコ・ウィドド大統領は、ヌサンタラ首都の建設に対するカリマンタンの人々、特にダヤク族からの支援に感謝の意を表しました。大統領は、ダヤクの人々の要請により、政府はヌサンタラ首都地域周辺にダヤクセンターを建設すると述べました。大統領は、大統領と副大統領の宮殿だけでなく、省庁などの政府の建物の建設が始まると説明しました。

25
November


インドネシアのプラボウォ・スビアント国防大臣は、1124日水曜日にカンボジアのシェムリアップで開催された 9 ADMM リトリート・ADMM プラスで、2023 ASEAN 国防大臣会議(ADMM)のホストとしてのインドネシアの任命を受け入れました。任命を受け取った際、プラボウォ大臣は、ASEAN プラス国防相会議が、特にそれぞれの防衛開発において、ASEAN 加盟国にとって有用かつ効果的なメカニズムであることが証明されたことを強調しました。木曜日アンタラ通信社が引用したように、プラボウォ大臣は、このメカニズムは、会議、意見交換、直接的なコミュニケーションの確立の場として使用され、国家指導者によるコンセンサスの構築と理解を強化したと述べました。これにより、ASEAN は世界経済に貢献できることを証明し、紛争解決における ASEAN のアプローチが合意に達するための交渉によるものであることを実証しました。

24
November


インドネシアの戦略的経済地域における発展の機会であり、現在世界で発展している 3 つの課題があります。それは、グリーン産業、スマート産業、ハラール産業です。これは、火曜日に「経済地域:存在、機会、課題」というタイトルの本のトークショーで、アイルランガ・ハルタルト経済担当調整大臣が語ったものです。アイルランガ大臣は、グリーン産業は、エコ工業団地の開発を通じて、環境に優しい産業コンセプトを求めていると述べました。アイルランガ大臣によると、このコンセプトは、適切に統合されたインフラを備えた 3 世代の工業地域を開発する形だと述べました。一方、スマート産業については、産業革命4.0の時代に合わせてテクノロジーを活用できる産業が求められていると述べました。一方、ハラール産業の発展に関して、アイルランガ大臣は、現在、3つのハラール産業地域、すなわちモダン・チカンデ工業団地、ビンタン・インティ工業団地、東ジャワ州シドアルジョのハラール・セーフ&ロック工業団地があると説明しました。

23
November

サンディアガ・ウノ観光・創造経済大臣は、インドネシアのG20議長国サミットの勢いは、バリの創造経済部門を含め、包摂的で回復力のある持続可能な観光の発展にプラスの影響を与えたと述べました。感じられる具体的なの証拠の 1 つは、最大 70% 増加したヌサドゥア地域のホテルの稼働率です。それだけでなく、サンディアガ・ウノ大臣は、1121日月曜日 Sapta Pesona ビルでハイブリッド方式で開催されたサンディ・ウノとのウィークリーブリーフで、G20 サミットの国民経済への貢献は、33,000 人以上の労働者をさらに吸収することを含めて 5 3,300 万ドルに達すると見積もっています。さらに、サンディアガ・ウノ大臣は、インドネシアの G20 議長国サミットの活動のピーク時の国内外観光客の数は、 20,559 人に達し、直接支出は、 9 兆ルピアに達したと述べました。支出は、飲食、交通費、通信費、宿泊費、組織支出などに使用されます。

18
November


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は木曜日の午後、2022 11 18 日と19 日にバンコクで開催される第 29 回アジア太平洋経済協力APEC)首脳会議に出席するためにバリのングラライ空港からタイに向けて出発しました。ジョコ・ウィドド大統領は、バリのングラライ空港での記者会見で、APEC サミットはASEAN サミットと G20 サミットに続く最後の一連のサミットであると述べました。大統領によると、APEC サミットにおけるインドネシアの主な焦点は、包括的で持続可能な経済を推進するということです。そして、グリーン経済とその下流のデジタル変革が、今年の APEC におけるインドネシアの優先事項であることを強調しました。世界人口の約30億人、世界の国内総生産(GDP)の60%を占めるAPECは、アジア太平洋地域の経済成長の原動力であり続けなければならないと述べました。

17
November


G20加盟国と招待国からの多くの国賓が水曜日にバリ島デンパサールのングラライ森林公園に到着し、G20サミットの追加の活動、つまりマングローブの植林とマングローブ林保護のプロセスを視察するために出席しました。出席者は、国際通貨基金専務理事のクリスタリナ・ゲオルギエバ氏、WHO 事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス氏、南アフリカのシリル・ラマフォサ大統領、韓国のユン・スクヨル大統領、欧州委員会のウルスラ・フォン・デル・ライエン委員長、スペインのペドロ・サンチェス首相が含まれます。彼らは、先に来ていたジョコ・ウィドド大統領に出迎えられました。ングラライ森林公園でのマングローブ植林活動とマングローブ林保護プロセスのために、国賓は、インドネシアG20のロゴが入った襟付きの長袖(ながそで)の白いシャツを着ていました。彼らの何人かは、G20 インドネシアのG20のロゴが入った白い帽子をかぶっていました。

16
November


ジョコ・ウィドド大統領は、2011 11 15 日火曜日の午後、バリ島のアプルバ・ケンピンスキーで G20 サミットの第 2 会議を開始しました。G20 サミットの第 2 会議では、議論の焦点の 1 つである公衆衛生問題が議論されました。ジョコ・ウィドド大統領は演説で、感染拡大がますます抑制されているCovid-19パンデミックの問題を強調しました。したがって、大統領によると、同様の衛生の緊急事態がいつでも発生する可能性があるため、国民は油断してはならないということです。

したがって、ジョコ・ウィドド大統領は、将来の公衆衛生上の緊急事態に対する世界の準備を奨励しています。大統領によると、準備は命と経済を救うということです。この点で、ジョコ・ウィドド大統領は、G20 諸国に対し、具体的な措置を直ちに講じるよう奨励しました。すなわち、グローバルな衛生構造を強化することによる最初のものです。

インサート :私たちは、より強力で突破力のあるWHOが必要です。連帯と正義は、世界的な公衆衛生構築の精神でなければなりません。 G20は、パンデミック基金の設立に成功しました。これは、最適に機能するための追加の資金拠出が必要です。私は、すべての関係者に寄付を呼びかけます。インドネシアは、 5,000 万ドルを約束しました。G20 はまた、パンデミック条約の形成プロセスも監督する必要があります。これは、国、地域、世界レベルでの準備を強化するために重要です。

さらに、ジョコ・ウィドド大統領は、世界的な衛生問題解決の一環として、開発途上国のエンパワーメントも奨励しています。大統領によると、医療能力のギャップは、解消されなければならないということです。大統領は、開発途上国は、製造や研究センターを含む世界的な健康サプライチェーンの一部でなければならないと述べました。

インサート:これは、健康産業への投資が増加し、研究協力と技術移転が強化され、開発途上国が生産原料へのアクセスを拡大した場合にのみ実現できます。さらに、TRIPS ウェーバーは、診断および治療を含むすべての健康ソリューションに拡張する必要があります。 WHO はまた、健康ソリューションのハブアンドスポークに関する責任を認識しなければなりません。

ジョコ・ウィドド大統領はまた、Covid-19のパンデミック中に発生したちは、繰り返されないことを思い出させました。大統領によると、Covid-19 パンデミックは、世界が将来の世界的な健康上の緊急事態に直面する準備を整えるための貴重な教訓を提供してくれました。

14
November


ジョコ・ウィドド大統領は、日曜日、バリ島ヌサドゥアで、パンデミック基金を発足しました。この基金は、今年インドネシア議長国の下で G20 の財務大臣と保健大臣によって設立されました。オンラインで出席したジョコウィ大統領は、パンデミック基金は、特に強力で信頼できる資金調達メカニズムを通じて、世界の健康構造を強化するための世界による取り組みであり、世界が将来のパンデミックをより適切に予防し、対処できるようにするものであると述べました。パンデミック基金は、2022 11 15 日と 16 日の G20 サミットの 2 日前に開始されました。これまでのところ、パンデミック基金は、 15 か国と 3 つの慈善団体から約 14 億米ドルまたは約 217 000億ルピアを調達しています。オーストラリア、フランス、サウジアラビアもパンデミック基金への寄付を表明していることを考えると、この数は今後も増加し続ける可能性があります。

Page 3 of 48