Program Highligt

Program Highligt (846)

26
October


インドネシア共和国のジョコ・ウィドド大統領は、1025日水曜日午前、国家宮殿で、アンディ・アムラン・スライマン氏を農業大臣に就任させました。この就任式は、2019年から2024年までの残りの任期における先進インドネシア内閣の農業大臣の任命に関する2023101P号大統領令に基づいています。今月初めに辞任したシャフルル・ヤシン・リンポ氏の後任として、アムラン・スライマン氏が農業大臣に任命されました。アムラン氏はこれまで、2014年から2019年までジョコ・ウィドド大統領の第1期政権下で現務内閣の農業大臣も務めました。ジョコ・ウィドド大統領は、ドゥドゥン・アブドゥラックマ将軍の後任として、インドネシア国軍の陸軍参謀長にアグス・スビヤント将軍を任命しました。また、スライマン・シャリフ氏を、パラグアイ共和国およびウルグアイ東方共和国と同時に在アルゼンチン共和国のインドネシア共和国の特命全権大使に任命しました。

25
October


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、1024日火曜日に2023年インベスターズ・デイリー・サミットの開会式での演説で、気候変動、経済の弱体化、さらには戦争など、世界で起きている混乱のため、将来のインドネシアの経済的課題はますます困難になるだろうと明らかにしました。

今、世界はますます不透明になっています。私たちが直面する課題は減少するどころか増加しており、気候変動は以前は不条理なことだと考えられていましたが、今では超エルニーニョ干ばつが発生し、ほぼすべての国で米の生産量が減少していることを実感しています。

インドネシア共和国大統領は、金融面と財政面の両方の観点から、国内経済に関するこの感情を認識するようすべての関係者に訴えました。大統領によると、インドネシアには川下産業化など将来の経済を支援するための政策の方向性やロードマップがすでにあるものの、その実施はまだ詳細に監視する必要があるということです。それだけでなく、ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアの経済成長を維持するには輸出と投資を増やし続けることの重要性を強調しました。

20
October


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、1019日木曜日、サウジ・アラビアのリヤドで、サウジ・アラビアのムハンマド・ビン・サルマン・アル・サウド首相と二国間会談を行いました。木曜日にジャカルタで受け取った声明で、ジョコ・ウィドド大統領とイリアナ大統領夫人は、現地時間1018日水曜日夜午後1125分に中国の北京からリヤドのキング・ハーリド国際空港に到着しました。大統領とイリアナ夫人は、在サウジ・アラビア王国のインドネシア大使アブドゥル・アジズ・アハマド氏と在リヤドのインドネシア大使館の国防駐在官、インドネシア国軍(TNI)プトゥット・ウィチャクソノ・ハディ准将によって歓迎されました。二国間会談とは別に、ジョコ・ウィドド大統領のリヤド訪問では、ザ・リッツ・カールトン・ホテルで開催されたASEANサミット(湾岸のアラブ諸国協力会議)に出席します。

19
October


ジョコ・ウィドド大統領とイリアナ・ジョコ・ウィドド夫人は、1018日水曜日、中国の北京で3日目の実務訪問を続けました。ジョコ・ウィドド大統領が行った最初の活動は、北京の人民大会堂で3回一帯一路フォーラムサミットの開会式に出席しました。その後、ジョコ・ウィドド大統領は、同じ場所で全国人民代表大会委員長と会談し、昼食会に出席しました。一方、イリアナ夫人は、第3一帯一路フォーラムサミットの一連の付随プログラムに参加し、中国国立美術工芸博物館を訪れ、中国の美術品や工芸品を見学しました。午後、ジョコ・ウィドド大統領は、北京の中国国家会議センターで開催されるハイレベルフォーラムおよびテーマ別フォーラムイベント「オープンな世界経済における接続性」に出席しました。その後、ジョコ・ウィドド大統領とイリアナ夫人は、北京首都国際空港からサウジ・アラビア王国リヤドへ出発し、一連の実務訪問を続けています。

18
October


ジョコ・ウィドド大統領は、中国の北京でスリランカのラニル・ウィクラマシンハ大統領と二国間会談を行いました。1017日火曜日テンポ紙が引用したように、ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアと特恵貿易協定を締結したいというスリランカの願望を歓迎しました。 インドネシアと特恵貿易協定は、参加国の特定の製品への優先アクセスを提供する取引ブロックです。これは関税を引き下げることによって行われましたが、完全に撤廃するわけではありません。さらに、ジョコ・ウィドド大統領は、スリランカ大統領にインドネシア産パーム油の輸入禁止政策を撤回するよう直接伝えました。ジョコ・ウィドド大統領は、パーム油は環境基準に注意して生産されるインドネシアの優れた商品だと述べました。大統領はまた、特に鉄道車両の調達、スリランカの電子パスポートの印刷、ブルーエコノミー協力などの分野で、インドネシア国有企業がスリランカにチャンスがあることを伝えました。

12
October

 

ジョコ・ウィドド大統領は、海洋は隔壁ではなく、諸島と島嶼国を結びつけるものであり、接着剤であると述べました。大統領によると、諸島・島嶼国(AIS)フォーラムサミットの開催は、これら諸国間の連携強化に向けた良い推進力となるということです。ジョコ・ウィドド大統領は、1011日水曜日にバリ島で開催された諸島・島嶼国(AIS)フォーラムサミットの本会議開会の開会式の演説で、同じ群島・島嶼国として、各国は相互に関連している多くの課題に直面していることを認識していると述べました。したがって、大統領は、これらの問題を解決するための戦略的措置を講じるための協力の重要性を強調しました。したがって、共通の問題を解決する上で戦略的、具体的、戦術的な措置を生み出すためには、諸国と島嶼国の間の協力と連帯が非常に重要です。ジョコ・ウィドド大統領は、諸島と島嶼国間の協力を強化するには、連帯、平等、包括性が共通の指針でなければならないと付け加えました。諸島と島嶼国はまた、受益者のニーズに合わせた具体的な協力を優先する必要があります。さらに、大統領によると、諸島と島嶼国は、将来の課題に対処するため、強力かつダイナミックで協力な枠組みを構築する必要があるということです。同時に大統領は、多くの国際フォーラムで諸島と発展途上国の双方の利益を一貫して表明し続けるというインドネシアのコミットメントも表明しました。さらに、インドネシアは島嶼国や発展途上国の利益のために助成金の準備にも取り組んでいます。

 

11
October


ジョコ・ウィドド大統領は、1010日火曜日大統領事務局のリリースから引用した公式声明で、人的被害や財産の破壊の増加を避けるために、パレスチナとイスラエルの紛争地域で発生する戦争と暴力行為を直ちに停止するよう強く求めました。

インドネシアは、紛争の激化は人道上の影響をより大きくする可能性があるため、人的被害や財産の破壊の増加を避けるために、戦争と暴力行為を直ちに停止するよう強く求めました。

さらに、ジョコ・ウィドド大統領は、パレスチナとイスラエルの紛争を引き起こした問題の根源を、合意された条項に従って直ちに解決するよう奨励しました。ジョコ・ウィドド大統領はまた、外務大臣および関連省庁に対し、紛争地域にいるインドネシア国民を保護するために直ちに迅速な行動を起こすよう訴えました。

06
October


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、インドネシア国軍(TNI)に対し、2024年の総選挙で異なる政治的選択をする国民に理解を示すよう命じました。ジョコ・ウィドド大統領は、105木曜日、ジャカルタ国家記念碑物広場で行われたTNIの記念日式典78周年で、TNIに対し、インドネシアの平和な状況を維持し続けることと、2024 年の選挙に向かい政治年に社会秩序のあらゆる火種を直ちに消すよう要請しました。更に、大統領はTNIに対し、インドネシア国家警察との相乗効果を維持し続けるよう要請しました。大統領はまた、TNI2024年の選挙で中立を維持する必要があると強調しました。TNI誕生日式典では、ジョコ・ウィドド大統領が式典査察官を務めました。今年のTNI記念式典は、「TNIは先進インドネシアの民主主義を守るインドネシア共和国統一国家の愛国者である」というテーマが掲げられています。TNI 記念日78周年パレードと式典には、少なくとも4,630人のTNI兵士と3つの部隊から130の主要機器が参加しました。

05
October


ジョコ・ウィドド大統領は水曜日、202310月にジャカルタのジャカルタ・コンベンションセンター(JCC)でイナクラフト工芸品展示会を開幕しました。ウィドド大統領はイベントの演説で、イナクラフト展は、より良く、より面白くなっていると述べました。

イナクラフト展示会は、東南アジア最大の工芸製品展示会の 1 つであるため、年々、より良く、より興味深いものになっていることがわかります。

大統領は、イナクラフト展では、常に最高の作品が一貫して展示されており、これらの作品はすべて厳選され、厳密かつ選りすぐられていると評価しました。大統領は、Z世代をターゲットとする若い起業家や職人に創造的な作品を展示するスペースを提供するインドネシア手工芸品輸出生産者協会(ASEPHI)が始めたイナクラフト展の実施を高く評価しました。 2023年イナクラフト展には、772のブースが集まります。インドネシア手工芸品輸出生産者協会は、2023108日までのイベントで、202310月のイナクラフトの小売取引額が/500億ルピア相当に達することを目標としています。

04
October

 

ジュネーブのインドネシアの国連および国際機関常任代表であるLBBP大使のフェブリアン・A・ラドヤード氏は、103日火曜日記者会見で、インドネシアは国レベル、地域レベル、そして国際レベルで人権の推進を継続することに尽力していると述べました。フェブリアン大使はまた、にふれて、インドネシアは世界中のさまざまな人権問題を扱う国連機関の一つに含まれることが多いと述べました。このことは、インドネシアが2024年から2026年までの国連人権理事会の理事国として再び立候補するというステップから見ることができます。 2024年から2026年までの人権理事会のメンバー選挙は、1010日に米国ニューヨークで行われます。選出されれば、インドネシアは6回目の国連人権理事会加盟国となります。フェブリアン大使は、これは、国内、地域、世界的な枠組みにおける人権促進の問題を含む、さまざまな多国間フォーラムで積極的に活動し続けるというインドネシアのコミットメントの一形態だと述べました。

Page 6 of 61