Friday, 15 March 2024 05:58

ジョコ・ウィドド大統領が北スマトラ州の赤い食用油工場を開設

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、3月14日木曜日北スマトラ州デリ・セルダン県にあるパガール・メルバウ赤い食用油工場を開設しました。大統領は、赤い食用油工場の建設が、約620万ヘクタールのアブラヤシ農園を持つインドネシア全土のパーム油農家に付加価値を提供できることを期待しています。

インサート :インドネシアには 1,530 万ヘクタールのアブラヤシプランテーションがあり、そのうち 40.5 パーセントが農民によって所有されており、つまり 620 万ヘクタールが農民に属していることになります。そして、その付加価値を国産であってほしいと考えています。したがって、私たちはこの赤い食用油工場を初めて建設しており、パーム油農家、特にすでに協同組合の形態をとっている農家に良い付加価値を提供できることを願っています。ここでは、すべてが完成品、つまり赤い食用油に加工されるため、新鮮なアブラ椰子の価格が上下することはありません。

大統領は、赤い食用油の価格は、市場の食用油よりも安いため、赤い食用油が競争力のある価格で市場で競争できると確信していると述べました。それとは別に、赤い食用油には、揚げ物に使用しても失われないビタミンやその他の栄養素が含まれています。パガール・メルバウの赤い食用油工場は、1 日あたり 10 トンのパーム油の処理能力があり、約 7 トンの赤い食用油を生産することができます。

Read 121 times