Friday, 08 March 2024 07:23

ジョコ・ウィドド大統領は零細・中小企業分野が国家GDPの61%を支えていると明言

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、インドネシア経済の国内総生産の61パーセントは、零細・中小企業の貿易活動によって支えられていると述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、37日木曜日にオンラインに続きジャカルタで2024年インドネシア人民銀行BRI)マイクロファイナンスの見通しの開会式で、インドネシアの零細・中小企業の数は約6,500万社であると述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、零細・中小企業分野は国の国内総生産への貢献に加えて、97%に達する非常に多くの労働力の吸収にも成功しているため、政府から特別な配慮を受ける必要があると強調しました。その際、ジョコ・ウィドド大統領は、下位レベルの顧客にリーチするためのデジタル・バンキングの導入を通じて国家零細・中小企業分野を発展させる上でのBRIの役割を高く評価しました。 BRI 74 万の BRIlink 露店を管理し、年間取引額は 1,400 兆ルピアに達します。ジョコ・ウィドド大統領によると、政府はまた、最大45兆ルピアの補助金を伴う人民ビジネスクレジットの配布を通じて零細・中小企業の発展に貢献しているということです。その際、ジョコ・ウィドド大統領は、零細・中小企業部門の発展への貢献を理由に、インドネシアの経済・社会開発に携わる多くの人物がノーベル賞を受賞することを提案しました。

 

Read 100 times Last modified on Friday, 08 March 2024 07:27