Thursday, 14 March 2024 06:16

法務人権省はジュネーブでの対話で選挙と人権問題を話し合う

Written by 
Rate this item
(0 votes)


法務人権省の人権総局は312日、月曜日と火曜日、スイスのジュネーブにあるパレ・ウィルソンで市民・政治的権利委員会との建設的な対話に参加した際に、総選挙の実施と人権問題について話し合いました。話し合う人権問題には、パプアとアチェの発展、刑法、中絶、死刑、差別の疑いのある規制の枠組み、信教の自由、社会的弱者と少数派、拷問の禁止、重大な人権侵害への対応などが含まれます。法務人権省のダハナ・プトラ人権局長は、水曜日ジャカルタで受け取った書面声明で、委員会からの勧告は、次世代のための国家人権行動計画(RANHAM)策定のための普遍的定期審査など、他の国連人権メカニズムからのさまざまな勧告とともに検討されると述べました。さらに、ダハナ氏は、市民政治的権利委員会との会合は、国内の人権を促進し保護するための見解を共有するという政府の取り組みを反映していると述べました。

 

Read 130 times Last modified on Thursday, 14 March 2024 06:39