Program Highligt

Program Highligt (846)

01
March


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、カルチム・硝酸・アンモニウム社の産業を発展させるための懸命な努力に心から感謝しています。大統領は、東カリマンタン州ボンタン市の東カリマンタン硝酸アンモニウム産業が国の食糧生産性を支援できることに期待しています。大統領によると、インドネシアは依然としてこの肥料の原料の21パーセントを輸入しているため、国内の硝酸アンモニウム産業の発展は非常に重要だということです。ジョコ・ウィドド大統領は、229日木曜日ボンタンにある東カリマンタン硝酸アンモニウム工場を開設した際、この工場の存在によってインドネシアで肥料、特にNPK肥料を製造するための原料が追加されることを期待しています。

インサート :工場が完成してよかったです。その後、国内で肥料を製造するための原料、特にNPKを追加することができます。そして私たちは、東カリマンタンの硝酸アンモニウム産業の建設が完了することで、食品分野における私たちの独立性と生産性がより自立し、自給自足できるようになり、12000億ルピアもの投資が無駄にならないことを願っています。

さらに、ジョコ・ウィドド大統領は国有企業省に対し、インドネシアが輸入品の代替を継続できるよう事業を拡大し続けるよう指示しました。大統領はまた、多くの国が食料品の輸出を制限、あるいは停止するきっかけとなった世界的な食料危機についても強調しました。

29
February


ジョコ・ウィドド大統領は、2045年に黄金のインドネシアを迎える上で、インドネシア国軍TNIとインドネシア警察POLRIの階級が重要な役割を果たすよう要請しました。ジョコ・ウィドド大統領は、水曜日ジャカルタのチランカップにあるTNI本部のアフマド・ヤニ・スポーツセンターで、インドネシアには先進国となり中所得国の罠から抜け出す大きなチャンスがあるため、TNIPOLRIは、黄金のインドネシアを迎える重要な役割を果たさなければならないと述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、「先進インドネシアのための防衛と安全保障を創造する準備ができている」をテーマとした2024年のTNIPOLRI指導者会議での指示の中で、人口ボーナスという形での機会は一国で一度だけ現れると述べました。ジョコ・ウィドド大統領はまた、インドネシアに対し、先進国になる機会を活用できなかったラテンアメリカ諸国のようなものではないことを再確認しました。ジョコ・ウィドド大統領によると、インドネシアが中所得国の罠に陥らないように、これらのことを観察し、研究する必要があるということです。

28
February


ニュージーランドのクリストファー・ルクソン首相は近い将来、オーストラリアのメルボルンでジョコ・ウィドド大統領と会談し、両国間の二国間関係の継続について話し合う予定です。これは、227日火曜日ニュージーランド国会議事堂でマラフ・アミン副大統領の表敬訪問を受けた際にルクソン首相が語ったものです。その際、ルクソン首相は、将来のインドネシアとニュージーランドの外交関係改善への希望を与えるマルーフ副大統領からの多くの意見に感謝の意を表明しました。インドネシアとニュージーランドは、2018年から包括的なパートナーシップを確立しました。この戦略的パートナーシップを通じて、インドネシアは引き続きさまざまな分野での役割と協力の拡大に努めていきます。

 

23
February


インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、メキシコ、インドネシア、韓国、トルコ、オーストラリアからなるMIKTA外相会議の議長を務めました。 222日木曜日ジャカルタで受け取った声明で、レトノ・マルスディ外相は、中間勢力としてのMIKTAの役割を強化する重要性を強調していると述べました。それとは別に、レトノ・マルスディ外相によると、MIKTA は地域を越えたグループとして多様性を活用する必要があるということです。

インサート :MIKTAは、特に招集力として、それぞれの地域の緊張緩和に貢献しなければなりません。例えば、東南アジアの安定と平和の維持に貢献し続けようとするインドネシアの役割を例に挙げてみましょう。

さらに、レトノ・マルスディ外相は、MIKTAは世界課題を克服するために、より具体的なプロジェクトを生み出すことができなければならないとも述べました。レトノ・マルスディ外相によると、MIKTAの具体的なプロジェクトの実現により、グローバルガバナンスにおけるMIKTAの役割が増大するということです。会議中、インドネシアはMIKTA議長の職をインドネシアからメキシコに引き継ぎました。

22
February


インドネシア共和国のジョコ・ウィドド大統領は、質の高いジャーナリズムをサポートするデジタルプラットフォーム企業の責任に関する202432号大統領規則、または出版者の権利に関する大統領令を発令しました。大統領は、この規制の発布は、国内の質の高いジャーナリズムと従来のメディア産業の持続可能性を実現するための政府の取り組みの一つだと述べました。 220日火曜日ジャカルタのアンチョールで行われた2024年国家プレスデー記念式典の最中に、大統領は、この大統領令を通じて、インドネシア政府も国内メディア産業の持続可能性を確保したいと述べました。

インサート :私たちは、質の高いジャーナリズム、ネガティブな内容とは程遠いジャーナリズム、インドネシアの進歩について教育するジャーナリズムを求めています。私たちはまた、国内メディア産業の持続可能性を確保したいと考えています。報道各社とデジタル・プラットフォーム企業とのより公平な協力を求めています。私たちは、報道会社とデジタルプラットフォーム間の協力のための明確な枠組みを提供したいと考えています。

大統領は、大統領令は報道の自由を縮小したり報道内容を規制したりすることを目的としたものではないと強調しました。この大統領令では、政府はジャーナリズムの質を向上させるために、報道各社とデジタルプラットフォームとの取引関係を規制しています。さらに大統領は、政府は国内報道会社に対する解決策や政策を模索し続けていると述べました。その1つは、ブディ・アリエ・セティアディ通信情報技術大臣に対し、政府の広告費を報道各社に優先的に支出するよう指示することです。

21
February


ジョコ・ウィドド大統領は、2024年の総選挙は順調に実施されたと考えられるため、投資が増加することを期待しています。ジョコ・ウィドド大統領は、220日火曜日ジャカルタのセント・レジスで開催された金融サービス業界の会議で、インドネシアの選挙後の政治状況は世界情勢よりも良い傾向にあると評価しました。ジョコ・ウィドド大統領は、ウクライナやパレスチナなど、今も激化しているいくつかの国での戦争と比較しました。大統領は、政治の年におけるインドネシアの経済回復力を高く評価しました。ジョコ・ウィドド大統領は、銀行資本の水準が地域諸国の平均を27.69 %上回る水準に達していると述べました。大統領はまた、銀行信用の伸びが前年比10.38%であることも強調しました。ジョコ・ウィドド大統領はまた、インドネシアの経済成長率が5.05%であることを賞賛しました。それとは別に、インフレ率は2.57%で抑制されていると述べました。インドネシアの外貨準備高は、1450億ドルです。インドネシアの貿易収支は、360億ドル(570兆ルピア)の黒字となりました。

 

16
February


ジョコ・ウィドド大統領は、2024年総選挙の投票過程で不正の証拠がある場合、国民は直ちにそれを報告し、証拠を選挙監督機関(バワスル)と憲法裁判所に提出しなければならないと述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、215日木曜日ジャカルタのジエキスポ・ジャカルタで2024年インドネシア国際モーターショーを開会した後、214日水曜日インドネシアで行われた投票プロセスにおける不正行為の軽減が、政党、議会候補者、大統領および副大統領候補者の証人を投票所に配置することによって実施されていると述べました。大統領はまた、投票所にはバワスル職員と治安部隊が配置され、この重層的な監視により不正行為が排除されると述べました。そして、多数の調査機関が実施した2024年総選挙の暫定速報結果について、総選挙委員会が実施する正式な開票結果を待つよう国民に要請しました。

15
February


ジョコ・ウィドド大統領は、2024年の総選挙にインドネシア国民全員が喜んで参加できることを望んでいます。ジョコ・ウィドド大統領は水曜朝、中央ジャカルタのガンビル10番投票所(TPS)で投票権を行使した後、今回の選挙が直接、公開、自由、秘密、正直、公正の原則に従って実施されることへの期待を表明しました。

インサート :これは民主主義のパーティーであり、私たちはこれが人民パーティーとなり、公正に開催され、溢れんばかりのインドネシア国民全員が喜んで参加することを望んでいます。なぜなら、これは人民パーティーであり、民主主義制パーティーだからです。

投票後、ジョコ・ウィドド大統領は直ちに宮殿に戻り、開票結果を監視するつもりだと述べました。ジョコ・ウィドド大統領とイリアナ・ジョコ・ウィドド大統領夫人は水曜日の朝、投票のため中央ジャカルタのガンビル10番投票所に午前848分頃に到着しました。ジョコ・ウィドド大統領は投票所で、永久有権者として50番に登録され、イリアナ夫人は47番に登録されました。

09
February


インドネシアのマラフ・アミン副大統領は、サウジアラビア在住のインドネシア国民に対し、2024年の選挙で投票権を行使するよう要請しました。これは、27日水曜日にサウジアラビアのジッダで行われる2024年総選挙の投票実施に関する外国選挙委員会の準備状況を検討した後、副大統領が語ったものです。サウジ・アラビアにおけるインドネシア国民の投票は、29日に行われます。副大統領は、サウジ・アラビアはマレーシアに次いで2番目に多くの海外常任有権者リストを保有しており、その数は54,479人であると述べました。副大統領は、サウジアラビアに居住するすべてのインドネシア国民に対し、投票権を行使し、規則に従って総選挙が行われ選挙を成功させるよう要請しました。

インサート:総選挙はルールに従って、すなわち誠実かつ公正に実施されることが重要です。この正義は正当性を提供するため重要です。誠実でないように見えるものは放置しないでください。なぜなら、結果の正当性が低くなり、誠実さと正義の要素が欠けているとみなされるからです。

副大統領はまた、2024年の選挙戦における選択肢の違いの中で/国家の統一と誠実を優先するよう指摘しました。

08
February


ジョコ・ウィドド大統領は水曜日、大統領事務局のYouTubeアカウントで、2024214日の投票前の最後の数日間にキャンペーンに参加するというニュースを受けて、キャンペーンへの参加を否定しました。

インサート :以前の発言を繰り返したいと思います。大統領は、キャンペーンすることが法律で認められているということです。そして、ルールも示しました。しかし、キャンペーンに参加するかどうかという質問には、私はノーと答えました。キャンペーンはしません。

ジョコ・ウィドド大統領はまた、すべてのインドネシア国民に来週水曜日の投票所で投票権を行使するよう要請しました。その際、大統領はまた、国家諜報機関(BIN)を含むインドネシア国軍(TNI)、インドネシア警察(POLRI)は中立であり、国民の主権を守らなければならないと改めて述べました。

Page 3 of 61